昇格組フルアム、ブライアンやオノマーら主力3選手と契約延長

2020.09.15 00:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムは14日、主力3選手と契約延長したことを発表した。延長したのはイングランド人DFジョー・ブライアン(26)[写真中央]、イングランド人MFジョシュ・オノマー(23) [写真左]、元ベルギー代表DFデニス・オドイ(32) [写真右]の3選手。オノマーとブライアンは2023年6月まで、オドイは2022年6月までの契約延長となっている。2018年夏にブリストル・シティからフルアムに加入した左サイドバックのブライアンは、移籍初年度から主力として活躍し、昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場して1ゴール7アシストを記録。昇格プレーオフでは2ゴールを決め、フルアムの1年でのプレミアリーグ復帰に貢献していた。

昨年夏にトッテナムからフルアムに加入した攻撃的MFのオノマーは昨季、チャンピオンシップで31試合に出場して3ゴール3アシストを記録。昇格プレーオフでは1ゴールを決めていた。

そして2016年夏にロケレンからフルアムに加入したサイドバック兼センターバックのオドイは、フルアムでこれまで公式戦150試合に出場して6ゴール4アシストを記録。昨季はチャンピオンシップで34試合に出場していた。

3選手共に今季のプレミアリーグ開幕戦となったアーセナル戦で先発していた。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアムがライプツィヒからFWルックマンをレンタル移籍で獲得

フルアムは30日、RBライプツィヒから元U-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ルックマンはチャールトンの下部組織出身で、2017年1月にエバートンへ完全移籍。エバートンでは公式戦48試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2018年1月にライプツィヒへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入。大きな期待が寄せられていた。 しかし、ライプツィヒでは、2019-20シーズンのブンデスリーガで11試合、チャンピオンズリーグで1試合、DFBポカールで1試合と多くの出場機会は得られず。これまで公式戦24試合に出場し5ゴール4アシストとレンタル移籍中の方が結果を残していた。 2020.09.30 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリのセルビア代表DFマクシモビッチにプレミア2クラブが興味

ナポリのセルビア代表DFニコラ・マクシモビッチ(28)に、プレミアリーグの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 マクシモビッチに興味を示しているのは、ウェストハムとフルアムとのこと。残り契約が1年を切ったマクシモビッチは、市場にも出ており獲得は可能な状況だ。 ウェストハムはナポリに対してオファーを出したとのこと。一方のナポリは、1500〜2000万ユーロ(約18億5000万〜24億6500万円)を要求している状況だ。フルアムも状況を注視しているとされている。 ナポリは今夏の移籍市場でセンターバックを放出する予定だったが、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリも未だ売却できていない。マンチェスター・シティはベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)の獲得が決定的となっており、残る行き先はマンチェスター・ユナイテッドか。何れにしても、先にマクシモビッチがチームを離れることになりそうだ。 マクシモビッチは、ツルヴェナ・ズヴェズダやトリノ、スパルタク・モスクワでプレー。2019-20シーズンは公式戦28試合に出場し1ゴール1アシスト。今シーズンは開幕戦はベンチだったが、第2節のジェノア戦は45分間プレーした。 2020.09.29 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ガブリエウのゴールにウィリアンが2A! 新戦力躍動のアーセナルが昇格組フルアムに圧勝で白星発進《プレミアリーグ》

