ヴェローナ、守備の要・ギュンターをジェノアから完全移籍で獲得

2020.09.02 22:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは2日、ジェノアからドイツ人DFコライ・ギュンター(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。ギュンターは、ドルトムントの下部組織出身で、2012年7月にファーストチームへ昇格。2014年1月にガラタサライへ完全移籍すると、2018年7月にジェノアへ完全移籍していた。

ジェノアでは、公式戦15試合に出場。2019-20シーズンはヴェローナにレンタル移籍すると、セリエAで32試合、コッパ・イタリアで1試合に出場。守備の要としてチームを支えた。

コメント
関連ニュース
thumb

セルビア代表、ミリンコビッチ=サビッチら3名が新型コロナ陽性

セルビアサッカー連盟(FSS)は18日、セルビア代表の3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 FSSによると、検査の結果陽性反応を示したのは、ラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、エラス・ヴェローナのMFダルコ・ラゾビッチ、バーゼルのGKドルデ・ニコリッチの3選手とのことだ。 セルビアは18日にUEFAネーションズリーグ2020-21のリーグB・グループ3でロシア代表と対戦する予定だったが、その試合に向けた検査で陽性反応を示したとのことだ。 また、フィジオセラピストの1名も陽性反応を示しているとのこと。残りの選手やスタッフは陰性とのことだ。 2020.11.18 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ピオリ監督、2失点ドローも一定の評価「キャラクターは示せた」

ミランのステファノ・ピオリ監督は、ヴェローナ戦の引き分けを前向きに捉えているようだ。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えた。 ミランは8日にセリエA第8節でヴェローナと対戦。20分までにセットプレーから2失点を喫したが、27分に1点を返すと、試合終了間際にFWズラタン・イブラヒモビッチが同点ゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 今季2度目のドローとなったが、ピオリ監督はセットプレーの失点を除けば良い試合だったと評価。また、ヴェローナ然り、セリエAには難しい戦いを強いられる手強い相手が揃っていると、今後も簡単には勝てないことを示唆している。 「(第5節の)ローマ戦とヴェローナ戦でセットプレーから合計5失点している。つまり我々には集中力が足りないということだ。一方で、25本の枠内シュートを放ち、10回のチャンスを作りだしたパフォーマンスは評価できる。だが、あちらのGKが勝利に値した我々の邪魔をしたのだ」 「ヴェローナが非常に高いインテンシティとフィジカルでもって試合に臨んだことは評価に値するが、我々も20本の枠内シュートを記録するなど自分たちがすべき試合ができた。だからこそ、そのチャンスを生かしきれなかったことが残念でならない」 「2-0にされたとき、我々は数カ月ぶりに敗北寸前だった。だが、そこからアクションを起こし、我々が強いチームであること、そしてそのようなキャラクターを示すことができた」 「問題なのは、ユベントスやインテル、ナポリなどイタリアでもヨーロッパでも強豪とされるクラブがひしめいてるうえ、ラツィオやローマ、さらにはサッスオーロなど手強い相手がほかにもたくさんいるということだ」 「私には頼りがいのある選手たちがいるが、我々はリーグ最年少のチーム。だからといって成熟した若者であることを阻むことはできない」 2020.11.09 21:03 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラPK失敗も土壇場同点弾でヴェローナにドロー、首位ミランがリーグ無敗を維持《セリエA》

ミランは8日、セリエA第7節でヴェローナをホームに迎え、2-2で引き分けた。 前節ウディネーゼ戦をイブラヒモビッチの後半終盤でのバイシクル弾で押し切ったミランは首位をキープ。そのミランは3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)ではリール相手にまさかの完敗に終わって今季の公式戦初黒星を喫した。そのリール戦のスタメンから5選手を変更。チャルハノールやレオン、カラブリアらがスタメンに戻った。 3勝2分け1敗スタートのヴェローナに対し、開始5分にカリニッチに決定的なシュートを許したミランは、ここをGKドンナルンマが凌ぐも、直後のCKから失点する。チェッケリーニのヘディングシュートはバーに直撃したが、ルーズボールをバラクに詰められた。 失点したミランは8分にサレマーカーズがGK強襲のシュートを浴びせるも、19分に加点される。FKの流れからボックス手前のザッカーニにボレーシュートを叩き込まれた。 2点を追う展開となったミランだったが、27分に1点を返す。サレマーカーズの右クロスをケシエが左足ボレーで合わせると、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 さらに30分には同点のチャンス。サレマーカーズのチャンスメークからボックス左に侵入したテオ・エルナンデスがGK強襲のシュートを浴びせた。しかし、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず1点ビハインドで後半へ折り返した。 後半からサレマーカーズに代えてレビッチを左サイドに投入したミランは、右にレオンを回した。そのミランが押し込む展開とすると、51分にチャルハノールがネットを揺らすも、わずかにオフサイドに阻まれる。 さらに64分にはボックス左に抜け出したテオ・エルナンデスがGK強襲のシュートを浴びせると、直後のCKからPKを獲得する。ボックス内のケシエがロヴァトに倒された。しかし、キッカーのイブラヒモビッチはシュートを枠の上に外してしまう。 76分にはCKからイブラヒモビッチのヘディングシュートがバーに直撃したミランは、終盤にかけても攻勢に出ると、90分に追いつきかける。イブラヒモビッチがクロスボールを頭で落とし、カラブリアがボレーで蹴り込んだ。しかしVARが入り、イブラヒモビッチにハンドがあったとしてノーゴールに。 それでも追加タイム3分、ミランが正真正銘の同点弾を挙げる。分厚い攻めを見せた流れからディアスの右クロスをイブラヒモビッチがヘッドで押し込んだ。 土壇場で追いついたミランがリーグ初黒星を免れ、無敗をキープしている。 2020.11.09 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

VARにも泣かされたユベントス、ホームで格下ヴェローナに痛恨ドロー《セリエA》

ユベントスは25日、セリエA第5節でヴェローナをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節クロトーネ戦を低調なドローで終え、2勝2分けスタートとなったユベントスは、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手にモラタの2発で白星スタートとした。3日後にはCLバルセロナ戦を控える中、ディナモ・キエフ戦のスタメンから4選手を変更。出場停止のキエーザに代わってディバラが今季初スタメンとなった。 2勝1分け1敗スタートのヴェローナに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスはモラタとディバラの2トップ、右にベルナルデスキ、左にラムジー、中盤センターにラビオとアルトゥールが入った。 そのユベントスが立ち上がりからディバラを起点に圧力をかけにかかるも、GKからのビルドアップを阻むべくハイプレスを果敢にかけてくるヴェローナを崩しきることはできない。すると16分、コリーにネットを揺らされるもわずかにオフサイドで助かった。 20分、ユベントスはこの試合最初のチャンスを迎え、ラビオのロングスルーパスを受けてボックス左に侵入したベルナルデスキがGK強襲のシュートを放った。 しかし、アグレッシブなプレーを続けるヴェローナ相手に主導権を握ることはできない。それでも33分にショートカウンターからディバラが枠内シュートを浴びせると、41分には決定機。ビルドアップでプレスを剥がしたプレーから、クアドラードの放ったシュートがバーを直撃した。 そして45分には先制しかける。クアドラードのスルーパスでボックス右に侵入したモラタがループシュートを流し込んだ。美しいゴールかに思われたが、VARの末に僅かにオフサイドでゴールは取り消しとなり、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、拮抗した攻防が続くと、56分にザッカーニのミドルシュートでGKシュチェスニーが強襲される。そして60分、ベルナルデスキの横パスをカットされた流れからショートカウンターを受け、ファヴィッリにネットを揺らされた。 失点に絡んだベルナルデスキに代えクルゼフスキを左サイドに投入したユベントスは、そのクルゼフスキの突破力を起点に攻め込むと、72分にはモラタが枠内シュートを記録するも、74分にボヌッチがハムストリングを負傷し、フラボッタが投入される。 それでも76分にディバラがバー直撃のミドルシュートを放つと、1分後に追いついた。ドリブルでボックス右に侵入したクルゼフスキが対応したDFを小刻みなステップで外してシュートをゴール左に蹴り込んだ。 終盤にかけてはユベントスが攻勢に出ると、追加タイム3分にはディバラとモラタが立て続けに枠内シュートを浴びせるも、GKシルベストリの好守に阻まれてタイムアップ。運にも見放されたユベントスがホームで痛恨のドローに終わっている。 2020.10.26 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、ブラジル人DFエンペレウルとの契約を2022年まで延長

ヴェローナは21日、ブラジル人DFアラン・エンペレウル(26)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2008年にアトレチコ・ミネイロの下部組織からフィオレンティーナの下部組織に移籍したエンペレウルは、センターバックを主戦場にプレー。フィオレンティーナではトップチームでの出場経験はなく、これまでリヴォルノやサレルニターナ、フォッジャなどイタリアの下部リーグでプレー。 2018年夏に当時セリエBに在籍したヴェローナに加入すると、徐々に出場機会を増やすと公式戦22試合に出場。しかし、セリエA昇格後は再び途中出場での起用が増えていた。 2020.10.22 01:29 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly