ラツィオ移籍噂のD・シルバは「セリエA好き」 父親が拍車かける発言!

2020.08.07 19:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)の移籍先はやはりイタリアなのかもしれない。D・シルバは在籍10年のマンチェスター・シティを契約切れの今季限りで退団。2010年のシティ入りから公式戦400試合以上の出場数を誇り、4度のプレミアリーグ制覇など数々に寄与した名手だけあって、その行く末に注目が集まっている。

今季も司令塔ぶりを発揮するD・シルバを巡っては新天地候補に母国スペインだけでなく、アメリカや日本、中東も挙がったが、最近になり、ラツィオ行きの憶測が浮上。さらに、交渉の最終段階も指摘され、セリエA挑戦の熱が帯びつつある。

そのなか、D・シルバの父親であるフェルナンド・ヒメネス氏がスペイン『El Transistor』で「ダビドは前から私に対して、マンチェスター・シティに10年間在籍してから去りたい旨の話をしていたんだ」と述べると、息子のイタリア行きに拍車をかけた。

「彼にはヨーロッパに残ってほしい。彼自身がセリエA好きで、イタリアでプレーするのを本当に楽しみにしているのも確かだ。あの場所で40歳まで現役を続けられるとも言っていた」

「現時点でかなりのオファーがあり、決断しなければ。ラツィオと契約するなら、喜ばしい限りだ。彼は常々、バレンシア復帰以外の考えがないから、スペインに戻ってこないだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、ルイス・アルベルトと2025年までの新契約締結! セリエA屈指のチャンスメーカー

ラツィオは28日、スペイン代表MFルイス・アルベルト(28)と2025年6月30日までの新契約を締結した。 セビージャでプロキャリアをスタートしたルイス・アルベルトは、リバプールでのプレーを経て2016年夏にラツィオへ加入した。加入2年目にキャリアハイのセリエA11ゴールを挙げる活躍をみせ、一気にブレイクを果たすと、以降はセカンドトップや攻撃的MFを主戦場に絶対的なレギュラーに君臨。 昨シーズンはセリエA36試合に出場し、7ゴール17アシストの数字を残して4位フィニッシュしたクラブの躍進に大きな貢献を果たしていた。 ルイス・アルベルトは今年5月の時点で契約延長の意向を明らかにしていたが、諸々の調整の結果、自身の28歳のバースデーに契約書にサインすることになった。 2020.09.29 13:47 Tue
twitterfacebook
thumb

A・ペレイラ、ラツィオ移籍秒読み ターレSD&S・インザーギ監督が認める

マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(24)のラツィオ行きが秒読み段階に入った模様だ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで提供した情報によると、2700万ユーロ(約33億3000万円)の買取オプションが付随したローン移籍で合意。選手の給与は両クラブで分担される形となり、今週にもメディカルチェックを受ける見通しだという。 ブラジル人のフットボーラーだったマルコス・ペレイラ氏を父に持ち、ベルギー生まれのA・ペレイラはユナイテッドの下部組織出身。グラナダやバレンシアでの武者修行を経て、2018年にブラジル代表デビュー果たすと、2018-19シーズンからユナイテッドに復帰した。 しかし、公式戦40試合の出場で2得点4アシストをマークした昨季も攻撃的MFとしてのインパクトを欠き、レギュラーの座を射止めるに至らず、今季のここまで消化した公式戦3試合でいずれもベンチすらしていない状況だった。 また、イタリア『スカイ』によれば、ラツィオ側もA・ペレイラの加入間近を認めた模様。スポーツディレクターを務めるイグリ・ターレ氏は「2~3日後に到着するだろう」と述べ、シモーネ・インザーギ監督も「我々の下でうまくやってくれるだろう」と話したという。 2020.09.29 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

エースのインモービレ弾などでカリアリを下したラツィオが白星発進《セリエA》

ラツィオは26日、セリエA第2節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 開幕節のアタランタ戦が延期となり、今節が開幕戦となるラツィオは、昨季の主力メンバーがスタメンに名を連ねた。 ゴディンが加入したカリアリに対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオが立ち上がりから圧力をかけると、4分に先制する。マルシッチがボックス左で仕掛けてクロスを入れ、最後はファーサイドのラッツァーリが押し込んだ。 あっさりと先制したラツィオが主導権を握る中、前半終盤の42分に追加点のチャンス。ルイス・アルベルトのスルーパスでボックス左に抜け出したインモービレが枠の右隅を捉えるシュートを放ったが、GKの好守に阻まれ、1点のリードで後半へ折り返した。 迎えた後半、互角の攻防で推移した中、ラツィオは63分にルーカス・レイバに代えてエイバルから加入の新戦力エスカランテを投入。 リードを保つと、74分に加点した。左サイドをマルシッチが駆け上がり、マイナスに折り返したパスをボックス左のインモービレがゴール右に蹴り込んだ。 終盤にかけてはラツィオがカリアリの反撃を許さずに試合をクローズ。2-0のシャットアウト勝利で白星発進としている。 2020.09.27 03:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオが獲得したFWムリキ、移籍手続きのため帰国したトルコで新型コロナ陽性反応

フェネルバフチェからラツィオに今夏加入したコソボ代表FWべダド・ムリキ(26)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることがわかった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ムリキはフェネルバフチェから加入。移籍に関する書類を完成させるためにトルコへと帰国。その際に受けたPCR検査で、陽性反応を示したとのことだ。なお、無症状であり、すでに隔離措置を取っているという。 当初はトルコでの噂に過ぎなかったが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとラツィオもムリキの感染を認めたとのことだ。 ムリキは先週ローマに到着。メディカルチェックを受け、ラツィオと5年契約を締結していた。 なお、これによりムリキは10月中旬までは起用できないことになり、シーズン序盤戦を欠場することになる。 2020.09.21 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

オサスナがラツィオのMFホニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

オサスナは20日、ラツィオのスペイン人MFホニー・ロドリゲス(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍での加入となるが、500万ユーロ(約6億2000万円)での買い取りオプションがついているとのことだ。 ホニーはレアル・オビエド、バルセロナの下部組織で育ち、スペインの下部リーグでプレー。スポルティング・ヒホンやマラガ、アラベスでのプレーを経て、2019年7月にラツィオへと完全移籍していた。 2019-20シーズンはセリエAで24試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグでも6試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.09.21 14:35 Mon
twitterfacebook