ホッフェンハイムがセルビア代表MFガチノビッチを獲得、トレードでツバーがフランクフルトへ

2020.08.04 20:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは4日、セルビア代表MFミヤト・ガチノビッチ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年契約となっている。ガチノビッチはヴォイヴォディナの下部組織出身で、2013年1月にファーストチーム昇格。2015年8月にアポロン・リマソールへと完全移籍。2015年8月にフランクフルトへと完全移籍で加入した。

フランクフルトでは、中盤の攻撃的なポジションを中心に公式戦157試合に出場し10ゴール18アシストを記録。ブンデスリーガでも116試合で3ゴール8アシストを記録している。

なお、スイス代表MFシュテファン・ツバー(28)がフランクフルトへ移籍し、交換トレードとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン戦で負傷のビカクチッチ、右ヒザ前十字靭帯断裂と半月板損傷で数カ月の離脱に

ホッフェンハイムは29日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFエルミン・ビカクチッチが右ヒザ前十字じん帯断裂の負ったことを発表した。 ビカクチッチは27日に行われたブンデスリーガ第2節のバイエルン戦に先発す。15分にはゴールラッシュの口火を切る先制点を記録したが、38分にリロイ・サネの鋭い切り返しについて行こうとした際に、ピッチに倒れ込んだ。右ヒザを痛めた同選手はメディカルスタッフに肩を借りながらピッチを後にしたが、プレー続行不可能となり、FWロバート・スコフが投入されていた。 そして、29日に精密検査を受けたところ、右ヒザ前十字じん帯断裂と半月板損傷が確認された。手術の必要性や離脱期間などは明かされていないが、ドイツ『キッカー』によれば、ビカクチッチはすでにオーストリアのインスブルックで手術を受けており、今後数カ月の離脱となるという。 2020.09.30 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがホッフェンハイムにまさかの完敗… 公式戦無敗記録が32でストップ《ブンデスリーガ》

バイエルンは27日、ブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-4で敗れた。 開幕戦のシャルケ戦を8発圧勝とした王者バイエルンは、3日前に行われたセビージャとのUEFAスーパーカップを延長戦の末に勝利した。そのバイエルンはセビージャ戦のスタメンから4選手を変更。レヴァンドフスキ、ゴレツカ、ジューレ、リュカに代えてアルフォンソ・デイビス、J・ボアテング、トリソ、ザークツィーを起用した。 ケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしたホッフェンハイムに対し、3トップに右からニャブリ、ザークツィー、サネ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンが立ち上がりから押し込む展開とする。 しかし、攻めあぐねる状況が続くと、16分に先制された。左CKからビカクチッチにヘディングシュートを決められた。 さらに24分、クリアボールに抜け出したダブールにGKノイアーと一対一の局面を作られると、チップキックシュートでネットを揺らされてしまった。 その後もディフェンスライン背後を取られる形からピンチを立て続けに迎えたバイエルンだったが、36分に1点を返す。ミュラーのパスを受けたボックス手前左のキミッヒがコントロールシュートでゴール右上に流し込んだ。 追加タイム1分にはクラマリッチに決定的なシュートを許すも、ここはGKノイアーが凌ぎ、バイエルンは1-2で前半を終えた。 迎えた後半もバイエルンが押し込む展開としたが、51分にピンチ。自陣でJ・ボアテングがボールをロストし、ダブールに決定的なシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。 57分にザークツィーのシュートがバーを直撃したバイエルンは、レヴァンドフスキとゴレツカを投入。 それでもギアが上がりきらず、72分にはコマンを投入。直後にはスコフに決定的なシュートを許すも、ここもGKノイアーが立ちはだかった。 しかし77分、ホッフェンハイムに決定的な3点目を献上する。ベブの右クロスを受けたクラマリッチにトラップからシュートを蹴り込まれた。 さらに追加タイムにはPKを献上してクラマリッチに決められ、1-4で敗れたバイエルンは、昨季からの公式戦無敗記録が32でストップした。 2020.09.28 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのブラジル人DFルーカス・リベイロがインテルナシオナルへ1年半レンタル

ホッフェンハイムは10日、ブラジル人DFルーカス・リベイロ(21)がインテルナシオナルへ2021年12月まで1年半レンタルすることを発表した。また、契約期間を1年更新し、2024年6月まで延長している。 2018シーズンにヴィトーリアでトップチームデビューを飾ったリベイロは190cmの長身を生かした対人プレーと、足下の技術も備えた総合力の高いセンターバック。 2019年1月にECヴィトーリアからホッフェンハイムに加入したU-20ブラジル代表歴を持つリベイロだったが、ホッフェンハイムでは出場機会に恵まれず、今季はブンデスリーガ2試合に出場して1ゴールを記録するにとどまっていた。 2020.08.11 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがホッフェンハイムのスイス代表MFツバーをトレードで獲得

フランクフルトは4日、ホッフェンハイムのスイス代表MFシュテファン・ツバー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの3年契約となっている。 ツバーはグラスホッパーの下部組織出身で、2009年7月にファーストチーム昇格。2013年7月にCSKAモスクワへと完全移籍。2014年8月にホッフェンハイムへと完全移籍で加入した。 ホッフェンハイムでは主軸としてプレーするも、2019年1月から半年間はシュツットガルトへとレンタル移籍していた。ホッフェンハイムでは公式戦通算115試合に出場し10ゴール9アシスト。今シーズンはブンデスリーガで14試合に出場し2ゴールを記録していた。 左サイドを中心にプレーしていたツバーだが、最近は中央でもプレー。フランクフルトでも中盤の中央のポジションでのプレーが期待されている。 なお、セルビア代表MFミヤト・ガチノビッチ(25)がホッフェンハイムへ移籍し、交換トレードとなっている。 2020.08.04 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、守護神バウマンと契約延長! ブンデス10年間で最多出場選手

ホッフェンハイムは30日、ドイツ人GKオリバー・バウマン(30)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 今回、ホッフェンハイムとの現行契約をさらに2年延長することに同意したバウマンは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断を振り返っている。 「ここではクラブとファンの双方から歓迎されているように感じているんだ」 「残念なことに、現在のフットボール界においては1つのクラブにこれほど長く在籍するプレーヤーは珍しくなっている。フットボールのビジネス全体が非常に速いスピードで変化しているからね」 「そういった中、僕はここでのすべてに満足しているし、幸せを感じているんだ」 一方、ホッフェンハイムでスポーツ・ディレクターを務めるアレクサンデル・ローゼン氏は、頼れる守護神との契約更新に満足感を示している。 「オリはここに6年間在籍しているが、その間に素晴らしい成功を収めてきたクラブにおいて重要な役割を担ってくれた。そして、彼はクラブの顔の一人となっている」 「彼はリーグ屈指のゴールキーパーであり、チームにとって常に頼りになる存在だ。同様にクラブとファンの間に一体感をもたらしてくれている」 2014年にフライブルクから加入したバウマンは、以降ホッフェンハイムの絶対的な守護神に君臨。在籍6年間でブンデスリーガ198試合を含む、公式戦205試合に出場。今シ-ズンもリーグ戦30試合に出場し、クラブのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。 また、個人としては2010年1月から2019年12月末までの10年間でブンデスリーガ通算316試合に出場しており、これは同期間におけるリーグ最多出場となっている。また、若くして台頭したドイツ人GKは29歳でブンデスリーガ通算300試合出場を達成しており、これはブンデスリーガのGK史上5人目の偉業だ。 2020.07.31 14:00 Fri
twitterfacebook