伯父さん相手にも容赦なし!選手時代のランパードがブレ球32m弾【ビューティフル・フリーキック】

2020.08.09 06:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、チェルシーのフランク・ランパード監督が選手時代に決めたフリーキックだ。

◆選手時代のランパードがブレ球32m弾

ウェストハム下部組織出身のランパード氏は、2001年夏からチェルシーでプレー。チェルシー在籍13年間で公式戦648試合211ゴールを記録し、3度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグなど数々のタイトル獲得に貢献した。

イングランド人指揮官のハリー・レドナップ氏を伯父に持つランパード氏だが、2012年4月15日に行われたFAカップ準決勝のトッテナム戦では伯父レドナップ率いるトッテナム相手に素晴らしいFKを決めている。

3-1とチェルシーが2点をリードして迎えた81分、ゴール正面やや左、ゴールまで約32mの位置でFKを獲得する。

ゴールまで距離はあったものの、キッカーのランパードは躊躇うことなくシュートを選択する。

ゆったりとした助走から放たれたシュートは、回転の少なさから不規則な軌道を描くブレダ球となった。その不規則な動きによって、ゴールマウスを守っていた元同僚カルロ・クディチーニの反応が遅れ、シュートはそのまま右のサイドネットへと突き刺さった。

チェルシーは5-1でこの試合に大勝。リバプールとの決勝も制し、このシーズンはCLとの2冠を達成している。
コメント
関連ニュース
thumb

精度・威力・変化、全てが揃ったロベルト・カルロス氏の絶品FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆精度・威力・変化、全てが揃ったロベルト・カルロス氏の絶品FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwNWwwZEFkaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1996年夏にレアル・マドリーへ移籍したロベルト・カルロス氏。超攻撃的なSBとして積極的な攻撃参加を見せた他、“悪魔の左足”と称される左足から放たれる破壊的な威力のFKで、セットプレーの度に相手チームの脅威となっていた。 2001年4月14日に行われたラ・リーガ第30節のビジャレアル戦では、威力だけでなくコントロールも抜群の直接FKを沈めている。 2-0で迎えた53分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは少し距離があったものの、ロベルト・カルロスが思い切りの良い助走から左足を振り抜くと、スピードのあるシュートは弧を描き、相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 “悪魔の左足”が威力だけではないことを証明するFKを沈めたロベルト・カルロス氏。2000-01シーズンは公式戦52試合に出場し10ゴール13アシストと、FW顔負けの数字を残している。 2020.09.20 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

名キッカー、セルヒオ・ラモスが短め助走から芸術的FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆名キッカー、S・ラモスが短め助走から芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQZEpzeE5XciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 抜群のリーダーシップを発揮し、チームを最終ラインから統率するセルヒオ・ラモスだが、DFとしてのラ・リーガ史上最多ゴール数記録保持者としての顔も持つ。 PKやFKも一流の技術を持っており、2014年5月7日に行われたラ・リーガ第34節のバジャドリー戦では、素晴らしい直接FKを決めている。 0-0で迎えた35分、マドリーはゴール正面左の位置でFKを獲得する。キッカーのセルヒオ・ラモスが短めの助走から右足を振り抜くと、ボールは綺麗な弧を描きながらゴール左上へ。相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 セルヒオ・ラモスは、2020年6月のマジョルカ戦でも直接FKを沈めており、今やマドリーのナンバーワンキッカーと言っても過言ではないかもしれない。 2020.09.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

無回転だけじゃない CSKA時代の本田が見せた完璧なコントロールショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボタフォゴのMF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆CSKA時代の本田が見せた完璧なコントロールショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsQmd2cld2TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年のワールドカップ南アフリカ大会のデンマーク戦で決めたFKなど無回転のシュートを得意としていた本田だが、2011年7月25日に行われたロシア・プレミアリーグ第17節のクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦では、抜群のコントロールから完璧な一撃を沈めている。 1-0で迎えた40分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、本田が左足を一閃。壁を越えたシュートは大きく横に変化し、ゴール右上隅へ向かっていくと、相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 本田にとってロシア移籍2年目となったこのシーズンは負傷に苦しんだものの、18試合を終えた時点で7ゴールをマークするなど、攻撃の中心として活躍を見せた。 2020.09.19 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リズミカルな助走から!レヴァンドフスキのコントロール抜群FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆リズミカルな助走から!レヴァンドフスキのコントロール抜群FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4VzdoMVc2VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今や世界最高のストライカーと言っても過言ではないレヴァンドフスキ。流れの中からのゴールはもちろん、直接FKも得意としており、独特な助走から見事なシュートを放つ。 レヴァンドフスキがFKを蹴るようになったのはここ数年のことだが、2016年12月2日に行われたブンデスリーガ第13節のマインツ戦でも、見事なFKを決めている。 2-1とバイエルンリードで迎えた90分、バイエルンはゴールほぼ正面の好位置でFKを獲得する。キッカーのレヴァンドフスキがリズミカルなステップから右足を振り抜くと、完璧な放物線を描いたシュートがゴール左上へと突き刺さった。 今や完全無欠のストライカーとなったレヴァンドフスキ。新シーズンもゴールマシーンの活躍に期待だ。 2020.09.18 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

現役最高クラス FKの名手パイエが至近距離から決めた高速弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆FKの名手パイエが至近距離から決めた高速FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFNUs4NzlhUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ビッグクラブでの在籍経験はないものの、マルセイユや2015-16シーズンに在籍したウェストハムでワールドクラスの活躍を見せているパイエ。中でもFKには目を見張るものがあり、現役最高クラスと言っても過言ではないだろう。 2018年2月6日に行われたクープ・ドゥ・フランス3回戦のブール・ペロンナ戦では、難しい至近距離からのFKも見事に決めている。 1-0で迎えた13分、マルセイユはゴール正面の位置でFKを獲得する。ゴールまでは約20mと至近距離からのキックとなったが、パイエは相手の壁のわずか上を射抜くと、ボールはスピードを保ったまま、ゴール右へ突き刺さった。 相手の壁がジャンプしなかったこともあるが、完璧な高さに撃ちぬくパイエの技術はお見事。マルセイユは格下相手にその後もゴールを量産し、9-0の大勝を収めている。 2020.09.18 09:00 Fri
twitterfacebook