トリノ、ミラン解任のジャンパオロ氏を招へい

2020.08.08 01:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは7日、新シーズンに向けマルコ・ジャンパオロ氏(53)の招へいを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間で、年俸は150万ユーロ(約1億8700万円)となっている。ジャンパオロ氏は、カリアリやシエナ、カターニャ、ブレシアなどを指揮。昨シーズンまでサンプドリアを指揮すると、2019-20シーズンはミランの監督に就任していた。

しかし、開幕戦でウディネーゼに敗れると7試合で3勝4敗と成績が安定せず。10月に解任されて以降はフリーとなっていた。

トリノは今年2月にワルテル・マッツァーリ監督を解任。モレノ・ロンゴ氏を招へいしたが、3勝3分け9敗と結果を残せていなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

ベネヴェント、トリノからFWイアゴ・ファルケをレンタル!

ベネヴェントは29日、トリノからスペイン人FWイアゴ・ファルケ(30)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ファルケはバルセロナのカンテラ出身で、ユベントスやトッテナム、ローマなどビッグクラブでの在籍経験を持つレフティーのアタッカー。2016年に加入したトリノでは加入後2シーズン連続でセリエA二桁ゴールを記録するなど主力として活躍した。 しかし、2018-19シーズン以降、徐々に出場機会を失い、今年1月には出場機会を求めて、古巣ジェノアに5年ぶりに復帰。セリエAで10試合2ゴール1アシストの数字を残したが、完全移籍への移行は果たされず、今夏トリノにレンタルバックしていた。 2020.09.29 20:02 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタが新生トリノ相手に白星発進! パプ・ゴメスの1G2Aなど今季も破壊力抜群《セリエA》

セリエA第2節、トリノvsアタランタが26日に行われ、アウェイのアタランタが4-2で勝利した。 前ミラン指揮官のジャンパオロ新監督を迎えたトリノと、昨季チャンピオンズリーグ(CL)でベスト8に躍進したアタランタによる、今季のセリエA初陣。 ジャンパオロ得意の[4-3-1-2]の布陣で臨んだトリノに対して、アタランタは昨季の躍進を支えた主力が並ぶ[3-4-1-2]の布陣で今季初戦に臨んだ。 昨季、セリエA最多ゴールを記録したアタランタの試合らしく立ち上がりから激しい打ち合いとなる。まずは11分、相手陣内左のハーフスペースで縦に運んだリンコンからのスルーパスに反応したベロッティがボックス左角度のないところから右足のシュートを流し込む。 しかし、打ち合い上等のアウェイチームは失点からわずか2分後にペナルティアーク付近でパスを受けたカピターノのパプ・ゴメスが強烈な右足のミドルシュートをゴール右下隅に突き刺し、すぐさま同点に追いつく。 畳みかけるアタランタは21分にもゴメスからの浮き球のパスに反応したムリエルがボックス右角度のないところから、腰の捻りを利かせた見事な右足のダイレクトシュートを叩き込み、早々に逆転。その後も攻勢を強める中、42分には再びゴメスの絶妙な浮き球パスに反応した右ウイングバックのハテブールが右足インサイドを使ったボレーシュートを決めた。 これでアタランタのゴールショー幕開けかに思われたが、トリノも意地を見せる。失点直後に右サイドのヴォイヴォダがアーリー気味に入れたクロスをゴール前のDFがクリアし損ねると、ファーに流れたボールをベロッティが頭で合わせ、後半に望みを繋ぐドッピエッタとした。 後半も1点リードを守りに行くことなく立ち上がりから攻撃に人数をかけるアタランタは、55分に後半最初のゴールを挙げる。ボックス右でキープしたムリエルが、3列目からの走り込みでボックス中央に侵入したデ・ルーンに速度、タイミング共に申し分ない絶妙な横パスを送ると、オランダ代表MFが難なくダイレクトで蹴り込んだ。 その後、互いに積極的に交代カードを切っていくが、2点のリードを手にして余裕が見えるアタランタがきっちり主導権を掴んで離さない。試合終盤にかけては殊勲のカピターノやゴセンズ、サパタを下げてモヒカ、ラマースと新戦力を試運転させる。 一方、ホームで意地を見せたいトリノだが、ハムストリングを痛めたリンコンが交代を余儀なくされるなど、徐々にパワーダウンし、前半のように相手ゴールへ迫る場面を作れない。 そして、試合はこのまま4-2のスコアでタイムアップを迎え、今季の初陣から4ゴールを挙げる破壊力を見せつけたアタランタが、白星スタートを飾った。 2020.09.27 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルのMFトレイラ獲得にトリノが本腰、幹部がロンドンで交渉

