「日本人対決、開幕戦は相性が良い」夢のスペイン1部挑戦を前にFW岡崎慎司が想いや意気込みを語る

2020.09.12 14:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガに昇格したウエスカのFW岡崎慎司が、開幕戦に向けた記者会見に出席。夢の実現に向けてコメントした。岡崎は2019年夏にレスター・シティからマラガへと完全移籍。しかし、クラブの財政問題などで選手登録を凍結される事態となり、これを受けて退団。ウエスカへと加入した。

ウエスカでは、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で37試合に出場しチーム最多となる12ゴールを記録。チームは昇格争いを繰り広げた中、最終節で優勝を決め、1部へと昇格を果たしていた。

岡崎にとって初のラ・リーガ挑戦となり、予てからプレーしたかった「夢」が実現することになるが、改めてラ・リーガに挑戦することへの思いを語った。

「現実的に1部からオファーがなくて、自分もレスターではほとんどプレーしていなかったので、あの1年間を自分も埋めないといけないというところで、2部から上がって、理想を言えば昇格して優勝してというのもありましたし、自分の成績でも個人で昇格して1部でプレーしたいという気持ちはありました」

「まずは試合に出なくてはいけないということで、現実的なところで2部でスタートさせました。正直色々なこと、生活のことやビザのことなど、色々あったり、コロナのこともあったりとかしましたが、その中でもサッカーで言えばスペインのサッカーがイングランドやドイツと違うスタイルの中でやっている楽しさはありましたけど、2部を抜け出さないといけないという部分でプレーした部分はありました」

「そういった部分では理想的な形で、最後までわからないということでハラハラはしましたけど、色々な苦労があって勝ち取れたので、正直今は楽しみでしかないです」

「去年活躍できていなければ、自分のヨーロッパでのサッカーは終わりだという気持ちで臨んでいたので、常にここからの1年1年はそういう思いでプレーしていくという感じなので、自分が背負っているものもないし、楽しんでやれれば思います」

レスター時代には守備面での貢献度が評価され、クラウディオ・ラニエリ監督の下ではプレミアリーグ優勝も経験した岡崎。一方で、日本代表としてはエースとしてゴールを量産し、通算50ゴールを記録している。

スペインでの自身のプレースタイルについては、ゴールをより目指すとした。

「ここでプレーすることに対して、色々な経験をして、ポジションを勝ち取るために、点を取るだけじゃないプレーを求められてきましたが、スペインではより得点にこだわって、取れなかったら自分の価値がないぐらいの思いでここにきました」

「それがチームのスタイルにフィットして、より自分はクロスや抜け出したプレーをチームが見てくれています。その結果が練習試合でもより昨シーズンから継続したまま、自分を見てもらえているので、そういった意味ではクロスからの得点パターンが多かったので、そこでの駆け引きでよりスペイン1部でもやれるということで、個人的にはそこ1つで勝負するぐらいの気持ちです。ゴール取るかどうかは、クロスからのゴールを取れるかが勝負だと思っています」

岡崎にとってのラ・リーガ初戦の相手は、ビジャレアル。今夏レアル・マドリーからレンタル移籍で加入した日本代表MF久保建英が所属しており、日本人対決での開幕となった。

岡崎は久保との対戦についてもコメント。ビジャレアルは警戒すべきチームだと語った。

「ビジャレアル自体がタケ(久保建英)以外の選手も有名な選手が多いですし、警戒するのはタケだけではないです」

「日本人としては状況判断に優れていて、自分がいけないときは他を生かすこともできるし、自分が仕掛けることもできるし、そういった部分で周りの選手もより生きてくるようなプレーヤーだと思うので、一人だけに絞るんんじゃなく、チーム全体で守らなくてはいけないと思います」

「どちらにしても、自分たちのサッカーが通用するかどうかという初戦なので、確実に相手を分析してどうこうより、自分たちが作り上げてきたものをやるのがテーマだと思うので、そういった意味では、チームとしても個人としても意識はしすぎていないと思います。日本人対決で初戦に当たるだろうという感覚が自分の中にあったので、そういった意味ではタケと当たるというのは、個人的には嬉しかったです」

日本代表として2019年のコパ・アメリカでは久保とも同じピッチに立った岡崎。久保のスタイルについても自身の見解を語り、負けたくないとビジャレアル戦に意気込みを見せた。

「プレーヤーとして一緒にプレーしたのは1年前になりますが、その頃とは1年間1部でプレーしている部分もあります。テレビで見ても状況判断が優れていて、なんでもできることに加えて自分で仕掛けてゴールも取れる。アシストもできて周りも行かせるという意味では、自由にさせてはいけない選手だと思います」

「周りも生かせるし、自分も結果を出せる選手なので、周りの選手もですし、久保くん個人も警戒しないといけないと思います」

「人間的にも常に貪欲な選手なので、そういったものが去年1年間の成長にも見られたと思いますし、そういう選手とは年齢関係ないと思っているので、負けたくないです。日本人としても負けたくないです。個人的には日本人対決、開幕戦は相性が良いので、ゴールを取れて勝てたら一番いいなと思います」

初めてスペイン1部で戦う岡崎だが、そのイメージはできているとコメント。挑戦者としてチームのスタイルを出すことが大事だと語り、戦うなかで改善する必要があると見解を示した。

「大抵の選手、関係者は、2部の方が激しくてよりスペースがないと言います。1部はスペースはよりあるけど、他のクオリティが高くて、すごぐ個人個人の能力が高いと言っています」

「まず自分たちのサッカーがどこまで通用するかは試す価値があるじゃないかなと思いますし、今の段階で課題とかは正直見えてないですが、やっていくうちに課題は出てくると思います。よりチームも1部での戦いを経験しながら、残留するためにどうすればいいか試行錯誤して、早い段階で改善できることがカギだと思います。やってみなければわからないので、初戦は自分たちのサッカーをぶつけるのが大事だと思います」

「夢」であったスペイン1部でのプレーが叶う岡崎。そもそも、スペインでプレーしたいと思った理由を明かし、モチベーションにもなっていると語った。

「やっとスペインでサッカーできるということで、去年は2部でしたがスペインでプレーできて、少なからず違う環境でサッカーできている楽しみを感じました」

「ただ、やっぱり自分の中でドイツ、イングランドでプレーする中で、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグでプレーして結果を残しているスペインのチームを見てもやってみたいなという、そういう希望がずっと頭の中にあって、それが叶うので、楽しみというか、そこで自分がどれだけ結果を残せるかだと思います」

「経験しにきたという感じではなく、短期決戦で結果を出しに来たという思いがある。この1年間でどれだけ積み重ねられるか、勝負かなと思っています」

「モチベーションで言えば、スペインリーグでプレーしたいという思いもあって、どこでプレーしていてもスペインでは通用しないという声が聞こえていて、世界一はプレミアリーグかスペインかというのがずっと比べられていますが、そこで自分がやらないわけには行かないなというのがありました。それが自分の中での最大のモチベーション維持だったのかなと。この1年は間違いなくモチベーションは切れることはないなと思います」

ベテランの選手も多く活躍しているスペイン1部だが、岡崎もそのことは感じている様子。自身もベテランと呼ばれる域に差し掛かっている中、コツを見つけたと明かした。

「サッカーの試合をよくみますが、リーグの特徴を見ていて、なんでこの選手たちがゴール取れるのかを考えるとコツがあるなと。動き出しのテンポとか、そういう時間があるリーグだと思います」

「だからこそ去年自分も貢献できた部分があると思うし、運動量だけじゃなく、流れる時間がプレミアリーグは早かったと思いますが、スペインリーグはテンポがやりやすいと思うので、その中でタイミングで動いたり、自分の良さを生かせるコツというのをベテランの選手は持っているなと思っています」

「それを見つけるために去年1年間やったので、1部でもどれだけそれを見つけられるかが自分が活躍でいるポイントだと思います。ミケル・リコとかルイジーニョとか、ペドロとかがチームにいて、そういった選手が上手いと思いますし、勇気をもらいます。自分もそういった選手みたいに、活躍できたらいいなと思います」

2020-21シーズンに関しては、ゴールに貪欲になると誓う岡崎。1部でのゴール量産のために、働くとした。

「自分の中でゴールを取るということで、色々なリーグで、ヨーロッパの4大リーグ、5大リーグというのは意識していて、そこに留まって活躍することが色々なことに繋がると思っているので、そこへの思いは強いです」

「自分のキャリアの中で色々なものを残していく中で、スペインリーグでも自分の名前をある程度残せる活躍をしたいと思いますし、それがここに来た理由でもあります。来たいから来たのではなく、結果を残すために来たので、そこへの思いは強いです」

「スタイルは大きくは変わっていなくて、守備でリズムを取っているのはレスターからも継続してきたことです。ただ、行くか行かないか迷った時は我慢して、そこで岡崎が起点になっているなということよりも、よりゴールに近い位置を取って、クロスを待っている方が点を取れるならそっちを選んだりとか、選択肢の中でよりゴールに近いものを選んでいくというのは今の自分には重要です」

