“ガラスの天才”ウィルシャーがセリエAに?ジェノアが獲得か

2020.09.14 11:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAのジェノアが、ウェストハムの元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)を狙うようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。アーセナルの下部組織出身のウィルシャーは、2008年7月にファーストチームに昇格。高いテクニックと天才的なゲームメイク力が認められ、16歳と256日でプレミアリーグデビュー。一方で、ケガに悩まされる期間も長く、アーセナルでは198試合に出場し14ゴール30アシストを記録していた。

ボルトンやボーンマスへのレンタル移籍を経験したウィルシャーは、2018年7月にウェストハムへ完全移籍。しかし、ここでもケガに悩まされ、2シーズンで公式戦18試合に出場し1ゴール1アシストに終わっていた。

そのウィルシャーに対し、ジェノアが獲得を目指しているとのこと。契約は2021年6月までの1年間を残すが、1年早く契約を終了ために交渉を行っているようだ。

なお、ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長がウィルシャーの獲得を求めているとのこと。果たしてこの移籍は実現するだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェノア、ピアツァとザッパコスタのレンタルを発表

ジェノアは19日、ユベントスからクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(25)、チェルシーからイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(28)をそれぞれレンタルで獲得したことを発表した。どちらも1年契約となる。 ディナモ・ザグレブから2016年夏にユベントスに加入したピアツァだが、1年目にケガの影響でアピールに失敗すると、2018年1月にシャルケへレンタル移籍。2018-19シーズンはフィオレンティーナ、昨シーズンは2月からアンデルレヒトに貸し出され、ユベントスでの出場はここまで21試合にとどまっている。 アンデルレヒトでは新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中止となったことにより、出場したのは4試合のみだった。 一方、ザッパコスタもチェルシーでは出場数が伸びず、昨シーズンはローマにレンタル移籍。しかし、その最初の試合で十字靭帯断裂の大ケガを負ってしまい、コロナ明けの6月に復帰するも、出場したのはリーグ戦9試合のみと、戦力として貢献することはできなかった。 昨シーズンのセリエAで17位だったジェノアは、今夏の移籍市場でフリーの元イタリア代表FWマッティア・デストロ(29)をはじめ、アタランタからドイツ人DFレナート・チボラ(21)とイタリア人MFフィリッポ・メレゴーニ(21)、フェネルバフチェからスロベニア代表MFミハ・ザイツ(26)らをレンタルで獲得している。 2020.09.19 18:14 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、ジェノアのU-21イタリア代表FWピナモンティの買い戻しを発表

インテルは18日、ジェノアのU-21イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(21)の買い戻しオプションを行使したことを発表した。買い戻し金額は2000万ユーロ(約24億8000万円)とのことだ。 インテルの下部組織出身のピナモンティは、U-15からイタリア代表の世代別代表でゴールを量産してきた188cmの大型ストライカー。2016年12月にインテルでトップチームデビューを飾った後、2017-2018シーズンにフロジノーネへのレンタル移籍を経て、昨季は買い取りオプション付きのレンタルでジェノアに移籍し、セリエAで32試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 ジェノアは今月1日に1950万ユーロで買い取りオプションを行使していたが、インテルが過密日程を考慮してか、買い戻しに動いた格好だ。 2020.09.19 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェローナがジェノアFWファヴィッリを買い取りオプション付きのレンタルで獲得

エラス・ヴェローナは18日、ジェノアのイタリア人FWアンドレア・ファヴィッリ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 リボルノとユベントスの下部組織出身で、U-21イタリア代表歴のある191cmの大型FWであるファヴィッリは、2018年夏にユベントスからジェノアへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍。そして昨年夏に1200万ユーロの移籍金で完全移籍に切り替わっていた。しかし、ジェノアでの在籍2シーズンでは公式戦28試合の出場で1ゴールに終わっていた。 2020.09.18 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ザッパコスタがジェノアにレンタルへ 近くメディカルチェック予定

チェルシーのイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(28)はジェノアに移籍しそうだ。 ザッパコスタは2017年にトリノから4年契約でチェルシー入りして、昨夏からローマにレンタル。しかし、右ヒザ前十字じん帯断裂のケガもあり、公式戦9試合の出番にとどまった。 そんなザッパコスタは今夏からチェルシーにレンタルバックを果たしたものの、フランク・ランパード監督の構想外に。どうやらジェノアで再起を期することになるようだ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)で明かした見立てによると、両クラブはシーズンローンで合意に達したという。 また、ザッパコスタ自身もジェノアと個人合意。明日にもメディカルチェックを受ける予定だ。 2020.09.18 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズで構想外のローズ、新天地候補にジェノアの名前?

トッテナムの元イングランド代表DFダニー・ローズ(30)にジェノア移籍の可能性が浮上しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズは、ワトフォードやブリストル・シティ、サンダーランドでの武者修行を経て、2013-14シーズンからトップチームに定着。 以降は度重なるケガに悩まされながらも、高い身体能力と攻撃力を武器にスパーズで公式戦通算214試合10ゴール29アシストの数字を残してきた。 しかし、マウリシオ・ポチェッティーノ前体制の終盤からチームの構想から外れ始めていた左サイドバックは、ジョゼ・モウリーニョ監督の就任以降、さらに立場が危うくなり、今年1月にニューカッスルへシーズン終了までのレンタル移籍で加入。公式戦13試合に出場するなど、主力としてプレーしたが、完全移籍を勝ち取るまでには至らず。 現在はトッテナムにレンタルバックしているが、先週末に開幕したプレミアリーグにおいて背番号を与えられておらず、完全に構想外の扱いに。さらに、クラブがレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(23)の獲得に迫っており、スパーズでのキャリアはほぼ終わったと言える状況だ。 トッテナムとの現行契約が2021年夏までとなっている中、今夏のタイミングでの移籍が有力視されているが、ここまでは前述のニューカッスル以外に新天地に関する報道はほぼなかった。 しかし、『ミラー』が伝えるところによれば、ジェノアが同選手の獲得に向けて具体的な動きを見せているという。 なお、近年セリエAではプレミアリーグで燻っていたベテランプレーヤーが相次いで加入し、復活を遂げるケースが目立っており、イングランド代表返り咲きを目指すローズにとって有益な移籍となる可能性は十分にある。 2020.09.17 18:20 Thu
twitterfacebook