テベスのシティ移籍後初のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.08.06 09:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがマンチェスター・シティ時代に決めたハットトリックだ。

◆テベスのシティ移籍後初のハットトリック


マンチェスター・ユナイテッドでの活躍の後、2009年に同じ市内のライバルであるシティへ移籍したテベス。シティでもゴールを量産したテベスだが、2010年1月11日に行われたプレミアリーグ第21節のブラックバーン戦では、移籍後初のハットトリックを決めている。

まずは7分、シティは右CKを獲得すると、相手GKがこぼしたところをMFベンジャニが詰め、最後はテベスが押し込んだ。

さらにシティは1点を加えると49分、ベンジャニが右サイドを突破し、中央へマイナスの折り返し。そこの走り込んだテベスがペナルティーアーク付近から豪快に決めた。

その後シティは1点を返されるも、試合終了間際の後半アディショナルタイムにはFWロビーニョのパスを受けたテベスが、ペナルティーアークからコントロールシュート。スピードはなかったものの、絶妙なコースに飛んだシュートがゴール右に吸い込まれた。

テベスの移籍後初のハットトリックの活躍もあったシティが、4-1で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

シティにはこの男が必要!プレミア歴代最多ハットトリックのアグエロがチェルシー戦で見せた大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆プレミア歴代最多ハットトリックのアグエロがゴラッソ含む3ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkWnA1elpqbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年のシティ加入以降、プレミアリーグを代表する点取り屋としてゴールを量産するアグエロ。公式戦370試合で254ゴールを挙げている。 2019年2月10日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシー戦では、その得点能力を証明するハットトリックを達成している。 シティが最高の入りを見せ、1-0で迎えた13分、左サイドを攻め上がったDFオレクサンドル・ジンチェンコがDFに寄せられながらも粘って近くのアグエロに繋ぐと、アルゼンチン代表はボックス手前左から強烈なミドルシュートをゴール右上隅の完璧なコースに突き刺す。 さらに19分にはセットプレーの流れでMFロス・バークリーの不用意なヘディングでのバックパスに反応したアグエロは左足の反転シュートでゴール右に流し込み、早くも2ゴールを記録した。 4-0で折り返して迎えた55分には左サイドで縦に仕掛けたFWラヒーム・スターリングがPKを獲得。これをキッカーのアグエロがゴール右隅に流し込み、ハットトリックを達成した。 試合はその後もゴールを重ねたシティが6-0で大勝を飾っている。 なお、プレミアリーグ通算11度目のハットトリック達成となったアグエロは元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏の持つリーグ記録に並んだ。(現在は12回) 昨シーズン終盤に負った左ヒザのケガで長期離脱中のアグエロ。代役を務めていたFWガブリエウ・ジェズスも離脱し、シティとしては少しでも早い回復を祈るばかりだ。 2020.10.01 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今なおこの男がフリー エディンソン・カバーニの決定力【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆カバーニがすべてワンタッチでハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLQjdNZFJNTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> これまで在籍したパレルモ、ナポリ、PSGでゴールを量産し続けてきたカバーニ。昨シーズン限りでPSGを退団し、現在はフリーの身になっている。 PSGでは公式戦301試合に出場し、クラブ歴代最多の200ゴールを決めてきたカバーニだが、2018年11月11日に行われたリーグ・アン第13節のモナコ戦では、その得点能力が伊達ではないことを証明するハットトリックを達成している。 試合開始早々の4分、FWネイマールがボックス左からシュート性のクロスを出すと、ゴール前のカバーニがダイレクトで押し込み、あっさりと先制に成功する。 さらに11分には、味方のスルーパスに抜け出したFWムサ・ディアビからのお膳立てをカバーニが滑り込みながらダイレクトで合わせ、ネットを揺らす。 2-0で折り返して迎えた53分には、再び左サイドを抜けたディアビの折り返しをカバーニが右足ダイレクトで合わせ、ハットトリックを達成している。 PSGはその後1点を加え、4-0の大勝を飾り、カバーニはすべてワンタッチでハットトリックを決めてみせた。 昨シーズンこそやや自慢の決定力に陰りが見えたものの、33歳のカバーニは老け込むにはまだ早い。実績十分な老練ストライカーはどのクラブでプレーすることになるだろうか。 2020.10.01 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2000年代のポルトガル代表のエース、パウレタがPSG時代に見せた古巣相手の大活躍【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、今回は、元ポルトガル代表FWのペドロ・パウレタ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆パウレタが古巣相手に3ゴールの大暴れ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4am1jNVdlTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キャリアのほとんどをフランスとスペインで過ごしたパウレタ氏。特にフランスではその得点能力が開花し、ボルドーとPSGに在籍した8年間ではリーグ通算266試合に出場し141ゴールを決め、リーグ・アン得点王にも3度輝いている。 そんなパウレタ氏は、2006年4月1日に行われたリーグ・アン第33節のボルドー戦では、古巣相手に見事なハットトリックも達成している。 まずは7分、パウレタが右サイドからのクロスに反応し、頭で先制点を叩きこむ。PSGは同点に追いつかれるものの、38分には自身が獲得したPKをゴール右に沈め、勝ち越しに成功する。 さらに43分には、右サイドでボールを持ったMFジェローム・ロタンの左足のクロスに上手く頭で合わせ、前半だけでハットトリックを達成している。 PSGでは在籍5年間で公式戦211試合に出場し109ゴールを決めたパウレタ氏。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)に抜かれるまでは、PSGのクラブ最多ゴール記録保持者であった。 2020.09.26 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

圧巻のコントロールシュートも!モナコ時代のファルカオが見せた多彩なゴールパターン【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ガラタサライのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがモナコ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆圧巻のコントロールシュートも!モナコ時代のファルカオが見せた多彩なゴールパターン<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxRHhaaUVrbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> コロンビア屈指のストライカーであるファルカオは、リーベル・プレート、ポルト、アトレティコ・マドリー、モナコ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーと各国のビッグクラブを渡り歩いた。2013年夏に加入したモナコでは、2度のレンタルがありながらも、公式戦140試合で83ゴールを挙げるなどエースストライカーとして活躍を見せた。 そんなファルカオは、2017年8月13日に行われたリーグ・アン第2節のディジョン戦では、多彩なゴールパターンからハットトリックを達成している。 試合開始早々の3分、モナコは右CKのチャンスを獲得すると、DFカミル・グリクが後方にフリック。ゴール前のファルカオが右足でわずかにコースを変え、幸先よく先制点を奪った。 さらにリードを2点に広げて迎えた37分には、カウンターからボールを受けたファルカオがボックス端の左45度の位置から圧巻のコントロールシュート。大きく枠外へ逸れたと思われたシュートは、大きく変化し、ゴール右上隅に吸い込まれていった。 モナコは3-1で前半を折り返し、迎えた51分、今度は左CKのチャンスから相手DFに競り勝ったファルカオが見事なヘディングシュートを沈め、ハットトリックを達成した。 2020.09.25 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガルのプレーメイカー、ジョアン・モウティーニョの芸術的FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ウォルバーハンプトンに所属するポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジョアン・モウティーニョの芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOa2RyeFgyNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティング時代の2005年にA代表デビューを飾って以降、今なお招集され続けているモウティーニョ。通算キャップ数は123にも上るが、2017年6月3日に行われた国際親善試合のキプロス戦では、見事な直接FKも決めている。 エースのクリスティアーノ・ロナウドを欠いていたポルトガルだが、開始3分、ボックス手前左で得たFKをモウティーニョが直接狙うと、バーの下を叩いたボールがゴールに吸い込まれ、あっさり先制に成功する。 モウティーニョは前半終了間近の42分にも再び直接FKからゴール。ポルトガルが4-0と大勝を飾っている。 2020.09.24 23:59 Thu
twitterfacebook