セインツ、キャリアハイの22ゴールで代表復帰のイングスに新契約をオファー

2020.08.31 18:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンがエースのイングランド代表FWダニー・イングス(28)の契約更新に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。イングスは2018年夏にリバプールからのレンタル移籍でアカデミー時代を過ごした古巣に復帰。加入1年目に24試合7ゴールの数字を残したことで、昨夏には2000万ポンド(約28億2000万円)の移籍金での完全移籍を勝ち取った。

迎えた2019-20シーズンはプレミアリーグ全38試合に出場し、キャリアハイの22ゴールをマーク。レスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに1点差及ばず、得点王獲得を逃したものの、チームのレベル、PKによるゴールがわずか1ゴールだったことを考えれば、より多くの称賛に値する活躍だった。

この活躍が認められ、先日にはUEFAネーションズリーグ2020-21に臨むイングランド代表に5年ぶりに選出され、今やセインツを代表するプレーヤーとなっている。

そのエースストライカーに関しては週給6万5000ポンド(約916万円)と言われる現行契約が2022年となっており、現時点では契約延長を急ぐタイミングではない。

しかし、今後国内外から獲得オファーが届く可能性があるため、クラブはエース流出阻止に向けて、条件面を改善した新たなオファーを掲示し、慰留に努める構えだ。
コメント
関連ニュース
thumb

サウサンプトンとの上位対決を制したレスターが暫定2位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節のレスター・シティvsサウサンプトンが16日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-0でレスターが勝利した。 リーグ戦4試合負けなしの4位レスター(勝ち点32)は、直近に行われたFAカップ3回戦のストーク・シティ戦からスタメンを2人変更。アジョセ・ペレスとプラートに代えてヴァーディとマディソンをスタメンで起用した。 一方、中12日と休養十分な7位のサウサンプトン(勝ち点29)は、前節のリバプール戦からスタメンを3人変更。イングス、ジェネホ、GKフォースターに代えてアダムス、スモールボーン、GKマッカーシーをスタメンで起用した。 一進一退の展開が続く中、レスターは19分にボックス右まで持ち上がったオルブライトンの折り返しをヴァーディがスルーすると、走り込んだバーンズがダイレクトシュート。しかし、これは好反応を見せたGKマッカーシーのセーブに阻まれた。 その後、中盤での攻防が長らく推移していく中で、レスターは37分に先制のチャンスを迎える。ティーレマンスのスルーパスでボックス右に抜け出したマディソンが縦に深く切り込みシュート。これがGKの逆を突き、ニアサイドに突き刺さった。 先制を許したサウサンプトンは41分、ウォード=プラウズのスルーパスでボックス左に抜け出したバートランドが左足で強烈なシュートを放ったが、これはGKシュマイケルが弾き出す。さらに1点のビハンドで後半開始早々の46分にも、カウンターからスモールボーンがチャンスを迎えたが、このシュートもGKシュマイケルのセーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、再びゴールに迫ったのはサウサンプトン。73分、バイタルエリア左でパスを受けたアームストロングがカットインから右足一閃。しかし、個のミドルシュートはクロスバーを直撃。 ピンチを凌いだレスターは84分、カウンターから左サイドを持ち上がったジャスティンのラストパスを受けたヴァーディに決定機が訪れたが、シュートはGKマッカーシーの好セーブに弾かれた。 追加点のチャンスを逃したレスターだったが、試合終了間際の95分に中盤でパスカットしたティーレマンスのパスからカウンターを仕掛けると、裏抜け出したバーンズがGKとの一対一を制した。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。上位対決を制したレスターがリーグ戦連勝で暫定2位に浮上した。 2021.01.17 07:11 Sun
twitterfacebook
thumb

セインツの主砲イングスが新型コロナ感染…リバプール戦後の検査で判明

サウサンプトンに所属するイングランド代表FWダニー・イングスの新型コロナウイルス感染が発覚した。クラブ公式サイトが伝えている。 イングスは4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第17節のリバプール戦に先発して、77分までプレー。開始2分にゴールを奪い、1-0の勝利に貢献した。 しかし、その試合後の検査で陽性判定を受け、10日間の自己隔離に。15日からチームに合流できる可能性があるが、次戦に間に合わなさそうだという。 ラルフ・ハッセンヒュッテル監督が16日に敵地で予定する第19節のレスター・シティ戦に向けた会見で、イングスの感染とともに、欠場の可能性を示唆した。 「リバプール戦後、1人の陽性反応者が出た。ダニー・イングスは10日間の自己隔離で離脱している」 「プロトコルに遵守すれば、リスクを最小限に抑え込める。我々はそれを守り続けている」 「ダニーが明日のトレーニングから復帰できるかは私にもわからないが、週末は欠場しそうだ」 リバプール時代に才能を燻らせたイングスだが、昨季のプレミアリーグで22得点を挙げ、改めて真価を発揮。今季はここまで13試合に出場して7ゴールを記録している。 2021.01.15 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「今、私は引退できる(笑)」王者リバプール撃破のサウサンプトン指揮官が歓喜爆発、選手たちを称賛

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が王者撃破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 サウサンプトンは4日、プレミアリーグ第17節でリバプールと対戦した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=k6qj5a4tkinm1qt000a79kq8j" async></script></div> 首位に立つリバプールを迎えたサウサンプトンだが、守護神であるGKアレックス・マッカーシーがPCR検査で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示し欠場する事態となっていた。 しかし、開始2分にFKの流れからMFジェームズ・ウォード=プラウズの浮き球のパスをFWダニー・イングすが技ありループシュートを決めて早々に先制。リバプールの出鼻をくじくと、その後は決死のディフェンスを見せて1-0で勝利を収めた。 首位相手に勝利を収めたはハッセンヒュッテル監督は、試合後にうずくまって喜び噛み締めるなどしていたが、試合後には冗談も交えながらチームのパフォーマンスをたたえた。 「自分のチームをどれほど誇りに思っているかは言葉では表せない。今日、我々が示したメンタリティは完璧だったと思う。若い選手たちが良い仕事をした。信じられないほどうまく守ることができた」 「他のチームよりメンタリティが高いかどうかはわからないが、我々はより求めていた。だから、全てを捧げた。これは私にとって、本当に素晴らしいことだった」 「我々は完璧な1日を過ごす必要があり、そして完璧な日になった。今、私は引退できる(笑)」 「勝ち点3は素晴らしいが、勝ち点だけでなく、より多くを感じている。リバプールに勝つことはとても難しいからだ。我々はまだ勇敢になり、サッカーをし、走らせようとした。とても大変だった」 「信じられないほどの激しい試合だった。みんなは試合が終わり、今は本当に疲れているだろう。しかし、こういった試合ではやらなければいけないことだ」 「これは我々がやらなければならないやり方だ。他に選択肢はない。チャンスを作れるし、この方法で立ち向かうのが好きだ。彼らは懸命に戦った。誇りに思うよ。間違いなく将来のための助けになるだろう」 2021.01.05 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

低調リバプール、サウサンプトンにシャットアウト負けで3戦勝ちなし《プレミアリーグ》

リバプールは4日、プレミアリーグ第17節でサウサンプトンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。リバプールのMF南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ニューカッスル戦を引き分けてここ2試合ドローの首位リバプール(勝ち点33)は、前日の試合でマンチェスター・シティがチェルシーに勝利したことで勝ち点で並ばれた中、ヘンダーソンをセンターバック起用とし、チェンバレンが今季初先発となった。 ここ4試合勝利がなく9位に後退したサウサンプトン(勝ち点26)に対し、リバプールは開始2分に失点する。FKの流れからボックス左のスペースを突いたイングスに左足ダイレクトでゴールへ流し込まれた。 イングスの恩返し弾で早々に失点したリバプールはサウサンプトンのハイプレスを受ける中、思うように攻撃をフィニッシュで終えられない。 41分にはジェネポの負傷によって投入されていたテラに際どいコントロールシュートを打たれるなど、ペースを握れないまま前半を終えた。 枠内シュート0で前半を終えたリバプールは迎えた後半、自陣に引いたサウサンプトンに対して押し込む時間を増やすも、やはり決定機を生み出すには至らない。 そこで57分にチェンバレンに代えてシャキリを投入したリバプールが引き続き敵陣でのプレーを続けたが、枠内シュートを打つことができない。 試合終了間際の追加タイム3分、ようやくCKからマネがゴールの可能性を感じさせるヘディングシュートを放ったものの、直後にタイムアップ。低調なまま90分を終え、3戦勝利なしとなった。 2021.01.05 06:58 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール戦迎えるサウサンプトン、正守護神が新型コロナ感染で欠場

リバプールと対戦するサウサンプトンが窮地に立たされてしまった。 サウサンプトンは4日、プレミアリーグ第17節でリバプールと対戦する。 前節は、ラルフ・ハッセンヒュッテル監督が濃厚接触者となったために12月29日のウェストハム戦で指揮を執れなかったが、今度は守護神を欠いてしまうようだ。 クラブの発表によると、試合に向けた新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査の結果、GKアレックス・マッカーシーが陽性反応を示し、すでに自宅で隔離中とのことだ。 ハッセンヒュッテル監督もこの事実を認め、欠場することを明かした。 「最後の検査の結果、アレックス・マッカーシーが陽性反応を示した。彼は月曜日の試合と、シュルーズベリーとの試合を欠場する。一定期間、隔離する必要がある」 「それ以外のケースは調査している。ケガに関しては何人か問題があるが、誰が出られるか確認する必要がある」 マッカーシーは、今シーズンのプレミアリーグでここまで全13試合に出場。チームも9位とまずまずの結果を残していた。 なお、リバプール戦は元イングランド代表GKフレイザー・フォースターが務めることになるとのこと。首位チーム相手に今シーズン初出場となる。 ハッセンヒュッテル監督も「フレイザーは良い選択肢だ。彼は本当に今プレーしたいと思っていて、チャンスを待っていた」とコメント。「彼は良い成長を遂げており、強い相手に対してシーズン初戦を迎えることは、GKにとって最悪なケースではないと思う。なぜなら、すぐに見せ場が来るからだ。彼がここにいて、我々がこの選択肢を持てていることを嬉しく思うよ」とコメント。フォースターの活躍に期待を寄せている。 2021.01.04 20:55 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly