好調の甲府に敗れた長崎が首位陥落…仕切り直しで白星の北九州が今季初の首位浮上!《J2》

2020.09.09 22:23 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
9日、明治安田生命J2リーグ第18節の11試合が行われた。山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vsV・ファーレン長崎は、ホームの甲府が2-0で勝利した。

2連勝で4位に位置する甲府と、2戦連続ドローで足踏みが続く首位の長崎による上位対決は、雷の影響によってキックオフ時間が45分遅れるアクシデントの中でスタート。毎熊の右クロスに飛び込んだ氣田が先制点に迫るなど、アウェイチームが先にチャンスを作る。

だが、17分には右CKの場面でキッカーの藤田の右足アウトスウィングの絶妙なボールに反応した中村亮がドンピシャのヘディングシュートを流し込み、ホームの甲府が先制に成功する。

すると、その後は甲府が長崎の攻撃をうまく受け止めながら、山本の質の高いフィードに抜け出した金園が幾度か2点目に迫るなど、甲府ペースで前半は終了した。

迎えた後半は1点ビハインドの長崎が攻勢を仕掛ける立ち上がりとなるが、最後の場面で粘る相手の守備を崩し切れない。

すると、62分には右サイドで山本の縦パスを起点に一気にスピードアップした甲府が金園、松田とボックス付近で繋ぎ、最後はボックス左でパスを受けた泉澤がファーポストを匂わせながら鋭い腰の捻りでニア下を抜く技ありのシュートを決め切り、貴重な追加点を挙げた。

これで一気に厳しくなった長崎は畑に続きルアンなど攻撃的なカードを切り、猛攻を見せる。76分にはそのルアンのプレースキックから角田に絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGK岡西の好守に遭う。

その後もリスクを冒した長崎の猛攻を、Jリーグ通算500試合達成のバンディエラ、山本を中心に無失点で凌ぎ切った甲府が、3試合連続クリーンシートで3連勝を飾った。一方、長崎は6戦ぶりの黒星で首位陥落となった。

今節、その長崎に代わって首位に浮上したのは、前節甲府相手に11戦ぶりの黒星を喫したギラヴァンツ北九州。愛媛FCのホームに乗り込んだ北九州は、前半は相手に決定機を許すなど、ペースを握り切れない。

それでも、0-0で折り返した後半の63分にカウンターからボックス右でルーズボールに反応した福森からの丁寧な折り返しに反応した町野が冷静にワンタッチで流し込み、先制に成功した。その後は完全にペースを握りながらも追加点が遠いアウェイチームだったが、10試合ぶりのクリーンシートで試合を締めくくって1-0の勝利。この結果、長崎を抜いて今季初めて首位に立った。

その他の試合では8位の栃木との上位対決に臨んだ3位の徳島が、小西のゴールを守り切って1-0の勝利。また、4連勝で6位に浮上したFC町田ゼルビアが11位のツエーゲン金沢のホームに乗り込んだ一戦は1-1のドローに終わり、連勝がストップ。一方、4連敗中のFC琉球は大宮アルディージャを相手に今季最多5ゴールを挙げて圧勝した。

◆明治安田生命J2リーグ第18節
▽9/9(水)
モンテディオ山形 0-1 アビスパ福岡
栃木SC 0-1 徳島ヴォルティス
ザスパクサツ群馬 0-2 京都サンガF.C.
ジェフユナイテッド千葉 1-3 アルビレックス新潟
ヴァンフォーレ甲府 2-0 V・ファーレン長崎
ツエーゲン金沢 1-1 FC町田ゼルビア
ファジアーノ岡山 0-1 東京ヴェルディ
レノファ山口FC 2-2 松本山雅FC
愛媛FC 0-1 ギラヴァンツ北九州
FC琉球 5-0 大宮アルディージャ
ジュビロ磐田 0-0 水戸ホーリーホック
コメント
関連ニュース
thumb

徳島でも選手1名が新型コロナウイルスの陽性判定

徳島ヴォルティスは15日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたと発表した。 クラブの発表によると、選手は14日に抗原定性検査を実施。その結果、陽性判定となったとのことだ。 当該選手は目立った症状がなかったものの、13日に37.0度の発熱と倦怠感があり、14日に検査を受けて陽性判定。15日に徳島県内の病院で経過を観察しているとのことだ。 なお、徳島保健所から選手の問題行動は指摘されておらず、選手やスタッフ、クラブ関係者に濃厚接触者はいないとのことだ。 また、徳島県の発表によると20代の選手とのことだ。 2021.01.15 16:42 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府退団のDF入間川景太が東海2部のFC Bonbonera GIFUに加入

ヴァンフォーレ甲府は15日、DF入間川景太(21)が東海社会人リーグ2部のFC Bonbonera GIFUへ完全移籍することを発表した。 入間川は甲府の下部組織出身で、2017年に2種登録、2018年にトップチーム昇格を果たし、2019年はAC長野パルセイロへの期限付き移籍も経験した。 甲府ではJ2で1試合、YBCルヴァンカップで5試合出場、天皇杯で1試合に出場していた。 2021.01.15 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田、コロンビア人MFファビアン・ゴンザレスを獲得! 「強い抱擁を」

ジュビロ磐田は15日、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)に所属するコロンビア人MFファビアン・ゴンザレス(28)の完全移籍加入内定を発表した。 同選手は日本政府の新型コロナウイルスに関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日。メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。 母国コロンビアやペルーのクラブを渡り歩くファビアン・ゴンザレスは2020年からアトレティコ・ナシオナルでプレー。カテゴリア・プリメーラAで15試合2ゴール2アシストの記録を収めた。 Jリーグ初挑戦が決まったファビアン・ゴンザレスはクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「こんにちは、ファビアン・ゴンザレス・ラッソです。この偉大なクラブ、ジュビロ磐田に加入することができて非常に幸せです。クラブに関わる全ての方々、そしてサポーターの皆様よろしくお願いいたします。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。強い抱擁を送ります」 2021.01.15 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季で引退の藤田義明が磐田U-15コーチに就任「子供達の成長を助けられるように」

ジュビロ磐田は15日、2020シーズン限りで現役を引退していた藤田義明(37)がU-15のコーチに就任することを発表した。 藤田は栃木県出身で、宇都宮白楊高校から順天堂大学を経て、2005年にジェフユナイテッド市原・千葉へ入団。2006年7月からは大分トリニータへ期限付き移籍をすると、2008年に完全移籍。2011年に磐田へ加入していた。 磐田ではJ1で130試合に出場し2得点、J2で97試合に出場し1得点を記録。2020シーズンは20試合に出場していた。 藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ジュビロ磐田U-15コーチに就任することになりました。指導者としてより成長できるように、子供達の成長を助けられるように頑張ります。よろしくお願いします」 2021.01.15 16:04 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮の10番MF黒川淳史が海外移籍へ交渉中、クラブが発表

大宮アルディージャは15日、MF黒川淳史(22)の契約について発表した。 黒川は2020シーズンは背番号10を背負い大宮でプレー。明治安田J2で37試合に出場しチーム最多の7得点を記録していた。 12月31日には2021シーズンも大宮でプレーすることが発表されていたが、クラブによると海外クラブと移籍交渉をしているとのことだ。 黒川は大宮のジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にトップチームへ昇格。しかし、シーズン前に重傷を負うとケガの影響もあり1年目は出場機会なし。2年目は明治安田生命J1リーグで3試合、リーグカップで4試合に出場し1得点、天皇杯で4試合に出場し1得点を記録していた。 2018年から2シーズンにわたって水戸ホーリーホックへ期限付き移籍。水戸では2シーズンで明治安田生命J2リーグ67試合位に出場し10得点、天皇杯で1試合に出場。2019シーズンはJ2で39試合に出場し7得点を記録していた。 2021.01.15 12:10 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly