レスター、ユベントスやリーズと共にアルゼンチン代表MFデ・パウル獲得レースに参戦か

2020.09.07 21:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティが、今夏の人気銘柄の1人であるウディネーゼのアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(26)の獲得レースに参戦したようだ。デ・パウルには、ユベントスが関心を示しているとされ、プレミアリーグに昇格したリーズ・ユナイテッドも関心を示しているとされる「10」番タイプの選手だ。

『スポーツ・イタリア』によると、リーズは最大3100万ユーロ(約39億円)の移籍金を用意している中、契約が4年残っているウディネーゼは4000万ユーロ(約50億2400万円)を要求しているとのことだ。

レスターは元ポルトガル代表MFアドリエン・シルバ(31)をサンプドリアに売却するために交渉中。イタリアから代役を探そうとしているとのことだ。

引く手数多のデ・パウルは、2019-20シーズンのセリエAで34試合に出場し7ゴール6アシストを記録。新シーズンは最終的にどこでプレーするのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

EL連勝のレスター、指揮官は劣悪なピッチに動じなかったチームを「誇りに思う」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が劣悪な環境をものともせず掴んだヨーロッパリーグ(EL)の勝利に満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは29日に行われたELグループG第2節でAEKアテネと対戦。アウェイの地で対戦だったが、17分にFWジェイミー・ヴァーディのPKで先制すると、続く39分にチームの下部組織出身であるMFハムザ・チョードリーがダイレクトシュートを突き刺して2点目を挙げる。後半に1点を返されたものの、そのまま2-1のスコアで勝利を収め、EL連勝となった。 試合後の会見に臨んだロジャーズ監督は、ピッチの状態が非常に悪かったと明かしつつ、それでも環境にしっかり対応して見せたチームを誇っている。 「テレビではわからないかもしれないけど、ピッチの状態が良くなかった。ピッチは本当に、本当に貧弱だったよ」 「私はこのチームをとても誇りに思っている。常日頃から言っているように、我々はスピード感のあるサッカーを基本とするチームなんだ。(劣悪なピッチで)それができない時は試合にうまく対処する必要があるが、それができたと思う」 「非常にデコボコなピッチのせいで良いサッカーはできなかったが、前半だけで2-0のスコアにすることができた。後半、3点差にするチャンスを生かせず、その直後に失点して相手に勢いが出てきてしまったね。我々はそこから強さを見せなければならなかった」 「チームは最後まで本当にプロフェッショナルだったと思う。この試合では(得点シーン以外に)2回チャンスがあったが、決まらなかった。そんな時は集中して毅然とした態度で臨まなければならないが、しっかり成し遂げたよ」 この試合では2点目を決めたチョードリーのほか、DFルーク・トーマスやMFハーヴェイ・バーンズなど下部組織出身の選手が多く出場している。ロジャース監督は若い選手がこうした経験を積むことで、さらに成長してくれるはずだと期待を寄せた。 「(下部組織出身選手の出場は)チームがどのように成長し発展していくか考えたとき、本当に喜ばしい側面だね。このチームの若さを考えれば、このような経験をして結果を出したことはとても喜ばしい。彼らの自信にも繋がるだろうね」 2020.10.30 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第2節結果まとめ】レスター、アーセナル、ミランがGS連勝! 三好アントワープがスパーズから金星

