シティのオーストラリア代表FWアルザニがユトレヒトへレンタル移籍

2020.08.07 21:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユトレヒトは7日、マンチェスター・シティのオーストラリア代表FWダニエル・アルザニ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。イラン生まれのアルザニは、2018年8月にメルボルン・シティからマンチェスター・シティに完全移籍。そのまま2シーズンのレンタル移籍でセルティックに加入していた。

しかし、1年目の途中にヒザの十字じん帯を負傷。長期離脱となると、セルティックでは公式戦2試合の出場に留まっていた。

世代別のオーストラリア代表を経験しているアルザニは、オーストラリア代表としてもプレー。ロシア・ワールドカップにもオーストラリア史上最年少の19歳で出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ブライトン、スイス期待の若手FWゼキリを完全移籍で獲得!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、スイスのローザンヌ・スポルトからU-21スイス代表FWアンディ・ゼキリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 過去にユベントスのプリマヴェーラに在籍経験もあるゼキリはコソボにルーツを持つ185cmの左利きのアタッカー。昨シーズンはスイス2部で33試合に出場し17ゴール8アシストを挙げる活躍をみせ、チームの1部昇格に大きく貢献していた。 また、左ウイングとセンターフォワードを主戦場とするスイス期待の若手は、同国の世代別代表でも常に主力を担ってきた。 2020.10.02 03:10 Fri
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、ポルトからDFヤンコを獲得! ユナイテッドでキャリアをスタート

バジャドリーは1日、ポルトからスイス人DFサイディ・ヤンコ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 マンチェスター・ユナイテッドでプロキャリアをスタートした右サイドバックやサイドハーフを主戦場とするヤンコは、セルティック、サンテチェンヌを経て2018年にポルトへ加入。しかし、ポルトガル屈指の名門ではプレー機会を得られず、直近2シーズンはノッティンガム・フォレスト、ヤング・ボーイズへのレンタル移籍を繰り返していた。 昨シーズンはその母国クラブで公式戦46試合1ゴール6アシストの数字を残すなど、主力として活躍していた。 2020.10.02 02:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア、橋本拳人同僚のウズベキスタン代表FWショムロドフを獲得

ジェノアは1日、MF橋本拳人が所属するロストフのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は800万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 190cmの大型FWであるショムロドフは、ウズベキスタン代表として43試合に出場して20ゴールをマーク。2019年1月に行われたアジアカップでは日本代表相手に得点を挙げていた。 2017年夏からロストフでプレーするショムロドフは、在籍3年間で公式戦91試合に出場し18ゴール12アシストを記録。昨季はロシア・プレミアリーグで28試合に出場し11ゴールを挙げていた。 2020.10.01 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、昨季アトレティコでトップデビューのMFリケルメをレンタル!

ボーンマスは1日、アトレティコ・マドリーからスペイン人MFロドリゴ・リケルメ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アトレティコのカンテラ出身のリケルメは、昨年9月に行われたエイバルとのラ・リーガの一戦でトップチームデビュー。その後、今年1月のコパ・デル・レイのクルトゥラル・レオネッサでもプレーした。 右ウイングを主戦場に創造性と足元の技術に長けたドリブラーは、先月にトップチーム昇格が決定していた。 ただ、十分な出場機会を与えたいクラブの考えもあり、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスへ武者修行に出ることになった。 2020.10.01 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

女性審判員の先駆け、シュタインハウスさんがDFLスーパーカップを最後に12年の審判生活に幕

女性審判員として第一線で活躍を続けてきたビビアナ・シュタインハウスさん(41)が、そのキャリアに終止符を打った。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。 シュタインハウスさんは、9月30日に行われたDFLスーパーカップで主審を担当。女性として、初めてドイツでタイトルが懸かった試合で主審を務め、バイエルンvsドルトムントというドイツ国内で最高のカードでは、毅然とした態度で正確なジャッジを続け、試合をコントロールしていた。 シュタインハウスさんは、12年間にわたる審判員人生で数々の偉業を成し遂げている。 2005年に国際サッカー連盟(FIFA)の審判員となったシュタインハウスさんは、2011年の女子ワールドカップ決勝や、2012年のロンドン・オリンピック決勝などで主審を務めた経験があり、2017年9月には女性として初めてブンデスリーガで主審を務めた。 今回引退を決めた理由は新型コロナウイルス(COVID-19)が大きく影響していると語っている。 「コロナの状況で、他の人と同様に私はいくつかのことを振り返り、改めて考えてみました。DFBエリートレフェリーのスポーツ・ディレクターであるルッツ・ミヒャエル・フレーリヒ氏とのとても信頼できる建設的な会話の後、レフェリーとしての国内キャリア、国際的なキャリアを終えることにしました」 なお、本職は警察官であるシュタインハウスさんだが、主審業は終えても審判員は続けるとのこと。ピッチに立つことはないが、今後はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の担当審判員になるようだ。 2020.10.01 22:47 Thu
twitterfacebook