新潟が鄭大世の移籍後初ゴールなどで首位長崎に追いつく! 北九州は2点ビハインド追いつくも連勝は「9」でストップ《J2》

2020.09.02 22:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第16節の11試合が2日に各地で開催された。デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsV・ファーレン長崎は2-2の引き分けに終わった。

4位・新潟(勝ち点25)と首位・長崎(勝ち点35)の上位対決。ポゼッションを高める長崎に対して、敵陣深くから新潟がプレスをかけて、カウンターを狙う構図となる。新潟は6分、クリアボールを拾った中島がバイタルエリア左から右足シュートを放つも、わずかにゴール左に外れた。

一進一退の攻防で試合は進み、ゴールレスで前半を終えるかに思われた43分に長崎がスコアを動かす。右CKを獲得すると、キッカーの大竹がインスイングのクロスを供給。新潟FW渡邉のクリアミスを誘発して先制に成功する。

さらに長崎は後半立ち上がりの47分、左サイドでのコンビネーションから秋野がクロスを供給。ゴール前で大竹が対峙した萩原に競り勝ってヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、リードを2点に広げる。

後半半ばにかけて長崎の猛攻を凌いだ新潟は63分、中島がボックス中央手前からグラウンダーの強烈なシュートを放つと、GK徳重の弾いたボールにいち早く反応した途中出場の鄭大世が押し込んで、1点を返す。

さらに試合終盤にかけて圧を強める新潟。後半アディショナルタイム、左サイドを突破したロメロ・フランクがボックス左からマイナスに折り返す。ボックス中央でボールを受けた本間がワンタッチで相手DFを剥がして右足シュート。GK徳重に触られるも、ボールは勢いそのままにゴールネットに突き刺さった。

試合はこのまま2-2で終了。2点を守りきれなかった長崎は首位キープも4連勝を逃した。一方、鄭大世の移籍後初ゴールなどで追いついた新潟は4戦無敗としている。

また、9連勝中で2位のギラヴァンツ北九州(勝ち点34)はアウェイで7位の栃木SC(勝ち点22)と対戦。試合序盤からボールを保持するものの、栃木にペースを握られると30分、左サイドから供給されたクロスボールのこぼれ玉を西谷にワントラップから豪快なシュートを決められてしまう。

1点ビハインドで試合を折り返した北九州は後半開始早々の50分にも失点。栃木は左サイド敵陣中央から瀬川がロングスロー。ボックス内で受けた明本の胸コントロールからの左足ボレーシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

ここまで決定機のなかった北九州だが75分から反撃。左サイドのハーフウェイライン付近からの縦パスを鈴木が丁寧に落とす。これを町野がボックス中央手前から右足シュート。ゴール左にを捉え1点を返す。

続く82分には横に揺さぶりながら攻撃を試みて、岡村が右サイドへ展開。永田、新垣、町野とダイレクトで繋いで、最後はゴール前の鈴木がボックス中央からダイレクトシュートをゴールに流し込んで同点に追いついてみせる。しかし、逆転するまでに至らず、北九州の連勝は「9」でストップしている。

その他、上位陣では3位の徳島ヴォルティス(勝ち点30)が水戸ホーリーホックに1-2で敗戦。5位・ジュビロ磐田と6位・東京ヴェルディの同勝ち点対決は2-2の痛み分けに終わっている。

◆明治安田生命J2リーグ第16節
▽9/2(水)
モンテディオ山形 0-0 レノファ山口FC
栃木SC 2-2 ギラヴァンツ北九州
大宮アルディージャ 1-0 京都サンガF.C.
ジェフユナイテッド千葉 2-2 アビスパ福岡
ヴァンフォーレ甲府 1-0 ザスパクサツ群馬
アルビレックス新潟 2-2 V・ファーレン長崎
ツエーゲン金沢 2-1 FC琉球
ファジアーノ岡山 1-0 松本山雅FC
徳島ヴォルティス 1-2 水戸ホーリーホック
愛媛FC 1-2 FC町田ゼルビア
ジュビロ磐田 2-2 東京ヴェルディ
コメント
関連ニュース
thumb

「現役は引退しますが甲府は引退しません」甲府生え抜きのDF橋爪勇樹が現役引退、アカデミーコーチ就任

ヴァンフォーレ甲府は25日、DF橋爪勇樹(30)の現役引退を発表した。なお、アカデミーコーチに就任する。 長野県出身の橋爪は、創造学園高校、山梨学院大学を経て、2013年に甲府へと入団。1年目から出場機会を得る。 1年目でJ1デビューを果たし3試合、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場。2年目もJ1で2試合、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場すると、3年目の2015年にはJ1で17試合に出場しプロ初ゴールを記録した。 その後も出場機会を重ねる一方で、ケガな度も経験。徐々に出場機会を減らすと、2020シーズンは左ヒザ外側半月板損傷、左ヒザガングリオンの手術を受けるなどし、明治安田J2で4試合の出場に終わっていた。 J1通算70試合1得点、J2通算26試合出場。シーズン終了後に契約満了が発表されていた橋爪は、改めて引退を発表。コメントを残している。 「プロサッカー選手を引退することになりました、橋爪です。プロサッカー選手として過ごすことができた8年間で、サッカー選手としてはもちろん、人間としてもとても成長することが出来たと思います。近くで応援してくれる人達がいて支えてくれる人達がいる甲府だからこそ成長できたんだな、と改めて思いました」 「甲府一筋で出来た事、本当に幸せに思います。なのでまだ甲府一筋でいさせてください。現役は引退しますが甲府は引退しません」 「僕がプロで学んだこと、成長したことを今度は子供たちに伝えて、バトンを繋げていけたらいいなと思います。今度は違う角度から更に甲府を盛り上げられるように尽力し、セカンドキャリアでも日々成長できるように頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!」 2021.01.25 12:44 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛MF渡邊一仁が12年の現役生活を引退「J1のピッチに立つことができなかったことは、一番の心残り」

愛媛FCは25日、MF渡邊一仁(34)が現役を引退することを発表した。 愛媛県出身の渡邊は、済美高校から東京学芸大学へと進学。2009年に愛媛FCの下部組織である愛媛FCしまなみに入団すると、2009年8月トップチーム昇格を果たす。 2015年からはファジアーノ岡山、2018からは横浜FCでプレー。2020年に古巣に復帰すると、明治安田J2で28試合に出場。しかし、そのまま現役を引退することとなった。 渡邊はJ1でのプレーはなく、キャリアを通じてJ2でプレー。通算301試合に出場し1得点を記録。天皇杯で14試合に出場していた。 渡邊はクラブを通じてコメントしている。 「今日をもって引退することを決断しました。満了を告げられてから、選手生活が愛媛で始まり、愛媛で終わるという自分のストーリー的には、ここで引退した方がきれいなのかなと思う一方で、まだ動ける、戦えるという気持ちを押し殺すことができず、移籍先を模索していましたが、条件面など噛み合わず、決めることができないまま、ここまで長引かせてしまい、報告が遅くなってしまいました。すみません」 「私自身、12年間のキャリアを振り返ってみると、アマチュアから始まり、やはり辛いこと、悔しかったことの方が多く思い出されます。選手として、横浜で昇格を経験しながらもキャリアで一度もJ1のピッチに立つことができなかったことは、一番の心残りです」 「その一方で、自分の実力は、自分が一番分かっていました。それを考えると自分なりには出来過ぎなぐらい素晴らしいキャリアを積むことができたとも思っています」 「プロになってから、ずっと自分は、下手くそだというコンプレックスを持って日々選手として過ごしてきました。だからこそ、1日1日、自分の限界を超えることだけに集中してトレーニングに向き合い続けてきました。その結果がたまたまここまで現役を続けられた理由の一つになったのかなと思います」 「ただ、それ以上にもっと大きな理由があり、それは今まで自分に携わってくれた人、そして取り巻く環境に恵まれ続けたということです」 「愛媛、岡山、横浜と各チームで未熟者の私を応援し、背中を押し続けてくれたサポーターの皆さんはもちろんのこと、今まで指導をしてくださった6人の監督をはじめとするチームスタッフの方々、ご協力をいただいたスポンサー各社の方々、ボランティアスタッフの方々。学生時代の友人。そして、カズさん、岩政さんや加地さんをはじめとする一緒に戦ってくれたチームメイトのみんな。本当に私のサッカー人生に関わってくれた人が一人でも欠けていたら、ここまで素晴らしいキャリアを積むことができませんでした。皆さんと一緒に戦えたこの12年間は、私の一生の財産になりました!!本当にありがとうございました!愛媛FC、ファジアーノ岡山、横浜FCのこれからの更なる発展、飛躍を願っています」 「そして、プロになる前から一番近くでずっと支え続けてきてくれた妻、いつも癒しを与え続けてくれた長女、次女、そしてこの丈夫な身体とサッカーを与えてくれた両親。家族のみんなにも、この場を借りて感謝を伝えたいです!本当にありがとう!!」 「最後に、今日で通算301試合1得点という結果を残して、選手としてのサッカー人生は、終わりますが、これから続いていく第二の人生に、自分自身大きく期待を膨らませています!」 「これからのことは、また追々発表させてもらいますが、これからの渡邊一仁にも期待してください!そして、応援し続けてもらえるとありがたいです!夢のような幸せな時間をありがとうございました!またどこかで会いましょう!!」 2021.01.25 11:33 Mon
twitterfacebook
thumb

他クラブからオファーの新潟「10」番MF本間至恩が契約更新「初めてオファーをいただいて悩んだ」

アルビレックス新潟は25日、MF本間至恩(20)との契約更新を発表した。なお、背番号はひき続き「10」をつける。 本間は新潟の下部組織出身。2017年、2018年とトップチームに2種登録されると、2017年にリーグカップでトップチームデビュー。2018年にはJ2リーグでデビューを果たした。 正式昇格を果たした2019年には28試合に出場し3得点を記録。2020シーズンは40試合に出場し7得点を記録し、キャリアハイの数字を残していた。 本間はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもアルビレックス新潟で戦うことを決断いたしました。この決断に至るまで、たくさんの方々にご心配をおかけし、本当に申し訳ありませんでした」 「プロサッカー選手として、より高い目標を持ち、自分の力を試したいと常に考えています。その中で、今回オファーをいただいたこと、また、初めてオファーをいただいて悩んだことも正直に伝えます」 「別の環境に身を置くのか、それとも生まれ育った地元のクラブでもっと力をつけるべきなのか、長い時間をかけて自問自答しました。いろいろな想いが寄せては返すうちに、温かい声援を送り続けてくださる新潟サポーターの皆さんの存在を大きく感じていることに改めて気付きました」 「そして今、新潟の選手として、一瞬も気を緩めずに戦おうと決意しています。チームの目標達成のために自分が持っている力をすべて注ぎ、プレーで貢献します。これまで以上にサッカーと向き合って、成長していきます。今年こそJ1に行きましょう!」 2021.01.25 10:01 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山DF濱田水輝に第二子誕生 「家族のために頑張ります!」

ファジアーノ岡山は24日、DF濱田水輝(30)の第二子となる長男誕生を報告した。 濱田はクラブを通じて「1月12日に第二子となる長男が産まれました。頑張ってくれた家族に感謝しています。これから、より一層の自覚と責任を持ってチームのため、家族のために頑張ります!」とコメントした。 濱田は浦和レッズ、アルビレックス新潟、アビスパ福岡を経て、2018年から岡山でプレー。昨季は明治安田生命J2リーグ40試合の出場で1得点をマークした。 2021.01.24 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

町田MF平戸太貴が入籍 「妻と笑顔が絶えない家庭を」

FC町田ゼルビアは24日、MF平戸太貴(23)の入籍を報告した。 一般女性と入籍した平戸はクラブを通じて「この度、私事ではありますが先日入籍を致しました。より一層の覚悟と責任感を持ち、妻と笑顔が絶えない家庭を築いていきたいと思います。また初心を忘れずにサッカー選手としても1人の人間としても更に成長していけるように日々精進していきます。引き続き応援よろしくお願い致します」とコメントした。 平戸は2019年夏に鹿島アントラーズから古巣の町田に完全移籍で復帰。昨季は明治安田生命J2リーグ全42試合に出場して、9得点をマークした。 2021.01.24 10:45 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly