伏兵・原のゴールでFC東京が逆転勝利! 横浜FCは3連敗に…《J1》

2020.09.09 21:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第15節のFC東京vs横浜FCが9日に味の素スタジアムで行われ、2-1でホームのFC東京が勝利した。前節の大分トリニータ戦に1-0で勝利した3位・FC東京は、中3日のこの試合に向けてメンバーを4名変更。森重、中村拓海、品田、安部に代えて木村、中村帆高、アルトゥール・シルバ、髙萩を起用してリーグ3連勝を目指した。

対する13位・横浜FCは8月にクラブ史上初のJ1リーグ3連勝を記録したが、多くの負傷者も相まって停滞気味に。敗れた前節のサガン鳥栖戦から星・キョーワァン、松浦、佐藤、一美、斉藤光毅に代えて伊野波、齋藤功佑、安永、瀬沼、皆川を加え、連敗からの抜け出しに向けて敵地へ乗り込んだ。

立ち上がりは両チームともに様子を窺いスローペースで時間が経過したが、17分に横浜FCがワンチャンスをモノに。ボックス手前から出した皆川の浮き玉のパスは相手に跳ね返されてしまうものの、そのこぼれ球を自らシュート。これがDFに当たってコースが変わりゴールに吸い込まれた。

先制点を許したFC東京だが30分に反撃。敵陣中央から高萩が鋭いスルーパスを送ると、受けた田川が体勢を崩しながらも右足でゴールに流し込み、試合を振り出しに戻した。

追い付かれた横浜FCは39分、ボックス手前中央でFKを獲得する。手塚が左足で直接狙うと壁に当たってこぼれ球に。これを松尾が強烈なシュートでゴールを脅かすもGK林に阻まれ、同点で試合を折り返す。

後半立ち上がりに齋藤功佑のシュートでゴールに迫った横浜FCに対し、後半から[4-4-2]に切り替えたFC東京も相手に襲い掛かる。62分にFKのクロスのこぼれ球を渡辺がシュート。63分にはレアンドロが個人技での打開からシュートを狙ったが、どちらも枠を捉えられない。決定機を生かせないFC東京は71分に3枚替え。中村拓海、内田、原を投入し、活性化を図る。

押し込まれる時間が続く横浜FCは84分、途中出場のレアンドロ・ドミンゲスが右サイドからクロス。瀬沼にピンポイントで合うも、GK林のビッグセーブに阻まれた。

最大のピンチを脱したFC東京は、ここまで再三の決定期を外してきたが85分についに逆転に成功する。小川が左サイドから上げたクロスボールをアダイウトンが逸らすと、途中出場の原が振り向きざまのシュートでゴール。このリードを守り抜いたFC東京が2-1で勝利し3連勝を達成した。一方、横浜FCは3連敗となった。

FC東京 2-1 横浜FC
【FC東京】
田川亨介(前30)
原大智(後40)
【横浜FC】
皆川佑介(前17)
コメント
関連ニュース
thumb

激しい点の取り合いとなった一戦は、ドウグラスの決勝弾で神戸が5試合ぶりの勝利!敗れた仙台は15試合未勝利に《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節、ベガルタ仙台vsヴィッセル神戸が28日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイの神戸が3-2で勝利した。 直近の第24節名古屋グランパス戦に0-1で敗れた仙台は、リーグ戦14試合未勝利という危機的状況に陥っている。暫定最下位に沈み、ケガ人続出にも苦しむ中で、名古屋戦からスタメンを5人入れ替え。ゲデスに代わり、山田が長澤と2トップを形成する [4-4-2]のシステムを敷いている。クエンカはホームで初スタメンとなった。 一方、第33節の鹿島アントラーズ戦(ACLの影響で前倒し開催)に1-3で敗れ、こちらも4試合勝利から遠ざかっている神戸。攻撃にも守備にも課題を抱えているチームは、鹿島戦から7人の入れ替えを敢行。システムは [4-3-3]から[4-4-2]に変更され、藤本とドウグラスは初めての同時起用となった。なお、アンドレス・イニエスタはメンバー外となっている。 お互いに浮上のきっかけを掴みたい一戦、最初にチャンスを得たのは神戸だった。仙台のバックパスをカットした藤本からドウグラスにボールが渡り、最後は抜け出した郷家がシュートを放つ。これは仙台の守護神ヤクブ・スウォビィクが防いだが、その後も序盤は神戸が主導権を握り、仙台のギャップを突く展開に。しかし、ラストパスやクロスの精度に欠き、なかなかシュートに持ち込めない時間が続いた。 12分、再び仙台のバックパスを奪ったドウグラスがそのまま自分で持ち運び、シュートを放つ。ここから攻勢に出た神戸は13分にCKからドウグラスがヘディングシュートを、15分に山口のクロスを受けた藤本がボレーシュートを放つなど、立て続けに決定機を迎える。 開始15分までほとんど敵陣でボールを持てなかった仙台だが、ロングボールを駆使しながら少しずつ神戸ゴールに近づいていく。21分にはショートコーナーからパラが際どいシュートを放ち、この試合初シュートを記録。ここから畳みかけたいところだったが、連係が合わないシーンも散見されペースを握れなかった。 その後は再度神戸ペースになり、セカンドボールをことごとく奪われる仙台はカウンターまで繋げられない。34分にはヤクブ・スウォビィクのパスミスをきっかけにドウグラスがシュートを打つも、これは大きく枠外に逸れた。防戦一方となった仙台だったが、40分には長澤へのくさびをきっかけに分厚い攻撃を見せ、ホームの観衆を沸かせている。 膠着した前半と対照的に、後半は開始早々から目まぐるしくスコアが動く展開に。47分、左サイドでボールを持った古橋がクロスのようなシュートを打つと、これがそのままゴール右隅に吸い込まれ、神戸が先制点を記録した。思わぬ得点に勢いづいた神戸はさらに51分、古橋が先制点と同じような位置からクロスを放つと、飛び込んできた郷家が頭で合わせ追加点を挙げる。 瞬く間に2失点を喫した仙台だが、すぐさま反撃を開始。53分に関口がサンペールのクリアボールに詰めると、こぼれ球を長澤が冷静に決め1点を返した。一瞬で1点差となってしまった神戸は55分にドウグラスが決定的なチャンスを迎えるも、ヤクブ・スウォビィクがビッグセーブ。チームを絶体絶命のピンチから救った。 5試合ぶりの得点と守護神のプレーで活力を取り戻した仙台は防戦一方だった前半と打って変わり、ゴールに迫る展開が続いた。やや押され気味となった神戸は66分、藤本と郷家に代えて田中順也と佐々木大樹を投入。すると田中順也は68分にCKからポスト直撃の強烈なシュートを、佐々木大樹は73分に右サイドから仕掛けてシュートを打つなど、交代選手が存在感を発揮。 残り15分を切ったところで、再びスコアが激しく動く。76分、CKのこぼれ球から左サイドに張った佐々木匠がクロスを送ると、元神戸ユースの飯尾がダイビングヘッドを突き刺し同点に。しかし仙台の喜びもつかの間、直後の77分に神戸は右サイドから西がワンタッチクロスを上げるとドウグラスが巧みに頭で合わせ、すぐにリードを勝ち取った。その後は仙台が闘志を見せ攻め込むも、神戸は全員が守備意識を高く保ち対応。92分に古橋が負傷するアクシデントがあったものの、そのまま2-3でタイムアップとなった。 仙台は5試合ぶりの得点こそ決めたものの、守備の甘さが目立ちこれでリーグ戦15試合未勝利となってしまった。一方の神戸は、5試合ぶりの勝利を記録。アンドレス・イニエスタ抜きで3得点を挙げ、チームの自信につながる1勝となっている。 ベガルタ仙台 2-3 ヴィッセル神戸 【仙台】 長沢駿(後8) 飯尾竜太朗(後31) 【神戸】 古橋亨梧(後2) 郷家友太(後6) ドウグラス (後32) 2020.10.28 21:43 Wed
twitterfacebook
thumb

広島がホームで横浜FMに3発快勝! 永井龍がPKで加入後初ゴール《J1》

明治安田生命J1リーグ第32節、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスが28日にエディオンスタジアム広島で行われ、3-1で広島が勝利した。 前節の広島(勝ち点34)は、互いにビッグチャンスに何度も恵まれた鹿島アントラーズとのアウェイ戦を0-1で落とし、10月の5試合を3勝2敗とした。それから中3日の今節のスタメンは3人変更され、出場停止明けのレアンドロ・ペレイラや6試合ぶり先発の柏が名を連ねている。 一方の横浜FM(勝ち点44)は、前節はFC東京を4-0で粉砕しリーグ戦2連勝。10月はここまで広島より1試合多い6試合を消化し、3勝1分け2敗となっている。こちらも前回から中3日、FC東京戦からは6人のスタメン変更を行っており、先日サガン鳥栖から加入したGK高丘が早速デビューを果たすことに。 だがその高丘、5分過ぎにボールを蹴ろうとした際に足を滑らせる重大なミスを犯してしまう。詰めていた浅野にボールを奪われたが、ボックス左の角度のない位置から放たれたシュートはサイドネットを叩き、胸をなでおろした。 だが、その後は徐々に横浜FMのペースに。細かくパスを繋ぎながら虎視眈々とチャンスを窺っていく。対する広島も集中した守りを見せ、しびれを切らしたジュニオール・サントスがボックスの外から狙ったが、枠を大きく越えていった。 決定機が訪れたのは23分、中央から崩した横浜FMは、前田のシュートのこぼれ球をジュニオール・サントスがシュート。枠を捉えていたが、佐々木の体を張ったブロックに阻まれた。27分にはエリキのクロスから前田がチャンスを迎えるが、あと一歩及ばず。 ここまで自作の好機がなかった広島も、30分に右サイドの突破から逆サイドの東にシュートチャンス。ここはトラップが収まらず逸してしまったが、続く攻撃で左の深い位置からエゼキエウが折り返したクロスを浅野がシュート。左足の鋭いシュートだったが、惜しくも枠を捉えられなかった。 だがその3分後の33分、浅野が左サイドから上げたクロスを、DF間のスペースに飛び込んだレアンドロ・ペレイラが頭で叩き込んで先制に成功。劣勢の中で試合を動かした。 リードを許した横浜FMに追い打ちをかけるように、渡辺が足を痛めて負傷交代。代わりに喜田をスクランブル投入した。 1点リードのまま後半を迎えた広島は、立ち上がりに浅野と東が立て続けにシュートを放つ。その後はやや押し込まれる時間が続いた中、60分過ぎにエゼキエウと東を下げて、森島と茶島を投入する。 すると直後の広島のFKのシーン、右サイドから浅野がゴール前に放り込むと、これをチアゴ・マルチンスがオウンゴール。咄嗟に横浜FM陣営は広島の選手のオフサイドを主張したが、ゴールはそのまま認められ、ホームチームがリードを広げた。 反撃に出たい横浜FMは、65分に古巣戦だった和田に代わりマルコス・ジュニオールがピッチへ。だが、高いポゼッションとは裏腹に、シュート数では劣っており、広島の堅い守備を前に時間だけが進んでいく。 75分にはオナイウ阿道と水沼を同時投入。攻撃的なカードを切るが、なかなか効果は現れず。84分には右サイドの水沼のクロスをオナイウ阿道が合わせるシーンがあったが、ここは力なくGK林がキャッチ。 終盤に守備的交代で守りを固めた広島は、途中出場のドウグラス・ヴィエイラのポストプレーからカウンターを発動。抜け出した森島がボックス右で畠中に倒されてPKを獲得する。これを途中出場の永井が決めて勝利を決定的なものに。 永井に加入後初ゴールが決まったところで試合終了かに思われたが、後半アディショナルタイムに野上のハンドで横浜FMにもPK判定。これを決めたチアゴ・マルチンスもJ1初ゴールとなったが、試合はホームの広島が3-1で快勝。横浜FM相手にリーグ戦では4試合ぶりの白星を得た。 サンフレッチェ広島 3-1 横浜F・マリノス 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(前33) OG(後17) 永井龍(後45) 【横浜FM】 チアゴ・マルチンス(後50) 2020.10.28 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

