CSKAモスクワの若きエース!ロシア期待のストライカー、フェドル・チャロフ【ライジング・スター】

2020.08.25 05:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルに移籍した日本代表MF久保建英など、10代の選手の活躍が目立っているサッカー界。この企画『Rising Stars』では、近いうちにサッカー界の主役を担うであろう、注目の若手選手たちを紹介していく。

今回はCSKAモスクワに所属するロシア代表FWフェドル・チャロフ(22)だ。

◆チャロフの若手らしからぬゴール前の落ち着きとゴールパターンの多さ


CSKAモスクワの下部組織出身のチャロフは2016-17シーズンのUEFAユースリーグでの活躍が認められ、2016年9月にファーストチームデビューを果たすと、そこからはとんとん拍子に活躍を続け、一気にトップチームのスターティングメンバーに名を連ねるようになった。

高い身体能力と得点感覚、さらに若手とは思えない冷静さで、ゴール前の機知に富んだプレーでアシストもこなす柔軟性を武器に活躍を続け、2018-19シーズンには弱冠20歳にしてチームのエースストライカーを託されると、ロシア・プレミアリーグで30試合15ゴール7アシストの数字を残し、自身初の得点王のタイトルを獲得した。

また、ロシアの世代別代表の常連だったチャロフは、惜しくも2018年のロシア・ワールドカップの最終メンバーからは落選したものの、2019年3月に行われたユーロ予選のベルギー代表戦でフル代表デビューも飾っている。

2019年にCSKAモスクワと2022年までの新契約を締結したチャロフは、これまで度々四大リーグのビッグクラブからの関心もあったものの、移籍は実現せず。22歳の今季も公式戦39試合に出場し9ゴール9アシストと十分な結果を残しているだけに、そろそろステップアップも視野に入れる段階に来ているかもしれない。

関連ニュース
thumb

マンチェスター経由バルセロナ行の可能性 ピケの後継者筆頭候補、エリック・ガルシア【ライジング・スター】

ビジャレアルに移籍した日本代表MF久保建英など、10代の選手の活躍が目立っているサッカー界。この企画『Rising Stars』では、近いうちにサッカー界の主役を担うであろう、注目の若手選手たちを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのU-21スペイン代表DFエリック・ガルシア(19)だ。 <div id="cws_ad">◆エリック・ガルシア、マンチェスター・シティでのキャリアハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1VTN0ZUFWTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 幼少期からバルセロナのマシアに在籍し、ビジャレアルの日本代表MF久保建英の同期でもあったガルシア。順調に成長を続け、スペイン代表DFジェラール・ピケの後継者と目されていた。 しかし、2017年に同選手の代理人を務める元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏が、バルセロナのトップチームでマシア産のセンターバックが主力に定着できていないことを不満に思ったこともあり、バルセロナ時代にチームメートと指導者として密な関係にあったジョゼップ・グアルディオラ監督に売込み。同選手の才能を評価するグアルディオラ監督も獲得にゴーサインを出し、シティへと引き抜かれた経緯がある。 183cmとピケほどの上背はないものの、バルセロナ育ちらしい足元の技術、戦術眼に長けたガルシアは、2019-20シーズンからはトップチームに定着すると、今シーズンの公式戦25試合に出場した。 シティのトップチームで飛躍を遂げたガルシアだったが、家族が住み自身が幼少期から育った古巣バルセロナへの帰還を強く望んでいると言われており、シティとの契約延長を固辞。今夏、あるいは契約が終了する2021年夏にクラブを去る可能性が高まっている。 マンチェスター・ユナイテッドを経由してバルセロナの絶対的な主力にのし上がった先輩ピケのように、ガルシアもマンチェスターからバルセロナへのキャリアを歩むのか。今夏の注目株の一人だ。 2020.08.29 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

16歳でトップチームデビュー 育成の名門リヨンの神童、ラヤン・チェルキ【ライジング・スター】

ビジャレアルに移籍した日本代表MF久保建英など、10代の選手の活躍が目立っているサッカー界。この企画『Rising Stars』では、近いうちにサッカー界の主役を担うであろう、注目の若手選手たちを紹介していく。 今回はリヨンのフランス人MFラヤン・チェルキ(17)だ。 <div id="cws_ad">◆神童チェルキの天才肌のドリブル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyZGlDQXVCWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルジェリア人両親の下、リヨンで生まれ育ったチェルキは2010年にヨーロッパ屈指と言われる育成の名門へ加入。FWカリム・ベンゼマやFWハテム・ベン・アルファ、MFフセム・アワールと北アフリカにルーツを持つ偉大な先達と同様に、卓越したボールスキル、創造性、パスセンスを武器に10代前半から注目を集める逸材アタッカーだ。 昨年10月に行われたリーグ・アンのディジョン戦でファーストチームデビューを飾ると、翌月にはグループステージのゼニト戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビューまで飾った。 極めつけは今年に入ってからのクープ・ドゥ・フランスでの鮮烈な活躍。3部のブール・ペロンナ戦で初ゴールを記録すると、リーグ・アン勢対決となったナント戦では2ゴール2アシストの衝撃的な活躍をみせ、一気に自身の名をヨーロッパ中に知らしめた。 8月17日に17歳を迎えたばかりながら、トップ下や両ウイングを主戦場に、早くもトップチームで公式戦13試合に出場している神童に関して、バルセロナやレアル・マドリー、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッドといった錚々たるビッグクラブが関心を示していると言われていた。 しかし、チェルキは生まれ育ったクラブとの新契約に合意し、2023年までの新契約にサイン。今後もしばらくはフランスでのプレーを継続するようだ。 2020.08.29 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラムジーの後継者に!中盤のオールラウンダー、ジョー・ウィロック【ライジング・スター】

ビジャレアルに移籍した日本代表MF久保建英など、10代の選手の活躍が目立っているサッカー界。この企画『Rising Stars』では、近いうちにサッカー界の主役を担うであろう、注目の若手選手たちを紹介していく。 今回はアーセナルのU-21イングランド代表MFジョー・ウィロック(21)だ。 <div id="cws_ad">◆ウィロックのアカデミー時代のプレー映像<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3Wjl1Z0tFWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2019-20シーズンに多くのアカデミー出身の選手が活躍を見せたアーセナル。その一人であるウィロックは開幕からスタメンに抜擢されるなど、シーズンを通して公式戦44試合に出場し5ゴール1アシストを記録。リーグ戦での先発出場は少なかったものの、準主力として活躍を見せた。 ウィロックは4歳の頃にアーセナルに加入。クリスとマティという兄2人と、3兄弟揃ってアカデミーに在籍していた。2人の兄はすでに他にクラブへと移籍したものの、アカデミーで順調に育ったウィロックは、2017年9月に行われたリーグカップのドンカスター・ローバーズ戦でトップチームデビューを果たす。 2017-18シーズンはヨーロッパリーグで4試合、プレミアリーグで2試合、リーグカップで3試合、FAカップで1試合に出場。2018-19シーズンはプレミアリーグで2試合、ヨーロッパリーグで3試合、FAカップで1試合に出場と、少ないながらもトップチームでの出番を得ていた。 そして、2019-20シーズンからファーストチームに正式登録されると、プレミアリーグの開幕戦で先発出場。ヨーロッパリーグ(EL)では全8試合に先発出場するなど、着実に出場機会を増やした。 ウィロックは中盤のオールラウンダーとしての特徴が強い。パスの精度も悪くなく、自分でドリブルで持ち上がることも可能だ。さらには、中盤からの攻め上がりから自らゴールを決める得点力を併せ持つ。アーセナルサポーターの間では、昨夏にユベントスへ移籍したウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後継者に推す声もある。また、マンチェスター・シティなどで活躍したコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレを彷彿とさせる部分もあるか。 いずれにせよ、ウィロックがアーセナルの中心となるにはゴールへの関与数をもう少し増やすことが大きな課題となってくる。コロナ禍で大きな補強は見込めない中、ウィロックら若手の活躍が新生アーセナルの復権の鍵を握る。 2020.08.28 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

エデルソンとの守護神争いに挑む MLSのGK史上最高額、ザック・ステッフェン【ライジング・スター】

ビジャレアルに移籍した日本代表MF久保建英など、10代の選手の活躍が目立っているサッカー界。この企画『Rising Stars』では、近いうちにサッカー界の主役を担うであろう、注目の若手選手たちを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのアメリカ代表GKザック・ステッフェン(25)だ。 <div id="cws_ad">◆シティ期待のGKザック・ステッフェン、MLS時代の好セーブ集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPbTB6RzZUMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年から2016年までドイツのフライブルクに在籍経験があるステッフェン。だが、トップチームデビューを果たすことはできず、2016年7月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロンバス・クルーへ完全移籍した。 その後、2017シーズンから同クラブの正GKに昇格したステッフェンは持ち味の身体能力を武器にブレイクを果たすと、2018シーズンにはMLSベストイレブンとMLS最優秀GKに選出された。 また、アメリカの世代別代表の常連だった同選手は2018年初めにフル代表デビュー。以降は代表の守護神を担っている。 2018年12月にはMLSのGK史上最高額の推定移籍金700万ポンド(約10億円)でマンチェスター・シティが電撃獲得。2019年夏の4年契約を結んだ。 2019-20シーズンはフォルトゥナ・デュッセルドルフへとレンタル移籍すると、第17節まで守護神として全試合にフル出場。その後は2度のヒザのケガで後半戦を棒に振ったが、一時はデータ分析サイト『who scored .com』のセーブ数で欧州5大リーグトップに立つなど、その実力は欧州でも通用することを示した。 シティは、控えGKを務めたチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの退団が発表されており、ステッフェンはブラジル代表GKエデルソンとのポジション争いに挑むことが予想される。 2020.08.28 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブから引く手数多!リヨンの司令塔、フセム・アワール【ライジング・スター】

ビジャレアルに移籍した日本代表MF久保建英など、10代の選手の活躍が目立っているサッカー界。この企画『Rising Stars』では、近いうちにサッカー界の主役を担うであろう、注目の若手選手たちを紹介していく。 今回はリヨンのU-21フランス代表MFフセム・アワール(22)だ。 <div id="cws_ad">◆リヨンの心臓、アワールの好プレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwOVBlNTAxWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今夏の移籍市場でビッグクラブの注目株となっているアワール。選手から退団の希望はないようだが、リヨンが2020-21シーズンの欧州カップ戦の出場権を逃したことによる経済的損害の影響もあり、マンチェスター・シティをはじめ、ユベントスやアーセナル、さらにはパリ・サンジェルマンなど国内外から人気を博している。 リヨン生まれのアワールは、2009年にリヨンの下部組織へと入団。2017年2月にヨーロッパリーグ(EL)のAZ戦でトップチームデビューを飾ると、そのシーズンはリーグ・アン3試合、EL2試合に出場した。 セントラルMFを主戦場とし、足元の高い技術力と長短の正確なパスを武器に、2017-18シーズンから定位置を奪取すると、いきなり公式戦44試合に出場し7ゴール6アシストを記録。チームになくてはならない存在となった。 それからも2018-19シーズンは公式戦47試合7ゴール11アシスト、2019-20シーズンは公式戦41試合9ゴール10アシストと、大きなケガもなく、リヨンの絶対的なゲームメーカーとして中盤に君臨している。 また、アワールがビッグクラブの関心を寄せる要因の一つとして、大舞台での勝負強さが挙げられる。2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦やユベントス戦など、ビッグマッチでの存在感が際立っており、ユベントス戦では2試合連続でアシストを記録し、イタリアの絶対王者をラウンド16敗退に追いやった。 中盤での展開力や試合を読む力をみると、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督やアーセナルのミケル・アルテタ監督の好みか。いずれにせよ、アワールのステップアップは近づいている。 2020.08.27 13:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly