チェルシーがレンヌGKメンディ獲得迫る! 移籍金総額2500万ポンド前後に

2020.09.08 14:51 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがスタッド・レンヌに所属するセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(28)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ガーディアン』など複数メディアが報じている。チェルシーはインセンティブを含めると、クラブ史上最高額となる移籍金でドイツ代表MFカイ・ハフェルツを獲得するなど、今夏の移籍市場で6人を獲得する超大型補強を敢行中。

そして、現在は今夏7人目の補強選手として予てより関心が伝えられるメンディ獲得に迫っているようだ。

フランク・ランパード監督がスペイン代表GKケパ・アリサバラガへの信頼を失っている中、新守護神候補として獲得を狙うのは、昨シーズンのリーグ・アンで24試合19失点の堅守を築いた、レンヌの守護神であるメンディ。

テクニカル兼パフォーマンスアドバイザーを務める元チェコ代表GKのペトル・チェフ氏の古巣で守護神を担う同選手の獲得に向け、チェルシーはすでに1500万ポンド(約20億9000万円)の1stオファーを掲示していたが、これは相手方に拒否されていた。

しかし、『ガーディアン』が伝えるところによれば、現在両者は1820万ポンド(約25億4000万円)の金額で合意に迫っているという。また、前述の交渉では各種インセンティブに関しても話し合われており、移籍金の総額は2500万ポンド(約34億9000万円)程度になるという。

また、『ガーディアン』以外でも『THE ATHLETIC』など幾つかのイギリスメディアが近日中の移籍成立をの可能性を報じており、メンディのロンドン行きは決定的な状況だ。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーとユナイテッドが来夏にザカリア獲得へ? バイエルンと競合か

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが、ボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(23)の獲得を狙っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 同選手は2017年夏に母国の名門ヤング・ボーイズから加入。ここまで公式戦96試合に出場しているが、今年3月にヒザを負傷し、現在まで復帰できない状況が続いている。 スイス代表でも主力を務める23歳のセントラルMFに、プレミアリーグのビッグクラブが関心。チェルシーは今夏に6人の新戦力を迎えたが、フランス代表MFエンゴロ・カンテと、イタリア代表MFジョルジーニョが君臨するボランチの位置は手付かずとなっている。一方のユナイテッドは、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得。また、ブラジル代表MFフレッジやスコットランド代表MFスコット・マクトミネイも在籍しているが、上位互換として注目しているようだ。 また『ビルト』によると、ザカリアにはバイエルンも関心を示しているようで、現在は3クラブによる睨み合いとなっている模様だ。2022年まで契約を残す同選手の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約61億7000万円)は必要になると見込まれている。 2020.10.22 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッド入りのチェフにチアゴ・シウバが言及「彼なら準備万端」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが、プレミアリーグのメンバーリストに登録された元チェコ代表GKペトル・チェフについて言及している。 昨年7月にアーセナルで現役引退を発表し、その後はアドバイザーとして古巣チェルシーに復帰していたチェフ。新戦力のセネガル代表GKエドゥアール・メンディの獲得にも、同じスタッド・レンヌを古巣に持つ者として一役買ったという話もあり、その職務を全うしていた。 そんな中、20日が期限となっていたプレミアリーグのメンバー登録にチェフの名前が。現役時代のチームメイトでもあるフランク・ランパード監督は同選手が与える豊富な経験値とクオリティを評価した上で、新型コロナウイルスの影響による選手不足を懸念しての判断だったと説明している。 この決定に関して、38歳のチェフとわずか2歳年下となるチアゴ・シウバがブラジル『Esporte Interativo』で言及。クラブのアイドルで与える影響は大きいと称賛し、準備万端であると信頼を強調している。 「彼は切り捨てるにはもったいない男だ。フットボールにおけるその経歴は本当に美しい。彼は少しフランス語を話せるから少しだけ会話が多いんだ。この間、トレーニングしているのを見て理由を尋ねてみたんだ。『トレーニングが好きなのかい? それとも僕たちとプレーするチャンスでもあるのかい?』とね。彼は本気でトレーニングに励んでいた。必要とされれば、いつでもプレーできると言っていたよ」 「彼のキャリアは終わったと思っていたから、それを聞いて驚いたよ。でも、彼はチェルシーで素晴らしいキャリアを築いた男だ。このクラブのアイドルなんだ。時に僕たちにモチベーションを与えてくれる姿を見ると、彼がここにいてくれることを嬉しく思うんだ。みんなの日常生活の中で、彼はとても重要な人物で、多くの選手たちと会話をしている。その凄さはキャリアが物語っている。僕たちは彼をお手本にして仕事に励んでいるんだ」 「トレーニングを見る限り準備はできていると思う。もしその機会が訪れたり、GK陣に問題が起きたとしても、彼なら大丈夫だろう。フランクも信頼してるはずだ」 2020.10.22 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

昨年引退のGKチェフがプレミアリーグで現役復帰の可能性、選手登録させたランパード監督「とても簡単な決断だった」

チェルシーの黄金期を支えたGKペトル・チェフ(38)に現役復帰の可能性が誕生した。 チェフは、2004年7月にスタッド・レンヌからチェルシーに加入。2015年7月にアーセナルに移籍するまで、チェルシーの正守護神として君臨した。 当時は世界最高のGKの1人としても高い評価を受け、プレミアリーグで4度、FAカップで4度、EFLカップで3度優勝。また、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでも1度ずつ優勝を経験。公式戦494試合でゴールを守っていた。 2019年7月にアーセナルで現役を引退。奇しくも現役ラストマッチは、古巣チェルシーとのヨーロッパリーグ決勝だった。その後、はアドバイザーとしてチェルシーに所属していたが、この度プレミアリーグの登録メンバーに名を連ねることとなった。 プレミアリーグの登録は10月20日が期限となっており、来年1月まで登録が不可能に。その最終日に確定した登録メンバーリストに、チェフの名前が載っていた。 現役を退いてから1年が経過したチェフだが、チェルシーのフランク・ランパード監督が、クラブ公式サイトを通じてこの件についてコメントした。 「ペトルは、しばらくの間GKとトレーニングを行ってきた」 「周知の事実だと思うが、彼は何日も一緒にトレーニングをしているし、彼らの経験としても貴重なものだ」 「彼らのトレーニングにも役立っているし、チェフがクオリティと経験をGK陣に伝えていることで私も助かる」 登録した理由は未だに流行が続いている新型コロナウイルス(COVID-19)とのこと。選手登録枠も空きがあったことで、臨時のために登録。しかし、プレーする可能性も否定はしなかった。 「我々のスカッドには空きがあった。今年はCOVID-19のせいで、選手足りないようにも思えるし、年間を通じて、選手選考と隔離に対応できるため、とても簡単な決断だった」 「ペトルはまだ本業があるが、必要な時はピッチに立つだろう」 「彼はとても良い状態で、比較的若い。おそらくプレーを続けることは可能だろう」 「チェルシーでの彼の役割を担い、とてもうまくやっている。彼は私をとても助けてくれ、とても親しく協力体制を築けている」 現在のチェルシーは守乱が続いており、正守護神もスペイン代表GKケパ・アリサバラガ、セネガル代表GK エドゥアール・メンディが争い、GKウィルフレッド・カバジェロも控えている状況だ。それでもチェフがプレーする可能性をランパード監督は除外しなかった。 「今シーズン、彼が多くプレーするのをみられるかどうかはわからない。シーズンの流れやCOVID-19と隔離にも依存するだろう。ただ、そのためにペトルをスカッドに入れることは簡単だった」 2020.10.21 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード、ケパとメンディの守護神争いについて言及「メンディがファーストチョイス」

チェルシーのフランク・ランパード監督が20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節のセビージャ戦での守備陣のパフォーマンスを評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 ランパード監督率いるチェルシーは、ホームにセビージャを迎えた一戦。両チームとも惜しいチャンスこそあったが、守備陣の奮闘もありゴールは生まれず、ゴールレスドローでの決着となった。 ランパード監督は、クリーンシートを達成した守備陣の中でも特に奮闘していたブラジル代表DFチアゴ・シウバとセネガル代表GKエドゥアール・メンディを称賛。注目の守護神争いについても言及した。 「今日のチアゴ・シウバはとても良かった。彼は我々が期待していた通り、クオリティと経験の両方を見せてくれたし、周りのプレーヤーにも影響を与えてくれた。彼のおかげで、クリーンシートを保つことができた」 「今シーズン、彼の負荷をマネジメントする。私はすでに彼ととても親しい関係があり、私のキャリアの終盤にその地位にいた。彼を最適な状態で試合に臨めるようにするため、メンテナンスやトレーニング、試合での起用をとても意識する」 また、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとの守護神争いを繰り広げるメンディについては、「ファーストチョイス」と正守護神になることを口にした。 「メンディは、チェルシーに来てからの3試合で非常に良いプレーをしている。今日は良いセーブをしてくれたし、これで2回目のクリーンシートを達成したことになる。彼が加入してきたとき、私は彼を競争相手としては素晴らしい選手だと言った」 「しかし、彼のクオリティを知り、また彼が我々に見せてくれたことによって現時点では彼がファーストチョイスだ。しかし今でもGKのポジションは常に競争が起こっている」 2020.10.21 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパードがドローも無失点をポジティブに捉える「我々には大きな意味がある」

チェルシーのフランク・ランパード監督が20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節のセビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ランパード監督率いるチェルシーは、ホームにセビージャを迎えた一戦。両チームとも惜しいチャンスこそあったが、守備陣の奮闘もありゴールは生まれず、ゴールレスドローでの決着となった。 ランパード監督は試合後、この引き分けに満足しているとコメント。3失点を喫した17日のプレミアリーグ第5節サウサンプトン戦から改善したとも語った。 「私は選手たちにプロとしての要素があったことに満足している。私は選手たちと試合のマネジメントについて話した。サウサンプトン戦は我々にとって痛手だったが、今日のリアクションは本当にポジティブなものだった」 「セビージャはヨーロッパサッカーにおいてトップチームであり、間違いなくCLでクリーンシートを達成するのに必要な集中力は、チームにとって大きなものだった」 「良い守備をした時に下した決断、長い時間守った時の決断で良いものがたくさんあり、ここから構築するための良い基盤となっている」 「クオリティが高く、タフな相手との対戦となったこのグループステージの初戦が重要になることは理解していた。このクリーンシートは我々にとって大きな意味を持っている」 「セビージャは我々のチームに多くの問題を与えた。彼らはボックス内にクロスを入れてくるし、フィジカルが強く、プレスをかけづらい独特のプレーをしてくる」 「しかし我々は多くの点で彼らに匹敵していたし、両チームとも動きがわずかだったので、マネジメントをするには良いゲームだった。0-0という結果に満足している」 2020.10.21 11:10 Wed
twitterfacebook