初ゴール含むクリスティアーノ2発で柏が連敗ストップ、FC東京はミス絡みで痛恨の3連敗《J1》

28日、明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京vs柏レイソルが味の素スタジアムで行われ、1-3で柏が勝利を収めた。 FC東京は0-4で敗れた前節の横浜F・マリノス戦からのスタメンを7名変更。GKに波多野豪を起用した他、内田宅哉、品田愛斗、髙萩洋次郎、原大智、アダイウトン、レアンドロを起用。出場停止が明けたレアンドロは4試合ぶりの出場となった。 対する柏は2-1で敗れた前節のガンバ大阪戦から1名を変更。ヒシャルジソンが外れ、三原雅俊が起用された。 11月7日に行われるYBCルヴァンカップ決勝でも合間見える両者。FC東京がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するために前倒しで開催。立ち上がりからテンションの高い入りとなる。 序盤は手数をかけずにスピードを生かして攻撃を仕掛けるFC東京に対し、柏もボール奪取からドリブルで運び出し、トップのオルンガをうまく使って攻勢をかける。 徐々に柏がペースを握る展開となる中、21分にはクリスティアーノが足を痛めて一時ピッチの外へ。その後プレーに戻ると、柏の攻勢が続く。 23分には左サイドを持ち上がった古賀からの縦パスをオルンガが落とすと、仲間が逆サイドへ展開。これにオーバーラップした北爪が追いつくと鋭いクロス。ボックス中央でオルンガがヘディングで合わせるも、シュートはクロスバーに嫌われる。 攻勢を掛けていた柏は28分、自陣からのロングボールを競り合ったこぼれ球を拾った仲間がドリブルで持ち込みミドルシュート。これをGK波多野が弾くも、こぼれ球を江坂が流し込み、柏が先制する。 先制を許したFC東京だが29分にビッグチャンス。スローインを受けた髙萩が糸を引くようなフィードをゴール前に送ると、アダイウトンがヘッド。しかし、GKキム・スンギュがキャッチする。 38分にはボックス手前でボールを持った髙萩が狭いコースにスルーパス。これに反応した中村拓海が抜け出してマイナスのパス。レアンドロが落としたボールを小川がダイレクトシュートも、DFがブロックに入る。 柏が1点リードで迎えた後半、立ち上がりにいきなりスコアが動く。スローインからボールを繋ぐと、高萩が触ったボールがルーズボールに。これに反応したオルンガがスピードを上げて追いつくと、フリーで走り込んだクリスティアーノへ丁寧に送り、そのまま蹴り込んで追加点を記録した。 反撃の出鼻を挫かれたFC東京だったが49分に反撃。セットプレーからのこぼれ球を繋ぐと、ボックス手前でパスを受けた高萩が浮き球のパス。これをアダイウトンがヘディングで合わせ、1点を返す。 52分にはFC東京がビッグチャンス。北爪からボールを奪ったレアンドロがドリブルでボックス内に侵入。フェイントで大南をかわして抜け出すも、北爪が寄せた際に倒れる。しかし、これはノーファウルとなりPKとはならなかった。 選手交代で流れを変えにいくFC東京は64分にCKからチャンス。レアンドロのクロスをGKキム・スンギュがパンチング。これを高萩がボレーシュートも、鋭い反応を見せてパンチングで弾いてゴールを守った。 柏は76分にワンチャンスをものにする。ボールを繋ごうとしたところをカットされると、オルンガのスルーパスをクリスティアーノが受けてドリブルで持ち出す。そのままボックス内に侵入すると、豪快に右足一閃。この試合2点目を奪い、リードを再び2点とする。 リードを広げた柏だが攻勢を止めることはない。82分には枚数をかけて仕掛けると、大谷のパスを江坂がシュート。これをボックス内のオルンガがヒールでコースを変えるも、わずかに左ポストを叩いてしまう。 最後までFC東京は攻め立てたがゴールが遠く試合終了。アウェイの柏が1-3で勝利し連敗ストップ。FC東京は3連敗となってしまった。 FC東京 1-3 柏レイソル 【FC東京】 アダイウトン(後4) 【柏レイソル】 江坂任(前28) クリスティアーノ(後1、後30) 2020.10.28 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

J1で23発と大暴れの柏FWオルンガがケニア代表に招集、合流はいつ?

ケニアサッカー協会(KFF)は27日、11月に行われるアフリカ・ネーションズカップ予選に向けたケニア代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、柏レイソルのエースであるFWオルンガも招集。その他、元トッテナムのMFビクター・ワニャマ(モントリオール・インパクト)なども招集されていた。 オルンガは今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで23試合に出場し23ゴールを記録。チームの重要な得点源としてリーグ得点ランキングトップの活躍を見せている。 ケニアは、2021年に行われるアフリカ・ネーションズカップ出場に向けての予選でグループGに入っており、エジプト代表、トーゴ代表、コモロ代表と同居。2試合を終えてコモロが1勝1分けで首位、ケニアは2分けで2位につけている。 11月の予選では、首位のコモロと11日、15日の2試合を戦うこととなっており、国内組は28日から、海外組は11月1日からキャンプに入ると発表されている。 なお、柏は明治安田J1を戦うほか、今シーズンのYBCルヴァンカップで決勝に進出しており、11月7日(日)にFC東京と対戦。大事な一戦でオルンガは起用できそうだが、帰国後は隔離措置のためリーグ戦を休むことになりそうだ。 2020.10.28 09:46 Wed
twitterfacebook
thumb

大分のDF香川勇気が右ヒザ半月板損傷で今季終了

大分トリニータは27日、DF香川勇気の負傷状況を発表した。 クラブの発表によると、香川は15日のトレーニングで負傷。福岡市内の病院で検査を受け、右ヒザ半月板損傷と診断されたとのことだ。 なお、全治は3カ月となり、経過を見ながらリハビリを実施するとのこと。今シーズン中の復帰は不可能となった。 香川は今シーズンの明治安田生命J1リーグで16試合に出場。9月に右ハムストリングス肉離れと診断され、復帰に向けて調整していた。 2020.10.27 15:20 Tue
twitterfacebook