ナポリ、新加入ペターニャのコロナ感染を報告

2020.08.20 22:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは20日、イタリア代表FWアンドレア・ペターニャが、新型コロナウイルスに感染したことを報告した。

クラブによると、同選手の兄弟の感染を受けて検査をおこなったところ、ペターニャにも陽性反応が検出されたとのこと。症状はなく、直ちに隔離措置を取ったと伝えられている。

ペターニャは1月にSPALから移籍金1650万ユーロ(約20億円)で加入。今季はレンタルという形で残り、セリエA36試合に出場。12ゴールの成績を残した。

関連ニュース
thumb

「三笘かクヴァラかと思う」「こんなかにいるのエグい」海外大手メディアが三笘薫含む4選手を今季最ブレイク選手にリストアップ

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、今季ブレイクした選手としてピックアップされている。 29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール相手に衝撃のゴールを決めて世界を震撼させた三笘。センセーショナルな活躍を披露する25歳は、大手メディア『433』の目にも留まった。 同ツイッターは30日に「今季最も印象的なブレイクを果たしたのは?」と4人の選手をピックアップ。そのうちの1人が三笘だ。 「こんなかにいるのエグいな」との声が上がる顔ぶれはナポリの新星、ジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリアや、バルセロナで着々と出番を増やすスペイン代表DFアレハンドロ・バルデに、カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーの1人、マンチェスター・シティのFWフリアン・アルバレスだ。 この投稿にはマインツに所属する水多海斗も反応し、「Mitoma」と宣言。もちろん各選手を推す声は上がっているが、海外のサッカーファンからも「1月の三笘」、「三笘かクヴァラ(クワラツヘリアの愛称)かと思うが、どっちも印象的だから選ぶのは難しい」、「アルバレスはW杯で優勝したが、ミトマも好印象を与えた」など、三笘への支持も多数寄せられている。 イングランドでも結果を残し続ける三笘。勢いは、まだまだ衰えそうにない。 <span class="paragraph-title">【写真】『433』が「今季最も印象的なブレイクを果たしたのは?」と問うた4人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Which breakthrough talent impressed you most this season? <a href="https://t.co/m8niMUazxp">pic.twitter.com/m8niMUazxp</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1619738180214743043?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.31 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「似すぎだろ」「全然違う」三笘薫のスーパーゴールと酷似!?わずか4時間半後に生まれたセリエA得点王のゴールが注目集める

スーパーゴールを決めたブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫だが、三笘以外にもスーパーゴールを決めた選手がいるようだ。 29日、FAカップ4回戦でブライトンはリバプールとホームで対戦。三笘はこの試合でも左ウイングで先発出場を果たした。 1-1で迎えた後半アディショナルタイムには、ブライトンがボックス手前右でFKをもらうと、ペルビス・エストゥピニャンの折り返しにファーサイドで待っていた三笘。巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせると、そこからシュートフェイクでジョー・ゴメスをかわし、ボールを浮かせたまま右足アウトを使ったシュートを放つと、これがゴールネットに突き刺さした。 三笘自身も「自分でも信じられない」と語るワールドクラスのゴールだったが、セリエAでも同じようなゴールが決まっていた。 決めたのはナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン。セリエA首位を走るナポリのエースで、得点ランキングでもトップに立つ男だ。 三笘の試合と同じ29日に行われたセリエA第20節のローマ戦に先発したオシムヘンは17分、ボックス内左に持ち込んだクヴィチャ・クワラツヘリアのクロスを、ファーサイドで胸トラップ。腿を使ったボールコントロールから強烈な右足のボレーシュートを叩き込んだ。 リバプール戦の三笘のように、ファーサイドで受けながら、ボールを地面に落とすことなく決めたボレーシュート。三笘のアウトサイドを駆使した点や空中でのシュートフェイントはオシムヘンのゴールにはないものだが、ボールを受けた位置やゴール上に突き刺さるボレーシュートという類似点のあるゴールだった。 2人のゴールには、ファンも「似すぎだろ」、「いや全然違うだろ」、「三笘の方が難易度高い」、「同じようなゴール決めてて笑う」と驚きや議論。どちらも素晴らしいゴールだった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のスーパーゴールと同日に生まれたオシムヘンのゴール(35秒~)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="crpiAfijz64";var video_start = 35;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「ドログバと同じレベル」 モウリーニョ監督は絶好調オシムヘンを評価も「ダイブはやめるべき」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンに忠告した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2020年夏にナポリへ加入して以来、負傷や新型コロナウイルス感染に悩まされながらもストライカーとして活躍してきたオシムヘン。3シーズン目を迎えた今季はセリエAの16試合で14ゴール4アシストの成績を収め、得点ランキングトップに立つ活躍を見せている。 29日に行われたセリエA第20節のローマ戦でも、圧巻の個人技から先制弾を決めてチームを勝利に導き、首位クラブのエースとして存在感を示した。 しかし、そんな絶好調のオシムヘンに対して、モウリーニョ監督は忠告があるようだ。直接対決が終わった後の記者会見で、指揮官はオシムヘンをかつての教え子であり、共に数多くの栄冠を手にした元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏となぞらえて評価。一方で、将来的にプレミアリーグでプレーするなら、ダイブ癖を直す必要があると指摘した。 「ビクターはドログバと同じレベルにあると私は思っている。ただし、ディディエはああしたダイブはしなかった」 「これからビクターが変わるのであれば、何も問題はないさ。私が大金のあるクラブで指揮していたなら、彼の獲得に動くだろうね。ただ、もし彼がいつかイングランドに行く気であるなら、変わる必要があるだろう。なぜなら、イタリアの人々は彼のダイブに対して寛容な姿勢を見せているが、プレミアリーグでは容赦なく厳しい非難を浴びるだろう」 「私は彼に対して、『素晴らしいゴールを決めるのだから、ダイビングはやめなければならない』と言ったよ。今日も、彼のゴールは素晴らしかった。今シーズン初めに対峙したときも同じようなプレーを見せられたし、素晴らしい選手なのは間違いない。だが、ダイブはやめるべきだ」 2023.01.30 16:33 Mon
twitterfacebook
thumb

首位に善戦も新年初黒星…モウリーニョ監督は「十分勝利に値する試合だった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、敗北を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは敵地で29日に行われたセリエA第20節で、ナポリと対戦した。年明けから無敗と好調を維持するチームは立ち上がりから強度の高い攻防を繰り広げると、徐々に首位相手に主導権を握ったが、17分にFWビクター・オシムヘンに圧巻の個人技を見せつけられ失点。後半も押し込む形を作ると75分にFWステファン・エル・シャーラウィのゴールで同点としたが、終盤に再びリードを許し1-2で敗れた。 デルビー・デル・ソーレに敗北して新年初黒星を喫したモウリーニョ監督は、試合後に内容に見合わない結果だったと強調。今日のようなパフォーマンスを引き続き示していきたいと意気込んだ。 「最初の1分から最高のパフォーマンスを見せられていた。オシムヘンにゴールを許して15分くらいは、失点のショックを受けていたように思う。だが、その後は常に主導権を握り、良いプレーができただろう。高い位置からプレスをかけ、ボールを奪い返し、よく守っていた」 「敗戦でも自信がつく試合はある。これは矛盾しているようだが、今回の試合後の感想はそれだ。我々がナポリにもっとも汗をかかせ、怖がらせたチームなのは間違いないだろう。いつもここは素晴らしい雰囲気のスタジアムだが、今日はまるで人がいないかのようだった」 「結果は明らかにネガティブだが、今日は前よりも自信を持ってここを去れる。そしてそれ以上に、交代で入った3人が昨シーズンはプリマヴェーラのピッチでプレーしていた若者だったこと、今日ここに来て彼らのしっかりとしたプレーを見られたことは、非常に嬉しく誇りだ」 「フットボールは時に不公平であり、勝つべきチームが負けることもある。今日の試合は十分勝利に値するものだっただろう。だから、結果にはがっかりだが、選手にはこう言ったんだ。『負けたときに笑ってはいられないだろう。悲しんでくれ。だが、今夜のような精神が必要なのだ。水曜日のクレモネーゼ戦では、オリンピコでみんなに会える』とね」 2023.01.30 12:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがローマ下して首位キープ、指揮官「引き分けに甘んじないことが重要だった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が勝利を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 29日に行われたセリエA第20節でローマをホームに迎えたナポリ。立ち上がりから強度の高い攻防を続いた中、17分にナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが強烈な右足のボレーシュートを叩き込んで先制に成功する。しかし、試合を折り返してからは相手のチャンスが増え、75分には相手FWステファン・エル・シャーラウィのゴールを許して失点。一瞬の隙を突かれて追いつかれたが、86分にアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネが見事な反転シュートを決めて勝ち越しに成功し、2-1で勝利を収めた。 今季2度目のデルビー・デル・ソーレで白星を挙げ、2位以下に13ポイント差を付けた首位ナポリ。スパレッティ監督は試合後、この勝利の重要性を強調した。 「用具係からベンチの最後の一人までが勝利への意志を示せば、こういった試合でも勝てる」 「今日は決して引き分けに甘んじないことが重要だった。チームは激しい戦いを繰り広げた」 また、見事なタッチから先制ゴールとなるボレーシュートを決めたオシムヘンを称賛。様々な局面において能力を発揮できるその万能性を高く評価した。 「オシムヘンのゴールには彼のクオリティ、テクニック、パーソナリティのすべてが詰まっている。彼は2人の相手DFのタイミングを外し、ゴールを決め切った」 「彼はカウンターで持ち味を出したり、相手にチェイスしたりと、試合における選手の枠をすべてを埋めてしまうような選手だ」 2023.01.30 11:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly