横浜FM新加入の杉本竜士、横浜FCにレンタル 「全身全霊で頑張る」

2020.08.10 10:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜FCは10日、横浜F・マリノスに所属するMF杉本竜士(27)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。契約期間中は横浜FMとの全公式戦出場不可となる。杉本は東京ヴェルディ、FC町田ゼルビア、名古屋グランパスを渡り歩き、2018年途中から徳島ヴォルティスでプレー。昨季の明治安田生命J2リーグで33試合4得点の数字を収め、今季から横浜FM入りしたが、ここまで出場機会がなかった。

本日から横浜FCに合流する杉本は移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆横浜FC
「横浜F・マリノスから移籍してきました杉本竜士です。横浜FCの力になれるよう、全身全霊で頑張るのでよろしくお願いします!!」

◆横浜F・マリノス
「F・マリノスの力になれず悔しい気持ちもありますが、このクラブで得た経験を生かしてチャレンジしてきます。F・マリノスの健闘を祈っています。ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

松尾佑介が恩返し弾2発! 横浜FCが浦和を下し3試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節、浦和レッズvs横浜FCが26日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-2で横浜FCが勝利した。 8位の浦和(勝ち点30)は、前節は清水エスパルスと対戦。移籍後初ゴールを挙げた山中とエース興梠のゴールで退けたが、後半アディショナルタイムに余計な失点を喫してしまった。前節はスタメンを5人変更したが、今節も5人変更。柏木や関根、杉本が先発に名を連ねた。 対して14位の横浜FC(勝ち点17)は、前節の川崎フロンターレ戦はキング・カズのJ1歳年長出場記録更新が話題に。その他、中村俊輔や松井大輔が先発に顔を揃えるなど往年の名プレイヤーが同じピッチに集結する豪華な一戦となったが、僅かに及ばず3-2で敗れた。今節はスタメンを8人入れ替え、3試合ぶりの勝利を目指す。 まずは3分、浦和は槙野のロングパスから杉本がゴール前へ。巧みに腕を使って守備を牽制しシュートまで持ち込んだが、惜しくも右に外してしまった。 横浜FCも10分に華麗なパスワークからマギーニョがチャンスになりかけたが、山中の好守に阻まれる。それでもその直後にインターセプトから安永が右ポスト直撃の際どいシュートを放つと、16分に先制に成功する。 浦和がGKからビルドアップを試みる中、西川のパスを手塚が奪取。素早く前方の松尾に繋ぐと、松尾はボックス手前左から右足で見事なコントロールショットをゴール右下に流し込んだ。 浦和の下部組織出身の松尾の恩返し弾で先制した横浜FCはさらに、今季リーグ戦では初先発となったレアンドロ・ドミンゲスが魅せる。35分、左サイドからアウトサイドステップを使った巧みなスルーパスを前線に通すと、松尾が最終ラインを抜け出し、ボックス左から追加点。8月の湘南ベルマーレ戦以来の1試合2ゴールとなった。 2点差に広げられてしまった浦和は後半からエヴェルトンと岩波を下げて、汰木と宇賀神を投入してテコ入れを図る。だが、やや勢力を上げたものの大勢を変えられない。55分に山中のクロスを杉本が合わせたが、枠を捉えることができない。 60分に差し掛かる中で、浦和はさらに杉本を下げて興梠をピッチへ。横浜FCも皆川と殊勲のレアンドロ・ドミンゲスに代えて一美と斉藤光毅を投入する。すると一美は早速シュートを放つなど存在感を示す。 70分に浦和はレオナルドがループシュートでゴールに迫るが、惜しくも枠の上へ。直後にはレオナルドのパスに汰木が反応するも、横浜FCはマギーニョの好守備でピンチを未然に防ぐ。その横浜FCもカウンターから一美が決定機を迎えるも生かせず、試合はアウェイチームの2点リードのまま推移していく。 時間の経過につれて浦和が攻勢を強めるものの、最後まで完封され試合終了。アウェイで白星を上げた横浜FCが3試合ぶり勝利を収めた。 浦和レッズ 0-2 横浜FC 【横浜FC】 松尾佑介(前16) 松尾佑介(前35) 2020.09.26 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:浦和vs横浜FC】今季3度目の連勝目指す浦和、首位相手の善戦を自信に横浜FCが挑む

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 18:00キックオフ 浦和レッズ(8位/30pt) vs 横浜FC(14位/17pt) [埼玉スタジアム2002] ◆前節は勝利も最後に失点、無失点を目指す【浦和レッズ】 前節はアウェイで清水エスパルスと対戦し、1-2で勝利。連敗を免れることに成功した。前半に山中亮輔に移籍後初ゴールが生まれると、興梠慎三にもゴールが生まれ効率よくゴールを重ねた。 1-2で勝利したものの、後半アディショナルタイムに失点。最後の最後にクリーンシートを逃したことは、勝ってもどこか気が晴れない部分はある。 それでも過密日程の中、今季の連敗は1回のみ。不安定な戦いは続くものの、勝負どころではしっかりと結果を出すあたり、少しずつ積み上げもできていると言って良いだろう。 今節は中2日と特に厳しい日程。今季3度目の連勝に向けて気を引き締めて戦わなくてはいけない。クリーンシートを達成してから1カ月以上が経過。前節逃した無失点で試合を終えることも目指していきたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔 MF:柏木陽介、柴戸海、エヴェルトン、関根貴大 FW:杉本健勇、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆ターンオーバーで首位相手に善戦したことを自信に【横浜FC】 前節は激しい雨が降りしきる中、首位の川崎フロンターレを相手に3-2で敗戦。再び連敗となってしまった。 この試合では三浦知良が最年長出場記録を更新し、さらには中村俊輔、松井大輔と日本代表で活躍した選手の共演に注目が集まった中、ターンオーバーを敷いたチームでも首位相手に打ち合いに持っていき、苦しめた。あと一歩で勝ち点獲得は逃したものの、チームが積み上げた戦い方は、1-5で敗れた前回対戦と比べて成長していることが確認できたはずだ。 中2日という過密日程、首位との対戦の後ということで、フィジカル面もメンタル面も疲労困憊状態が予想されるが、ここで白星を掴めれば大きな自信となり、この先の浮上にも繋がるだろう。 ポゼッションを高める戦い方は浦和相手にも繋がるはず。あとは、前節のように効率よくゴールを奪えるか。フィニッシュワークにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:六反勇治 DF:瀬古樹、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎 MF:松浦拓弥、安永玲央、佐藤謙介、松尾佑介 FW:一美和成、皆川佑介 監督:下平隆宏 2020.09.26 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

世界も注目した53歳キング・カズのJ1最年長出場、31年前のブラジル・コリチーバ時代のゴール映像が発掘

横浜FCの元日本代表FW三浦知良は23日、明治安田生命J1リーグ第18節の川崎フロンターレ戦に先発出場。これまでの記録を大幅に更新する「53歳6カ月28日」でのJ1最年長出場を果たした。 実に13年ぶりとなるJ1の舞台にスタメンで立ったキング・カズだが、この偉業は国内だけでなく多くの海外メディアもこの報じている。そんな中、1つの動画が話題となっている。 その動画とは、イギリス『Dugout』が公開している、カズが1989年にプレーしたコリチーバでのプレー集動画だ。 <div id="cws_ad">◆今から31年前、コリチーバ時代のカズのプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6dmY0SERPaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1982年に弱冠15歳にして単身でブラジルに渡ったカズは、1986年に名門サントスとプロ契約。その後、複数クラブを経て1989年にコリチーバに加入すると、パラナ州選手権優勝に貢献し、その活躍を買われ1990年にサントスへと再加入している。 動画では、今から31年前、当時22歳のカズが、シザースを駆使した持ち前のテクニックや高速ドリブルからのゴールなど、コリチーバの地で見せた活躍がまとめられている。 コリチーバの現地ファンとしては忘れられない存在となっているカズだが、ブラジルのジャーナリストであるグドリアン・ニューフェルト氏も、カズがJ1出場記録を更新したことを示す『FIFA』のツイートを引用しながら、「彼が1980年代後半にCoritibaでプレーするのを見た。1980年代後半だ!」と驚きを露わにしている。 1980年代、90年代、2000年代、10年代、そして2020年代と5つの年代において1部リーグプレーしたこととなったカズ。その偉業がどれほどのものかは海外にも伝わっているようだ。 2020.09.24 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

53歳6カ月28日でJ1最年長出場記録を更新したカズに村井チェアマン「世界が注目しています」

Jリーグの村井満チェアマンが、J1最年長出場記録を樹立した横浜FCのFW三浦知良にコメントした。 23日、明治安田生命J1リーグ第18節が行われた。首位の川崎フロンターレと横浜FCの一戦では、カズが先発メンバーに名を連ね、今シーズンのJ1で初出場。これで、2007年12月1日の浦和レッズ戦以来、4680日ぶりにJ1の舞台でのプレーとなった。 先発したカズは、激しい雨が降りしきる中、キャプテンマークを巻き精力的にピッチ上でプレー。MF中村俊輔、MF松井大輔と日本代表で活躍したベテランとともにチームを牽引した。 試合ではシュートこそなかったものの、56分にFW斉藤光毅と交代するまでプレー。ピッチを去る際には、制限試合で川崎Fのサポーターしかいない中、大きな拍手が送られていた。 村井チェアマンは、53歳6カ月28日での出場となったカズへコメント。偉大な記録を誇りに思うとした。 「カズさん、J1最年長出場記録の更新、誠におめでとうございます」 「日々プロサッカー選手としての体づくりに正面から向き合われた、まさに努力の賜物なのだと思います」 「53歳6カ月と28日。間違いなく日本サッカーの歴史に残る偉大な記録は、現役で戦う全ての選手、そして未来のサッカー選手を目指す子供たちにとって、これからの挑戦の先にある大きな光になるのでしょう」 「常に挑戦し続けるその姿勢を、世界が注目しています。そしてカズさんの存在は私たちの誇りでもあります。今後の更なる活躍を期待しています」 2020.09.23 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

旗手怜央が2ゴールの川崎Fが6連勝で勝ち点50到達! 横浜FCは53歳カズが4680日ぶりJ1出場も一歩及ばず《J1》

23日、明治安田生命J1リーグ第18節の川崎フロンターレvs横浜FCが等々力陸上競技場で行われ、3-2で川崎Fが勝利を収めた。 前節は浦和レッズ相手に0-3で快勝した川崎Fは、スタメンを5人変更。谷口彰悟、脇坂泰斗、大島僚太、家長昭博、小林悠が外れ、山村和也、田中碧、中村憲剛、旗手怜央、レアンドロ・ダミアンを起用。6連勝を目指す。 対する横浜FCは、前節は大分トリニータに1-0で敗戦。この試合では、53歳の三浦知良が先発に名を連ね、2007年12月1日の浦和レッズ戦以来となるJ1の舞台に復帰。さらに、中村俊輔、松井大輔と日本代表を経験したベテランもピッチに立つなど、スタメンを7名変更した。 川崎Fは15分に決定機。中村俊から齋藤がボールを奪うと、こぼれ球を拾った中村憲のパスを受けた旗手がボックス右からダイレクトでグラウンダークロス。これにレアンドロ・ダミアンが飛び込むが、シュートは決まらない。 22分、左CKからのクロスが浮き球に。ボックス内で高く上がったボールを田中が拾うと冷静にDFをかわしてシュート。これが右サイドネットに決まり、川崎Fが先制する。 40分には川崎Fがカウンター。ボックス内左から中村が浮き球のクロスを送ると、ファーでレアンドロ・ダミアンがヘッドも、枠に飛ばせない。 川崎Fの1点リードで迎えた後半。川崎Fはハーフタイムにレアンドロ・ダミアン、中村憲に代えて、小林悠、三笘を投入。すると後半開始21秒、前線からプレスをかけると、守田が奪ったボールを小林に送り、ダイレクトで落としたボールを旗手が蹴り込み、川崎Fがリードを2点に広げる。 2点ビハインドとなった横浜FCだったが47分にCKからゴールを決める。中村俊が高いクロスを送ると、飛び込んだ小林友が背中で押し込み、横浜FCが1点差に詰め寄る。 53分には川崎Fがチャンス。左CKから田中がクロス。これに飛び込んだジェジエウがヘッドで競り勝つも、シュートは右ポストを叩いてしまう。 56分には三浦が斉藤光毅と交代。4680日ぶりのJ1の舞台は56分で終わり、川崎Fのファンしかいないスタジアムでは偉大なるレジェンドに大きな拍手が送られた。 横浜FCは66分にビッグチャンス。川崎Fのビルドアップを奪うと、レアンドロ・ドミンゲスのスルーパスに抜け出た瀬沼がシュート。これをGKチョン・ソンリョンが左手でセーブ。クロスバーを叩いたボールを斉藤がシュートも、守田がスライディングでブロックし得点を許さない。 すると、ピンチの後にはチャンス。67分、スルーパスに対して小林友との駆け引きに勝った旗手が独走。GKとの一対一を冷静に決め、この試合2点目を奪いリードを再び2点とする。 リードを広げられた横浜FCだが74分に1点を返す。敵陣でボールを奪うと、レアンドロ・ドミンゲスの横パスを後方から走り込んだ佐藤謙介が右足一閃。アウトにかかったシュートが右隅に決まり、1点差に迫る。 さらに75分には敵陣でボールを奪うと、レアンドロ・ドミンゲスが振り向き様に強烈ミドル。これはGKチョン・ソンリョンがしっかりとセーブする。 79分には川崎Fがチャンス。ボックス中央でこぼれ球を拾った小林悠が反転シュート。これが良いコースに飛ぶも、GK六反がセーブする。 その後は横浜FCがレアンドロ・ダミアンを中心に川崎Fゴールに迫るも、川崎Fの守備陣が奮闘。そのまま逃げ切り5連勝を達成。勝ち点を50に乗せた。 川崎フロンターレ 3-2 横浜FC 【川崎F】 田中碧(前22) 旗手怜央(後1、後22) 【横浜FC】 小林友希(後3) 佐藤謙介(後29) 2020.09.23 21:02 Wed
twitterfacebook