ムバッペがコロナ陽性で代表離脱、クロアチア戦を欠場

2020.09.08 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性だったため、7日にフランス代表を離脱したようだ。フランス『レキップ』が報じている。ムバッペは既に代表を離れ、自己隔離に入っているとのことだ。ムバッペは5日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3初戦スウェーデン代表戦で先発。決勝点を挙げる活躍を見せていた。

ムバッペを欠くこととなったフランスは8日にUNL2戦目のクロアチア代表戦を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

「10億ユーロの価値があるチームと対戦した」チーム再構築中のクロアチア代表監督が敗戦を語る

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、フランス代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 クロアチアは、14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第4節でフランスと対戦。グループ2位のフランスと3位のクロアチアの一戦は、互いに多くの選手を入れ替えての戦いとなった。 8分にアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制を許したものの、64分にMFニコラ・ヴラシッチのゴールで同点に。しかし、79分にキリアン・ムバッペに決勝ゴールを許し、1-2で敗れた。 ダリッチ監督は試合後に敗戦を振り返り、選手たちのパフォーマンスを評価。チームを作っている途中であると強調した。 「残念ながら負けてしまったが、全てを与えてくれた選手たちを誇りに思う。我々は可能性を持っていたが、最後には彼らが我々より1つ多くゴールを決めた」 「我々は10億ユーロの価値があり、あらゆるミスを突いて来るチームと対戦した」 「クロアチアは、ユーロと次のワールドカップ予選に向けて、新しいチームを作っている」 2020.10.15 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

オランダ代表指揮官システム変更の理由を明かす「FWが選手を追いすぎないため」

オランダ代表を率いるフランク・デ・ブール監督が、システムを変更した理由を明かした。『フットボール・イタリア』が伝えた。 オランダ代表は14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節でイタリア代表と対戦。16分にMFロレンツォ・ペッレグリーニに先制点を許したが、25分にMFドニー・ファン・デ・ベークがゴール前の混戦から同点ゴールを決めて、1-1の引き分けに持ち込んだ。 試合後のインタビューでデ・ブール監督は、これまで採用してきた[4-3-3]のシステムから[3-5-2]にシステムを変更した理由を説明。オーバーラップをしてくる選手に対して、前線の選手が追いすぎないためだと述べた。 「FWがオーバラップをしてきた選手を追いかけすぎないように5バックでプレーした」 「基本的に相手を見て、合理的になる。だが、見返りとして何を提供できるのかを考え出すだけの問題だ。この場合、それはステーフェン(・ベルフハイス)のような選手を犠牲にしたことを意味する」 「自分の気持ち的にも私がこれをすべきだと言った。システムの練習をしなければいけなかった1回のトレーニングセッションでは非常に励みになったよ」 また、11日のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦(0-0)に続き、引き分けとなったオランダ。試合内容については、イタリア代表よりもパフォーマンスが優れていると内容に満足しつつ、継続したいと語った。 「もちろん、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦ではより上手く戦わなければいけなかったが、今夜の試合は我々の方が優れていた。60-40の割合で我々が有利だった」 「このグループで1位になりたいから結果には満足していないが、このパフォーマンスは我々に大きな自信を与えてくれた。システムに関係なく、このようなプレーができれば、どんな対戦相手にとっても我々は難しくなるだろう」 2020.10.15 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

退場&PKで初黒星のインググランド代表、サウスゲイト監督が悔やむ「退場とPKが全てを変えた」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、デンマーク代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 イングランドは、14日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節でデンマークと対戦。エリクセンのPKで0-1と破れ今大会初黒星。首位の座をベルギー代表に明け渡してしまった。 試合後、サウスゲイト監督がコメント。チームのパフォーマンスを高く評価しながらも、退場とPKの判定が試合を大きく変えたと悔やんだ。 「チームのパフォーマンスを誇りに思う。我々は11人の優れた選手がおり、右サイドでは彼らに対して多くの問題を起こしたと思う。ただ、退場とPKが全てを変えてしまった」 「我々は立ち直る力を示し、実際に10人でプレーする方法と、いつ押し出して行くかの優れた例を示せた。彼らのGKは1-0の状態を守るため、驚くべきセーブをした」 「この10日間、私は選手を誇りに思うことができなかった。ただ、彼らは学び、改善している。準備の際にいくつもの変更を行い、盛り返す力を示した」 イングランドは、センターバックで出場していたDFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)が31分に2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。その直後の34分にPKがデンマークに与えられ、破れていた。 サウスゲイト監督は、パフォーマンスが良い中での退場が流れを大きく変えたと苛立った。 「最も苛立たしいのは、我々がとてもよくプレーし、ボールを上手く扱い、攻撃を上手く続けていたことだ。ただ、それはサッカーだ。一瞬がゲームの流れを変え、試合がどのレベルでも10人になると余裕はない」 また、試合終盤にはリース・ジェームズ(チェルシー)が一発退場処分となっていたが、退場を悔やみながらもパフォーマンスは高く評価した。 「最後の退場は、異議を唱えたと聞いている。彼は受け入れられないことを認識しなければならない。ボールの有無に関わらず、彼の個人的なパフォーマンスは素晴らしいと思った。開始30分、メイソン(・マウント)と彼のコンビネーション、そして右サイドのミッドフィルダーは素晴らしかった」 2020.10.15 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

オランダ代表戦で1ゴールのイタリア代表MFペッレグリーニ「勝利できなかったのは残念」

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニがオランダ代表戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 イタリア代表は14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節でオランダ代表と対戦。16分にMFニコロ・バレッラのアシストからMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制に成功したが、25分にMFドニー・ファン・デ・ベークに同点ゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。 1ゴールの活躍を披露したペッレグリーニはイタリア『RAI Sport』でイタリア代表の最大の強みを語り、パフォーマンスとゴールには満足したものの、引き分けに終わったことを悔やんだ。 「このチームでは誰が出ても安心できると思う。それが僕たちの大きな強みの1つだ。スタッフや選手は、家族のような気持ちを作り出して上手くやっている。ゴールとパフォーマンスに満足しているよ。でも、勝利できなかったのは残念だ」 また、ゴールシーンを振り返るとアシストを記録したバレッラに感謝。そして、グループ首位のポーランド代表と対戦する次節に向けて意気込んでいる。 「僕はDFと被っていて少し隠れていたけど、ニコロ(・バレッラ)が見つけてくれて本当に上手くいったよ。特に前にゴールを決めてからかなり時間が経っていたから、なんとか得点できて良かった」 「僕のゴールの後、リードを広げるためにさらに多くのチャンスがあったけど、少しアンラッキーだった。ポーランド代表との次戦には勝つ必要があるので、すぐに切り替えたい」 「それが順位表の根本であり、その試合に勝ったならば、首位の座を確保することになる」 2020.10.15 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表指揮官、システム変更のオランダ代表に大苦戦も「良い試合だった」

イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が1-1の引き分けに終わったオランダ代表戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 イタリア代表は14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節でオランダ代表と対戦。16分にMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制したが、25分にMFドニー・ファン・デ・ベークに同点ゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。 試合後、マンチーニ監督はイタリア『RAI Sport』で主導権を握りながらも、システムを [3-5-2]に変更したオランダ代表に苦戦したと述べた一方で、パフォーマンスに満足していると語った。 「彼らがシステム変更をしたのが初めてだったから驚いたが、そもそも厳しい試合になるのはわかっていた」 「対戦相手もそうだが、彼らは問題を引き起こす可能性があり、それが今夜起きてしまった。我々は攻撃的だったし、全体的にも明確なチャンスを作り出していたと思う」 「パフォーマンスはタフで、良い試合だった。本当の戦いだった。今、我々はポーランド代表との直接対決で首位の座を目指している。次の2試合に勝利し、資格を得たい」 また、この試合は14年ぶりにベルガモで行われたイタリア代表の試合であり、新型コロナウイルス(COVID-19)の被害が最も多く出た地域での重要な試合となった。 マンチーニ監督は「ここに来られて嬉しかった。勝てなかったのは残念だが、今日ここに招いてくれた地域の市長に感謝しています」とコメントした。 2020.10.15 10:20 Thu
twitterfacebook