「そこで来てくれよと不満が出ても、最後の数分で点を取って評価を得る方が、今の自分にとっては重要だと思います。それでベンチに下がることになったとしても、ピッチに立っている間は常にゴールを意識するというのが、今のチームにとっても重要だと思います。点を取った方が必ずチームを楽にできると思いますし、そういった部分の判断では変わらずに続けたいです

岡崎のラ・リーガ初戦は13日(日)の25時30分、相手は久保建英擁するビジャレアルだ。
コメント
関連ニュース
thumb

前節大勝のアトレティコが昇格組相手に痛恨のゴールレス…《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは9月30日、ラ・リーガ第4節でウエスカと対戦し、0-0の引き分けに終わった。ウエスカのFW岡崎慎司は69分までプレーした。 シーズン初戦となった前節のグラナダ戦を圧勝したアトレティコは、中2日での一戦に向けて先発を5人変更。ジエゴ・コスタやコレア、コケら代えて、グラナダ戦で躍動したスアレスが移籍後初先発。その他ではM・ジョレンテやビトロ、トーマスらが先発に名を連ねた。 一方、1敗2分けと勝利のない昇格組のウエスカは、前節のバレンシア戦から先発メンバーを2人変更。ラファ・ミルとフアン・カルロスに代えてボルハ・ガルシアとミケル・リコを先発で起用。3トップにボルハ・ガルシア、岡崎、フェレイロを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を作り出したのはウエスカ。19分、左CKをニアのシオバスがフリックすると、ゴール前でフリーのセオアネが頭で合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 対するアトレティコは、フェリックスを起点にアタッキングサードまでボールを運べるものの、なかなかフィニッシュまで行き切れない。 前半半ばから終盤にかけても互いにシュートシーンが少ないクローズな試合展開が続く。そんな中、ウエスカは44分にカウンターからチャンスを迎える。相手GKのロングフィードを中盤でセオアネが弾き返すと、前線でボールを収めたボルハ・ガルシアのパスで右サイドを抜け出したフェレイロがダイレクトクロス。これをボックス中央に走り込んだミケル・リコが右足で合わせたが、シュートは枠のを外した。 迎えた後半、アトレティコはビトロを下げてコレアを投入。前半右MFを務めたM・ジョレンテが左MFに移動し、コレアを右MFに配置した。すると59分、フェリックスのロングスルーパスでDFの裏に抜け出したスアレスがボックス左から侵入。飛び出したGKを縦に振り切ったスアレスがボックス左角度のないところからシュートを放ったが、これは戻ったGKアンドレス・フェルナンデスのブロックに阻まれた。 ゴールが遠いアトレティコは、61分にM・ジョレンテとスアレスを下げてカラスコとジエゴ・コスタを投入し攻撃の活性化を図る。すると66分、ボックス左手前でパスを受けたフェリックスが切り返しで相手DFかわしシュート。相手にブロックされたこぼれ球を再びフェリックスが狙ったが、2度目のシュートはわずかに枠の左に逸れた。 対するウエスカは、69分に岡崎とボルハ・ガルシアを下げてラファ・ミルとオンティベロス投入。さらに82分にもミケル・リコとフェレイロを下げてフアン・カルロス、セルヒオ・ゴメスと言ったアタッカーを続けて投入した。 試合はゴールレスのまま終盤へと突入。アトレティコは89分にボックス内の混戦でこぼれたボールをボックス右深くで拾ったコレアが折り返しを供給。相手DFに当たった浮き球を中央のフェリックスがボレーシュートで合わせたが、これは相手GKの好守に防がれた。 結局、試合はそのまま0-0でタイムアップ。昇格組相手に勝ち星を逃したアトレティコが、開幕連勝を逃した。 2020.10.01 04:02 Thu
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第4節プレビュー】岡崎ウエスカvsアトレティコ! 今季初のミッドウィーク開催!

先週末に開催された第3節では、新シーズンの初陣となったバルセロナ、アトレティコ・マドリー、セビージャの3強がいずれも白星発進。また、昨季王者レアル・マドリーも開幕2戦目にして初白星を手にした。 今季初めてミッドウィーク開催となる今節では、FW岡崎慎司を擁する昇格組ウエスカがアトレティコに挑む水曜開催の一戦に注目が集まる。 前節、バレンシアとのアウェイゲームに臨んだウエスカは、ほぼ互角の戦いを見せたが、開幕節のビジャレアル戦に続く1-1のドローに終わり、今季初勝利とはならなかった。そのバレンシア戦で先発した岡崎は後半にクロスバー直撃のボレーシュートを放つなど、プリメーラ初ゴールに迫ったが、後半半ばに今季初めて途中交代となった。それでも、前線の組み合わせ、並びに試行錯誤が続く中、間違いなく中心を担っており、今節でのスタメンも濃厚だ。世界屈指の堅守を誇る難敵相手に待望の初ゴールを期待したい。 対するアトレティコは、開幕連勝のグラナダを相手に持ち味の堅守ではなく、攻撃の破壊力が目立つ初陣となった。戦前にはプレシーズンの調整不足も懸念されたが、その不安は杞憂に終わり、昨季1度もなかった1試合6ゴールを奪っての6-1の圧勝というド派手な開幕となった。とりわけ、加入2年目で覚醒が期待されるFWフェリックスのハイパフォーマンス、ドブレーテデビューとなった新戦力のFWスアレスの活躍が印象的だった。 それ以外にもFWジエゴ・コスタやFWコレア、MFマルコス・ジョレンテなど、多士済々のアタッカー陣が結果を残しており、シメオネ監督にとって嬉しい悩みの種が増える予感だ。ただ、今回の大勝に関しては対戦相手のグラナダがクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)本大会出場に向け、今週開催のプレーオフに気を取られている部分もあり、このウエスカ戦で真価が試される。 前節、最も注目を集めたクーマン新体制のバルセロナは、MF久保建英を擁するビジャレアルを相手に4-0の完勝という最高のスタートを切った。エースFWメッシのPKによる今季初ゴールに安堵すると共に、FWアンス・ファティの圧巻のドブレーテ、出戻りMFコウチーニョのハイパフォーマンスと個の活躍に加え、昨季はあまりお目にかかれなかった素早い攻守のトランジションなど、オランダ人指揮官の色が随所に出ていた。 連勝を目指す今節は昨季の対戦で2度のリードを守り切れずにドローに終わるなど、苦手とするバライードスでのセルタ戦。昨季は17位でギリギリ残留のセルタだが、今季ここまでは1勝2分けの3戦無敗とまずまずの滑り出しを見せており、エースFWアスパスもリーグトップタイの3ゴールと好調を維持している。その苦手相手にきっちり勝ち切って、週末に控えるセビージャとのビッグマッチに臨みたい。 昨季王者のマドリーは、連勝を狙う今節で開幕3戦未勝利のバジャドリーを相手にサブスタジアムのアルフレド・ディ・ステファノでホーム開幕を迎える。初勝利を挙げたベティスとのアウェイゲームでは前半終盤の連続失点で一時逆転を許す苦しい戦いを強いられたが、オウンゴールでの同点ゴールに相手の退場、幸運なハンドの判定で得たPKで試合を引っくり返し、3-2で競り勝った。昨季終盤の好調時に比べると、攻守両面でもの足りなさは否めないが、ベティス戦の勝利が今後のパフォーマンス向上に繋がっていくはずだ。 また、昨季4位のセビージャは昇格組カディスに苦戦を強いられたが、後半アディショナルタイムのFWムニル、MFラキティッチの2ゴールで競り勝ち、3-1のスコアで今季初勝利。バイエルンとのUEFAスーパーカップを戦った直後でメンバーを入れ替えた中、しぶとく逆転で勝ち切ったことは今後に向けた好材料だ。対戦相手のレバンテは開幕2試合で5得点5失点と出入りの激しい戦いとなっており、打ち合いは必至か。 岡崎を除く日本人選手ではビジャレアルの久保がホームでアラベス戦、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀がエルチェ戦に臨む。 古巣バルセロナ戦では4点のビハインドを背負った後半半ばに3試合連続で途中出場し、短い出場時間の中でも存在感を放った久保。日増しに先発起用を望む声が上がっており、頑固なエメリ監督も中2日の過密日程を受け、今節こそ先発起用に踏み切る可能性が高い。一方、開幕3戦未勝利のエイバルでは前節のアスレティック・ビルバオ戦で、乾が3戦連続スタメン出場、武藤が試合終了間際にデビューを飾ったが、1-2で惜敗。今季初勝利を目指す今節は昇格組を相手に結果にこだわりたい。 その他ではMFダビド・シルバが古巣対戦となるレアル・ソシエダvsバレンシアも要注目の一戦。なお、グラナダvsオサスナはグラナダのEL予選プレーオフ参戦に伴い、延期となっている。 《ラ・リーガ第4節》 ▽9/29(火) 《26:00》 レアル・ソシエダ vs バレンシア 《28:30》 ヘタフェ vs ベティス ▽9/30(水) 《26:00》 ウエスカ vs アトレティコ・マドリー ビジャレアル vs アラベス 《28:30》 エイバル vs エルチェ レアル・マドリー vs バジャドリー ▽10/1(木) 《26:00》 アスレティック・ビルバオ vs カディス セビージャ vs レバンテ 《28:30》 セルタ vs バルセロナ ▽未定 グラナダ vs オサスナ 2020.09.29 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎がクロスバー直撃の決定機に絡むも格上バレンシアとドロー! プリメーラ初ゴール&初勝利はお預けに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バレンシアvsウエスカが26日にメスタージャで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は先発し、80分までプレーした。 開幕2戦連続フル出場もチームと共に結果が出ていない岡崎は、格上バレンシアを相手にプリメーラ初ゴール&初勝利を期して敵地での一戦に臨んだ。 この試合、2トップの一角でスタートした岡崎は開始直後の7分にボックス手前右角のセオアネからの精度の高いクロスに反応するが、得意のヘディングシュートはやや当たりが薄く枠の左に外れる。 立ち上がりから動きの量と連動性で勝るウエスカは、決定機こそ作れないものの、ホームチームに攻撃の機会を与えず、互角以上に試合を運んでいく。しかし、38分には自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのヴァスにゴール方向に向かう鋭い低弾道のボールを入れられると、ゴール前の密集をすり抜けたこのボールがそのままファーポストに吸い込まれ、名手ヴァスの直接FKで先手を奪われた。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けて同点を目指すウエスカは58分に岡崎がシュートを放つなど、フィニッシュの数を増やしていく。61分には左サイドで得たFKの場面でファーでフリーのプリードに絶好機もゴール至近距離から放ったヘディングシュートはGKのファインセーブに遭う。 だが、このプレーで得た右CKの場面でフェレイロからファーのシオバスに精度の高い浮き球のボールが渡ると、これをギリシャ代表DFがファーポストの絶妙なコースに流し込み、同点に追いついた。 これで勢いづいたアウェイチームは逆転ゴールを目指していく中、71分に岡崎に絶好のゴールチャンスが訪れる。ペドロ・ロペスからのクロスに対してボックス中央に入り込み、DFヴァスをブロックしながら右足のボレーシュート。ゴラッソでのプリメーラ初ゴールかに思われたが、このシュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。その後、絶好機を逸した岡崎は80分に新戦力オンティベロスとの交代でピッチを後に。 両チームは最後まで勝ち点3を目指して攻め合うも、試合はこのまま1-1でタイムアップ。ここ3試合を通じて最もゴールに迫った岡崎だが、プリメーラ初ゴール&初勝利はお預けに。なお、30日に行われる第4節ではアトレティコ・マドリーをホームで迎え撃つ。 2020.09.27 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

久保のライバルの一人であるオンティベロスが岡崎ウエスカにレンタル

FW岡崎慎司の所属するウエスカは24日、ビジャレアルのスペイン人MFハビエル・オンティベロス(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 MF久保建英と同様に2列目でのプレーを得意とする攻撃的MFのオンティベロスは昨季、マラガからビジャレアルに加入。ラ・リーガでは30試合(うち先発は7試合)に出場して2ゴール2アシストを記録していたが、レギュラーの座を掴むには至っていなかった。新シーーズンもここまで2試合、ベンチ入りするも出場機会はない状況だった。 新シーズンは久保のライバルから岡崎の相棒になる可能性が高まった。 2020.09.25 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎フル出場も見せ場作れず… ウエスカは昇格組対決に敗れる《ラ・リーガ》

ウエスカは20日、ラ・リーガ第2節でカディスをホームに迎え、0-2で敗れた。ウエスカのFW岡崎慎司はフル出場している。 先週行われたビジャレアルとの開幕戦を1-1で引き分けたウエスカは、先制点の起点となった岡崎が[4-3-3]の最前線で引き続きスタメンとなった。 昨季、2部で優勝を争ったネグレド擁するカディスに対し、ウエスカがポゼッションする入りとなっていたが、11分にミスから失点する。右クロスをGKアンドレス・フェルナンデスが弾いてしまい、ルーズボールをネグレドに決められた。 失点後もウエスカがボールを持つ展開となったものの、シュートチャンスは生み出せず1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半もウエスカがポゼッションした中、53分に3枚替えを敢行する。それでも流れは変わらず膠着状態が続いた。 すると終盤の83分に終戦する。カウンターを受け、最後はポンボにヘディングシュートを決められた。 結局、ウエスカは86分のモスケラのこの試合初の枠内シュートをGKに止められ、0-2で完敗。昇格組対決に敗れ、1分け1敗スタートとなっている。 2020.09.21 00:54 Mon
twitterfacebook