グロシツキの1G1Aでポーランドがボスニア・Hに逆転勝利で初白星《UEFAネーションズリーグ》

2020.09.08 05:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第2節、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表vsポーランド代表が7日に行われ、1-2でポーランドが逆転勝利した。3日前に行われた初戦のイタリア代表戦を1-1で引き分けたボスニア・Hは、イタリア戦のスタメンから7選手を変更。ジェコやコラシナツがベンチスタートとなった。

一方、レヴァンドフスキが招集外のポーランドはオランダ代表戦を0-1と敗れた中、オランダ戦のスタメンから7選手を変更。ピョンテクやGKシュチェスニーがベンチスタートとなり、ミリクやジエリンスキらが先発となった。

立ち上がりからボールを保持したのはポーランド。しかし22分、ベドナレクがボックス内でコルイッチを倒したとしてPKを献上する。

これをハイラディノビッチに決められて先制を許したが、36分に右CKからグリクが際どいヘディングシュートを浴びせると、45分に追いつく。再びグロシツキの右CKからグリクのヘディングシュートが今度はネットを揺らした。

後半もボールを持ったポーランドだったが、ボスニア・Hは59分に決定機。しかし、左クロスにヴィスチャがボレーで合わせたシュートは枠を外れた。

60分にジェコを投入したボスニア・Hに対し、ポーランドが67分に逆転する。リブスの左クロスからグロシツキのヘディングシュートが決まった。

逆転されたボスニア・Hは72分、ボックス左でフリーとなったコルイッチがボレーシュートを狙うも、ここも枠を捉えきれない。そして78分のジェコの枠内シュートはGKファビアンスキのセーブに阻まれ、1-2で敗戦。

ポーランドが逆転勝利し、今大会初勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ベルフワイン弾を守り切ったオランダが主砲レヴィ不在のポーランド撃破!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1第1節、オランダ代表vsポーランド代表が4日に行われ、ホームのオランダが1-0で勝利した。 前回大会準優勝のオランダは、クーマン監督がバルセロナの新指揮官就任に伴い辞任したことを受け、ローデヴェーヘス暫定監督の下で今大会の初戦に臨んだ。 一部主力をケガで欠く最終ラインはハテブール、フェルトマン、ファン・ダイク、アケの4人が並び、中盤はデ・ルーン、フレンキー・デ・ヨング、ワイナルドゥム。前線はベルフワイン、デパイ、プロメスの3選手となった。 一方、ポーランドはバイエルンの一員としてチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントを戦ったエースFWレヴァンドフスキが疲労を考慮された結果、招集外に。それでも、守護神シュチェスニーやジエリンスキ、ピョンテク、クリホヴィアクら主力が起用された。 戦前の予想通り、圧倒的にボールを保持するホームのオランダに対して、ポーランドが堅守速攻で応戦する構図となる。 プロメスが幅を取る左サイドと、ベルフワインが中に絞ってサイドバックのハテブールが幅を取る右サイドと、異なるアプローチを見せるサイドアタックを起点に攻め手を窺うオランダ。 序盤は近い距離感のデパイとベルフワインのコンビネーションから背後を狙うプロメスが仕留める形で惜しい場面を創出。21分にはベルフワインのショートスルーパスに抜け出したプロメスがボックス左から左足のシュートを狙うが、これは枠の右に外れる。 一方、押し込まれながらもブロックを作って粘りの守備を見せるポーランドは、カウンターから相手サイドバックに対して数的優位を作って深い位置を取るなど、狙いを持った攻めで応戦。32分には右サイド深くに抜け出したケジオラからのマイナスパスをボックス付近のピョンテクがダイレクトシュート。これが枠を捉えるもGKシレッセンの好守に遭う。 その後、前半のラストプレーではボックス手前に侵攻したF・デ・ヨングが決定的なシュートを放ったが、これは左ポストに阻まれて試合は0-0で折り返した。 迎えた後半もオランダが押し込む展開が続くが、ポーランドの集中した守備を最後のところで崩しきれない。それでも、61分にはボックス手前左のF・デ・ヨングが出した浮き球のパスに反応したハテブールがボックス右ライン際で折り返すと、これをウチに絞ったベルフワインがワンタッチで流し込み、ホームチームが先制に成功した。 その後もオランダの攻勢が続く中、流れを変えたいポーランドはミリク、グロシツキ、モダーと続けてアタッカーを投入していくが、守勢から抜け出せず、なかなか決定機を作れない。 試合終盤にかけても主導権を握ったオランダは追加点こそ奪えなかったものの、危なげない試合運びでこのまま試合を締めくくった。 クーマン監督の電撃辞任を乗り越えたローデヴェーヘス暫定体制のオランダがUEFAネーションズリーグを白星でスタートした。 2020.09.05 05:41 Sat
twitterfacebook
thumb

CL制覇のFWレヴァンドフスキは休養のため招集外、ポーランド代表メンバーが発表《UEFAネーションズリーグ》

ポーランドサッカー協会(PZPN)は24日、9月に行われるUEFAネーションズリーグに向けたポーランド代表メンバー27名を発表した。 イェジー・ブジェンチェク監督は、ヘルタ・ベルリンのFWクシシュトフ・ピョンテクやナポリのFWアルカディウシュ・ミリク、MFピオトル・ジエリンスキ、ユベントスのGKヴォイチェフ・シュチェスニーらを招集した。 一方で、エースでもあるバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキは招集外に。長いシーズンを戦い終え、チャンピオンズリーグを制したことでの肉体的、精神的疲労を考慮し、休養期間に当てるためとのことだ。 ポーランドは、ネーショズリーグのリーグA・グループ1に所属。9月4日にアウェイで昨年準優勝のオランダ代表と、7日にアウェイでボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り <span style="font-weight:700;">◆ポーランド代表メンバー27名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ヴォイチェフ・シュチェスニー</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・スコルプスキ</span>(ボローニャ/イタリア) <span style="font-weight:700;">バルトロミエ・ドラゴウスキ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・ファビアンスキ</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥール・イェンドジェイチク</span>(レギア・ワルシャワ) <span style="font-weight:700;">ミハウ・カルボフニク</span>(レギア・ワルシャワ) <span style="font-weight:700;">パヴェル・ボシュニエヴィク</span>(グルニク・ザブジェ) <span style="font-weight:700;">トマシュ・ケジオラ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">マチェイ・リブス</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">カミル・グリク</span>(ベネヴェント/イタリア) <span style="font-weight:700;">セバスティアン・ウォルキエビッツ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">バルトシュ・ベレシュインスキ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ヤン・ベドナレク</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ヤクブ・モダー</span>(レフ・ポズナニ) <span style="font-weight:700;">カミル・ジョジアク</span>(レフ・ポズナニ) <span style="font-weight:700;">プルゼミスラフ・フランコフスキ</span>(シカゴ・ファイアー/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ヤツェク・ゴラルスキ</span>(カイラト/カザフスタン) <span style="font-weight:700;">グジェゴシュ・クリホヴィアク</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">セバスティアン・シマンスキ</span>(ディナモ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ダミアン・カジョル</span>(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) <span style="font-weight:700;">マテウシュ・クリッヒ</span>(リーズ・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">カミル・グロシツキ</span>(WBA/イングランド) <span style="font-weight:700;">カロル・リネティ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ピオトル・ジエリンスキ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クシシュトフ・ピョンテク</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">アルカディウシュ・ミリク</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アダム・ブクサ</span>(ニューイングランド・レボリューション/アメリカ) 2020.08.25 11:48 Tue
twitterfacebook
thumb

イスラエルvsポーランドでアクシデント…侵入者追った警備員とポーランドDFが交錯

16日に行われたユーロ2020予選のイスラエル代表vsポーランド代表でピッチへの侵入者による危険なアクシデントが発生した。『The Times of Israel』が伝えている。 イスラエルホームで行われた同試合ではポーランドがMFグジェゴシュ・クリホヴィアク、FWクシシュトフ・ピョンテクのゴールで後半序盤までに2点を先行。その後、イスラエルが試合終了間際の88分にFWモアネス・ダブールのゴールで1点を返すも、アウェイチームの2-1の勝利に終わった。 その白熱の一戦の中で危険なアクシデントが起きたのは、ダブールのゴールでホームチームが追い上げムードを見せた後半アディショナルタイムだった。 スタンドからポーランド陣内のコーナーフラッグ付近に降り立った1人の男がピッチを斜めに横切る形でハーフウェイライン付近にいたポーランドFWロベルト・レヴァンドフスキを目がけて突進。すると、その動きを察知したセキュリティーが男を追いかけた際にポーランドDFトマシュ・ケジオラと交錯。 予期せぬ形でセキュリティーと交錯することになったケジオラは数歩自力で歩いたのちに、わき腹付近を抑えてピッチへうずくまってしまう。 このアクシデントを受け、当初侵入者との接触でケジオラが痛んだと判断した主審は試合中止の可能性をマッチオフィシャルと協議したが、接触がセキュリティーだったという事実、試合の残り時間がわずかだったこともあり、ポーランド主将DFカミル・グリクらとの話し合いの末にそのまま試合を再開し、タイムアップを迎えることになった。 なお、幸いなことにケジオラにケガはなく、ピッチに侵入した男の身柄も地元警察によって拘束されたという。 ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)は安全面の対策を怠ったイスラエル側に何らかの処分を科す見込みだ。 <div id="cws_ad">◆あわやのアクシデント!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A pitch invader’s just run onto the pitch at the Israel v Poland game and a pursuing police officer has just cleaned out Polish defender Kędziora. <a href="https://t.co/VvFMKOKyiZ">pic.twitter.com/VvFMKOKyiZ</a></p>&mdash; Fulhamaway (@Fulhamaway) <a href="https://twitter.com/Fulhamaway/status/1195818793429348352?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2019.11.19 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

不調サンプドリアに痛手…ベレシュインスキが半月板の損傷でポーランド代表を離脱

ポーランドサッカー協会(PZPN)は18日、サンプドリアに所属するDFバルトシュ・ベレシュインスキがヒザのケガで代表を離脱したことを発表した。 ベレシュインスキは、19日に行われるユーロ2020予選最終節のスロベニア代表戦に向けたトレーニング中にヒザの半月板を損傷したという。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、19日にイタリアに帰国するベレシュインスキは、そのままローマで精密検査を受けると伝えている。 2017年の冬にレギア・ワルシャワからサンプドリアに加入したベレシュインスキは、今シーズンのセリエAで10試合に出場していた。 2019.11.19 02:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミリクがポーランド代表から離脱、代表ウィーク明けのミラン戦も欠場か《ユーロ2020予選》

ポーランドサッカー協会(PZPN)は13日、ナポリの同国代表FWアルカディウシュ・ミリクが腹部の負傷により代表を離脱したことを発表した。 ミリクは9日に行われたセリエA第12節ジェノア戦を欠場していたが、腹部の負傷が原因だったとのことだ。ナポリは代表ウィーク明け後の23日、セリエA第13節でミラン戦を戦うが、今季のセリエAで5ゴールを挙げているミリクは出場できるか微妙のようだ。 一方でポーランド代表に関しては先月、ユーロ本選出場を既に決めており、ミリク不在の影響はない状況だ。 2019.11.14 06:30 Thu
twitterfacebook