ブレスト、ハダースフィールドから大型FWムニエを獲得! 3年ぶりのリーグ・アン復帰

2020.09.10 13:56 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ブレストは9日、ハダースフィールドからベナン代表FWスティーヴ・ムニエ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。190cmの大型ストライカーのムニエは、モンペリエでプロキャリアをスタート。2016-17シーズンにリーグ・アン35試合14ゴールの活躍をみせ、プレミアリーグ昇格組のハダースフィールドに加入した。


ハダースフィールドでは在籍3シーズンで95試合19ゴールの数字を残していた。
関連ニュース
thumb

リバプール、17歳の逸材FWブレアと新契約締結!

リバプールは3日、イングランド人FWハーヴィー・ブレア(17)と新契約を締結したことを発表した。契約の詳細に関しては明かされていない。 ハダースフィールド生まれでマンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちのブレアは、U-12カテゴリーからリバプールのアカデミーに加入。前線の複数ポジションでプレー可能なスピードとボールスキルに長けた逸材アタッカーは、昨年にプロ契約にサインした。 今シーズンからU-18チームでプレーすることになったが、シーズン序盤に負傷離脱を余儀なくされたが、ここまでU-18プレミアリーグで4試合2ゴールの数字を残している。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Harvey Blair has signed a new extended contract with the Reds </p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1367069112187449345?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがMFマッケニーの買い取りOPを行使!2025年まで契約

ユベントスは3日、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(22)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 なお、ユベントスは所属元のシャルケに移籍金として3年間で1850万ユーロ(約24億円)を支払うとのこと。また最大で650万ユーロ(約8億4000万円)のボーナスも付くとのことだ。 テキサス州出身のマッケニーはFCダラスのアカデミーで育ち、2016年8月にシャルケのU-19に入団。2017年7月にファーストチームに昇格すると、セントラルMFを主戦場に、サイドアタッカーやサイドバック、センターバックでプレー可能なユーティリティ性も強みに公式戦通算75試合に出場していた。 昨夏にユベントス初のアメリカ人選手として買い取り義務付きのレンタル移籍で加入すると、今季はここまでリーグ戦21試合を含む公式戦31試合に出場し5ゴール2アシストをマークしていた。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“ピクシー”ことストイコビッチ氏、セルビア代表監督に就任! 56歳誕生日に決定

セルビアサッカー協会は3日、ドラガン・ストイコビッチ氏(56)の同国代表監督就任を正式発表した。契約期間は3年。2024年のユーロ予選までの契約となる。 自身の56歳となる誕生日に監督就任が正式決定したストイコビッチ氏は協会の公式サイトを通じて、「大きな喜びと誇りを感じる。これほどの名誉なことなんてない。これ以上のバースデープレゼントは望めないね」と喜びの心境を語った。 現役時代に“ピクシー”の相性でも親しまれ、ユーゴスラビア代表としてだけでなく、ツルヴェナ・ズヴェズダやマルセイユ、そして名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)などで活躍したストイコビッチ氏。2001年に現役を引退した。 その後、ユーゴスラビアサッカー協会やツルヴェナ・ズヴェズダで会長職を務め、2008年から名古屋を率いると、2010年にチームとして初のJ1リーグ制覇。2013年限りで退任後、広州富力の指揮を執り、2020年1月に退任してからフリーだった。 セルビア代表は今夏に予定するユーロ本大会出場を逃して、昨年12月にリュビシャ・トゥムバコヴィッチ監督が退任。今月からスタートする欧州予選を戦い抜き、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場権獲得が目標となる。 2021.03.03 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがオーストリアの若手MFを確保、世代別代表も経験の17歳MFメトゥと4年契約

バイエルンは2日、オーストリアのSKNザンクト・ペルテンからU-17オーストリア代表MFエミリアン・メトゥ(17)の獲得を発表した。 契約期間は2025年6月までとなり、2021-22シーズンから加入。当面はセカンドチームに所属することとなる。 メトゥは、ザンクト・ペルテンの下部組織で育ち、2020年9月に昇格。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで2試合に出場していた。また、世代別のオーストリア代表も経験している。 191cmの長身で、懐の深さもあり、スケールの大きなプレーをするメトゥは、1月からバイエルンでトライアルを受けていたとのこと。この度その能力が認められ、正式に契約を結ぶこととなった。 メトゥは「僕にとって夢のような出来事だよ。家族全員が長年バイエルンのファンだった。僕はこの偉大なクラブの一員になりたい。ミュンヘンで自分を表現したいよ」と今回の契約にコメントしている。 2021.03.03 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケが今季4人目の指揮官にグラモジス氏を招へい!

シャルケは2日、ギリシャ人指揮官ディミトリオス・グラモジス氏(42)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 今季ここまで1勝16敗6分けで最下位に沈むシャルケは、昨年9月にデイビッド・ワグナー、昨年12月にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。 昨年12月末からはクリスティアン・グロス監督がチームを率いていたが、就任後のリーグ戦10試合で1勝2分け7敗と立て直しに失敗すると、クラブは2月28日に解任を発表していた。そして、今回新たに招へいされたのが、グラモジス氏だ。 現役時代ハンブルガーSVやカイザースラウテルン、ケルンなどで活躍したグラモジス氏は2013年に現役を引退すると、2015年から監督業をスタート。直近では2019年2月からダルムシュタットの監督を務め、就任初年度に低迷していたチームを残留に導くと、2019-20シーズンは5位と躍進させた。 なお、グラモジス新監督の初陣は5日に予定されるブンデスリーガ第24節マインツ戦となる。 2021.03.03 07:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly