セバージョス「レアル復帰やスペインの他クラブ行きも選択肢だった」 アーセナル残留の決め手とは?

2020.09.05 15:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表MFダニ・セバージョスがアーセナル公式サイトで残留の決断理由を語った。セバージョスは昨季、アーセナルにレンタル移籍すると、公式戦37試合に出場して2得点2アシストを記録。ケガによる離脱もあったが、シーズン途中から指揮を執ったミケル・アルテタ監督の下で中盤の一角として欠かせない存在となり、FAカップ優勝にも貢献した。

そんなセバージョスは買取りオプションなしのシーズンローンという条件での移籍だったため、保有元のレアル・マドリーに一時帰還。アルテタ監督が長らく公の場で残留を希望するなかで、レアル・マドリー復帰や他クラブの関心も取り沙汰されたが、4日にアーセナルへの再レンタルが決定した。

前回と同じく買取オプションなしのシーズンローンという契約でアーセナル残留を果たしたといわれるセバージョスはクラブ公式サイトで喜びを口に。レアル・マドリー復帰なども選択肢にあったが、アーセナル残留こそが自らの意向だったと話した。

「戻れてすごく嬉しいよ。自分が重要だと感じるクラブに戻れたわけだからね。レアル・マドリーに戻ったり、僕に興味を示すスペインの他クラブに行ったりするのも選択肢としてあったのは事実だ」

「でも、昨季の(FAカップ)決勝戦前に監督と話をして、アーセナルに残り、タイトルを獲得していきたい思いは伝えてあった。ミケルがこのクラブで築き上げてきたものに本当に満足していたんだ」

「昨季はこのクラブで充実した日々を過ごさせてもらったわけだから、戻ってくることに何の疑いもなかった」

そう語り、アーセナル残留に喜びの心境を露わにすると、来シーズンも師事するアルテタ監督の仕事ぶりを称え、信頼を強調した。

「アルテタがこのクラブで何をしているかは誰が見てもわかると思う。彼はここに来て、まだ8カ月ぐらいだが、3つの(タイトルがかかった)大会を戦った。ヨーロッパリーグ(EL)こそ敗退したが、FAカップとコミュニティ・シールドは当然の形で優勝したんだ」

「ドレッシングルームも本当にポジティブで、エネルギーに満ち溢れてもいる。選手たちもハッピーで、それぞれが役割を果たしている。若手が育つのもこのクラブにとって、すごく大事なこと。それはクラブがずっと取り組んできたこともである」

「ミケルはこのクラブをチャンピオンズリーグ(CL)というあるべき場所に戻すための適任者だ」
コメント
関連ニュース
thumb

アルテタ監督が噂されるノルウェー代表MFの獲得を否定「興味を示していない」、ウィルシャー復帰も一蹴

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、獲得が噂されるシェフィールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(21)について言及した。イギリス『メトロ』が伝えた。 今夏の移籍市場でガーナ代表MFトーマス・パルティやU-23ブラジル代表DFガブリエウを獲得するなど積極補強を敢行したアーセナル。ヨーロッパリーグ(EL)では決勝トーナメント進出を決めた一方でプレミアリーグでは4勝1分4敗と苦戦が続いている。 この状況に来年1月の移籍市場で中盤強化を目論んでいるとも報じられており、その候補として、シェフィールドのベルゲが浮上。 その理由として2017年にヘンクで共闘したアシスタントコーチのアルベルト・スタイフェンベルク氏がベルゲを高く評価しているからだとされている。 この現状についてアルテタ監督は噂が浮上した理由に理解を示したものの、獲得の噂について「ない」と一蹴した。 「おそらくリンクした理由について、アルベルトが彼を本当によく知っているからだと思う」 「アルベルトが彼のことを好きな選手としているが、我々はその選手に興味を示していない。彼はシェフィールド・ユナイテッドの選手であり、我々は何もしていない」 また、10月にウェストハム退団以降、フリーの状態が続く元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)についても言及。アーセナル復帰の可能性も取り沙汰されているが、こちらも獲得の噂を否定している。 「その状況を調査していない。ジャックについて私から話せるのは過去に選手として、チームメイトとして、人として、本当に高く評価しているということだ」 「残念ながら現時点でそれはないと思う。我々は自分たちが保有している選手に焦点を合わせていて、できる限りのことをしようとしている」 2020.11.27 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トップチーム初ゴールの19歳バログンをムスタフィが絶賛 「すごく強くて、知的な選手」

アーセナルの元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィがトップチーム初ゴールを記録したU-20イングランド代表FWフォラリン・バログンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルはバログンは26日に敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第4節でモルデと対戦して、3-0の勝利。バログンは2点リードの82分から途中出場して、その1分後にMFエミール・スミス=ロウのパスからダメ押しとなるチーム3点目を記録した。 この試合でケガから復帰を果たしたムスタフィは試合後、トップチーム初ゴールを決めた19歳のバログンを「すごく強くて、知的な選手だ。良いストライカーだし、ハングリーさもある」と絶賛。今後の活躍にも期待した。 「あの年齢のストライカーはゴールへの欲望が常に満ち溢れ、ボックス内で常に何かをしてやとうと思っているんだ。彼のことを思うと、本当に良かったと思うよ。前の試合にも出て、今回は1stタッチで初ゴールだ。嬉しいよ。彼にとって、すごく大事なことだからね」 「僕ら全員が若手からスタートするものだ。トップチームに来て、ユースチームと同じようにプレーするのがどれだけ難しいのかを誰もが知っている。だから、僕らは彼を信用しなければいけない。(今回の活躍が)将来、もっとできることの兆しだと願っているよ」 2020.11.27 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアに少しずつファンの姿…ロンドン&リバプール勢は12月初旬から一定数の観客入場可能に

プレミアリーグの試合に少しずつサポーターの姿が戻ってくるようだ。 プレミアリーグは他のリーグと同様に今年3月からの新型コロナウイルス感染拡大で一時中断を強いられたが、3カ月にもわたる空白期間を経て、6月から無観客で再開。9月に開幕した新シーズンも依然としてスタンドの閉鎖状態が続いているが、段階的ながらサポーターのスタジアム入場が許可しようとする動きがある。 イギリス政府のボリス・ジョンソン首相は23日、今後のスポーツイベントに関して、最大4000人という一定数の有観客試合開催を許可する方針を発表。ただし、地域ごとに3段階の警戒レベルに区分けされ、感染リスクの低いエリアがそれに当てはまる。 入場者数は最も感染リスクの低い“ティア1”の地域で最大4000人を収容でき、“ティア2”だと最大2000人まで。“ティア3”の地域のみが無観客を継続する。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、“ティア2”のロンドンやリバプール本拠のクラブはロックダウン解除後の12月2日から一定数の有観客試合が許可されるという。 有観客試合が認められてから最も早く本拠地で予定するのが12月3日のヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節でラピド・ウィーンをホームに迎え撃つアーセナル。プレミアリーグだと、12月5日に予定する第11節のウェストハムvsマンチェスター・ユナイテッドが最初の観客動員試合になる。 ちなみに、“ティア3”の地域を本拠とするクラブはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、アストン・ビラ、ニューカッスル、レスター・シティ、バーンリー、リーズ・ユナイテッド、シェフィールド・ユナイテッド、WBA、ウォルバーハンプトン。今後も無観客での開催が続くようだ。 2020.11.27 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

頭突きで愚行退場のぺぺ、心を入れ替えた活躍をアルテタ監督称賛「ネガティブなことに失望した後の反応が見たかった」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、モルデ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループB第4節でモルデと対戦。リーグ戦から8名を入れ替え、若手を多く起用したほか、フラットな[4-4-2]のシステムを採用した。 前半こそ主導権を握りながらゴールを生み出せなかったアーセナルだが50分に、リーズ・ユナイテッド戦で頭突きを見舞う愚行を働いたニコラ・ぺぺがゴールを射抜いて先制。55分にはレイス・ネルソンが追加点を奪うと、83分にはフォラリン・バログンの初ゴールも生まれ、0-3で快勝した。 グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めたアーセナル。アルテタ監督は先日の愚行から一転、チームのために高いパフォーマンスを見せたぺぺを称賛した。 「本当に嬉しい。何かネガティブなことに失望した後の反応を見たいと思っていた。そして私は、彼の身の振る舞いで、最初からしっかりプレーする準備ができていることを確認できた」 「彼は素晴らしいパフォーマンスを見せたと思う。1つのゴールを決め、さらに1つ、2つのゴールを決められた可能性もあった」 「試合では良い場面を作り、チームのために本当にハードワークした。それが好きだし、嬉しく思う」 また、この試合はフラットな[4-4-2]を採用し、アルテタ監督としては珍しいシステムを採用。このシステムをプレミアリーグでも採用するかという質問にも応えた。 「我々が起用できる選手にもよるし、今夜よりも良いコントロールができるようにならなければならない部分がいくつかある」 「ポジティブな点がたくさんあり、常に脅威を与えていたようにも見えたが、解決しなければならない問題がいくつかあった」 「これには時間がかかり、チームを大きく変えて、若い選手をたくさんプレーさせたが、彼らがピッチで見せたパフォーマンスとキャラクターには本当に満足している」 さらに、プレミアリーグは次節から一部の地域を除いて観客動員を再開する。アルテタ監督はファンがスタジアムに戻ってくることについても喜びを露わにした。 「本当に嬉しい。クラブはそれを可能にするために努力しなければならなかったという発表の後、最終的な細かい部分で本当に一生懸命取り組んでいる」 「我々は喜んでいる。選手も喜んでいる。そして、我々はそれがしっかりと機能することを確認しなければならない。そのあとに、観客を増やすことができるだろう」 2020.11.27 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第4節結果まとめ】4チームが2節を残して決勝T進出

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が26日に行われた。 ◆レスター、アーセナル、ローマ、ホッフェンハイムが突破! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201127_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループステージ後半戦に入った中、2節を残して決勝トーナメント進出を決めたのはレスター・シティ、アーセナル、ローマ、ホッフェンハイムの4チーム。 グループBのアーセナルは今節、モルデとアウェイで対戦。一進一退の攻防を見せた中、0-0で試合を折り返すと、後半立ち上がりにいずれもジョー・ウィロックのお膳立てからペペ、ネルソンと連続ゴールが生まれる。さらに、83分には19歳の新鋭FWバログンに嬉しいトップチーム初ゴールが生まれ、3-0の快勝。比較的恵まれたグループの中で4連勝での突破を決めた。 同じく4連勝での突破を果たしたのがグループLのホッフェンハイム。今節ではリベレツとのアウェイゲームに臨んだ中、試合終盤の77分にバウムガルトナーのゴールで先制に成功すると、89分にはエースのクラマリッチがPKを決めて2-0の勝利を飾った。 安定した勝利を見せた2チームと異なり、劇的な形で突破を決めたのはグループGのレスター。ブラガとのアウェイゲームでは2度のビハインドを追いつくも、試合終了間際の90分に勝ち越しゴールを献上。だが、諦めないチームは95分、ボックス手前右でオルブライトンが斜めに入れたグラウンダーのクロスをゴール左に詰めたヴァーディが押し込んだ。そして、3度のビハインドを追いつく劇的な3-3のドローで無敗を維持し、ラウンド32行きを決めた。 また、グループAのローマは後半から途中出場のヴェレトゥが相手のオウンゴールを誘発するFKと、PKによるゴールで殊勲の働き。クルージュを敵地で0-2で破り、こちらも3勝1分けの戦績で突破を決めた。 その他の強豪チームではミランがリールと1-1のドローに終わった一方、レバークーゼンやトッテナム、ナポリは格下相手にいずれも快勝となっている。 日本人選手ではAZのDF菅原由勢を除き、アントワープMF三好康児、ビジャレアルMF久保建英がいずれも先発出場し、ラピド・ウィーンFW北川航也が途中出場している。 ■ELグループステージ第4節結果 ◆グループA CSKAソフィア 0-1 ヤング・ボーイズ クルージュ 0-2 ローマ ◆グループB モルデ 0-3 アーセナル ダンドーク 1-3 ラピド・ウィーン ◆グループC ニース 1-3 スラビア・プラハ レバークーゼン 4-1 ハポエル・ベエルシェバ ◆グループD レンジャーズ 2-2 ベンフィカ スタンダール・リエージュ 2-1 レフ・ポズナン ◆グループE グラナダ 2-1 オモニア PSV 3-2 PAOK ◆グループF AZ 0-0 レアル・ソシエダ ナポリ 2-0 リエカ ◆グループG AEKアテネ 0-3 ゾリャ ブラガ 3-3 レスター・シティ ◆グループH リール 1-1 ミラン スパルタ・プラハ 4-1 セルティック ◆グループI カラバフ 2-3 スィヴァススポル マッカビ・テルアビブ 1-1 ビジャレアル ◆グループJ LASK 0-2 アントワープ トッテナム 4-0 ルドゴレツ ◆グループK ヴォルフスベルガー 0-3 ディナモ・ザグレブ CSKAモスクワ 0-0 フェイエノールト ◆グループL リベレツ 0-2 ホッフェンハイム ヘント 0-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ 2020.11.27 07:40 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly