浦和GK鈴木彩艶が契約更新 昨年2月にクラブ史最年少の16歳でプロ契約

2020.08.22 18:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは22日、U-20日本代表GK鈴木彩艶(18)との契約更新を発表した。鈴木は浦和ユースに所属した昨年2月1日、クラブ史上最年少の16歳5カ月11日でプロ契約を締結した。

18歳の誕生日だった前日21日に契約を更新したという鈴木はクラブ公式サイトで次のようにコメントした。

「今回、浦和レッズとの契約を結ぶことができました。ジュニアのころからお世話になっているクラブですし、とてもうれしく思っています。家族含め、いつも支えていただいている多くの方々に対して、感謝の気持ちでいっぱいです」

「シュートを止めること、そしてスローやキックからチャンスを作り出すことが自分の武器だと思っています。まずは、自分の憧れの場所である、埼玉スタジアムでプレーするために日々努力をしていきます。引き続き、応援をよろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京が埼スタで17年ぶり勝利! 浦和は今季2度目の連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第29節、浦和レッズvsFC東京が30日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-1でFC東京が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)との日程の兼ね合いでミッドウィーク開催となった一戦。互いに中3日ないし中2日という過密日程の中、直近の横浜FC戦で黒星を喫した浦和(勝ち点30)はスタメンを6人変更。対するFC東京(勝ち点38)は、完敗のサガン鳥栖戦から7人入れ替えた。 埼スタでは実に17年未勝利のFC東京。7月に行われた前回対戦では味の素スタジアムで16年ぶり勝利と、とことん相性が悪い浦和に立ち上がりからボールを保持して攻撃を試みるが、初シュートは浦和の武藤。7分にボックス手前左からゴール右上を狙ったコントロールショットを放つがクロスバーの上に外れた。 その後も効率よくゴールに迫る浦和は19分に武藤の縦パスに抜け出した興梠がボックス内からシュートを放つも、惜しくも枠の右に。27分には汰木がミドルシュートを狙うシーンも。 ここまでシュート0本に抑えられていたFC東京も34分に、2試合ぶり先発出場のレアンドロがボール奪取からボックス右に侵攻。フィニッシュまで運んだが、シュートはGK西川の足に当たって枠を逸れた。 それでも37分にアルトゥールの守備から敵陣でボールを奪うと、右への展開からボックス中央のレアンドロにシュートチャンス。これは上手くミート出来なかったが、拾った永井がボックス右から連続で放った2度目のシュートでネットを揺らした。 互いに前半アディショナルタイムに訪れた決定機を生かせず迎えた後半、リードするFC東京は田川を下げて内田を投入。その内田のドリブル突破やミドルシュートが飛び出すが、いずれもゴールにはつながらず。 一方、ゴールが遠い浦和は66分に長澤に代わってマルティノスがピッチへ。FC東京も直後にJ1通算200試合出場の三田を下げて原を起用。直後にレアンドロのスルーパスから訪れたチャンスシーンでは、DFに挟まれシュートまで運べなかった。 75分にマルティノスの右からのアーリークロスを興梠が頭で合わせゴールに迫った浦和は、汰木を下げてレオナルドを投入。制限時間が迫る85分には山中と杉本を同時投入し、前線の活性化を図る。 しかし、引いて守るFC東京の壁は高く、後半アディショナルタイムに杉本が放ったミドルシュートもGK林がしっかりセーブ。 結局、前半の永井のゴールが決勝点となり、FC東京が17年ぶりに埼スタで白星を挙げた。一方、敗れた浦和はシーズンダブルを喫し、今季リーグ戦では2度目の連敗となった。 浦和レッズ 0-1 FC東京 【FC東京】 永井謙佑(前37) 2020.09.30 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:浦和vsFC東京】前節は互いに完敗、浦和は2003年以来負けなしの埼スタで東京を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年9月30日(水) 19:30キックオフ 浦和レッズ(9位/30pt) vs FC東京(3位/38pt) [埼玉スタジアム2002] <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=9tge3zchlo2h16vin3d98muyo" async></script></div> ◆相性の良さを結果に繋げられるか【浦和レッズ】 前節はホームに横浜FCを迎えたものの、0-2で完敗。結果も内容も横浜FCに上回られた。 ポゼッションサッカーを展開する横浜FCだったが、浦和が逆にボールを持たされる展開に。今シーズン続く攻めあぐねる悪癖が出てしまいゴールを奪えないでいると、そのまま失点し敗れてしまった。 今シーズンは攻撃面が不安定で、チャンスを作っていてもゴールを決め切れない試合が多い。試合を通して何もできないということはないが、局面での勝負強さを欠いている印象だ。 さらに、今節は累積警告でMF関根貴大が不在。再度アタッカーを変えて臨むこととなるが、上位相手にどこまで粘り強く戦えるか見ものだ。 なお、FC東京相手には2003年以来、埼玉スタジアム2002では負けなし。相性の良さを結果に繋げられるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:長澤和輝、柴戸海、エヴェルトン、汰木康也 FW:興梠慎三、レオナルド 監督:大槻毅 出場停止:関根貴大 ◆攻撃の一角を欠く中でどう足掻くか【FC東京】 前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し、3-0で完敗。上位を争うセレッソ大阪に快勝して連勝を伸ばしたかった中での痛い敗戦となった。 DF森重真人が出場停止だったこともあり、最終ラインのメンバー変更も左右したが、特に攻撃陣の精度の低さが目立ち、効率よく得点を奪った鳥栖にペースを握られてしまった。 今節はここまでチーム最多タイの8得点を記録しているFWディエゴ・オリヴェイラが出場停止。攻撃の核を欠くことになるが、前節の敗戦を払拭できるかが見ものだ。 浦和相手には2003年以来埼玉スタジアム2002では勝利していない。苦しい状況で相性の悪い浦和だが、ここで勝つことで一気に盛り上がっていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、品田愛斗、安部柊斗 FW:田川亨介、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 出場停止:ディエゴ・オリヴェイラ 2020.09.30 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

松尾佑介が恩返し弾2発! 横浜FCが浦和を下し3試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節、浦和レッズvs横浜FCが26日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-2で横浜FCが勝利した。 8位の浦和(勝ち点30)は、前節は清水エスパルスと対戦。移籍後初ゴールを挙げた山中とエース興梠のゴールで退けたが、後半アディショナルタイムに余計な失点を喫してしまった。前節はスタメンを5人変更したが、今節も5人変更。柏木や関根、杉本が先発に名を連ねた。 対して14位の横浜FC(勝ち点17)は、前節の川崎フロンターレ戦はキング・カズのJ1歳年長出場記録更新が話題に。その他、中村俊輔や松井大輔が先発に顔を揃えるなど往年の名プレイヤーが同じピッチに集結する豪華な一戦となったが、僅かに及ばず3-2で敗れた。今節はスタメンを8人入れ替え、3試合ぶりの勝利を目指す。 まずは3分、浦和は槙野のロングパスから杉本がゴール前へ。巧みに腕を使って守備を牽制しシュートまで持ち込んだが、惜しくも右に外してしまった。 横浜FCも10分に華麗なパスワークからマギーニョがチャンスになりかけたが、山中の好守に阻まれる。それでもその直後にインターセプトから安永が右ポスト直撃の際どいシュートを放つと、16分に先制に成功する。 浦和がGKからビルドアップを試みる中、西川のパスを手塚が奪取。素早く前方の松尾に繋ぐと、松尾はボックス手前左から右足で見事なコントロールショットをゴール右下に流し込んだ。 浦和の下部組織出身の松尾の恩返し弾で先制した横浜FCはさらに、今季リーグ戦では初先発となったレアンドロ・ドミンゲスが魅せる。35分、左サイドからアウトサイドステップを使った巧みなスルーパスを前線に通すと、松尾が最終ラインを抜け出し、ボックス左から追加点。8月の湘南ベルマーレ戦以来の1試合2ゴールとなった。 2点差に広げられてしまった浦和は後半からエヴェルトンと岩波を下げて、汰木と宇賀神を投入してテコ入れを図る。だが、やや勢力を上げたものの大勢を変えられない。55分に山中のクロスを杉本が合わせたが、枠を捉えることができない。 60分に差し掛かる中で、浦和はさらに杉本を下げて興梠をピッチへ。横浜FCも皆川と殊勲のレアンドロ・ドミンゲスに代えて一美と斉藤光毅を投入する。すると一美は早速シュートを放つなど存在感を示す。 70分に浦和はレオナルドがループシュートでゴールに迫るが、惜しくも枠の上へ。直後にはレオナルドのパスに汰木が反応するも、横浜FCはマギーニョの好守備でピンチを未然に防ぐ。その横浜FCもカウンターから一美が決定機を迎えるも生かせず、試合はアウェイチームの2点リードのまま推移していく。 時間の経過につれて浦和が攻勢を強めるものの、最後まで完封され試合終了。アウェイで白星を上げた横浜FCが3試合ぶり勝利を収めた。 浦和レッズ 0-2 横浜FC 【横浜FC】 松尾佑介(前16) 松尾佑介(前35) 2020.09.26 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:浦和vs横浜FC】今季3度目の連勝目指す浦和、首位相手の善戦を自信に横浜FCが挑む

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 18:00キックオフ 浦和レッズ(8位/30pt) vs 横浜FC(14位/17pt) [埼玉スタジアム2002] ◆前節は勝利も最後に失点、無失点を目指す【浦和レッズ】 前節はアウェイで清水エスパルスと対戦し、1-2で勝利。連敗を免れることに成功した。前半に山中亮輔に移籍後初ゴールが生まれると、興梠慎三にもゴールが生まれ効率よくゴールを重ねた。 1-2で勝利したものの、後半アディショナルタイムに失点。最後の最後にクリーンシートを逃したことは、勝ってもどこか気が晴れない部分はある。 それでも過密日程の中、今季の連敗は1回のみ。不安定な戦いは続くものの、勝負どころではしっかりと結果を出すあたり、少しずつ積み上げもできていると言って良いだろう。 今節は中2日と特に厳しい日程。今季3度目の連勝に向けて気を引き締めて戦わなくてはいけない。クリーンシートを達成してから1カ月以上が経過。前節逃した無失点で試合を終えることも目指していきたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔 MF:柏木陽介、柴戸海、エヴェルトン、関根貴大 FW:杉本健勇、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆ターンオーバーで首位相手に善戦したことを自信に【横浜FC】 前節は激しい雨が降りしきる中、首位の川崎フロンターレを相手に3-2で敗戦。再び連敗となってしまった。 この試合では三浦知良が最年長出場記録を更新し、さらには中村俊輔、松井大輔と日本代表で活躍した選手の共演に注目が集まった中、ターンオーバーを敷いたチームでも首位相手に打ち合いに持っていき、苦しめた。あと一歩で勝ち点獲得は逃したものの、チームが積み上げた戦い方は、1-5で敗れた前回対戦と比べて成長していることが確認できたはずだ。 中2日という過密日程、首位との対戦の後ということで、フィジカル面もメンタル面も疲労困憊状態が予想されるが、ここで白星を掴めれば大きな自信となり、この先の浮上にも繋がるだろう。 ポゼッションを高める戦い方は浦和相手にも繋がるはず。あとは、前節のように効率よくゴールを奪えるか。フィニッシュワークにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:六反勇治 DF:瀬古樹、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎 MF:松浦拓弥、安永玲央、佐藤謙介、松尾佑介 FW:一美和成、皆川佑介 監督:下平隆宏 2020.09.26 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

試合巧者の浦和が“お得意様”清水を撃破! 山中の移籍後初弾に“キラー”興梠弾《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節の清水エスパルスvs浦和レッズが23日にIAIスタジアム日本平で行われ、アウェイの浦和が1-2で勝利した。 前節、湘南ベルマーレとの“裏天王山”に3-0で快勝し、連敗をストップするとともに、J1通算400勝を達成した16位の清水。連勝を狙う今節は先発を4人を変更。六平、中村、後藤、金子が外れ、立田、エウシーニョ、鈴木、河井が入った。 一方、前節首位の川崎フロンターレに0-3で完敗した8位の浦和は、2試合ぶりの勝利に向けて先発5人を変更。トーマス・デン、エヴェルトン、関根、柏木、杉本が外れ、橋岡、武藤、長澤、汰木、興梠がピッチに立った。 苦手とする浦和を相手に2013年以来の勝利を目指す清水は、立ち上がりからボールの主導権を握って上々の入りを見せる。サイドを起点に幾度か際どいクロスが入るが、中央を固めている浦和の守備を崩し切るまでには至らず。 一方、相手のボール回しに対してうまくプレスが嵌らず、なかなか攻撃に出られない浦和だが、セットプレーの流れからワンチャンスを生かし切って先制に成功する。 21分、右CKの場面でキッカーの武藤がアウトスウィングで入れたクロスがボックス手前左のスペースに流れると、山中が得意の左足を強振。強烈なシュートがGK大久保の手を弾いてクロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットを揺らした。 山中の移籍後初ゴールで先制に成功した浦和だが、その後は再び受けに回る時間が続く。30分にはボックス手前右でボールを受けたジュニオール・ドゥトラに強烈なシュートを枠の左隅に飛ばされるが、ここはGK西川が好守で凌いだ。 前半許した唯一のシュートをゴールに結び付けられるなど、この試合でも相性の悪さを露呈した清水は、後半立ち上がりも相手を押し込む。厚みのある攻めから鈴木唯らに決定機が訪れるが、最後のところで決め切れない。58分にはボックス手前右の河井からのダイレクトクロスに西澤が左足ダイレクトで合わせるが、GK西川の好守に阻まれる。 すると、直後の59分には浦和の高速カウンターが発動。自陣中央での長澤のボール奪取から前線でフリーのレオナルドに縦パスが通る。そのままボックス右に持ち込んだレオナルドはDFとGKをうまく引き付けてゴール左にフリーで走り込んだ興梠にプレゼントパス。これをここまで対清水12戦10発とする清水キラーの興梠が難なく流し込み、貴重な追加点とした。 これが相性の悪さか、浦和の効率の良さか、試合展開とは裏腹に浦和の2点リードとなった試合は、互いに積極的に交代カードを切り、ここからよりオープンな展開となる。78分には浦和の途中出場のマルティノス、杉本、武富の3人の絡みからボックス内で3点目のチャンスも、ここは武富のシュートがGKのセーブに遭う。 一方、リスクを冒して前に出る清水は、途中出場の2選手の絡みでようやくゴールをこじ開ける。91分、左サイドに流れた後藤からのクロスを中央でDF山中をブロックして前に入ったティーラシン・デーンダーが左足のボレーで流し込んだ。 これで勢いづいた清水は6分が与えられたアディショナルタイムで相手ゴールに迫っていくが、96分に再び後藤が入れたクロスのこぼれ球に反応したヘナト・アウグストの右足シュートはうまくミートし切らず、GK西川がきっちりキャッチした。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、山中の移籍後初となるリーグ戦ゴール、清水キラーの興梠が挙げたゴールを守り切った試合巧者の浦和が、2試合ぶりの白星を手にした。一方、善戦の清水はまたしても浦和に屈して今季初の連勝を逃した。 清水エスパルス 1-2 浦和レッズ 【清水】 ティーラシン・デーンダー(後46) 【浦和】 山中亮輔(前21) 興梠慎三(後14) 2020.09.23 21:43 Wed
twitterfacebook