シティ、クリバリと個人間合意か

2020.09.01 14:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(29)とマンチェスター・シティが個人合意に至ったようだ。『フランス・フットボール』が報じている。移籍市場の目玉として近年は移籍の噂が絶えなかったクリバリ。多くのビッグクラブが獲得に乗り出したが、高額な移籍金が壁となり、なかなか実現には至らなかった。

今夏もマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンに加えてシティが熱視線。昨シーズンはフランス代表DFアイメリク・ラポルテの負傷離脱に加え、その他センターバックのパフォーマンスが安定せず、大幅に失点数を増やしてしまった。

『フランス・フットボール』によると、最近シティのテクニカル・ディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏がクリバリと交渉を行い、個人間合意に至った模様。給与も2倍に跳ね上がり、移籍には前向きと伝えられているが、ナポリ本陣を落とすにはなかなか骨が折れるようだ。

昨夏には8000万ユーロ(約100億円)の移籍金でも不十分で、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は1億ユーロ(約126億円)を要求したと言われている。イタリアメディアの情報では、シティは今回6500万ユーロ(約82億4000万円)を用意しているようだが、果たして納得させることは出来るのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリが指揮官へ新契約提示…ガットゥーゾ監督も前向きな姿勢を示す

ナポリがジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に契約延長を打診しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ガットゥーゾ監督は昨年12月に前任のカルロ・アンチェロッティ監督の解任に伴い就任。前々任のマウリツィオ・サッリ氏の攻撃パターンを踏襲しつつ、規律のある守備を確立させ、今季のセリエAでは没収試合となったユベントス戦を除く4試合で全勝している。 『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が契約更新の準備を進めており、現行2021年6月までの契約となっている指揮官に対し、年俸200万ユーロ(約2億4500万円)の4年契約を提示しているという。 ガットゥーゾ監督もまた、「ナポリに留まりたい」と公言しているが、契約条項を盛り込みたいラウレンティス会長との間で摩擦が生じている模様。イタリア人監督は「継続して仕事に取り組むためには自由でありたい」と、契約条項に反対しているようだ。 とはいえガットゥーゾ監督は「解決策が見つかると思う」と前向きに捉えており、交渉がまとまるのはそう遠くないことを予感させている。 2020.10.29 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

パンデフが体を張ったポストプレーで、ハムシクのゴールをお膳立て【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はジェノアのマケドニア代表FWゴラン・パンデフがナポリ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆パンデフが体を張ってハムシクをお膳立て<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEaUs0VEtVciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてインテルに引き抜かれたパンデフは、2004年夏に移籍したラツィオで頭角を現すと、2010年1月にインテルに復帰。その後、ナポリやガラタサライでプレーし、現在はジェノアでプレーしている。 ゴール前での強さだけでなくチャンスメイクもできるストライカーとして活躍するパンデフだが、ナポリ時代の2012年5月1日に行われた、セリエA第36節パレルモ戦では、見事なポストプレーで同僚のゴールをお膳立てしている。 1-0とナポリリードで迎えた35分、MFワルテル・ガルガノが前線のパンデフにパスを送る。これをゴールに背を向けてトラップしたパンデフは、相手DFからのプレスを体を張ってブロックしボールを収める。すると、パンデフがボールをキープしている間にMFマレク・ハムシクが2列目から裏へ走る。 パンデフは相手をいなしながらハムシクへ浮き球のパスを出すと、ボックス内でパスを受けたハムシクがこれをしっかりと決め、ナポリが追加点を奪った。試合はそのままナポリが2-0で勝利している。 2020.10.27 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリの新エース、オシムヘン「イタリアに来るのは怖かった」

ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが、元々イタリア移籍に懐疑的だったことを明かしている。 今夏にリールから8100万ユーロ(約100億2000万円)と言われる移籍金で加入したオシムヘン。セリエAではここまで1ゴール1アシストを記録しており、開幕5試合で4勝を挙げているナポリの好調を支えている。 ナポリ加入後にはすぐにファンクラブができるなど、デビュー前から大きな期待が寄せられていたオシムヘンだが、カナダ『TLN』のインタビューで、ある理由で移籍を悩んだことを明かしている。 「ナポリでの新しい生活は素晴らしいよ。ここに望んでいたものだ。たくさんの愛情があり、素晴らしいクラブに恵まれた。ここにいられて本当に嬉しいよ」 「僕がナポリの街に来ようと思った理由? 最初は人種差別が怖くて(移籍に)懐疑的だったんだ」 「でも、(アウレリオ・)デ・ラウレンティス会長やジュントーリ(スポーツ・ディレクター)、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が説得してくれて移籍を決断することができた。ファンの皆もたくさん愛情を示してくれたよ」 また、移籍のきっかけを作ってくれたガットゥーゾ監督については「僕は彼をサッカー選手として称賛し、人間として感謝している。彼となら選手としても人としても成長できると確信しているよ」と、最大限のリスペクトを示した。 2020.10.27 20:28 Tue
twitterfacebook
thumb

インシーニェ兄弟がゴール共演を語る、兄「僕の左足の方が優れている」、弟「初ゴールが兄との対戦で残念」

ナポリは25日、セリエA第5節でベネヴェントと対戦。兄弟対決が実現した。 対戦相手のベネヴェントには、弟のロベルト・インシーニェが在籍。互いに先発でピッチに立つと、30分に弟のロベルトが先制ゴールを記録した。 <div id="cws_ad">◆試合後に談笑するインシーニェ兄弟<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=czo2i6i75j4kz1rbfwi94rfo" async></script></div> 1-0で迎えた後半には、60分に兄のロレンツォが同点ゴールを記録。67分にはアンドレア・ペターニャがゴールを決めてナポリが勝利した。 試合後、ロレンツォ・インシーニェが試合を振り返り「素晴らしい試合であり、タフな試合だった」とコメント。勝利を喜んだ。 また、敵味方でありながら兄弟でのゴール共演を喜んだロレンツォ。弟の利き足である左足でのゴールを喜んだ。 「結果には満足している。そして、弟が良いパフォーマンスを見せていたので、彼を称賛したよ」 「僕は彼に君の利き足(左足)でゴールを決めたと言ったよ。僕の左足の方が優れているとね」 「今日は家族にとってエキサイティングな日だったので、僕たちもハグをした。僕はゴールに満足しているし、弟も祝福している」 一方で、ベネヴェントのロベルト・インシーニェもコメント。自身のセリエA初ゴールが兄と古巣ナポリ相手だったことが残念だと語った。 「とても嬉しいよ。でも、セリエA初ゴールが兄との対戦だったことは少し残念だ」 「兄と僕の街であるナポリと対戦するのは素晴らしい気分だ。でも、僕たちはみんなその結果に少し悲しんでいる」 現在はベネヴェントでプレーする弟のロベルトだが、兄と同じナポリのアカデミー出身。ファーストチームに昇格するも、ペルージャやレッジーナ、アヴェッリーノ、パルマなどへのレンタル移籍を繰り返し、ナポリでは2試合の出場に留まることに。昨シーズンからベネヴェントへ完全移籍していた。 2020.10.26 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェ兄弟がゴールで共演!兄ロレンツォのナポリが逆転勝利!《セリエA》

ナポリは25日、セリエA第5節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-1でナポリが逆転勝利した。 前節アタランタ戦を4発快勝として3勝1敗スタートとしたナポリは、3日前に行われたヨーロッパリーグのAZ戦を0-1と敗戦。その試合のスタメンから4選手を変更。インシーニェ、マノラス、マリオ・ルイ、バカヨコが先発となった。 兄ロレンツォと弟ロベルトのインシーニェ兄弟が共に先発となった一戦。2勝2敗スタートのベネヴェントに対し、ナポリは[4-2-3-1]を継続。最前線にオシムヘン、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 そのナポリがボールを持つ展開となると、17分に先制しかける。左サイドからのマリオ・ルイのクロスにオシムヘンがボレーで合わせてネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれた。 その後も自陣に引くベネヴェント相手に押し込む展開としたナポリだったが、30分に先制される。決められたのはインシーニェ兄弟の弟ロベルト。ボックス左ゴールライン際からラパドゥーラにクロスを入れられると、ゴールエリア左で受けたロベルトに左足でシュートを決められた。 追う展開となったナポリは44分にこの試合最初の決定機。右CKからマノラスの合わせたヘディングシュートがバーに直撃した。 低調な前半を1点のビハインドで終えたナポリは迎えた後半、開始1分にCKからロレンツォ・インシーニェが決定的なシュートを浴びせると、48分に追いつきかける。ファビアン・ルイスのパスを受けたロレンツォ・インシーニェがボックス左からシュートを決めたが、オフサイドがあってノーゴールに覆った。 攻勢を続けるナポリは、58分にメルテンスとロサーノに代えてペターニャとポリターノを投入。すると60分、兄インシーニェに正真正銘のゴールが生まれる。ショートコーナーの流れからボックス手前右でパスを受けた兄インシーニェが左足でゴール左上へ決めるビューティフルゴールを奪った。 兄弟対決でゴールの共演となった中、勢い付くナポリは67分に代わって入った2人の関係から逆転する。ボックス右へドリブルで侵入したポリターノが中へ折り返し、ペターニャが右足ダイレクトで蹴り込んだ。 2点をリードして以降はナポリが試合をコントロール。ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化していった。 そして2-1のままナポリが試合をクローズ。兄ロレンツォが弟ロベルトとの兄弟対決を制し、ナポリがリーグ戦2連勝としている。 2020.10.26 00:58 Mon
twitterfacebook