若き才能あふれるアヤックス、連携からファン・デ・ベークが決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

2020.09.11 22:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークがアヤックスで決めたゴールだ。

◆才能あふれるアヤックスが決めた美しいチームゴール

才能ある若手の育成に定評のあるチームとして知られるアヤックス。2018-19シーズンには若手選手中心のチームでチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に進出するなど、ヨーロッパの舞台でも旋風を起こした。

そんなヤング・アヤックスの主力選手の1人だったファン・デ・ベークだが、2019年11月10日に行われた、エールディビジ第13節のユトレヒト戦では、流れるような美しいチームプレーからゴールを決めている。

2-0とアヤックスリードで迎えた40分、左サイドから相手ディフェンスを崩したアヤックスは、FWクインシー・プロメスがMFドゥシャン・タディッチとのワンツーで中央へ侵入する。

プロミスはそこからボックス内のMFザカリア・ラブヤドにボールを入れると、ラブヤドがワンタッチでボールを落とす。これをボックス手前から走り込んだファン・デ・ベークがミドルシュートを放ち、ゴール右に決めてみせた。

その後も追加点を奪ったアヤックスは4-0で試合に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

“サッリボール”炸裂!ハムシクが完璧なパス回しから決めた美しい連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は大連一方に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクがナポリ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆これぞサッリボール!ハムシクが決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpQ0laeFNNSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてブレシアの下部組織に引き抜かれ、同クラブでプロデビューを果たしたハムシクは2007年に加入したナポリでブレイク。リーグ屈指のMFとして活躍した。 2019年2月に大連一方に移籍するまで、クラブの主将も務めたハムシクだが、2017年4月2日に行われたセリエA第30節、ユベントスとの一戦では、当時のナポリ指揮官、マウリツィオ・サッリ氏が展開した“サッリボール”を体現する美しいゴールを決めている。 0-1とユベントスにリードされて迎えた60分、敵陣左でボールを持ったハムシクはFWロレンツィオ・インシーニェにボールを預け、中央へポジションを移すと、インシーニェからボールを受けたMFジョルジーニョがハムシクに再度ボールを送る。 ハムシクはこれを中央のFWドリース・メルテンスにパスし、すかさず裏へ走る。メルテンスは相手を引きつけた上でハムシクにスルーパス。完全にフリーでボールを受けたハムシクが、GKジャンルイジ・ブッフォンとの1vs1を冷静に決め、美しいゴールが生まれた。 これぞ“サッリボール”という美しいパス回しからゴールを奪ったナポリ。これで1-1と同点に追いつき、そのままドローで試合は終了した。 2020.09.24 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

連続ワンツーでユベントスディフェンスを翻弄!マルセロが決めた流れるような連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセロが華麗な連続ワンツーから決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKaXlmMFU1SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フルミネンセでプロデビュー後、2007年1月に若くしてマドリーに引き抜かれたマルセロ。攻撃的なサイドバックとして存在感を示し、今なお世界屈指のサイドバックとして君臨している。 そんなマルセロの強みと言えばDFとは思えないセンスを活かした攻撃参加だが、2018年4月3日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝、ユベントスとの1stレグでは、攻撃陣顔負けの見事な連携プレーからゴールを決めている。 2-0とアウェイのマドリーがリードして迎えた72分、左サイドを攻め上がり高い位置でボールを持ったマルセロ。するとボックス内へ動き出したMFイスコと見事なワンツーで中央へ侵入し、相手に囲まれながらも、中央のFWクリスティアーノ・ロナウドとさらに華麗なワンツー。 絶妙なタイミングで出されたリターンパスをGKの前でフリーで受けると、一度はシュートをブロックされながらもしっかりと決め、華麗な崩しから見事なゴールを決めた。 これでリードをさらに広げたマドリーは、3-0とし、アウェイで先勝している。 2020.09.23 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フンテラールとスアレスのコンビプレー!アヤックス時代の2人が決めた美しい連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスがフンテラールとの連携から決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoUkwzclJCMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのプロデビューを経て、オランダへ渡ったスアレスは2007年夏にアヤックスに移籍。2011年1月にリバプールに引き抜かれるまで、公式戦159試合111ゴールを挙げている。 オランダでも抜群のセンスを武器に得点を量産していたスアレスだが、2007年8月19日のエールディビジ開幕節、デ・フラーフスハップ戦ではチームメイトとの見事な連携からゴールを決めている。 1-0とアヤックスリードの42分、左サイドでボールを持ったスアレスはドリブルで前に進みつつ、相手の様子を伺う。するとボックス内に走り出したFWヤン・フンテラールの動きを見つけ、すかさず浮き球のパス。そのまま自身もゴール前へ走っていく。 フンテラールからのヒールのリターンパスを受けたスアレスは、相手DFを置き去りにしてGKと1vs1に。これをゴール右にしっかりと沈め、見事な連携から追加点を奪った。 この後アヤックスは得点を重ね続け、終わってみれば8-1のという大勝を収めている。 2020.09.22 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシのキープからの見事な崩し!ペドロが決めた見事な連携からのゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はローマの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ビルバオ相手にバルセロナが見せた完璧な崩し<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1M005OW5kcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織出身のペドロは、生え抜きのアタッカーとして長年バルセロナの攻撃陣の一角を担った名手だ。 絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのサポート役として活躍することが多かったペドロは、公式戦321試合99ゴールを記録しているが、2015年2月8日のラ・リーガ第22節のアスレティック・ビルバオ戦では、素晴らしい連携からゴールを決めている。 4-2とバルセロナリードの86分、ボックス手前でボールを受けたメッシは、ビルバオDF数人に囲まれてしまう。しかし、細かいボールタッチで厳しいマークをかわしながらボールをキープし、相手を引きつけると、絶妙のタイミングでMFセルヒオ・ブスケッツにスルーパス。 ボックス内でフリーでボールを受けたブスケッツはゴール前でペドロへ横パスを出すと、ペドロがこれをしっかりと流し込み、完璧な崩しからの見事なゴールが生まれた。 これで相手をさらに突き放したバルセロナはそのまま5-2で勝利している。 2020.09.21 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

パス3本で相手ディフェンスを蹂躙!デ・ブライネがチェルシー戦で決めた破壊力抜群の中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デ・ブライネが古巣チェルシー相手に見せた鮮やかな中央突破<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVbmkwRDRISCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成の名門ヘンクの下部組織出身のデ・ブライネは、2012年1月にチェルシーと契約。しかし、充分なチャンスを与えられないままチェルシーを退団。しかし、その後ドイツで実力を発揮すると、2015年夏にマンチェスター・シティに移籍し、プレミアリーグに復帰した。 抜群のパスセンスやシュート技術に加え、ハードワークで守備もこなすなど、オールマイティな活躍を見せるデ・ブライネだが、2017年9月30日に行われた、プレミアリーグ第7節の古巣チェルシー戦では、味方との連携から見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた67分、最終ラインからDFニコラス・オタメンディが敵陣やや右にいたデ・ブライネにパスを送ると、これをダイレクトで前線のFWガブリエウ・ジェズスと鮮やかな縦でのワンツー。流動的なパスワークでマークをズラしたデ・ブライネは、MFセスク・ファブレガスからのプレッシャーを振り切りフリーでボールを受けると、ボックス手前から左足で豪快なシュート。強烈なシュートはゴール右に決まり、見事なゴールが生まれた。 わずか3本のパスで敵のブロックの中央を切り裂きゴールを奪った見事な連携で、シティが1-0と勝利している。 2020.09.20 21:00 Sun
twitterfacebook