クーマン新監督がチームに手応え! 「非常にポジティブ」

2020.09.12 15:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのロナルド・クーマン新監督がチームに手応えを感じているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。昨シーズンは12年ぶりに無冠に終わり、チーム再編に着手するバルセロナ。新指揮官として、クラブのレジェンドであるクーマン監督を招へいし、2年ぶりに覇権奪還を目指す。

そのクーマン監督が就任してから約2週間が経過。オランダ人指揮官はチーム状況は明るいと述べている。

「彼らは非常にポジティブだ。チームが合流して2週間になるが、選手たちは非常に良くトレーニングをしてくれている。高い強度で取り組んでいるよ。最初の数日間はフィジカル面、今は戦術の強化を行っているところだ」

「選手たちは多くの熱意や関心、強度を持って練習に励んでいる。私にとっては練習が試合に直結するから非常に大切なことだ。この2週間のトレーニングには満足しているよ」

また、退団報道が加熱しながらも、最終的に自らの口で残留を明言したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについても言及している。

「彼は最高の選手だ。フィジカル面において彼は非常に重要なプレイヤーで、長年に渡りそれを示してきた。今季も継続してくれると願っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

CB不足のバルサ、アトレティコのブラジル代表DFフェリペに注目か

バルセロナが、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフェリペ(31)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 主力のDFジェラール・ピケが右ヒザの大ケガで長らくの戦線離脱を強いられているバルセロナ。その他にもDFサミュエル・ユムティティやDFロナルド・アラウホも負傷中で、先日のリーグ戦でDFクレマン・ラングレも右足首を負傷するなど、センターバックで故障者が相次いでいる。 冬の移籍市場での補強が必須とみられる中、フリーのDFエセキエル・ガライやマンチェスター・シティのDFエリック・ガルシアの名前が候補として浮上中。さらに『アス』はアトレティコで控えに甘んじているフェリペも候補の1人だと主張している。 母国ブラジルでプレーしていた同選手は、2016年夏のポルト移籍で欧州入り。ポルトでは在籍3年で公式戦142試合に出場するなど主力として活躍し、その間にセレソンデビューも果たした。 アトレティコではDFホセ・ヒメネスの負傷離脱に伴い、加入1年目の昨季は公式戦36試合に出場したが、ディエゴ・シメオネ監督はヒメネスとDFステファン・サビッチをファーストチョイスとしており、3バックを試した先のバルセロナ戦では、3人目のセンターバックはフェリペではなくDFマリオ・エルモソだった。 バルセロナはそんな状況から獲得のチャンスがあると見込んでいるようだが、アトレティコ側には手放す意思はない模様。それでも31歳という年齢や、契約が2022年までとなっていることから、可能性は低くないと『アス』は踏んでいる。 2020.12.02 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

GS突破を決めているバルセロナがアウェイ遠征の招集メンバーを発表!メッシ、コウチーニョらは招集外《CL》

バルセロナは1日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節のフェレンツヴァーロシュ戦に向けた招集メンバーを発表した。 今回のアウェイ遠征メンバーには、20名が招集。ケガの元スペイン代表DFジェラール・ピケ、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ、スペイン代表DFセルジ・ロベルト、スペイン代表FWアンス・ファティ、フランス代表DFサミュエル・ユムティティに加え、ドイツ代表GKテア・シュテーゲン、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表MFコウチーニョは休養のため招集外となった。 バルセロナは現在、4連勝でグループGの首位に立っており、すでに決勝トーナメント進出が決定。フェレンツヴァーロシュ戦に勝利すればグループステージ首位通過に大きく近づく状況となっている。バルセロナの招集メンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ネト</span> <span style="font-weight:700;">イニャキ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">アルナウ・テナス</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">セルジーニョ・デスト</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">ジュニオル・フィルポ</span> <span style="font-weight:700;">オスカル・ミンゲサ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span> <span style="font-weight:700;">リキ・プッチ</span> <span style="font-weight:700;">ペドリ</span> <span style="font-weight:700;">マテウス・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">フレンキー・デ・ヨング</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span> <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">フランシスコ・トリンコン</span> <span style="font-weight:700;">コンラッド・デ・ラ・フエンテ</span> 2020.12.01 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ指揮官が断言!「メッシには全く情熱がない」

ベンフィカのジョルジェ・ジェズス監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを「情熱がない」と切って落とした。 『ESPN』のインタビューの中で、故ディエゴ・マラドーナ氏に関して心境を明かしたジェズス監督。偉大な選手だったと最大限の賛辞を送った一方で、現在のフットボール界の二大巨頭と認められるFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドにも言及した。 両者ともマラドーナほどの情熱を持っていないと辛口コメントを残すと、メッシについては情熱は全く感じられないと一刀両断。往年のレジェンドはそういった意味で一線を画す存在だったことを強調している。 「私の意見では、マラドーナはペレ同様に歴史上最も偉大な選手だった。ペレはまだ生きてここにいる」 「マラドーナは素晴らしかった。それはサッカー選手としてだけでなく、魅せ方も含めてだ。私にはなかった部分だ」 「彼は世界のトップかつ、試合への情熱を持っていた。サッカー選手になるために生まれ、生まれながらにしてそのための全てを備えていたのだ」 「作り上げられた製品などではなく、すでに出来上がっていた。彼がボールに対していだいていた感情は、愛だ」 「現在、世界最高と言われる選手は2人いる。ロナウドはそういった感情を多少持っているが、メッシにはない。情熱など全くないのだ。素晴らしい選手ではあるがね」 「マラドーナはこういった見地でも他の選手とは突出していたように思う」 2020.12.01 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサに半年在籍のK・ボアテング、メッシに衝撃「ロナウドが最強だと思っていたけど…」

かつてバルセロナに所属し、現在はセリエBのモンツァに籍を置く元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、FWリオネル・メッシと過ごした半年間を振り返っている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 2018-19シーズン、セリエAのサッスオーロに所属していたK・ボアテングは、1月に買い取りオプションが付随した半年間のレンタル移籍でバルセロナに加入。FWルイス・スアレスの控えを探していたバルセロナから白羽の矢が立つ形となったが、移籍後は3試合の出場にとどまり、買い取りオプションも行使されず、半年後に退団した。 不完全燃焼のまま終わってしまったように見えるバルセロナでのキャリアだが、『DAZN』に出演したK・ボアテングは、素晴らしい半年間を過ごせたと振り返った。 「バルセロナでの半年間は、信じられないようなものだったよ。最初オファーがあると知らされたときは、バルセロナではなく(同じ街を本拠地とする)エスパニョールからのオファーだと思ったんだ」 また、K・ボアテングはバルセロナで過ごした半年間のなかで、メッシには強烈な衝撃を受けたと明かした。 「メッシと一緒にトレーニングしたとき、僕は言葉が出なかったよ。それまでいつも、クリスティアーノ・ロナウドこそが世界最強だと言っていたけど、メッシは別格というか普通じゃなかった。キャリアの中で初めて、僕は自分を貧弱な存在に感じたんだ」 メッシと自身の違いを痛感したと語ったK・ボアテングは、インタビューのなかでウィンクをしながら「メッシは信じられないような選手だった。僕は自分に『もうやめよう、(サッカーの)プレーをやめる時だ』って言いたくなってしまったよ」とも語っている。 2020.12.01 17:26 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ元会長が告白、19歳メッシへのインテルからのオファーを拒否「312億円のオファーが来た」

かつてバルセロナの会長を務めたジョアン・ラポルタ氏が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシへのオファーを断っていた過去を明かした。 ラポルタ氏は、2003年から2010年までバルセロナの会長を務めており、ロナジーニョを獲得するなどチームの黄金期を形成。2004-05、2005-06シーズンのラ・リーガ連覇を皮切りに、2005-06シーズンのチャンピオンズリーグ優勝など、チームを再建していた。 <div id="cws_ad">◆19歳のメッシが見せた衝撃の輝き<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIyTEw5ZFFuaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2015年には会長選に再び出馬するも、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の前に惨敗。しかし、バルトメウ会長が退任したことで、新会長になろうと立候補している。 そのラポルタ氏は、スペインのラジオ『オンダ・セロ』で過去の逸話を明かし、インテルから舞い込んできたメッシへのオファーを断っていたことを明かした。 「バルセロナを愛する人は、誰もメッシに疑いを持つことはない。私が会長になったら、彼と話をしたいと思う」 「2006年にインテルから2億5000万ユーロ(約312億円)のオファーが来たが拒否した。マッシモ・モラッティは、彼をクラブに連れて行きたかったのだ」 「クラブの大きな経済状況を回復させる計画がある」 「我々は世界を正すことはできるが、それをより良い場所にし、懸命な言葉と情熱、そして愛情で実現したいと思っている」 「人々に幸せをもたらせたい。これは選挙の公約ではない。倫理的、市民的、道徳的な公約だ」 2006年はメッシがファーストチームに正式昇格して2年目。昇格した2005-06シーズンはラ・リーガで17試合に出場し6ゴール2アシストを記録。2006-07シーズンはラ・リーガ26試合で14ゴール2アシストとブレイクの片鱗を見せたが、当時19歳でブレイクする前のメッシがここで売却されていたらどのようなキャリアを歩んでいただろうか。 2020.11.30 21:45 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly