シティのオーストラリア代表FWアルザニがユトレヒトへレンタル移籍

2020.08.07 21:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユトレヒトは7日、マンチェスター・シティのオーストラリア代表FWダニエル・アルザニ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

イラン生まれのアルザニは、2018年8月にメルボルン・シティからマンチェスター・シティに完全移籍。そのまま2シーズンのレンタル移籍でセルティックに加入していた。

しかし、1年目の途中にヒザの十字じん帯を負傷。長期離脱となると、セルティックでは公式戦2試合の出場に留まっていた。

世代別のオーストラリア代表を経験しているアルザニは、オーストラリア代表としてもプレー。ロシア・ワールドカップにもオーストラリア史上最年少の19歳で出場していた。

関連ニュース
thumb

アヤックスがティンバーと契約延長! 若き蘭代表CBが新たに25年までサインで移籍話絶つ

アヤックスは18日、オランダ代表DFユリエン・ティンバー(21)との契約更新合意を発表した。新契約は2025年6月30日まで。2024年6月30日までだった現行契約を新たに1年延長した格好だ。 ティンバーはアヤックスのアカデミー出身で、2020年3年にトップチームデビュー。上背こそ179cmだが、対人守備にビルドアップ能力も光らす現代型のセンターバックで、今夏に人気を博した。 なかでも、昨季までアヤックスで共闘したエリク・テン・ハグ監督のマンチェスター・ユナイテッド行きが噂されたが、今年11月に迫るカタール・ワールドカップも考慮して残留の見通しだった。 今夏の移籍話を封印したティンバーは「気持ちが決め手だった。でも、僕らの計画もだ。1人で決めるのは簡単じゃないし、周りの人たちも必要だった。慌ただしい夏だったよ」と語っている。 2022.08.19 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがアヤックスDFスフールスを完全移籍で獲得! ブレーメルの後釜候補に

トリノは18日、アヤックスからオランダ代表DFペル・スフールス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 アヤックスの発表によると、移籍金は900万ユーロ(約12億3000万円)となり、アドオンを含めると最大1130万ユーロ(約15億5000万円)となる。契約期間は1年の延長オプションが付随する2026年までの4年契約となる模様だ。 フォルトゥナ・シッタートでプロキャリアをスタートしたスフールスは、2018年1月にアヤックスへ完全移籍で加入。フォルトゥナ・シッタートへのレンタルバック、ヨング・アヤックスでのプレーを経て、2019–20シーズンから本格的にトップチームに定着。ここまで公式戦93試合に出場していた。 191cmの恵まれた体格を生かした強さと巧さを兼ね備えた安定した守備、中盤でもプレー可能なほどの足元の技術、そのパスセンスから、バイエルンDFマタイス・デ・リフトらとも比較される万能型のセンターバックだが、やや伸び悩んでいる印象もあり、守備者として学ぶものが多いイタリアへの移籍を決断した。 ユベントスに旅立ったブラジル人DFグレイソン・ブレーメルの後釜と目される若きオランダ人DFは、その穴を埋めることができるか。 2022.08.19 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サレルニターナがビジャレアルFWディアを獲得! 買取OP付きのレンタルに

サレルニターナは18日、ビジャレアルからセネガル代表FWブライエ・ディア(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定している。 なお、イタリア『スカイ・スポルト』によると、移籍形態は250万ユーロ(約3億5000万円)の有償レンタルとなり、シーズン終了後に買い取る場合は1100万ユーロ(約15億2000万円)を支払う必要があるという。 フランス生まれで2018年夏にジュラ・スッド・フットからスタッド・ランスに加入したディアは、テクニックとスピードを兼ね備え、パワフルな右足のシュートをストロングポイントとする180cmのストライカー。 スタッド・ランスでは在籍3年間で公式戦88試合に出場し28ゴールをマーク。とりわけ、ブレイクを果たしたした2020-21シーズンは、リーグ・アンで14ゴールを挙げる活躍を披露した。 その活躍が評価され、昨夏にはビジャレアルへ2026年までの5年契約で加入。昨シーズンは自身初のラ・リーガでリーグ戦25試合に出場し、5ゴール5アシスト。また、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのリバプール戦では1ゴールを記録していた。 また、フランスとセネガルの二重国籍を有するディアは、2020年10月にセネガル代表を選択。これまで通算で17試合2ゴールを記録しており、今年開催されたアフリカ・ネーションズカップでは主力として優勝に貢献している。 2022.08.19 01:49 Fri
twitterfacebook
thumb

シティの若手FWデラップがストークにレンタル! “人間発射台”の愛称で知られた父は現コーチングスタッフ

マンチェスター・シティは18日、U-19イングランド代表FWリアム・デラップ(19)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティへレンタル移籍することを発表した。 その異次元のロングスローから“人間発射台”の愛称で知られた元アイルランド代表MFのロリー・デラップ氏を父親に持つデラップは、2019年にダービー・カウンティのアカデミーからシティのユースチームに加入。 翌年のEFLカップのボーンマス戦でトップチームデビューと初ゴールを記録した186cmのストライカーは、ここまでシティのトップチームで6試合に出場している。 爆発的なスピードは持ち合わせていないものの、フィジカル能力の高さに加え、足元の技術、戦術理解度、多彩なフィニッシュを併せ持つ万能型ストライカーは、昨夏にドルトムントや今夏にブライトン、サウサンプトンへの完全移籍のオファーが届いているとの報道もあった。しかし、シティからの完全移籍を望まぬ選手サイドの意向もあり、自身初の移籍は父親が活躍したポッターズへのレンタル移籍となった。 なお、ストークではロリー氏がコーチングスタッフを務めており、この1年間は親子での共闘となる。 2022.08.18 23:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャがヘンクからコロンビア代表DFルクミを獲得! テアテ後釜補強を完了

ボローニャは18日、ヘンクからコロンビア代表DFジョン・ルクミ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、移籍金は800万ユーロ(約10億9000万円)となり、ルクミは2026年までの4年契約にサインしたという。 母国の名門デポルティボ・カリでプロキャリアをスタートしたルクミは、2018年夏にヘンクへ完全移籍。ここまでの在籍4年間で公式戦137試合に出場するなど、センターバックの主力に定着した。また、2019年にデビューを飾り、ここまで5キャップを刻むコロンビア代表でも今後の主力定着が期待されている。 187cmの恵まれた体躯と圧倒的な身体能力を生かしたソリッドな対人守備を最大の特長としながらも、ここ数年成熟を見せるポジショニングやパーソナリティーを含め、守備者としての安定感は増している。さらに、左足のキック精度を含め攻撃面でも貢献できる伸びしろ十分な若手センターバックだ。 ボローニャでは今夏にベルギー代表DFアルトゥール・テアテという若きディフェンスリーダーをスタッド・レンヌに引き抜かれたが、前日にナシオナルから獲得したウルグアイ人DFホアキン・ソサと共にルクミを獲得したことで、2人の左利きDFでその穴を埋める形となる。 2022.08.18 23:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly