トリノ、ラツィオからアルジェリア代表MFファレスをレンタルで獲得

2022.01.14 22:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは14日、ラツィオからアルジェリア代表MFモハメド・ファレス(25)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までで、買い取りオプションが付随している。

ボルドーやエラス・ヴェローナの下部組織で育ったファレスは、2015年7月にヴェローナのファーストチームへ昇格。その後、SPALでのプレーを経て2020年10月にラツィオへ完全移籍。

ラツィオでは、度重なるケガに見舞われ、在籍1年半で公式戦29試合に出場に留まっていた。なお、今季はジェノアにレンタル移籍していたが、筋肉系のケガで離脱するなどセリエA9試合の出場となっていた。

関連ニュース
thumb

42億円で獲得も期待に応えられず…トリノ指揮官がウェストハムのクロアチア代表MF獲得を熱望?

セリエAのトリノが、ウェストハムのクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(24)獲得を模索するという。 イタリア『TuttomercatoWeb』によると、トリノを指揮するイバン・ユリッチ監督が獲得を望んでいるとのこと。交渉はスタートしていないものの、近々話し合いがスタートするとされている。 ヴラシッチは、ハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチームに昇格。2017年8月にエバートンへと完全移籍した。 その後CSKAモスクワへとレンタル移籍を経験。2019年7月に完全移籍したが、2021年8月にウェストハムに完全移籍し、プレミアリーグに戻ってきていた。 2021-22シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し1ゴールを記録するなど、公式戦36試合に出場。しかし、レギュラーポジションを掴めているとは言えず、苦しい状況にある。 クロアチア代表としては39試合に出場し7ゴールを記録。才能は認められながらも、プレミアリーグで輝けていないヴラシッチに対し、セリエAからの勧誘だが、契約期間は残り4年。ウェストハムは3000万ユーロ(約42億6000万円)を払って獲得しているだけに、レンタル移籍での獲得を目指すことになるという。 2022.06.20 10:13 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組モンツァがイタリア代表FWベロッティ獲得に本腰?

来シーズンからクラブ史上初のセリエAに挑むモンツァがトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)獲得へ本腰を入れているようだ。 2015-16シーズンからトリノに在籍するベロッティ。これまで7シーズンで公式戦通算251試合113得点28アシストを記録するなど、セリエA屈指のストライカーとして名を馳せてきた。毎年のようにビッグクラブへの移籍が取り沙汰されながらもトリノに残留してきた28歳だが、とうとう今シーズン限りで契約満了に伴う退団が既定路線とされる。 イタリアでもベロッティの去就は大きな話題となっており、一時はプレミアリーグやメジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も報じられてきた。だが、現役のイタリア代表FWを最も熱心に勧誘しているのではないかとされるのが、昇格組のモンツァだ。 イタリアの著名なジャーナリストであるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、モンツァのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長とアドリアーノ・ガッリアーニ最高経営責任者(CEO)は、限られた予算の中でもセリエAの舞台で一泡吹かせようと、フリー移籍で大物選手の獲得を目論んでいる様子で、ベロッティもトップターゲットの1人だという。 直近では、フィオレンティーナもベロッティ獲得を模索するクラブの1つだったが、ここに来てサレルニターナの元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWミラン・ジュリッチ(32)へ路線変更した模様で、モンツァにとって争奪戦のライバルは徐々に減ってきているようだ。 元ミランのコンビでもある85歳のベルルスコーニ会長と77歳のガッリアーニCEO。彼ら2人が未だ衰えることのない情熱を捧げるモンツァの来シーズンの戦いは必見だ。 2022.06.15 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、セリエA屈指の人気銘柄DFブレメルと今週中に獲得交渉へ

トッテナムがトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレメル(25)の獲得に関して今週中にも交渉を行うようだ。イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 インテルやユベントスが関心を示す、セリエA屈指の人気銘柄となっているセンターバックのブレメル。『トゥットメルカート』によれば、DFアレッサンドロ・バストーニのインテル残留が濃厚となっていることを受けて、トッテナムの照準はブレメルへ完全に切り替わったようだ。 同メディアによればトリノのディレクターを務めるダビデ・ヴァニャーティ氏が今週中にもロンドンに飛び、交渉を行うとのこと。 そして、トリノが求める移籍金3000万ユーロ(約42億円)から4000万ユーロ(約56億円)を提示できる財力がトッテナムにはあるとして移籍実現の現実味を主張した。 2022.06.13 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレメルのインテル移籍が加速?ピナモンティを含めた交渉で合意を目指す考えか

今夏の移籍市場でビッグクラブへのステップアップが確実視されるトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレメル。既報通り、インテル入りの公算は強いようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 現在25歳のブレメルは、2018年7月に母国のアトレチコMGからトリノへ加入。以後4シーズンにわたって守備陣の中心選手として活躍し、イタリア国内外の多くのビッグクラブから関心を集める存在となっている。 そんなブレメルに対し、これまで最も獲得に近いと見られてきたのがインテルだ。『カルチョ・メルカート』によると、それを裏付けるように、トリノのウルバーノ・カイロ会長とインテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)らによる協議が、今週にも開始される見通しとのことだ。 また、カイロ会長はブレメルの移籍金を2500万~3000万ユーロ(約34億~40億円)に設定しているとされており、両者はインテル所属のイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)を含めた交渉の合意を目指すとも伝えられている。 ピナモンティはインテルの下部組織で育ったストライカー。今シーズンはエンポリへとローン移籍し、チームトップとなる12得点を挙げるなどクラブのセリエA残留に大きく貢献。先日発表されたイタリア代表メンバーに初選出されるなど、2大会連続でワールドカップ(W杯)行きを逃したアッズーリのこれからを担うタレントの1人として期待されている。 なお、すでにブレメル自身はインテルを移籍先の第一希望としていることが報じられており、財政的に余裕のないインテルがトリノのカイロ会長との交渉を成立させられるのか、注目されている。 2022.05.29 19:56 Sun
twitterfacebook
thumb

エイブラハムのドッピエッタでローマがEL出場権獲得、ECL決勝に弾み《セリエA》

ローマは20日、セリエA最終節でトリノとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。 前節ヴェネツィア戦を痛恨のドローで終えた6位ローマ(勝ち点60)だったが、後続の7位フィオレンティーナ(勝ち点59)、8位アタランタ(勝ち点59)が前節共に敗れたことでヨーロッパリーグ(EL)出場圏内を維持。フェイエノールトとのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝を6日後に控える中、勝利すればEL出場権獲得となるローマはエイブラハムとショムロドフの2トップで臨んだ。 10位トリノ(勝ち点50)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、19分にローマに先制のチャンス。CKからクンブラのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれた。 その後、トリノに攻め込まれたローマは27分、ブレカロのシュートはGKルイ・パトリシオの正面で助かり、続く31分にもベロッティにボックス内から際どいシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。 すると33分、ボックス中央でペッレグリーニのスルーパスを受けたエイブラハムが対応したジマを外してGKとの一対一を決めきった。 さらに41分にはPKを獲得する。バックパスが短くなったところをエイブラハムが突いてGKベリシャに倒された。これをエイブラハム自ら決めたローマが2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、開始6分にポベガにボックス内から枠内シュートを打たれたローマはGKルイ・パトリシオが好守で凌ぐと、続く57分にはCKからベロッティのヘディングシュートでゴールを脅かされる。 それでも77分、直前に投入されていたザニオーロがボックス内でボンジョルノに倒されてPKを獲得。これをペッレグリーニが決めて3-0と突き放した。 このまま3-0で快勝としたローマが6位以上を確定させ、来季のEL出場権を獲得し、ECL決勝へ弾みを付けている。 2022.05.21 05:42 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly