グロシツキの1G1Aでポーランドがボスニア・Hに逆転勝利で初白星《UEFAネーションズリーグ》

2020.09.08 05:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第2節、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表vsポーランド代表が7日に行われ、1-2でポーランドが逆転勝利した。

3日前に行われた初戦のイタリア代表戦を1-1で引き分けたボスニア・Hは、イタリア戦のスタメンから7選手を変更。ジェコやコラシナツがベンチスタートとなった。

一方、レヴァンドフスキが招集外のポーランドはオランダ代表戦を0-1と敗れた中、オランダ戦のスタメンから7選手を変更。ピョンテクやGKシュチェスニーがベンチスタートとなり、ミリクやジエリンスキらが先発となった。

立ち上がりからボールを保持したのはポーランド。しかし22分、ベドナレクがボックス内でコルイッチを倒したとしてPKを献上する。

これをハイラディノビッチに決められて先制を許したが、36分に右CKからグリクが際どいヘディングシュートを浴びせると、45分に追いつく。再びグロシツキの右CKからグリクのヘディングシュートが今度はネットを揺らした。

後半もボールを持ったポーランドだったが、ボスニア・Hは59分に決定機。しかし、左クロスにヴィスチャがボレーで合わせたシュートは枠を外れた。

60分にジェコを投入したボスニア・Hに対し、ポーランドが67分に逆転する。リブスの左クロスからグロシツキのヘディングシュートが決まった。

逆転されたボスニア・Hは72分、ボックス左でフリーとなったコルイッチがボレーシュートを狙うも、ここも枠を捉えきれない。そして78分のジェコの枠内シュートはGKファビアンスキのセーブに阻まれ、1-2で敗戦。

ポーランドが逆転勝利し、今大会初勝利を飾っている。



関連ニュース
thumb

わずか2カ月でジェノアを去ったシェフチェンコ氏、後任探し難航のポーランド代表が関心?

イタリアでのクラブ監督初挑戦がわずか2カ月ほどで終わってしまったアンドリー・シェフチェンコ氏(45)だが、ポーランド代表監督就任の可能性が浮上している。 昨年末にパウロ・ソウザ監督がフラメンゴに引き抜かれ、急きょ後任探しに追われることになったポーランドサッカー協会(PZPN)。今年3月にカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフが迫り、迅速な解決が求められている。 だが、思うように事が進まず、ここまで元広州FC(前・広州恒大)指揮官のファビオ・カンナバーロ氏(48)、元ユベントス監督のアンドレア・ピルロ氏(42)に対するアタックが報じられたが、いずれも失敗。なかなか後任が決まらずにいる。 そうしたなかで新たに接触が噂されているのがシェフチェンコ氏だ。イタリア人ジャーナリストのニコラ・シラ氏によると、PZPNは志半ばでジェノア監督の座から失脚したシェフチェンコ氏に関心を示して、会談を開始したという。 かつて“ウクライナの矢”との異名で活躍したシェフチェンコ氏はウクライナ代表で監督キャリアをスタート。昨年11月から不振に喘ぐジェノア新監督に任命されたが、公式戦1勝3分け7敗と流れを好転させられず、15日に解任された。 2022.01.16 19:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表の新監督探しが難航…カンナバーロに続きピルロからも拒否

ポーランド代表の指揮官探しが難航しているようだ。 昨年末にパウロ・ソウザ監督がフラメンゴに引き抜かれ、急遽後任探しに追われることになったポーランドサッカー協会(PZPN)。3月にはカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフが控えるため、迅速な解決が求められている。 しかし、思うように事は進んでいないようだ。報道によると、元広州FC指揮官のファビオ・カンナバーロ氏へのオファーは、プレーオフまでの準備期間が短いとの理由から断られた模様。 さらに、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、第二候補として挙がっていた元ユベントス指揮官のアンドレア・ピルロ氏の説得も失敗したようだ。 イタリアメディアの情報では、ナポリやミランを指揮したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も候補の一人になっているようだが…。 2022.01.12 20:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ファビオ・カンナバーロ氏、ポーランド代表監督就任の打診受けず

ポーランド代表監督就任の噂が取り沙汰されるファビオ・カンナバーロ氏(48)だが、その話を断ったようだ。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 ポーランドは今年3月にカタール・ワールドカップ(W杯)出場権がかかったプレーオフに臨む。だが、昨年1月から率いたパウロ・ソウザ監督が昨年末にブラジルの名門フラメンゴに引き抜かれる形で退任したため、急きょ後任探しの必要が出ている。 そこで次期監督候補に浮上したのが広州FC(前・広州恒大)を退団してからフリーのカンナバーロ氏。ポーランドサッカー協会(PZPN)の関係者とワルシャワで話し合いの場を持ったようだが、そこから数日の熟考を経て、丁重に断りを入れたという。 その理由はW杯出場がかかる重要なプレーオフまでの準備期間が短いため。ただ、ディ・マルツィオ氏はPZPN側もカンナバーロ氏が固辞した理由に理解も示すなど、両者の関係が依然良好だとして、再びこの話題が持ち上がる可能性も主張している。 2022.01.12 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表の逸材MFカミンスキが来季からヴォルフスブルクに加入、5年契約

ヴォルフスブルクは10日、ポーランド代表MFヤクブ・カミンスキ(19)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2027年夏までの5年間。2022年夏に加入することとなる。 カミンスキは、レフ・ポズナンのアカデミー育ち。2018年12月に16歳でファーストチームに昇格した逸材だ。 左右のウイングでプレーするカミンスキは、ここまで公式戦85試合に出場し13ゴール13アシストを記録。今シーズンのエクストラクラサ(ポーランド1部)でも、ここまで19試合に出場し6ゴール4アシストの活躍を見せている。 カミンスキは「僕にとって、ブンデスリーガに移籍することは絶対的な夢の実現だ。僕は新しい挑戦を本当に楽しみにしており、毎週トップレベルで成長し、自分自身を証明できることを楽しみにしている」とコメントしている。 2021年9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のサンマリノ代表戦でポーランド代表デビューを果たしている。 2022.01.11 21:16 Tue
twitterfacebook
thumb

パウロ・ソウザの後任監督を探すポーランド代表、カンナバーロ氏を招へいか

ポーランドサッカー協会(PZPN)が、元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏(48)の招へいを検討しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や、ジャンルカ・ディ・マルツィオが交渉を報じている。 カタール・ワールドカップ欧州予選でイングランド代表と同居したグループIを2位で終え、来年3月からは本大会出場を懸けたプレーオフを戦う予定のポーランド代表だが、昨年末にパウロ・ソウザ監督(51)がブラジルの名門フラメンゴに引き抜かれる形で退任していた。 プレーオフに向けて早急な後任の選定が求められるが、リストの上位にいるのがカンナバーロ氏のようだ。 2012年に現役を引退したカンナバーロ氏は、2014年11月にマルチェロ・リッピ監督の後任として指揮官に就任。2015年6月に退団し、アル・ナスルや天津権健(2020年に解散)で指揮を執り、2017年11月に再任していた。広州FCでは公式戦148試合を指揮し、90勝29分け29敗の成績。2018-19シーズンに中国スーパーリーグを制していた。また、2019年には暫定的に中国代表の監督を務めた経験もある。 報道によれば、8日にカンナバーロ氏とPZPNの関係者がポーランドのクラクフで会談を実施。話し合いは順調に進んでいるとのことだ。なお、PZPNはカンナバーロ氏のほかにも、昨季ユベントスを率いたアンドレア・ピルロ氏(42)も候補の一人に挙げている模様だ。 2022.01.09 06:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly