ボルシアMGがインテルからラザロをレンタル!

2020.08.20 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは20日、インテルからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。ザルツブルクの下部組織出身のラザロは昨夏にインテルに加入するも、熾烈なレギュラー争いに敗れ、冬の移籍市場でニューカッスルに移籍。公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。

2017年夏から2年間ヘルタ・ベルリンでプレーしていたラザロにとって1年ぶりのドイツ復帰。ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エバール氏は「彼は用途に富んだプレイヤーであり、チームに強さと厚みをもたらしてくれるだろう」と評価している。

なお、ドイツ『キッカー』によれば、レンタル料は推定120万ユーロ(約1億5000万円)で、1500万ユーロ(約18億8000万円)の買い取りオプションが付随するようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーとユナイテッドが来夏にザカリア獲得へ? バイエルンと競合か

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが、ボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(23)の獲得を狙っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 同選手は2017年夏に母国の名門ヤング・ボーイズから加入。ここまで公式戦96試合に出場しているが、今年3月にヒザを負傷し、現在まで復帰できない状況が続いている。 スイス代表でも主力を務める23歳のセントラルMFに、プレミアリーグのビッグクラブが関心。チェルシーは今夏に6人の新戦力を迎えたが、フランス代表MFエンゴロ・カンテと、イタリア代表MFジョルジーニョが君臨するボランチの位置は手付かずとなっている。一方のユナイテッドは、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得。また、ブラジル代表MFフレッジやスコットランド代表MFスコット・マクトミネイも在籍しているが、上位互換として注目しているようだ。 また『ビルト』によると、ザカリアにはバイエルンも関心を示しているようで、現在は3クラブによる睨み合いとなっている模様だ。2022年まで契約を残す同選手の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約61億7000万円)は必要になると見込まれている。 2020.10.22 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

“サッカー界の二世タレント”もサン・シーロを顔パスできず…グーグルがボルシアMGテュラムを救う?

先日開幕し、早くも数々の名勝負が生まれているチャンピオンズリーグ(CL)だが、その中で21日に行われたインテルvsボルシアMGの前にも"迷”勝負が起きていたようだ。 5シーズンぶりのCL参戦となるボルシアMGがインテルの本拠地サン・シーロに乗り込んだ一戦。フランス人FWマルクス・テュラムは、試合前会見に出席するために、他の選手たちよりも一足先に会場を訪れていた。 一人サン・シーロに到着し、中に入ろうとするテュラム。しかし、ここで警備員に呼び止められてしまう。その時おそらく「ボルシアMGのマルクス・テュラムだ」とでも名乗ったのだろうか。だが、コロナ対策としてマスクをしていた同選手は警備員に信じてもらえず、マスクを取って顔を見せるも通過許可が下りなかった。 仕方なくテュラムはiPhoneを取り出し、グーグルで自分の名前を検索。そこでようやく警備員の中で顔と名前が一致したようだ。 思いがけず本番を前に一戦交えることになってしまったが、これまでソショーやギャンガンでプレーし、昨夏にボルシアMGに加入した23歳はこれがCL初出場。世界的に有名な選手だった元フランス代表DFリリアン・テュラムを父に持っていても、世間の知名度はまだまだということなのかもしれない。 なお、試合では先発出場した同選手のPK奪取の活躍などで、強豪インテルを相手に2-2のドロー。イタリアのサッカーファンの印象に少なからずインパクトを与えたはずだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gladbach&#39;s French attacker Marcus Thuram had to pull out Google to prove to officials that he should be allowed into the San Siro today ahead of the Champions&#39; League game vs Inter Milan. <a href="https://t.co/bgGcP3VSe0">pic.twitter.com/bgGcP3VSe0</a></p>&mdash; Get French Football News (@GFFN) <a href="https://twitter.com/GFFN/status/1319041709934845952?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.22 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク2発もインテル、ホームでボルシアMGにドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB開幕節、インテルvsボルシアMGが21日に行われ、2-2で引き分けた。 直前の試合でレアル・マドリーがシャフタールに2-3で敗れる波乱が起こったグループB。 グループ突破を懸けた直接対決と言える初戦となった中、インテルは4日前に行われたミラノ・ダービーを惜敗し、セリエAでは2勝1分け1敗となった。そのインテルはコロナ陽性者が続出している中、新たに試合当日ハキミが陽性となって欠場となり、新戦力のダルミアンがスタメンとなった。 対するボルシアMGは5季ぶりのCL出場となる中、ブンデスリーガでは1勝2分け1敗スタート。テュラムやプレア、ノイハウスらが先発となった。 ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルは、トップ下にエリクセン、中盤センターにビダルとバレッラを据え、右にダルミアン、左にペリシッチと並べた。 2トップにプレアとエンボロ、右にJ・ホフマン、左にテュラムと据えるフラットな[4-4-2]で臨んだボルシアMGが高い位置からプレスをかけたことで、インテルは思うように2トップにボールを入れられない状況を強いられた。 なかなかシュートに持ち込めず苦戦が続いていた中、前半終盤の41分に最初の決定機。ボックス右でサンチェスのパスを受けたルカクが右足でシュートに持ち込んだが枠の右に外れ、互角の攻防で推移した前半はゴールレスで終えた。 迎えた後半、サンチェスに代えてL・マルティネスを投入したインテルは、開始4分に先制する。L・マルティネスのヘディングシュートは枠を外れるも、ルーズボールを右サイドゴールライン際のダンブロージオが折り返し、ダルミアンがシュート。最後はこぼれ球をルカクが押し込んだ。 先制後はインテルが流れを引き寄せていたが、ボルシアMGが60分にPKを獲得する。テュラムがボックス左で仕掛けたところでビダルに倒され、このPKをベンセバイニが決めた。 追いつかれたインテルが押し込む時間が続く中、82分にダルミアンの右クロスからL・マルティネスがボレーで合わせたシュートは右ポストに直撃。 すると85分、ボルシアMGが逆転に成功する。ノイハウスの絶妙なロングスルーパスに抜け出したJ・ホフマンがボックス右に侵入してGKとの一対一を制した。 ホームで負けられないインテルは89分、ダルミアンのヘディングシュートでゴールに迫るも、GKソンマーのファインセーブに阻まれてしまう。それでも直後の右CKから同点とする。ニアサイドのバストーニがクロスボールをヘッドで逸らし、ファーサイドのルカクが押し込んだ。 しかし勝ち越しゴールを奪うには至らず、インテルは敗戦こそ避けられたもののホームで引き分けに終わっている。 インテル 2-2 ボルシアMG 【インテル】 ルカク(後4) ルカク(後45) 【ボルシアMG】 ベンセバイニ(後18)【PK】 J・ホフマン(後40) 2020.10.22 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延するインテル、ハキミが陽性でボルシアMG戦欠場…

インテルは21日、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミが新型コロナウイルスの検査結果で陽性反応を示したことを発表した。 インテルは同日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB開幕節でボルシアMG戦を戦うが、ハキミを欠くことになった。 ハキミは今後10日間自己隔離され、陰性が確認されればチームに合流することができる。インテルではDFアレッサンドロ・バストーニとMFラジャ・ナインゴランが既に陰性となってチームに合流した一方、DFアシュリー・ヤング、DFミラン・シュクリニアル、MFロベルト・ガリアルディーニ、GKヨヌーツ・ラドゥは未だに陽性で隔離状態が続いている。 2020.10.22 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

衝撃の50ヤード弾!ドイツ代表期待の星が決めた超ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボルシアMGのドイツ人MFフロリアン・ノイハウス(23)が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ノイハウスが決めた衝撃の50ヤード弾!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEUlc4dzhlQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツ3部1860ミュンヘンでプロキャリアをスタートさせたノイハウスは2017年夏にボルシアMGに加入。デュッセルドルフでのレンタルを経て、ファーストチームに定着している。 期待の若手MFとしてここまで公式戦75試合10ゴール14アシストを記録しているノイハウスだが、2020年1月25日に行われたブンデスリーガ第19節のマインツ戦では、衝撃のロングシュートを決めている。 マインツに先制されながらも2-1とボルシアMGが逆転に成功して迎えた88分、ロングボールがマインツ陣内に放たれる。これをマインツGKがボックスから飛び出し、ヘディングでクリアする。 しかし、このボールをセンターサークル付近にいたノイハウスが拾うと、華麗なターンで相手をかわし、その位置から右足で直接ゴールを狙う。正確にゴールに向かって放たれたロングシュートは、懸命にゴールに戻るGKの頭上を越え、ゴールネットに吸い込まれた。 これで相手を突き放す3点目を奪ったボルシアMGが3-1で勝利している。 2020.10.05 20:30 Mon
twitterfacebook