2、6、7月のJリーグ月間MVPは首位川崎FのMF家長昭博、J2は首位長崎のMF秋野央樹、J3は失点1の秋田GK田中雄大《KONAMI月間MVP》

2020.08.07 16:31 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは7日、2月、6月、7月の「2020明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。今シーズン最初の月間MVPに輝いたのは明治安田J1は川崎フロンターレのMF家長昭博、明治安田J2はV・ファーレン長崎のMF秋野央樹、明治安田J3はブラウブリッツ秋田のGK田中雄大が受賞した。

家長は明治安田J1での受賞は初。秋野、田中も初受賞となった。

家長は、全試合でスタメン出場を果たし3ゴール2アシストを記録。チームの首位に大きく貢献した。

秋野は全9試合に出場。ゴールこそないものの、正確なプレースキックやゲームコントロールでチームの首位に貢献している。

また、田中は7月までの全7試合でゴールを守りわずか1失点。開幕戦から6試合連続クリーンシートと、チームの7連勝に大きな貢献をし、首位を走るチームを支えている。

受賞選手にはクリスタルトロフィーと、賞金として明治安田J1は30万円、明治安田J2は20万円、明治安田J3は10万円が授与される。各選手のコメントと選考理由は以下の通り。

◆家長昭博(川崎フロンターレ)
「今回は、このような賞に選んでいただき、ありがとうございました。8月も選んでもらえるように頑張ります。応援、よろしくお願いします」

●選考理由
原博実委員
「7月は6連勝と好調な川崎Fの攻撃を牽引。すべての試合に先発。ゴールだけでなく、アシスト、ボールキープ等、川崎Fの攻撃のスイッチを入れ、サイドバックの山根 視来をうまく活かしている」

播戸竜二委員
「好調な首位フロンターレの中で、全ての試合でスタメン出場!3得点2アシストは間違いなく月間MVPです!もっともっと貪欲になって更に成長して欲しい!」

柱谷幸一委員
「攻撃でチームを牽引した」

北條聡委員
「無双フロンターレの魔法使い。右からの攻めの拠点、キーパスも量産。点まで取った」

寺嶋朋也委員
「中断期間を経てコンディションが整い、本来持っている力を存分に発揮。Jリーグ年間MVPを受賞した2018年を彷彿とさせる圧巻のプレーぶり。美しい軌道を描きながら味方のもとに届いた数々のクロスが特に印象的だった」

◆秋野央樹(V・ファーレン長崎)
「2、6、7月の月間MVPに選出され、大変嬉しく思います。今チームが首位に立てているのは、チーム全員がいつでも試合で結果を出せる準備をしているからです。この賞もチーム全員にいただいた賞だと思っています」

「これから、過密日程の中で結果を出し続けなければなりませんが、チーム全員でJ1昇格をつかむために戦い抜きます。この度は、本当にありがとうございました」

●選考理由
原博実委員
「豊富な運動量、正確なキック、判断力で長崎の中盤を支える。秋野 央樹のCK、FKはチームの武器。左足のミドルシュートも魅力」

播戸竜二委員
「首位長崎の中盤の要。彼のオーガナイズが長崎好調の要因。ピッチ上の指揮者。プレーも華麗で、左足のセットプレーは大きな武器」

柱谷幸一委員
「首位の長崎で出場時間が一番長く安定したプレーをしていた」

北條聡委員
「破竹長崎の羅針盤。試合のテンポ、押し引きを操り、勝利への道を指し示した」

寺嶋朋也委員
「長崎のビルドアップの要。テンポの良いパスさばきと精度の高さが印象的で、チームを見事にコントロールしていた」

◆田中雄大(ブラウブリッツ秋田)
「この度、このような賞をいただくことができ、大変光栄に思います。ありがとうございます」

「この賞は、僕一人の力で得られたものではありません。チームメイト、監督、コーチ、チームスタッフ、ファン、サポーター。ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々による賜物です」

「このご恩に報いる為にもJ3優勝、J2昇格に向けて、精進していきたいと思います」

●選考理由
原博実委員
「7連勝1失点を支えたGK。安定感がある」

播戸竜二委員
「首位のキーパー。失点1」

柱谷幸一委員
「ゴールキーパーとして安定した守備で首位に貢献」

北條聡委員
「無敗秋田のビッグセーバー。鬼神のごとき立ち回りで6つのクリーンシート」
関連ニュース
thumb

6月の優秀監督賞にFC東京の長谷川健太監督! J2は永井秀樹監督、J3は長野の横山雄次監督に

Jリーグは9日、6月度の「明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞」を発表した。 今回はJ1リーグからFC東京の長谷川健太監督をはじめ、J2リーグを戦う東京ヴェルディの永井秀樹監督、そしてJ3リーグからAC長野パルセイロの横山雄次監督が栄誉に輝いた。 長谷川監督率いるFC東京は6月に入る前の2試合で1分け1敗と調子がいまいちだったが、代表ウィーク後の3試合をいずれも勝利。FWディエゴ・オリヴェイラ、MFアダイウトン、MFレアンドロのブラジル人トリオを再び機能させるなど、今季初の3連勝に導いた。 2019年に続き、2度目の受賞となる長谷川監督は受賞に際して、Jリーグの公式サイトを通じて喜びの思いとともに、今後の戦いに向けて決意を新たにした。 「今回、明治安田生命J1リーグ6月度の月間優秀監督賞をいただき大変嬉しく思います。3連勝ということで選出いただいたと思いますので、まずは選手・スタッフに感謝をしたいと思います。このような賞を今シーズン、もう1回、もう2回といただけるように、チーム一丸となってさらに頑張っていきたいと思います。ありがとうございます」 また、J2リーグからは永井監督が初受賞。第16節終了時で6勝3分け7敗だったが、6月の4試合を全勝。5月最後の一戦だった第16節のブラウブリッツ秋田戦を含めると今季最長の5連勝とチームを大きく勢いづかせた。 そして、J3リーグからは通算3度目の受賞となる長野の横山監督が選ばれ、6月の4試合は3勝1分け無敗。その間の得失点も13得点1失点と圧倒的な数字を残して、開幕戦以来白星がなかったチームを活気づかせている。 2021.07.09 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸FW古橋亨梧がハット含む4発で6月の月間MVPに! 「これからも努力」

Jリーグは9日、6月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーからヴィッセル神戸のFW古橋亨梧、ヴァンフォーレ甲府のMF泉澤仁、AC長野パルセイロのMF森川裕基が月間MVPに輝いている。 6月の神戸はリーグ戦2試合のみだったが、古橋はいずれも先発して計4ゴールの活躍を披露。とりわけ、第19節の横浜FC戦ではプロ初のハットトリックをやってのけ、得点ランキングで単独トップに浮上するなど、インパクトを残した。 その間の神戸も連勝と日本代表活動から復帰後もまさしくエースとしてチームをリードする古橋はJリーグを通じて喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「6月のKONAMI月間MVPに選んでいただきありがとうございます。今回の受賞は僕一人の結果ではなく、チームメイトをはじめ、たくさんの応援やサポートがあったからいただけたと思っております」 「感謝の気持ちを忘れずプレーヤーとしても人としても愛してもらえる応援してもらえる存在になれるように、これからも努力してピッチで表現できたらと思います。これに満足せず次も選んでいただけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 なお、J2リーグから選出された甲府の泉澤は6月の4試合で4得点をマーク。J3リーグからの選出となる長野の森川は4試合で3ゴールと活躍した。 <span class="paragraph-title">【動画】これが月間MVPを受賞した古橋亨梧の4ゴールだ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ouxhsk93fznx19xawdpiuynp7" async></script> 2021.07.09 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島再建の相馬直樹監督が5月度の月間優秀監督に 「これからもチャレンジャー」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ 5月度の月間優秀監督賞」を発表した。 今回は鹿島アントラーズの相馬直樹監督、ヴァンフォーレ甲府の伊藤彰監督、そして福島ユナイテッドFCの時崎悠監督がノミネート。いずれも初受賞となる。 4月中旬から率いる相馬監督は5月の7試合で5勝2敗。初陣から公式戦11試合目にして初の黒星を含む2敗を喫したが、残りを全勝と大きく勝ち越してみせた。 攻守の部分でも16得点7失点と立て直す相馬監督はJリーグを通じて、喜びの心境とともに、今後に向けての意気込みを語った。 「明治安田生命J1リーグ5月の月間優秀監督賞をいただき、大変光栄でうれしく思います。ファン・サポーター、パートナー、地域の皆さん、日頃からクラブを支えてくださっているすべての方々に感謝したいです。そして、何よりも日々一緒に戦ってくれている選手、スタッフへの感謝を忘れるわけにはいきません」 「鹿島アントラーズが苦しい局面を迎えていた中で、選手、スタッフが自分事としてその状況に向き合い、全員が強い気持ちを持って戦い、勝ち取った賞だと思います。これからもチャレンジャーとして、見ている方々の心に残る、心を打つような戦いを続けていきたいと思います」 2021.06.11 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

5月度MVPに浦和デビュー即大暴れのキャスパー・ユンカー! 「更なる発展の序章に」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 J1リーグからは浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが選出。5月に加入したばかりだが、J1リーグデビュー戦からいきなりのゴールを決めると、そこから4戦連発をマークするなど、出場した5試合で計5ゴールの活躍を披露した。 その間にチームの調子も今季初のJ1リーグ3連勝を含む5戦負けなしと上向き、新風を吹かせるユンカー。Jリーグを通じて、喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「日本でプレーした最初の1か月でこのような賞をいただくことができ、とてもうれしく、そして誇りに思います。まず第一に、これはチームメイトからのサポートがあったからこそ、受賞できました。彼らはすぐに私のことを浦和レッズの仲間として迎え入れてくれ、ピッチ内外で初日から私を助けてくれたことをとてもありがたく思います」 「これが今後数か月の更なる発展の序章に過ぎないことを願っています。自分の経験値と攻撃のクオリティでこれからもチームに貢献し、ベストを尽くしたいと思います。ファン・サポーターのみなさんには、加入時からの愛情とチーム全員に対する日々の温かい応援を感じています。本当に特別な存在である彼らに心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 また、J2リーグからは全6試合に先発して4戦連続ゴールを記録したジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が受賞。J3リーグからは4試合で3ゴールの活躍を披露した福島ユナイテッドFCのFWイスマイラが栄冠に輝いた。なお、ユンカーを含めた3選手はそれぞれ初受賞となる。 2021.06.11 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

5勝1分けの川崎F・鬼木達監督が4月の月間優秀監督賞を受賞、通算3度目

Jリーグは7日、4月度における月間優秀監督賞の受賞者を発表した。 明治安田生命J1リーグクラブからは川崎フロンターレの鬼木達監督。川崎Fは4月の6試合を5勝1分けと圧倒的な強さを見せて首位をキープし続けていた。 通算3度目の受賞となった鬼木監督は、喜びのコメントを残している。 「このたびは、明治安田生命J1リーグ4月の月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。今シーズンもスタートから選手、スタッフ、クラブ、サポーターが一丸となって同じ目標に向かって戦い続けてくれています。その結果が現在の順位に結びついていると感じています」 「コロナ禍の中、まだまだ大変な時期は続きますが、全ての皆さんに感謝しつつ、これからもフロンターレらしいサッカーで、Jリーグと共に成長して行けるように努力していきたいと思います。宜しくお願い致します」 なお、Jリーグ選考委員会による総評は以下の通り。 原博実委員 「全チームに激しくマークされながら5勝1分。選手のローテーション、交代、競争意識、全ての歯車が上手く回っている。鬼木監督の手腕は高く評価されるべき。川崎Fを止めるのはどのチームか」 北條聡委員 「連戦にも負けず、敵の対策にも負けず、無敗街道まっしぐら。チームの士気を保つ人心掌握と隙のない用兵術は見事。そのうえ、名古屋との首位決戦で圧勝。文句なしのマネジメント」 寺嶋朋也委員 「連覇を狙うチームに緩む気配はまったくなし。見事なマネジメント」 また、J2リーグからは4月の5試合を5連勝した京都サンガF.C.の曺貴裁監督が受賞。曺監督は初受賞となった喜びをコメントしている。 「チームの成績を評価していただいたこと、4月のJ2リーグ月間優秀監督賞に選出いただいたこと、大変光栄に思います。この受賞は、一緒に戦ってきたスタッフと選手の頑張りでいただいた賞だと思っています。そしてフロントスタッフやファン・サポーター、スポンサーの皆さまと一心となり、戦い抜いた結果です。今後も皆さんを楽しませられるようなサッカーを見せられるように戦い続けますので、引き続き、京都サンガF.C.の応援をよろしくお願いします」 また、J3からは2試合で2連勝をおさめたいわてグルージャ盛岡の秋田豊監督が受賞。初受賞の秋田監督は喜びのコメントを残している。 「4月の明治安田生命J3リーグ月間優秀監督賞に選出され、大変光栄に思っております。今回このような賞をいただけたのも、選手たちが勝者のメンタリティを試合で発揮してくれていることや、試合会場で直接のご声援をくださるファン・サポーターの皆さん、DAZNやテレビ中継を観て応援してくださる全ての皆さんのおかげだと感じています」 「今年は特に、東日本大震災から10年という節目を迎え、岩手県民の皆さんに元気と興奮を与えられるような試合ができるよう、チーム一岩となって闘ってまいります」 2021.05.07 18:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly