モウリーニョがメッシ獲得に言及「FFPを尊重しないチームしか無理」

2020.09.10 12:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナからの退団騒動があったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及した。スペイン『アス』が伝えた。メッシは、今夏の退団を希望する旨をバルセロナに通達。自身が保有する契約解除の条項を行使し、フリートランスファーでの退団を目指したが、バルセロナ側は契約上、その退団条項が有効期限切れであると主張していた。

◆退団騒動のメッシがついにバルセロナでトレーニング!

このバルセロナの主張に対し、ラ・リーガも支持。メッシが移籍するには契約解除金がかかるとの見解を示していた。

メッシはその後、バルセロナとの裁判を起こしたく無いとし残留を宣言。チームのトレーニングに参加していた。

世界中で大きな話題を呼んだメッシの退団騒動だったが、モウリーニョ監督はスポンサーの1つである「Top Eleven」が主催したイベントでこの問題について言及。メッシを獲得できるクラブについて語った。

「トッテナムではファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)を尊重している。だから、メッシはそれを尊重しないチームにしか行くことはできない。それは、トッテナムではない」

メッシを仮にフリーで獲得できたとしても高額な給与を支払うことになるが、今獲得するとなれば、7億ユーロ(約880億円)の移籍金がかかるため、手を出せるクラブはほとんどないと見られている。

また、FFP違反を訴えられていたマンチェスター・シティについても言及。「シティが無罪であることは、恥ずべき決断だった。彼らは1000万ユーロ(約12億5500万円)を支払い、罰せられない。無罪ならば、罰金を課すべきではない。もし有罪なら、決定も恥であり、リーグから追放されるべきだ」とコメント。処分が罰金のみとなったことへの不信感を示した。
コメント
関連ニュース
thumb

元オランダ代表GKフォルムが現役引退…スパーズやスワンズ、ユトレヒトで活躍

元オランダ代表GKミシェル・フォルム(37)が26日、自身の公式『インスタグラム』を通じて現役引退を発表した。 昨シーズン限りでトッテナムとの契約が終了し、フリーの状況が続いていたフォルムだが、26日に現役から退くことを公表した。 「僕はプロフェッショナルフットボールから引退することを決めた」 「ニーウェガインで生まれ育った子供の頃はこれまでのことをイメージすることはできなかったよ」 「ユトレヒトとプロ契約を結び、デン・ボスでプロデビューし、ユトレヒトではプレーオフを勝ち抜きヨーロッパフットボールも経験できた」 「そして、スウォンジーではプレミアリーグでプレーするチャンスを得た。スワンズでは最高のプレーヤーたちと対峙することで自分自身を成長させる機会を得ることができ、スパーズと契約することもできたよ」 「スパーズでは彼らの歴史の一部になることができた。とりわけ、チャンピオンズリーグ決勝進出という信じられないほど素晴らしい道のりを共に歩むことができた。これまでプレーしてきたすべてのクラブに感謝を伝えたい」 「同様に自分の国を代表して国際的なトーナメントに参加できたことを心から誇りに思っているよ。U-21代表ではU-21欧州選手権を制し、2010年のワールドカップでは銀メダル、2014年のワールドカップでは銅メダルを獲得できた。個人的にもプレーすることができたしね」 「これまでの旅の中では本当に世界で最高のプレーヤー、監督たちとプレーやトレーニングを共にすることができた。そういった素晴らしい人たちの、パーソナルな面を知ることができるという特権も味わえたんだ」 「だから、これまで出会ってきた一人ひとりに感謝を伝えたい。プレーする喜び、人生における教訓、サポート、信頼、そして一緒に多くの目標を達成できたことを心から感謝しているよ」 「ファンのみんなへ:本当にありがとう。(コロナ禍で)クラブを応援することが難しくなり、距離を置いて応援しなければならない時代になったとしても、どうか応援し続けてください」 「プレーヤーの一人として、たとえどんなに距離が離れていても、ファンのみんなが不可能を可能にする、エネルギーを与えてくれることを信じているんだ」 「最後に家族(両親と兄弟)に感謝を伝えたい。この旅の中でのみんなからのサポートがなければ、この旅は実現できなかったはずさ。そして、(妻の)デイジーと子供たちは良いときも悪いときも一緒に居てくれたね。心から愛しているよ」 母国のユトレヒトでプロキャリアをスタートしたフォルムは、デン・ボスへの武者修行を経て復帰した2006-07シーズンからトップチームの守護神に定着。その後、2011年に加入したスウォンジー・シティでプレミアリーグデビューを飾ると、3シーズンに渡って正GKとして活躍した。 同クラブでの活躍が評価され、2014年に加入したトッテナムでは守護神を務めるフランス代表GKウーゴ・ロリスのバックアッパーとして公式戦48試合に出場。2018-19シーズン終了後に一度クラブを離れたが、ロリスの負傷離脱に伴い、2019年10月に再契約。今年3月に行われたFAカップのノリッジ・シティ戦でキャリア最後の出場を果たしたが、PK戦の末に敗れていた。 また、2008年11月のスウェーデン代表戦でデビューを飾ったオランダ代表では通算15キャップを刻み、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)、ユーロ2012、2014年のブラジルW杯の3大会に参加。ブラジルW杯ではブラジル代表との3位決定戦において、試合終了間際に投入されてW杯のピッチにも立っていた。 183cmとGKとしては小柄ながら卓越した反射神経を生かしたシュートセーブ、果敢な飛び出し、PK戦の強さを武器に長らく一線で活躍してきた名GKの一人だった。 2020.10.27 01:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ケインがゴールからの距離を感じさせない豪快なロングシュートを突き刺す【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケインが決めた豪快なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzNTV2cFVraSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナムの下部組織で育ったケインは、レンタル移籍を経て、2014-15シーズンに大ブレイク。ファーストチームに定着すると、今ではエース、そして主将としてチームを引っ張る大黒柱となっている。 ストライカーとしてゴール前で圧倒的な強さを誇るケインだが、豊富な得点パターンを持っており、2019年12月7日に行われたプレミアリーグ第16節のバーンリー戦では、豪快なロングシュートを決めている。 開始早々の5分、前線へのロングボールがFWソン・フンミンに入ると、ワンタッチでケインに落とす。ドリブルで少しボールを前に運んだケインは、相手のプレスがかかる前にシュート体勢に入ると、まだゴールに対してかなり距離のある位置からロングシュート。 右足から放たれた鋭いシュートは、ゴール左に決まり、見事な先制ゴールとなった。このゴールで勢いに乗ったトッテナムは5-0の大勝を収めている。 2020.10.26 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

9試合31得点のスパーズ、だがモウリーニョは「かつてのマドリーの方が…」

公式戦9戦無敗と好調のトッテナムだが、ジョゼ・モウリーニョ監督は自身が率いたかつてのレアル・マドリーには及ばないとの見解を示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 モウリーニョ体制2年目を迎えたトッテナムは、プレミアリーグ開幕節でエバートンに敗れて以降、公式戦9試合無敗が続いている。その中には6-1で大勝したマンチェスター・ユナイテッド戦も含まれており、合計31得点と、いい意味でらしくない数字を残している。 その攻撃を牽引するのが10ゴール8アシストのイングランド代表FWハリー・ケインと、9ゴール4アシストの韓国代表FWソン・フンミンだが、26日に行われるプレミアリーグ第6節バーンリー戦前の記者会見でモウリーニョ監督は、2010年から2013年まで率いたマドリーとはまだまだ差があることを認めている。 「レアル・マドリーでは本当に素晴らしいアタッカーがいて、機械的にチームを構成することができた」 「ここにも優れたアタッカーがたくさんいるが、チームにソリッドさと自信を与えるための安定性も必要だ。そのためにバランスを意識しなければならない」 「それはひとつのチームにおいて言えること。個人的なことではない。我々は全ての攻撃的選手を使えるようにしなければならないし、相手にスペースを与えないよう組織的な守備ができるメンバーを揃えなければならない。守備では所々修正する必要がある。それは明らかだ」 「スカッドを見れば、信じられないクオリティとゴール数、中盤から前線までの豊富な選択肢がある。それでも我々は解決策を見つけ、より組織化できるように勤めている」 2020.10.26 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーの万能DFアルデルヴァイレルトが決めたトッテナム初ゴールは豪快なヘディング弾【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトがトッテナムで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆頼れる男が決めたトッテナム初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2RTF3YTVlUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アヤックスの下部組織で育ったアルデルヴァイレルトは、同クラブで頭角を現すと2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍。その後サウサンプトンへのレンタルを経て、2015年夏にトッテナムに加入している。 安定した守備に加え、高さを活かした攻撃参加や前線への正確なロングフィードなど、攻守に存在感を示すアルデルヴァイレルトだが、記念すべきトッテナム初ゴールは、2015年9月26日に行われた、プレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。 シティに先制を許しながらトッテナムが追いつき、1-1の同点で迎えた50分、トッテナムがシティ陣内右サイド深部でフリーキックのチャンスを得る。キッカーのMFエリク・ラメラが左足からのインスイングのクロスを上げると、アルデルヴァイレルトが頭で合わせる。ニアポストでのヘディングシュートはゴール右に見事に決まり、勝ち越しゴールとなった。 このゴールで逆転に成功したトッテナムは勢いに乗り、得点を重ねると、5-1の大勝を収めている。 2020.10.25 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今季プレミアで5戦7発の韓国代表FWソン・フンミンをモウリーニョが絶賛「信じられないような選手」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、韓国代表FWソン・フンミン(28)を高く評価した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2015年8月にレバークーゼンからトッテナムへと加入したソン・フンミン。これまで、トッテナムでは237試合に出場し94ゴール51アシストを記録。チームの得点源として、イングランド代表FWハリー・ケインとともに支えている。 今シーズンもプレミアリーグでは開幕から5試合で7ゴール2アシストと絶好調。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のLASKリンツ戦でも1ゴールを記録していた。 しっかりと結果を残し続けているソン・フンミンについて、モウリーニョ監督がコメント。「ワールドクラスの選手になるためには?」との質問には、「あなたたち次第だ」とコメント。すでに素晴らしい選手であることを示していると語った。 「シーズンを重ねるごとに、ソニーは自分がいかに優れているかを示している。もちろん、より良いチームであればあるほど、そういった選手が表に出てくるものだ」 「しかし、ソニーはソニーであり、次のステップに進むためには今何をしなければ行けないかは誰もが知っている。そして、それをどうするかは自分次第だ」 「あるいは、彼が社会的にどうしようもないことをして有名になり、愚かでナイーブな社会的マナーを犯すことで、大きな見出しに載るようになってしまうかもしれない」 「彼は信じられないような選手だ。彼がどのように優れているかを伝えるのも、あなた方次第だ」 ソン・フンミンは、トッテナムとの契約が2023年6月30日までとなっており、残り3年間ある。モウリーニョ監督は、クラブの"古株”になってほしいと考えており、新たな契約も結べると信じているようだ。 「ソンはあと3年契約が残っているので、誰もが心配しているような状況にあるわけではない」 「それよりも、ソンがここを愛しているかどうかの問題であり、彼は自分の将来をより長くこのクラブでコミットしたいと思っているだろう。クラブの誰もが惚れ込んでいて、彼を古株として感じたいと思っているはずだ」 「もちろんクラブが3年から4年、5年から6年としたいのは普通のことだが、私にはわからない。しかし、それは普通のことであり、彼には今3年間の契約があるので、とても落ち着いた状況だ」 「ただ、私は願っているし、彼はそれ(新契約締結)に値する。クラブもそれを理解し、遅かれ早かれ、プレッシャーをかけずとも決断を下すと信じているよ」 2020.10.23 22:15 Fri
twitterfacebook