2020-21シーズンのプレミアリーグ開幕節、フルアムvsアーセナルが12日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのアーセナルが3-0で圧勝した。 新シーズンのプレミアリーグ開幕を告げる、フルアムとアーセナルによるロンドン・ダービー。 昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を4位フィニッシュも、昇格プレーオフを制して1年でのプレミア復帰を決めたフルアム。スコット・パーカー監督の下で継続路線を歩むチームは、チャンピオンシップ得点王のミトロビッチをベンチに置いたものの、カーニーやオノマー、ブライアンなど昨季の主力をスタメンで起用した。 一方、昨季は屈辱の8位フィニッシュも、途中就任のアルテタ監督の下でFAカップを制して名門復活の足掛かりを掴んだアーセナル。昨季王者リバプールとのコミュニティ・シールドをPK戦の末に制して勢いに乗るチームは、そのリバプール戦から先発4人を変更。ベンチ外のマルティネスに代えて昨季正GKのレノを起用したほか、負傷のダビド・ルイスに代えてガブリエウ、ベンチスタートのブカヨ・サカに代えてウィリアンと新戦力2人を早速デビューさせた。 注目の開幕戦で先に決定機を作り出したのはホームのフルアム。開始2分、メイトランド=ナイルズの斜めのバックパスに対して、新加入のガブリエウとGKレノのコミュニケーションミスが起きると、これをボックス内でかっさらったカマラに決定機もレノに寄せられてシュートには至らず。 それでも、このミスでバタつくアウェイチームに対して自信を持ったホームチームは、7分にも右サイドバックのオドイがボックス手前からのミドルシュートでGKレノにセーブを強いる。 このピンチを凌いだアーセナルは最初の決定機をゴールに結びつける。9分、自陣からのビルドアップで相手を剥がして左サイド深くのオーバメヤンにボールが繋がる。ここでオーバメヤンのマイナスの折り返しに反応したジャカの当たり損ねのダイレクトシュートをゴール前のDFリームがクリアし損ねると、ウィリアンがすかさず蹴り込む。これはGKにかき出されたが、こぼれ球をラカゼットが押し込んだ。 今季プレミア初ゴールとなったラカゼットの一撃で先手を奪ったアーセナルは、ここからようやく落ち着いて試合を進めていく。後方からボールを繋ぐフルアムにボールを握られる時間はあるものの、安定した守備で決定機を許さず。27分にはボックス手前中央の好位置で得たFKをキッカーのウィリアンが直接狙うが、これは惜しくも左ポストを叩く。追加点こそ奪えなかったものの、完全にペースを握ったアウェイチームはこのまま1点リードで試合を折り返した。 すると迎えた後半、前半で試運転を終えたアーセナルの新戦力2人が仕事を果たす。49分、右CKの場面でキッカーのウィリアンが右足アウトスウィングの鋭いボールを入れると、ゴール前で完全に競り勝ったガブリエウが強烈なヘディングシュートを叩き込み、新加入2選手のコンビで追加点を奪った。 これで完全に勢いに乗ったアーセナルは57分にも、自陣深くでのビルドアップで相手を剥がすと、ハーフウェイラン付近右サイドのウィリアンから逆サイドのスペースに走り込むオーバメヤンに正確なサイドチェンジが通る。そして、そのままドリブルでボックス内に運んだガナーズのスキッパーがボックス左45度の得意の角度から正確な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込んだ。 厳しい開幕戦となったフルアムは63分に切り札のミトロビッチとザンボ・アンギッサを投入し、システムを[3-4-3]の形に変更。リスクを冒して攻めに出るが、流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めない。また、頼みの綱であるブライアンの高精度の左足を生かしたプレースキックも不発に終わる。 一方、余裕の試合運びを見せるアーセナルは殊勲のウィリアン、ジャカ、ラカゼットを続けてベンチに下げ、ペペ、ダニ・セバージョス、エンケティアの投入で試合を締めにかかる。 前がかりな相手に対して効果的なカウンターで幾度も4点目に迫るなど、最後まで危なげない試合運びをみせ、このまま試合をクローズ。昇格組フルアム相手に格の違いを見せつけたアーセナルが、新加入2選手の鮮烈な活躍などもあり、3-0の快勝でシーズンをスタートした。 2020.09.12 22:33 Sat
twitterfacebook
thumb

フルアム、イタリアで飛躍を遂げたDFオラ・アイナとトリノからレンタルで獲得

フルアムは11日、トリノからナイジェリア代表DFオラ・アイナ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 チェルシーの下部組織で育ったアイナは、2016年にトップチームデビュー。その後、チャンピオンシップ(イングランド2部)ハル・シティへの武者修行を経て、2018年の夏にトリノへレンタルで加入すると、左ウイングバックを主戦場にリーグ戦30試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 この活躍が認められ、昨夏にトリノが買い取りオプションを行使し完全移籍を果たすと、2019-20シーズンも主力として公式戦37試合に出場していた。 2シーズンぶりのイングランド復帰となるアイナは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムのようなクラブでプレー出来ることはとても嬉しいし光栄だ。僕が生まれ育ち、家族も近くにいる首都に戻ってこれたことは素晴らしいことだね」 「このクラブには多くの若手選手がいるね。僕はマイケル・ヘクターやジョシュ・オノマーと仲が良いんだ」 「僕はどちらの足でも問題なくプレー出来るから求められればどこでもプレーするよ。僕はスピードがあり攻撃的なプレーを好むと思われがちだが、チームのために汚れ役を引き受けるのも好きだよ」 2020.09.12 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フルアム、リヨンからオランダ代表DFテテを4年契約で獲得!背番号は2を着用

フルアムは10日、リヨンに所属するオランダ代表DFケニー・テテ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの4年間で、1年間の延長オプションが付いている。 アヤックスの下部組織出身で2013年にトップチームデビューしたテテは、本職の右サイドバックに加え、その高い守備力で最終ラインの全ポジションでプレー可能なモダンなDF。2017年の夏に加入したリヨンでは、在籍3シーズンで公式戦80試合に出場し1ゴール9アシストを記録。今シーズンもここまで1試合に出場していた。 また、各年代のオランダ代表に選出されてきた逸材DFは、2015年10月に20歳でフル代表デビュー。これまで13試合に出場している。 フルアムへの移籍が決まったテテは、クラブの公式チャンネルで以下のように喜びを語っている。 「とてもいい気分だ。新たなチームメイトと新たな場所での挑戦が待ちきれないよ」 「フルアムからオファーが来た時はとても驚いたよ。周りの人々から話を聞いて、僕はすぐにリヨンからフルアムに移籍したいと思ったよ」 「チームは新シーズンからプレミアリーグに復帰するね。僕はチームがそこに残れるように全力を尽くすつもりだ」 2020.09.11 01:50 Fri
twitterfacebook