インシーニェの2Gにヴェルディ移籍後初ゴールのナポリがトリノに完勝!ハムシクセリエA400試合目を勝利で飾る!《セリエA》2018.09.23 21:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは23日、セリエA第5節でトリノとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。▽第4節終了時点で3勝1敗の4位ナポリと、1勝2分け1敗の12位トリノの対戦。前節、強敵フィオレンティーナを相手に1-0で逃げ切ったナポリは、その勢いのままチャンピオンズリーグ開幕節に臨んだ。しかし、死の組といわれる中で最も楽な相手と考えられていたツルヴェナ・ズヴェズダの堅い守備を崩せず、ゴールレスドロー。その苦みを払拭したい今節は、クリバリやハムシク、メルテンス、インシーニェなどの主力がスタメンに名を連ねた。ハムシクはセリエA通算400試合目の出場となった。

▽試合は早々に動く。4分、敵陣でのFKから再開したナポリは左サイドのルペルトに展開。深くまで上がったルペルトはグラウンダーのクロスを上げると、相手に当たってボールはインシーニェの下へ。ボックス左のインシーニェはそこからGKの頭上を破る豪快なシュートを突き刺し、ナポリが先制した。

▽さらにナポリは7分、今度はカウンターからチャンスを演出。後方からのスルーパスを受けたインシーニェはヴェルディにラストパスを送るも、GKが絶妙な飛び出しで距離を詰め、ヴェルディのシュートは阻まれた。攻勢続くナポリはさらに10分には、右に流れたメルテンスのクロスが、クリアを試みた相手DFに当たりあわやオウンゴールというシーンも。

▽15分にはセットプレーの流れからゴール前に残っていたクリバリがヘディングで強烈なシュートを見舞うがGKの正面に。先制後も攻撃の手を緩めないナポリ。追加点はすぐに生まれた。20分、敵陣中央でヴェルディが左のメルテンスに預け自身はゴール前へ。すかさずメルテンスはクロスを供給。ドンピシャで入ってきたヴェルディは難しいハーフボレーを上手く沈めて、移籍後初ゴールを記録した。

▽これで2点のリードを得たナポリ。守っては22分、バゼッリにゴール前からシュートを打たれるがオスピナがファインセーブ。その後はナポリの迫力も徐々に薄まっていったものの、危なげない試合運びでリードを守ったまま試合を折り返した。

▽後半は前半とは違う形で試合が動く。51分、ナポリはボックス左に侵入を許したベレンゲルを止めに行ったルペルトが正面からぶつかりに行ってしまいPKを献上。これをベロッティに決められ、1点差に詰め寄られてしまった。

▽それでもすぐに突き放す。59分、カウンターからボックス右でパスを受けたカジェホンがシュート。これは左ポストに弾かれたが、そのボールがゴール前のインシーニェへ繋がり、またラッキーな形でインシーニェはゴールを奪った。

▽再び2点差としたナポリはそこからトーンダウン。相手の攻撃をいなしつつカウンターで応戦していく。だが65分にリンコンに決定機を迎えられるなどピンチの場面も。

▽終盤には何度もカウンターでいとも簡単にトリノゴール前へ攻め込むがついアk店は奪えず試合終了。鑑賞のナポリが今季4勝目を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

ハメス「ナポリへ行く?それはわからない、今はコパ・アメリカに集中しているよ」

レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が、20日のコパ・アメリカ、グループステージ第2戦のカタール代表との試合後に、話題に上っている自身の移籍について言及した。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 今シーズンまで2年間バイエルンにレンタル移籍していたが、ハメスは、買取オプションを行使せずマドリーに戻ることが決定している。だが、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はハメスを戦力としてみなしていないため、今夏に新天地を探す可能性が高い。そんな中で、マドリー移籍時の恩師であり現ナポリのカルロ・アンチェロティ監督が同選手獲得を望んでいることが伝えられている。 これに対しハメスは「ナポリへ行きアンチェロッティ監督とまた仕事をする?それはわからない。今は(コロンビア)代表チームに集中していて、コパ・アメリカで良い結果を残すことだけを考えている」と、取り沙汰されている自身の移籍騒動についての明言を避けた。 ハメスはこの日行われたカタール戦でもFWドゥヴァン・サパタの決勝ゴールを絶妙なアーリークロスでアシスト。参加全チーム中1番乗りでノックアウトステージ進出という結果をもたらしていて、コパ・アメリカでも自身の存在感と価値を示し続けている。 2019.06.20 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、フルアムからジャン・ミシェル・セリ獲得へ

ナポリが、フルアムのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(27)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 同選手は昨夏、5シーズンぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムに移籍金及びその他諸々の費用を含めた2500万ポンドでニースから加入。当時、バルセロナやチェルシー、アーセナルといったビッグクラブも獲得に動いていたとされる逸材は、今季のプレミアで32試合に出場しながらもチームを残留に導くことはできなかった。 チャンピオンシップへの降格に伴い、減俸の可能性も報じられているフルアムの面々はそれを嫌って移籍することを考慮する者も少なくなく、クラブもそれは承知。獲得した際に費やした額のおよそ半分となる1300万ポンド(約17億7600万円)で、放出を容認する構えだという。 ナポリでスポーツ・ディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏はセリの代理人とすでにコンタクトを取っており、好感触を得ている模様。だが、同選手にはミランとインテルも目を光らせているようだ。 2019.06.20 15:33 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、ファン・ダイクの相棒にクリバリをリストアップ?

リバプールが、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『IL MATTINO』が報じた。 2014年夏にヘンクからナポリに加入したクリバリ。圧倒的なフィジカルを武器にセリエA屈指のセンターバックとして評価を高め、今シーズンの公式戦でも48試合に出場した。 そのクリバリに関してはマンチェスター・ユナイテッドが熱視線を送っていることが報じられている。しかし、今回伝えられるところによれば、ディフェンスリーダーであるDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒を探すリバプールが、クリバリの代理人であるファリ・ラマダニ氏とコンタクトを取ったという。 だが、その会談でナポリがクリバリに1億1120万ユーロ(約134億7000万円)の値札を張っていることを明かされたようだ。リバプールはこの金額での取引を望んでいないが、交渉を行う可能性があるとのことだ。 2019.06.19 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新たにヒサイをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、ナポリに所属するアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2015年夏にマウリツィオ・サッリ監督(現ユベントス)が就任する際にエンポリからナポリへ加入したヒサイ。同監督体制では不動の右サイドバックとして活躍したが、カルロ・アンチェロッティ監督が就任した今シーズンはセリエAの出場は27試合と減少していた。 そのヒサイは先日、「僕のナポリでの時間は終わった。僕が必要としているような何かを与えてくれるチームを探しているよ」と、今夏の移籍希望を公言している。また、ナポリは今夏にレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)やPSVのメキシコ代表イルビング・ロサーノ(23)などの大型補強に動いており、ヒサイはその資金調達のために売却される見込み。すでに後釜の確保にも成功している。 アトレティコ・マドリーやインテルが関心を示しているところに新たにユナイテッドが参戦。両サイドバックでプレーできる選手として調査を行っているようだ。 2019.06.19 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、オスピナ買い取り3年契約へ

ナポリが、コロンビア代表GKダビド・オスピナ(30)の買取でアーセナルと合意したと『GOAL』がイタリア方面の情報をもとに伝えている。 記事によると、両クラブは移籍金300万ユーロ(約3億6500万円)でオスピナの完全移籍に合意。現在同選手はコロンビア代表としてコパ・アメリカに出場中のため、大会終了後に公式発表があると見られている。3年契約を結ぶようだ。 オスピナは2014年夏にニースからアーセナルに加入するも正GKの座を掴めず4年が経過。今季はドイツ代表GKベルント・レノの加入もあり、ナポリにレンタル移籍した。 ナポリではGKアレックス・メレトととレギュラー争いしながら公式戦24試合に出場した。 2019.06.16 19:18 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース