ヴォルフスブルク、スイス代表MFシュテフェンとの契約を2023年まで延長

2020.09.12 00:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは11日、スイス代表MFレナト・シュテフェン(28)との契約を2023年6月30日まで延長した。母国スイスのゾロトゥルンでプロデビューしたシュテフェンは、トゥーンやヤングボーイズ、バーゼルとスイスの名門を渡り歩き、2018年の冬にヴォルフスブルクへ完全移籍。

右ウイングを主戦場としながらも両サイドでプレー可能なレフティーは、これまでヴォルフスブルクで公式戦90試合に出場し11ゴール7アシストをマーク。2019-20シーズンも主力の一人としてブンデスリーガ27試合で6ゴール3アシストを記録していた。

また、スイス代表では2015年10月のデビューからこれまで12試合に出場。先日行われたUEFAネーションズリーグでも2試合に出場していた。

新たな契約書にサインしたシュテフェンは、公式サイト以下のように喜びを語った。

「新しいシーズンが始まる前に契約延長できたことをとても嬉しく思っているよ。今回の契約延長で僕はサッカーに集中できる。ヴォルフスブルクの目標を達成できるために自分の役割を果たすつもりだ」

「僕や家族はヴォルフスブルクでの生活を楽しんでいるし、これからが楽しみだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

低調レバークーゼン、ヴォルフスブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

レバークーゼンは20日、ブンデスリーガ開幕節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 昨季ブンデスリーガ5位のレバークーゼンが、7位のヴォルフスブルクのホームに乗り込んだ一戦。 [4-3-3]で臨んだレバークーゼンは、3トップに右からベララビ、アラリオ、ディアビと並べた。 ハイプレスをかけてきたヴォルフスブルクの前にレバークーゼンは、なかなかシュートに持ち込むことができない。 すると33分にはセットプレーの流れからブルックスに決定的なヘディングシュートを許すと、42分にもピンチ。しかし、ボックス中央からヴェグホルストに打たれたシュートはGKフラデツキーが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 後半もギアの上がらないレバークーゼンは、63分にアラリオに代えて新戦力のシックを投入する。 しかし、最後まで決定機を生み出すには至らず、ゴールレスドローに終わっている。 2020.09.21 02:55 Mon
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがヴォルフスブルクのDRコンゴ代表DFティセランを完全移籍で獲得

フェネルバフチェは15日、DRコンゴ代表DFマルセル・ティセラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は3年間となり、1年間の延長オプションが付いているとのことだ。 ティセランはモナコの下部組織で育ち、RCランスやトゥールーズなどでプレー。2016年8月にインゴルシュタットへ完全移籍しドイツに活躍の場を移すと、2018年7月にヴォルフスブルクへ完全移籍していた。 キャリアを通じてはリーグ・アンで61試合に出場し1ゴール1アシスト、ブンデスリーガで69試合に出場し2ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンはブンデスリーガで15試合に出場し1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで7試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.09.16 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

30歳で現役引退、ヴォルフスブルクの元スペイン代表MFカマーチョが足首のケガから復帰できず

ヴォルフスブルクに所属する元スペイン代表MFイグナシオ・カマーチョ(30)が現役引退を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 クラブの発表によると、カマーチョは負傷の影響によりプレーがもうできなかったと決断。30歳の若さながらスパイクを脱ぐことを決断し、14日に記者会見で引退を発表した。 レアル・サラゴサのユースからアトレティコ・マドリーの下部組織に加入したカマーチョは、2008年1月にファーストチームへ昇格。2011年1月にマラガへと完全移籍すると、2017年7月からヴォルフスブルクでプレーしていた。 ヴォルフスブルクでは加入後レギュラーとしてプレー。ゲームキャプテンを務めることもあったが、2017年10月に足首を負傷。一度は復帰するも、2018年10月に再び負傷。そこからは出場機会がなかった。 引退会見でカマーチョは、「僕はピッチに戻るために立ち止まらずに戦った。可能な限りのことをしたから、後悔はない。僕が大好きなサッカーを戻ってやりたかった」とコメント。復活に向けて戦っていたと明かした。 カマーチョは2017年の最初のケガ以降、5度の手術を受け、リハビリを継続。チームトレーニングに復帰するまでになったが、完全回復に至ることはなかった。 「簡単ではなかった。この3年間毎日痛みがあり、結局続けることができなくなった。僕はこの道中に助けてくれた人々にとても感謝している。彼らにとっても、簡単なことではなかった」 なお、カマーチョはヴォルフスブルクに残り、2年間の研修プログラムを行うとのこと。指導者の道を歩むことになる。 2020.09.15 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

代表戦でヒザ負傷のムバブ、DFBポカール欠場が決定…シーズン開幕にも間に合わずか

ヴォルフスブルクは10日、スイス代表DFケビン・ムバブが負傷したことを発表した。 9月3日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦にフル出場したムバブだが、この試合でヒザを負傷。当初は打撲を思われていたが、患部の腫れが引かず再検査を実施した結果、ヒザのじん帯損傷が発覚した。 なお、ヴォルフスブルクはムバブの離脱期間については明かしておらず、チームを率いるオリバー・グラスナーも12日に行われるDFBポカール1回戦のFSVウニオン・フュルステンヴァルデ戦には出場しないことを明かしている。 2020.09.10 23:56 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク主将ダニエル・バイアーが現役引退…ブンデス通算300試合以上に出場

昨シーズン限りでアウグスブルクを退団したドイツ人MFダニエル・バイアー(36)が現役を引退した。同選手が自身の公式『インスタグラム』で明かしている。 2003年に1860ミュンヘンでプロデビューを飾った守備的MFのバイアーは、ヴォルフスブルクを経て、2008年に当時ブンデスリーガ2部に所属していたアウグスブルクにレンタル移籍。その後、2010年1月に完全移籍に移行すると、およそ10年に渡って主力を担い、クラブ通算355試合に出場し、8ゴール25アシストの数字を残した。 さらに、2017-18シーズン以降はキャプテンを託されていたが、契約満了に伴い今年7月23日付けでクラブを去っていた。 その退団から約1カ月半が過ぎた今月9日にバイアーは、『インスタグラム』のビデオメッセージを通じて現役引退を発表した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 「想像していたのとは違う流れにはなったけど、でも最終的にはアウグスブルクでキャリアを終えることになった」 「これまで長きに渡ってブンデスリーガでプレーできたことを信じられないほど嬉しく、誇りに感じ振り返ることができるよ」 36歳の玄人好みの守備的MFは、昨シーズン中にブンデスリーガ通算300試合出場(302試合)を達成しており、本人にとっては良いタイミングでの幕引きとなったようだ。 2020.09.10 16:58 Thu
twitterfacebook