当時17歳!サントス時代のロドリゴが圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.09.16 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスがサントス時代に決めたハットトリックだ。

◆当時17歳のロドリゴが圧巻のハットトリック

2019年夏に10代の選手としては破格の4500万ユーロ(約57億円)でレアル・マドリーに移籍したロドリゴ。

サントスでは、先輩のFWロビーニョやFWネイマールに次ぐスター選手として絶大な人気を誇っており、2018年6月3日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第9節のヴィトーリア戦ではプロキャリア初のハットトリックを達成している。

左サイドで先発出場を果たしたロドリゴは22分、味方のシュートのこぼれを押し込み、幸先よく先制点を奪う。

さらに26分には、ボックス左で相手DFと対峙すると、ネイマールばりの切り返しで相手DFを翻弄し、そのまま右足でゴールを奪ってみせる。

31分にも味方のスルーパスに反応し、相手GKとDFが交錯したところを見逃さずにゴールへ流し込み、あっという間にハットトリックを達成した。

当時17歳とは思えぬ落ち着きを披露したロドリゴ。2019年には早くもフル代表デビューを飾るなど、順調にスター街道を歩んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

“ジャーニーマン”アネルカのシティ時代 若かりし頃のパワフルさ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元フランス代表FWのニコラ・アネルカ氏がマンチェスター・シティ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆アネルカのシティ時代 3点目のソロゴールは見事<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTaUF6djB5NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスの育成の名門クレールフォンテーヌ育ちのアネルカ氏は、パリ・サンジェルマン、アーセナル、レアル・マドリー、リバプールと若くしてビッグクラブを渡り歩いた後、2002年にマンチェスター・シティに加入した。 シティでは2005年にフェネルバフチェに移籍するまでに公式戦103試合に出場し46ゴール2アシストを記録したアネルカ氏だが、シティ加入直後の2002年8月31日に行われたプレミアリーグ第4節のエバートン戦では、いきなりのハットトリックの活躍を見せている。 まずは14分、ゴール正面の位置でシティがFKのチャンスを獲得すると、ちょこんとずらしたボールを後ろから走り込んだアネルカが思い切り右足を振り抜く。強烈なシュートは相手ディフェンスの足に当たるも、それがそのままネットを揺らし、幸先よく先制点を奪う。 直後の16分には、ゴール前の混戦からアネルカが落ち着いて沈め、追加点を奪う。 シティはエバートンに1点を返されるも、試合終了間際の85分には、相手のスリップからボールを奪ったアネルカがそのまま独走のソロゴールを決め、ハットトリックを達成するとともに、勝利を確信させた。 多くのクラブを渡り歩いたアネルカはプレミアリーグではシティ以外にチャルシー、リバプール、アーセナル、ボルトン、WBAでプレー。リーグ通算364試合に出場し126ゴールという数字を残している。 2020.10.31 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アラベス相手に見せたクライファートの恵まれた身体能力と抜群の得点能力【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元オランダ代表FWのパトリック・クライファート氏がバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆クライファートのハットトリック!2点目のバックヘッドは今見ても上手い<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPSGVPcXBrZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織出身のクライファート氏は1998年にバルセロナに移籍。1998-99シーズンから2002-03シーズンまで5シーズン連続でリーグ戦15得点以上を挙げるなど、公式戦257試合に出場し122ゴール59アシストを記録した。 波に乗った時には手が付けられないクライファート氏だったが、2002年10月26日に行われたラ・リーガ第7節のアラベス戦では圧巻のハットトリックを達成している。 まずは16分、敵陣中央でボールを持ったクライファートが浮き球のパスを出すも、これは相手の体に当たってしまう。それでもこぼれ球を拾うと、そのままボックス内まで独走し、そのままネットを揺らす。 さらに27分には、左CKの場面でニアサイドのクライファートが絶妙なバックヘッドで追加点を奪う。 バルセロナはその後も攻勢を緩めずスコアを5-1とすると、79分にはMFフアン・ロマン・リケルメのスルーパスに抜け出したクライファートが右足で沈め、ハットトリックを達成。クライファートの恵まれた身体能力と抜群の得点能力が分かるハットトリックだった。 バルセロナは31日、ラ・リーガ第8節でアラベスとのアウェイゲームに臨む。 2020.10.31 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バーンリー戦はプリシッチに期待!昨シーズンのクラブ史上最年少ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、チェルシーに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆プリシッチのラッキーもあったクラブ史上最年少ハットの活躍<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTaUF6djB5NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> プリシッチは2019年1月にドルトムントからの加入が内定し、昨シーズンから満を持してチェルシーでプレー。昨季は公式戦34試合で11ゴール10アシストを記録した。 プリシッチにとってチェルシーでの飛躍のきっかけとなったのが2019年10月26日に行われたプレミアリーグ第10節のバーンリー戦だった。 リーグ戦6試合ぶりに先発で出場すると、21分に相手からボールを奪ったプリシッチがドリブルでボックス左へ。ゴール前に走り込んでくる味方を囮にしながら左足をコンパクトに振り抜くと、相手ディフェンスの股を抜いてゴールに突き刺さった。 これがチェルシー初ゴールとなったプリシッチはさらに45分、ショートカウンターからプリシッチがボックス中央に侵入し放ったシュートは、相手ディフェンスの足に当たってゴールイン。初ゴールから追加点を奪い、チェルシーに2点のリードをもたらした。 そして56分のチェルシーの左CKのシーン、MFメイソン・マウントのクロスは跳ね返されたが、もう一度マウントがクロスを送ると、プリシッチは頭で合わせてハットトリックを達成した。 クラブ史上最年少記録となるハットトリックを達成したプリシッチは、この活躍でフランク・ランパード監督の信頼をつかみ、左サイドのファーストチョイスになっていった。 チェルシーは31日、プレミアリーグ第7節でバーンリーとのアウェイゲームに臨む。 2020.10.31 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

逸材の宝庫アヤックス、下部組織出身のラングが初先発でいきなり3得点の大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、クラブ・ブルージュに所属するU-21オランダ代表FWノア・ラングがアヤックス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆初先発のラングがチームを救う3得点の大暴れ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBbUwxQnFUUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> これまで数多くの若手選手を輩出してきたオランダの名門・アヤックス。24日には19歳のブルキナファソ代表FWラシナ・トラオレが5ゴール3アシストの活躍を見せ、一躍その名を世界に知らしめた。 現在はクラブ・ブルージュでプレーするラングもアヤックスの下部組織で育った逸材も一人だ。アヤックス時代の2019年12月1日に行われたエールディビジ第15節のトゥベンテ戦でファーストチーム初先発を飾ると、いきなりハットトリックを達成している。 FW中村敬斗が先制ゴールを決めるなど、トゥベンテが2点を先行する試合展開となったが、32分にボックス左からのクロスをラングが詰めて1点を返すと、51分にはボックス右からのクロスの流れを右足で沈め同点に追いつく。 その後、アヤックスが逆転に成功すると、70分には相手のミスからハットトリックとなる3点目を記録。チームも5-2で逆転勝利を飾った。 初先発でいきなりハットトリックを達成するのは、1959年にヘンク・フルート氏が記録して以来、2人目の記録となった。この先はオランダ代表としての活躍の可能性も秘めているラング。新たなダイヤモンドになるかもしれない。 2020.10.30 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

34分の1 C・ロナウドがラ・リーガで決めたハットトリックの一つをお届け【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ドライブシュートに直接FK にヘディング!C・ロナウドが無双<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI5SHBMMGdCViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーで過ごした9シーズンで公式戦438試合に出場し450ゴールを記録したC・ロナウド。ラ・リーガでは292試合で311ゴールを記録し、34回ものハットトリックを達成している。 その内の一つが2016年3月5日に行われたラ・リーガ第28節のセルタ戦だ。 前半を1-0で折り返したマドリーは後半に攻撃陣が畳みかける。まずは50分、ゴール正面約25mの位置から右足を振り抜いたC・ロナウドの強烈なドライブシュートがゴール中央上に突き刺さった。 そして58分にC・ロナウドの直接FKが炸裂。ボックス手前左で得たFKをC・ロナウドが直接狙うと、GKが一歩も動けない完璧なシュートを突き刺した。 その後マドリーは1点を返されるも、64分にC・ロナウドがハットトリックを達成する。ボックス左へ抜け出したイスコの折り返しをフリーのC・ロナウドが押し込んだ。 さらに76分には左CKからC・ロナウドがヘディングシュートでこの試合4点目を決め、マドリーは7-1の大勝を飾っている。 13日に新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応が確認されたC・ロナウド。所属先のユベントスでは28日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でバルセロナとのビッグマッチを控えるだけに、回復が待たれるところだ。 2020.10.18 20:00 Sun
twitterfacebook