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が29日に行われた。 グループG初戦でゾリャに快勝したレスターは、アウェイでAEKアテネと対戦し2-1で勝利。17分にヴァーディのPKで先制したレスターは、39分にも右CKの流れたボールをボックス左のチョードリーがダイレクトシュートをゴールに突き刺した。その後、後半立ち上がりに1点を返されたレスターだが、最後までリードを守り抜き、グループステージ2連勝を収めた。 一方、優勝候補のひとつであるトッテナムは、三好康児の所属するアントワープとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。トッテナムは29分にレファエロフのゴールで先制されると、最後までアントワープ守備陣を崩し切れず。アントワープに金星を献上した。なお、アントワープMF三好康児は先発出場し58分までプレーした。 同じく優勝候補のひとつであるアーセナルは、ダンドークとホームで対戦し3-0で快勝した。前半にエンケティアとジョー・ウィロックのゴールで2点を先行したアーセナルは、後半開始早々にもペペが試合を決定づける3点目を挙げ、そのまま3-0で試合を終えた。 セリエA勢では、新加入ディアスやダロトなど3ゴールを奪ったミランがスパルタ・プラハに快勝しグループステージ連勝。一方、ホームにCSKAソフィアを迎えたローマは、格下相手に痛恨のゴールレスドローに終わった。 また、アウェイでソシエダと対戦したナポリは、ゴールレスで迎えた後半に均衡を破る。55分、右サイドからカットインしたポリターノが左足を振り抜くと、強烈なシュートがDFに当たってコースが変わりネットを揺らした。結局、これが決勝点となり、ナポリが今季グループステージ初勝利を挙げている。 その他の日本人所属クラブでは、久保建英の所属するビジャレアルがアウェイでカラバフと対戦し3-1で逆転勝利。公式戦3試合連続の先発出場となった久保は、ミドルシュートやクロス、スルーパスでチャンスを演出したが、この日は不発に終わり、75分に途中交代となった。 また、FW北川航也が先発出場したラピド・ウィーンは、アウェイでモルデと対戦し0-1で敗戦。北川は59分までプレーしたが、見せ場を作ることができなかった。一方、DF菅原由勢の所属するAZは、ホームでリエカと対戦し4-1で圧勝。菅原はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ■ELグループステージ第2節結果 ◆グループA クルージュ 1-1 ヤング・ボーイズ ローマ 0-0 CSKAソフィア ◆グループB モルデ 1-0 ラピド・ウィーン アーセナル 3-0 ダンドーク ◆グループC ニース 1-0 ハポエル・ベエルシェバ スラビア・プラハ 1-0 レバークーゼン ◆グループD レンジャーズ 1-0 レフ・ポズナン ベンフィカ 3-0 スタンダール・リエージュ ◆グループE オモニア 1-2 PSV グラナダ 0-0 PAOK ◆グループF レアル・ソシエダ 0-1 ナポリ AZ 4-1 リエカ ◆グループG ゾリャ 1-2 ブラガ AEKアテネ 1-2 レスター・シティ ◆グループH リール 2-2 セルティック ミラン 3-0 スパルタ・プラハ ◆グループI スィヴァススポル 1-2 マッカビ・テルアビブ カラバフ 1-3 ビジャレアル ◆グループJ アントワープ 1-0 トッテナム LASK 4-3 ルドゴレツ ◆グループK フェイエノールト 1-4 ヴォルフスベルガー CSKAモスクワ 0-0 ディナモ・ザグレブ ◆グループL ヘント 1-4 ホッフェンハイム ツルヴェナ・ズヴェズダ 5-1 リベレツ 2020.10.30 07:18 Fri
twitterfacebook
thumb

久々の欧州カップ戦出場を喜ぶシュマイケル「恋しくて仕方がなかった」

レスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、久しぶりの参加となった欧州カップ戦に興奮しつつ、ファンがスタジアムに入場できない現状を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズンのプレミアリーグで5位という結果を残したレスターは、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に本戦から参加。レスターが欧州カップ戦に参加するのは、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となる。 ELグループG第1節ではウクライナのFCゾリャと対戦し、3-0のスコアで快勝。29日に行われる第2節AEKアテネ戦の試合前会見に臨んだシュマイケルは、久しぶりの欧州遠征を喜びつつ、ファンともこの感情を分かち合いたかったと語っている。 「前回の欧州遠征からしばらく経っていたし、恋しくて仕方がなかったよ。僕たちは(プレミアリーグとは)異なる素晴らしい大会に来ている。(欧州カップ戦を戦う)夜は他と雰囲気が違っていて、まさにこのために働いている感じなんだ」 「こうした夜はまさに僕たちが目指してきたものだよ。ただ、ここにファンがいないのは本当に残念だね。僕たちのような代表としてプレーしている選手にとって、海外へ赴くのは当たり前のことで、大きな違いを感じることはない」 「いつか(スタジアムに)ファンを取り戻せる日が来ることを願っている。ファンがアテネのような場所に来て こうした夜を体験できるようになって欲しいね」 また、シュマイケルは出場権まで後一歩というところまで迫ったCLを惜しみつつ、ELに全力で臨むと意気込んだ。 「チームは明らかにCLを望んでいたよ。でも、いつも欲しいものが手に入るとは限らないからね」 「僕らはピッチに集中し、ホームタウンにいるファンたち全員のため、勝利に向けてプレーしなければならない」 2020.10.29 15:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル相手に決勝点のヴァーディ “ビッグ6キラー”ぶりがデータで明らかに

レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがまたしても“ビッグ6キラー”の活躍を見せた。 ヴァーディは、25日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦し、途中出場から決勝ゴールをマークした。 <div id="cws_ad">◆ヴァーディのダイビングヘッド<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=pj6q6opqme0t1ufe3q6i58pyz" async></script></div> データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、ヴァーディはプレミアリーグを舞台にした対アーセナル戦12試合11ゴールとなり、対アーセナル戦で12ゴールを記録する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに次ぐ歴代2位の数字だという。 さらに、イギリス『サン』によれば、ヴァーディはアーセナルだけでなく、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナムという“ビッグ6”相手にも最もゴールを奪っていることが分かった。 ヴァーディはこれまでの“ビッグ6”との対戦で、通算35試合に出場し22ゴールを記録。1試合当たりのゴール数は「0.63」となり、プレミアリーグに在籍するストライカーの中でどちらも現役最多となっている。 ヴァーディに続いてゴール数が多いのはリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーだが、こちらは31試合14ゴールで、1試合当たりのゴール数は「0.45」といかにヴァーディが抜きんでているかが分かる。 ヴァーディほどの試合数はないものの、サウサンプトンに所属するイングランド代表FWダニー・イングスは18試合11ゴールを記録。1試合当たりのゴール数は「0.61」となっており、ヴァーディに次ぐ“ビッグ6キラー”はイングスのようだ。 ◆プレミアリーグストライカーたちの対ビッグ6戦のスタッツ ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ):35試合22ゴール ダニー・イングス(サウサンプトン):18試合11ゴール セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ):23試合11ゴール ハリー・ケイン(トッテナム):26試合12ゴール モハメド・サラー(リバプール):31試合14ゴール 2020.10.27 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターの主砲ヴァーディ、ルーニーに次ぐアーセナルキラー記録! チームも47年ぶりの歴史的1勝

レスター・シティに所属する元イングランドFWジェイミー・ヴァーディが“アーセナルキラー”ぶりを発揮した。 レスターは25日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦して、1-0の白星。ふくらはぎの負傷でここ公式戦2試合を欠場した影響でベンチからスタートしたヴァーディだったが、0-0の60分から投入されると、カウンターを仕掛けた80分にダイビングヘッドでゴールネットを揺らして、決勝ゴールをマークした。 データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、ヴァーディにとって、プレミアリーグを舞台にした対アーセナル戦はこれで通算12試合目。今回の豪快な一撃は11得点目となり、対アーセナル戦で12ゴールを記録する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに次ぐ歴代2位の数字だという。 また、敵地エミレーツ・スタジアムでの5得点は最多。レスターも1973年9月以来、27戦勝利なしだったアーセナルとのアウェイ戦で47年ぶりの白星を掴み取っている。 これまでもアーセナルだけでなく、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナムといった他の強敵にも相性の良さをみせ、“ビッグ6キラー”とも評されるヴァーディ。アーセナル戦後、イギリス『スカイ・スポーツ』でチームの歴史的な勝利をこう振り返った。 「僕らは嵐を乗り切り、その後に気合を入れ始め、勝利を掴み取ることができた。僕らからすれば、大きなことだが、次の試合でもっと良い戦いをしようとしているだけだ。何度か悪い結果があって、それを正したいという思いだった。幸いにも、僕が入って、インパクトを与えることができたよ」 2020.10.26 16:15 Mon
twitterfacebook