横浜FMと柏の熱戦は痛み分け! オルンガ5試合連発弾も逃げ切れず《J1》

2020.08.08 22:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが8日に日産スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。ベガルタ仙台との前節、今季アウェイ戦初白星を飾った横浜FMはマルコス・ジュニオールがスタメンに復帰。負傷離脱が続いたエリキも名を連ねたが、チアゴ・マルチンスと松本山雅FCから期限付き加入した前田はメンバー外となった。

対する柏は得点ランキングトップのオルンガを筆頭に爆発的な攻撃力を存分に発揮してリーグ4連勝中。前節の名古屋グランパス戦からメンバー変更なく、2017年5月以来の5連勝を狙った。

試合は開始から攻守の入れ替わりが激しく、非常にオープンな展開となり、フラットな[4-4-2]で臨んだ柏は江坂が1.5列目に顔を出しながらゲームをコントロール。それに対してアンカーの喜田がケアしていく。

すると、26分、その喜田がフィールド中央で瀬川からボールを奪って攻撃の起点に。マルコス・ジュニオールが左サイドから浮き球パスを供給すると、天野が折り返してエリキがネットを揺らす。しかし、天野のポジションがオフサイドの判定となった。

ハイラインを敷いてコンパクトに守る横浜FMが押し込み、多くのセットプレーを獲得したが、先制することはできず試合を折り返した。

柏は後半の頭から戸嶋を投入。支配率を高めて攻勢を強めると、大南が自陣から蹴ったラフなロングフィードの処理を松原がクリアミスした62分に先制する。相手のミスを見逃さなかったオルンガが敵陣左サイドからボックス中央に持ち込み、そのまま右足シュートでゴール右に突き刺した。

しかし、追いかける横浜FMが78分に同点に。途中出場のオナイウ阿道がボックス右付近から天野へパスを出し、中央でリターンを受ける。トラップから素早い流れでシュートまで持っていき、同点弾をマークした。

追いつかれた柏は前年王者相手から勝ち越しを目指したが、このままタイムアップ。1-1のドローに終わった。

横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル
【横浜FM】
オナイウ阿道(後33)
【柏】
オルンガ(後17)
コメント
関連ニュース
thumb

清水がついにJ1通算400勝を達成! 3発ねじ込み湘南に完封勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節の湘南ベルマーレvs清水エスパルスが19日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、3-0でアウェイの清水が勝利した。 前節のガンバ大阪戦で9試合ぶりの勝利を手にした湘南は最下位を脱出。今節に向けてGK富居、大岩に代えてGK谷、古林を起用して今季初の連勝を狙う。 対する最下位に転落した清水は16日にAFCチャンピオンズリーグとの日程の兼ね合いで前倒しとなった第24節の横浜F・マリノス戦(0-3で敗北)を消化したため中2日で臨む。鈴木、立田、奥井、河井、ティーラシン・デーンダーに代えて六平、西澤、金子、ジュニオール・ドゥトラ、カルリーニョス・ジュニオとメンバーを5名変更し、敵地で泥沼からの脱出を目指す。 勝ち点9で並ぶ両者の一戦。立ち上がりは湘南が押し込んだが、ジュニオール・ドゥトラのポストプレーを活かして徐々に清水が盛り返す。すると22分、中村のフリックから抜け出したジュニオール・ドゥトラがネットを揺らしたが、ファールの判定で無効に。続く28分には、左サイド深くからのカルリーニョス・ジュニオのクロスにジュニオール・ドゥトラが飛び込むもシュートはゴール右へ逸れた。 32分には湘南にチャンス。古林のスルーパスに抜け出した石原直樹のシュートがニアサイドを突くも、惜しくも枠から外れた。 ゴールレスで迎えた後半の入りはスローペースだったが、54分に清水が試合を動かす。縦パスを受けた後藤が右サイド深くからクロス。これをゴール前に走り込んだカルリーニョス・ジュニオが右足で押し込んで先制点をもたらした。 追い掛ける湘南は大型FWの指宿を投入しボールを集める。すると73分にその指宿が身体を張ったポストプレーを見せると、これを拾った石原広教がクロスからチャンスメイク。ファーサイドに走り込んだ齊藤が合わせるも上手くミートできず枠を捉えられなかった。 徐々に勝利が見えてきた清水は86分、ジュニオール・ドゥトラがボックス中央手前からゴール右隅を打ち抜き今季初ゴールで引き離しに成功。さらに、後半アディショナルタイム5分にジュニオール・ドゥトラのシュートが左ポストに弾かれるも、詰めた西澤が押し込んでダメ押し。 結局、3-0でアウェイの清水が勝利し、クラブワーストタイ記録となっていた連敗を「7」でストップするとともに、J1通算400勝を達成した。 湘南ベルマーレ 0-3 清水エスパルス 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(後9) ジュニオール・ドゥトラ(後41) 西澤健太(後45+5) 2020.09.19 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

両者再三の決定機生かせず…柏vs広島は1-1の痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節、柏レイソルvsサンフレッチェ広島が19日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節の柏はオルンガに16点目が生まれたものの、サガン鳥栖相手に逆転負け。連勝が「2」でストップした。対する広島は、川崎フロンターレに5-1で大敗。連勝ストップ以上に精神的ダメージが残る一戦となった。 互いに前節から中5日での試合となる一戦。開始2分、左サイドから攻める柏レイソルは右に流れたクロスをもう一度入れ直すとオルンガが右足ボレーで合わせる。ゴール右下を捉えていたが、大迫に代わってゴールを守るGK林がビッグセーブ。簡単にはゴールを割らせない。 徐々に相手の攻撃に慣れてきた広島は9分、柏好文が浅野とのワンツーで左サイドを崩し、深い位置からマイナスのクロスを供給。これを古賀に競り勝ったドウグラス・ヴィエイラが頭で押し込み先制に成功した。 幸先の良い立ち上がりとなった広島だが、やはり試合は柏レイソルのペースとなる。その中で20分に柏は敵陣中央でボールを持った江坂が斜めに走る呉屋にパス。ボックス左に入った呉屋は素早く中に折り返すと、オルンガが飛び込むもわずかに触れられず、決定機を逃してしまった。 一方、広島は守勢を強いられる中でも最小限の攻撃でチャンスを作る。36分、再び左サイドを突破した柏が先制点と似た形で中に折り返す。合わせたのは今度は浅野だったが、フリーで放ったダイレクトシュートは大きく枠を外した。 少ない決定機を生かせなかった広島に、柏の牙は徐々に鋭くなっていく。41分、後方からアバウトに前に供給したボールにオルンガが反応。広島は飛び出したGK林とオルンガに競り負けた佐々木が衝突。フリーとなったオルンガが流し込みにかかったが、戻った荒木に寸前でクリアされてしまう。 なかなかゴールが遠い柏だったが前半アディショナルタイム、左サイドの江坂から守備ラインの裏に斜めにパスを出すと、浮き玉を巧みなトラップで処理した北爪に決定機。最後はコンパクトに右足を振り抜きシュートを突き刺した。 北爪のJ1初ゴールで振り出しに戻した柏が後半もペースを握る。54分、江坂のスルーパスを受けた呉屋が左からドリブル突破。ボックス左まで進攻しフィニッシュに持ち込んだが、柏好文にゴール前でクリアされた。 畳み掛けるホームチームは同点ゴールの北爪やオルンガ、江坂が次々とゴールに迫る。60分の北爪のミドルシュートは浅野に頭でコースを変えられ、65分のオルンガのシュートは上手くミート出来ずに枠の外へ。そしてボックス内での巧みなボールコントロールを見せた江坂のシュートは、右ポストを掠める結果に。 この間にレアンドロ・ペレイラやハイネル、東を投入した広島は猛攻を凌ぐ中で迎えた78分、カウンターから左の東に展開しクロスボールを供給。レアンドロ・ペレイラが打点の高いヘディングシュートを放つが、地面に叩きつけたシュートはGKキム・スンギュにはじき出された。 どちらに転んでもおかしくない展開。85分には柏の右CKの場面で、呉屋のヘディングシュートがクロスバーを直撃。広島にも2度のビッグチャンスが訪れるが、自滅してしまう。 柏は94分に最後の決定機を迎えるが、戸嶋のシュートはGK林がブロック。そのこぼれ球をオルンガが押し込みにかかったが、野上が体を張って死守。結局、試合は1-1の痛み分けとなった。 柏レイソル 1-1 サンフレッチェ広島 【柏】 北爪健吾(前47) 【広島】 ドウグラス・ヴィエイラ(前9) 2020.09.19 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島がC大阪との好調対決制す! ファン・アラーノ&エヴェラウド弾で4年ぶり6連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節のセレッソ大阪vs鹿島アントラーズがヤンマースタジアム長居で行われ、2-1でアウェイの鹿島が勝利した。 6連勝中の2位C大阪は1-0で勝利したヴィッセル神戸戦からスタメンを5人変更し、坂元や清武など主力が復帰したほか、左サイドバックには片山をチョイス。一方、5連勝中の鹿島は1-0で勝利した前節の清水エスパルス戦から2名入れ替え、永戸と関川が2試合ぶりに先発に名を連ねた。 好調同士の両者が相まみえた一戦。サイドから攻撃を仕掛けるC大阪に対して、鹿島は中央で細かいパスを繋ぎ、相手ゴールに迫る展開となる。 その中で先に決定機を迎えたのは鹿島。32分、土居からのパスをボックス中央で受けた和泉が粘りながら左足でシュートを放つ。DF片山にゴールライン上でクリアされたが、詰めていたファン・アラーノに当たってゴールイン。先制に成功した。 C大阪もすぐさま反撃。右サイドで松田からのパスを受けた奥埜がダイレクトで前方へ。飛び出した坂元がボックス右からグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前でフリーのブルーノ・メンデスが左足インサイドで合わせて、失点から4分後に同点とする。 追いつかれて試合を折り返した鹿島だったが、後半立ち上がりの46分に勝ち越す。ボックス手前でルーズボールを拾った和泉が対峙したDFと入れ替わり左足シュート。GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールをエヴェラウドが押し込んだ。 C大阪は後方でボールを回して攻撃の糸口を探すも、前線から連係した守備を構築する鹿島の前に効果的な縦パスを供給することはできず。それでも、70分に敵陣右サイド深くで坂元が獲得したFKからチャンス。清武のクロスをボックス中央のマテイ・ヨニッチが打点の高いヘディングシュートを放ったが、GK沖のファインセーブに遭ってしまう。 その後、鹿島が時間を上手く使いながら試合は推移。レオ・シルバに決定機を作られたC大阪は、後半アディショナルタイム2分に左サイド深くから丸橋が供給したクロスから木本がヘディングシュートを放つも、クロスバーに嫌われてしまい同点に追いつくことはできない。 そのまま試合は1-2で終了。試合巧者ぶりを見せつけた鹿島が4年ぶりの6連勝を達成した。一方、C大阪はクラブタイ記録の7連勝を逃している。 セレッソ大阪 1-2 鹿島アントラーズ 【C大阪】 ブルーノ・メンデス(前36) 【鹿島】 ファン・アラーノ(前32) エヴェラウド(後1) 2020.09.19 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

金崎が2つのPKを決めて逆転! 名古屋が神戸破り2試合ぶりの白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節の1試合が19日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋グランパスがヴィッセル神戸を2-1で下した。 ここ3試合で7失点を記録する守備の乱れもあり、9月の戦いで1勝2敗と黒星先行の4位名古屋と、ここ6試合で白星から遠ざかる11位神戸の一戦。1週間ぶりの今節に向け、前節の先発から3枚を変更した名古屋は負傷欠場が続いた前田が3試合ぶりの復帰。一方、中2日の神戸は2選手をメンバーチェンジ。チーム2位5得点のドウグラスが6試合ぶりに先発復帰を果たした。 入りから神戸がボールの主導権を握りにかかるなか、金崎が相手のハイラインを抜ける場面を作り出すなど、ゴールの向かう姿勢を押し出した名古屋。後ろから丁寧にボールを繋ぎ、組織を崩そうとしてくる神戸に対して、名古屋も鋭いカウンターで攻撃に怖さを出していく。 しかし、神戸が技ありゴールでリードする。15分、自陣右サイドの西が相手最終ラインの背後にロングボールを供給すると、山口が絶妙な飛び出しで反応。ボックス右でやや前がかる相手GKのポジションニングを見逃さず、右足のループシュートを流し込み、神戸が先取する。 リードを許した名古屋はパスワークで相手守備網を崩しにかかった25分、ボックス中央に侵攻したマテウスが右足でフィニッシュ。続く33分にもボックス右の前田にシュートチャンスが巡ってくるが、ゴール左を狙い澄ました左足のフィニッシュもGK前川の牙城を崩すに至らない。 それでも、40分にバイタルエリア右からマテウスが左足シュートを放つと、ボックス内でブロックに入った大崎の腕に当たり、神戸がPKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げた金崎が相手GKの逆を取る右足シュートをゴール右に決め切り、前半のうちに追いついてみせる。 すると、その名古屋は後半の頭から攻撃のギアを上げ、55分にボックス右深くでセルジ・サンペールをドリブルで抜き去りにかかった前田がファウルを受けて、この試合2つ目となるPKのチャンス。金崎が相手GKに反応されながら再びゴール右に沈め、名古屋が逆転に成功した。 志向するボールの主導権を握る戦いに持ち込みこそしているものの、追う展開を強いられた神戸は63分に最初の交代カードで渡部を下げ、郷家を投入。攻撃の枚数を増やして、前に圧力を強めるが、攻め切れない流れが続くと、74分に藤本と初瀬を同時に送り込み、活性化を促す。 逆転してから守勢に回る時間が増えつつある名古屋も75分、阿部と相馬を投入してテコ入れ。続く86分には逆転の殊勲者である金崎に代えて山崎を送り込み、試合を終わらせにかかる。それに対して、小川を送り込み、さらに反撃の一手を講じた神戸だが、名古屋を攻め切れない。 結局、神戸に反撃を許さなかった名古屋が金崎のPK弾2つで逆転勝利を収め、2試合ぶりの白星。先制した流れを生かせなかった神戸は今季初の2連敗となり、7試合で白星から遠ざかる結果に終わっている。 2020.09.19 18:57 Sat
twitterfacebook
thumb

外国人3トップが揃い踏みの横浜FM、鳥栖撃破で連勝! 《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節のサガン鳥栖vs横浜F・マリノスが19日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-1でアウェイの横浜FMが勝利した。 前節の北海道コンサドーレ札幌戦で大幅なターンオーバーを敢行した鳥栖は0-2で敗戦。中2日で迎える今節はメンバーを総入れ替えしてホーム3連戦の締め括りに勝ち点3を目指す。 対する横浜FMは前節の清水エスパルス戦で3-0で勝利し、連敗を「3」でストップ。そこから畠中、扇原、高野、仲川、オナイウ阿道に代えて伊藤、ティーラトン、和田、マルコス・ジュニオール、ジュニオール・サントスを起用して連勝を狙う。 2試合ぶりに先発に顔を揃えた横浜FMの強力3トップがキックオフから猛威を振るう。フィールド中央のティーラトンのロングフィードに抜け出したエリキ。巧みなトラップでGKと一対一の場面を作り出し、左足を振り抜いて先制ゴール。開始1分も経たないうちにアウェイチームがリードを得た。 エリキ3試合連続ゴールで絶好のスタートを切った横浜FMはさらに13分、再びティーラトンの左足が決定機を作り出す。左サイドからのロングパスをボックス右のエリキが頭で折り返すと、ゴール前でジュニオール・サントスがボレーシュート。相手と左ポストに当たってゴールに入った。 最悪の立ち上がりとなった鳥栖は21分に反撃。敵陣でのボール奪取から石井がボックス方向へパス送ると、ペナルティエリア左に抜け出した林がニアサイドを撃ち抜き1点を返した。 逆転負けが多い横浜FMはその後押され気味になるも34分にその流れを断ち切る。敵陣深くの右サイドから水沼が鋭いクロスを供給すると、マルコス・ジュニオールが身体を投げ出して押し込み、再びリードを広げた。 劣勢で試合を折り返した鳥栖は48分にチャンス。森下のクロスのこぼれ球に反応した原川がシュートを狙うも枠を捉えられない。その後は横浜FMの猛攻が続く中、趙東建、梁勇基、金森、本田らを投入しながら活性化を図る。しかし、リスクマネジメントを怠らない横浜FMを前にスコアを動かせず。 結局、前半のままスコアは変わらずアウェイの横浜FMが3-1で勝利し連勝を飾った。一方、鳥栖は連敗となった。 サガン鳥栖 1-3 横浜F・マリノス 【鳥栖】 林大地(前21) 【横浜FM】 エリキ(前1) ジュニオール・サントス(前13) マルコス・ジュニオール(前34) 2020.09.19 18:45 Sat
twitterfacebook