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)だが、まだまだその獲得レースは終わらないようだ。 イタリアへの帰還を望んでいるとされるトレイラ。今夏の移籍が既定路線となっており、シーズンから開幕2試合はメンバー外となっていた。 『ESPN』はアトレティコ・マドリーがトリノやフィオレンティーナ、ミランとの獲得レースに勝利したと報道。しかし、イタリア『Sportitalia』はトリノがまだ争っていると主張した。 トリノは、サンプドリア時代の恩師であるマルコ・ジャンパオロ監督が指揮。イタリアに戻りたいトレイラとしては、トリノで恩師との再会を待ちわびていることだろう。 トレイラはペスカーラ、サンプドリアでプレー。セリエAでは71試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2018年7月にアーセナルへ加入すると、公式戦89試合に出場し4ゴール6アシストを記録し、2019-20シーズンもプレミアリーグで29試合に出場し1ゴール1アシストと出場機会を得ていた。 『Sportitalia』によれば、トリノの取締役がロンドンに滞在し、アーセナルとの取引を終わらせようとしているとのこと。買い取り義務付きのレンタル移籍を目指しているとのことだが、果たしてどうなるだろうか。 2020.09.23 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組エルチェがトリノからFWボジェを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

エルチェは21日、トリノからアルゼンチン人FWルーカス・ボジェ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションがついているとのことだ。 ボジェは、リーベル・プレートの出身で、2016年7月にトリノへと完全移籍。その後は、セルタやAEKアテネへとレンタル移籍を経験し、2019-20シーズンはレディングへレンタル移籍していた。 レディングでは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で19試合に出場もノーゴール。公式戦では24試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 セルタ時代にはラ・リーガで13試合に出場もゴールは記録していない。 エルチェは今シーズンからラ・リーガに昇格。変則日程の都合上、まだシーズンの開幕を迎えていない。 2020.09.22 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

トリノ、トレイラ獲得に“複雑な”条件付きレンタルを打診か

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)を狙うトリノが複雑な条件を提示しているようだ。 昨シーズンは公式戦39試合に出場したトレイラだが、今季はミケル・アルテタ監督の構想外となり、この夏の退団が確実視されている。12日に行われたプレミアリーグ開幕節のフルアム戦ではメンバー外だった。 アーセナルはトレイラの売却金を2400万ユーロ(約29億8000万円)に設定し、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)獲得費の一部に充てようと考えている模様。しかし、イタリア『トゥットスポルト』の情報によると、トリノはレンタル移籍を打診。買い取りオプションも付くようだが、その行使条件がかなり複雑なものとなっている。 ヨーロッパリーグ出場権や公式戦出場数、ここまではシンプルだが、ゴール数やアシスト数、さらには代表招集の回数まで条件に含め、それらが特定の数字に到達した場合にのみ、買い取り義務が発生する仕組みをトリノ側は提案しているとのこと。 さらにその買い取りにかかる移籍金は、条件達成度合いで上下するのだという。 非常に複雑なオファーだが、トリノはすでにロンドンに代理人を派遣し、残り2週間程となった移籍市場閉幕までに契約をまとめる意向のようだ。 トレイラ本人も移籍に前向きだと伝えられており、他にオファーがなければ取引が実現する可能性が高いと見られている。 2020.09.18 18:17 Fri
twitterfacebook