ウォルバーハンプトンがFFP違反も、来季CL出場時は選手登録制限でUEFAと和解合意

2020.08.08 22:33 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンが、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に違反していたことが発覚。しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)とは和解合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。オリンピアコスは、7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で1-0と勝利。2戦合計2-1とし、セビージャが待つ準々決勝に駒を進めた。

ウォルバーハンプトンは、48年間の間でヨーロッパの大会でベスト8に残ったのは初だが、このまま優勝すれば、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが可能となる。

しかし、ウォルバーハンプトンは2020年までの会計年度で最大3000万ユーロ(約37億5000万円)の赤字を計上したとのこと。これが過大な支出とし、FFP違反となった。

ただし、UEFAはウォルバーハンプトンと2020-21シーズンのCLに出場した場合に使用する選手のAリストを25名から23名に減らすことで和解合意したとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リーズ中盤の要MFフィリップスが約6週間の離脱…ウルブス戦で肩を負傷

リーズ・ユナイテッドは20日、イングランド代表MFカルヴァン・フィリップスが肩の負傷で約6週間の離脱になることを発表した。 フィリップスは、19日に行われたプレミアリーグ第5節のウォルバーハンプトン戦にフル出場したが、試合中に肩を負傷していた。 リーズによれば、フィリップスは手術の必要はないとのことだが、約6週間程度の離脱になると明かしている。 地元リーズ出身でクラブの生え抜きであるフィリップスは、卓越した身体能力とスタミナ、球際の強さを生かして中盤のフィルター役、シンプルなボール捌きで最終ラインと中盤の繋ぎ役という、難しい2役をこなす、ビエルサスタイルを支える中盤の要。 そして、鬼才の薫陶を受けて、大きくスケールアップしたフィリップスは、8月末に発表されたイングランド代表に初選出されると、9月に行われたUEFAネーションズリーグで代表デビューを飾り、これまで4試合に出場していた。 2020.10.21 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ウルブス主将コーディ、古巣リバプール復帰を笑顔で否定「ここでプレーすることを愛している」

ウォルバーハンプトンで主将を務めるイングランド代表DFコナー・コーディ(27)が、リバプール復帰の噂を否定した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リバプールのユースチーム出身であり、かつては「スティーブン・ジェラードの後継者」としてクラブから高い期待をかけられていたコーディ。2014年夏にリバプールを退団してからも同クラブのファンであり続けており、リバプールOBのキャラガー氏らとも良好な関係を築いている。 リバプールは、17日に開催されたマージーサイド・ダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。手術を受けることが決定しており、この先クラブが苦境に立たされているのは間違いない。 キャラガー氏はこうした状況を踏まえ、「ユルゲン・クロップ監督はファン・ダイクの穴埋めとしてコーディに注目している」とコメントしていた。 そのコーディは、19日に行われたプレミアリーグ第5節リーズ・ユナイテッド戦にフル出場すると、集中した守りを見せ1-0の勝利に貢献。試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演すると、ジェイミー・キャラガー氏が語ったリバプール移籍の噂を笑い飛ばした。 「(キャラガー氏に対して)僕にそんなことを言うなんて信じられないよ。いや、少しも(移籍するつもりは)ないよ」 「僕がどんな人間か知っていると思うけど、ウォルバーハンプトンでプレーすることを愛している。今日はリーズ相手に素晴らしい試合をして勝つことができた」 コーディはイングランド代表でも存在感を高めており、8日に開催されたウェールズとの国際親善試合では、代表初ゴールを記録。インタビューのなかで代表についても触れており、自分をここまで成長させてくれたクラブへの感謝を語っている。 「イングランド代表での経験は全てが素晴らしかった。それもクラブが僕に大きな信頼を寄せてくれたからこそだ。代表として過ごした2つのキャンプはアメイジングだったよ」 9月30日に、ウォルバーハンプトンとの間で5年間の契約延長にサインしたコーディ。キャラガー氏の望みとは裏腹に、今後も忠誠を誓ったクラブでの活躍が見られそうだ。 2020.10.20 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブスがリーズにシャットアウト勝利で2連勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、リーズ・ユナイテッドvsウォルバーハンプトンが19日に行われ、0-1でウルブスが勝利した。 2勝1分け1敗スタートのリーズと、2勝2敗スタートのウルブスの一戦。 リーズはロドリゴやフィリップス、エウデル・コスタら主力が先発となり、ウルブスは代表帰りのアダマ・トラオレやネヴェスがベンチスタートとなった中、ヒメネスやモウティーニョ、ペドロ・ネトらが先発となった。 [3-4-3]で引き気味に構えるウルブスに対し、ロドリゴとバンフォードの2トップとする[4-4-2]で臨んだリーズが立ち上がりからハイプレスをかけて主導権を握りにかかる。 右サイドのエウデル・コスタのドリブルとトップ下のクリッヒのパスワークでアクセントを付けるリーズが流れを引き寄せる中、9本のシュートを浴びせたものの、40分のCKからロドリゴが放った枠内シュートはGKにセーブされ、前半のうちにゴールを割ることはできなかった。 迎えた後半、53分にサイスがネットを揺らしたウルブスだったが、その前にポデンセのポジションがオフサイドでVARの末ノーゴールに覆った。 前半とは打って変わって押し込む時間を増やすウルブスは、65分にアダマ・トラオレを投入。すると70分に均衡を破る。ロングボールをヒメネスが収め、右サイドからカットイン。ペナルティアーク中央から右足で放ったシュートが相手DFの頭に当たってコースが変わり、ネットを揺らした。 追う展開となったリーズはDFを削ってパブロ・エルナンデスを投入。80分にはそのパブロ・エルナンデスがシュートに持ち込むも、わずかに枠の上に外れる。 終盤、ネヴェスを投入して試合を締めにかかったウルブスはそのまま1-0でシャットアウト勝利。2連勝とし、今季3勝目を挙げている。 2020.10.20 05:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブス、ビッグクラブが注目のトラオレと契約延長へ 昇給含む4年契約か

ウォルバーハンプトンが、スペイン代表FWアダマ・トラオレ(24)の契約更新の準備を進めているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2018年夏に当時のクラブ記録となる2200万ポンド(約30億1000万円)でミドルズブラから加入したトラオレ。屈強な体躯と爆発的なスピード、そして見た目からは想像つかないドリブルテクニックで昨シーズンに頭角を現すと、一躍ビッグクラブの関心の的になった。 今月7日にはスペイン代表デビューも果たし、まさに評価はうなぎ上り。今やその市場価値は4000万ユーロ(約50億円)はくだらない。 今夏の移籍市場ではリバプールや古巣のバルセロナ行きが噂されたトラオレに、ウルブスは契約更新を準備。現行契約は2023年まで残っているものの、早めの対処でビッグクラブをけん制する狙いがあるようだ。 伝えられる契約内容は週給10万ポンド(約1370万円)の4年契約。クラブ内ではGKルイ・パトリシオやMFジョアン・モウティーニョ、FWラウール・ヒメネスに匹敵する金額だ。 ヌーノ・エスピリト・サント監督は以前、「トレーニング中の彼を見ると、本当に幸せそうなのがわかる」とコメント。トラオレ本人もバルセロナ移籍の噂について「僕の頭にあるのは毎日のハードワークのみ」と、移籍に関心がないことを強調しており、両者の間で確固たる信頼関係が築かれているようだ。 2020.10.19 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表の注目株アダマ・トラオレがバルサ復帰について言及「合うかどうかは僕の決断ではない」

ウォルバーハンプトンに所属するスペイン代表FWのアダマ・トラオレ(24)がバルセロナ復帰について言及した。スペイン代表の公式インタビューで語った。 マリ人の両親の下、バルセロナで生まれ育ったトラオレはラ・マシアでのプレーを経て2013年にバルセロナでトップチームデビュー。その後、アストン・ビラ、ミドルズブラを経て2018年からウォルバーハンプトンに在籍している。 <div id="cws_ad">◆ファティとトラオレのリフティングショー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCd0VjSXlwTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナ時代から爆発的なスピードとドリブルテクニックに長けたサイドアタッカーとして高い評価を得ていたトラオレだが、フィジカル面でも図抜けたサイドアタッカーとして、より進化を遂げ、7日に行われた国際親善試合のポルトガル代表戦ではスペイン代表デビューも飾った。 そんなトラオレは、10日に行われるUEFAネーションズリーグ第3節のスイス代表戦に向けた会見で、バルセロナ復帰の可能性について言及している。 「バルセロナに合うかどうかは僕の決断ではない。僕が考えているのは、より良くなるために毎日ハードワークすることだ」 また、スペイン代表での合宿中にバルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(17)と懇意にしていたことについては次のように語っている。 「僕たちはすべてのことについて話すよ。僕はバルセロナに何年もいたから、一般的なことについてとかね。彼もそうだよ」 「僕たちはアカデミーで出会い、チームとの関係やバルセロナでの出来事について話した。僕たちはお互いを良く知っている」 2020.10.10 22:30 Sat
twitterfacebook