ビッグクラブ関心のギンター、ボルシアMG残留を宣言

2020.08.03 18:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ代表DFマティアス・ギンター(26)がボルシアMG残留を強調した。ドイツ『キッカー』が伝えている。20歳の時に若くしてドイツ代表に選出され、2017年夏に加入したボルシアMGでも不動の地位を築いているギンター。今季もブンデスリーガ31試合に出場し、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した190㎝のセンターバックには多くのビッグクラブが関心を示しており、インテルは4000万ユーロ(約49億7500万円)の移籍金と800万ユーロ(約9億9400万円)の年俸を用意しているとも伝えられている。

だがギンターは『キッカー』のインタビューで「間違いなくボルシアMGに残るよ」と、移籍の可能性を否定。クラブが秘める可能性に期待しているようだ。

「もちろんいろんなクラブが関心を持ってくれることには感謝しているよ。でもボルシアMGで幸せなことも何度も言ってきたよね」

「今のチームは凄いポテンシャルを秘めてるんだ。監督も僕たちにとって大きな存在だ」

「クラブは素晴らしいファンとこの環境で何かを成し遂げようとしている最中だ。その中で僕も大きな目標を持っているし、契約も残ってるからね」
コメント
関連ニュース
thumb

ベンゼマ&カゼミロの土壇場弾で劇的ドロー! 苦戦マドリーは2戦未勝利…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節、ボルシアMGvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2のドローに終わった。 ボルシアMGは久々の参戦となったCLの初戦でインテルと敵地で2-2のドローと上々のスタートを切った。直近のリーグ戦でもマインツを破り、目下公式戦5試合無敗を継続。マインツ戦では3バックを採用した中、この試合では[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 一方、3シーズンぶりの覇権奪還を狙うマドリーだが、ホームにシャフタールを迎えた初戦では2-3のスコアで敗れ、まさかの黒星発進に。それでも、直近のラ・リーガでは宿敵バルセロナとのエル・クラシコを3-1で制し、見事にバウンスバックを果たした。今大会初白星を目指す敵地での一戦ではそのクラシコから先発1人を変更。負傷のナチョに代わってルーカス・バスケスを起用した。 ボールを保持するマドリーに対して、鋭いロングカウンターを狙うボルシアMG。試合は立ち上がりから拮抗した展開が続くが、アウェイのマドリーがよりゴールの匂いを感じさせる攻めを見せる。 29分にはクロースの強烈なミドルシュート、直後のセットプレーではクロースのお膳立てからベンゼマがヘディングシュートもGKゾンマーの牙城を破ることはできない。 すると、33分にはボルシアMGが先制点を奪いきる。相手陣内中央右でボールを持ったプレアがシュティンドルとのパス交換で相手センターバック2枚を外してグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央に走り込んできたテュラムが冷静に流し込んだ。 シャフタール戦に続き先制を許す厳しい試合展開を強いられたマドリーは後半に入って攻勢に転じていくが、ヴィニシウスが立ち上がりの好機をモノにできない。すると、58分にはライナーの右クロスをボックス中央のプレアにダイレクトで打たれる。これはGKクルトワが好守で凌ぐも、こぼれ球を再びテュラムにタップインされた。 フランス代表の盟友リリアン・テュラムの実子に2点を奪われて劣勢のジダン監督は、70分にヴィニシウス、クロースを下げて今季初出場のアザールをモドリッチと共に同時投入。74分にはベンゼマの丁寧な折り返しから、早速アザールに見せ場が訪れるが、ここは相手GKの寄せにプレッシャーを感じてか、シュートを枠の左に外してしまう。 グループステージ突破を目指す上で連敗は許されないマドリーは試合終盤にかけてリスクを冒して猛攻に打って出ると、最後の最後に劇的な展開が待っていた。 まずは87分、右サイド深くでルーカス・バスケスが入れたクロスは精度を欠いてゴールラインを割るかに思われたが、これをカゼミロがゴールラインぎりぎりで頭で折り返すと、ゴール前のベンゼマがアクロバティックなボレーで合わせてゴールネットを揺らす。 さらに、試合終了間際の93分にはボックス手前のモドリッチが入れたクロスをファーのセルヒオ・ラモスが頭で落とすと、これをカゼミロがワンタッチで流し込み、力業で試合を振り出しに戻した。 しかし、3点目を奪う時間は残されておらず、試合はこのままタイムアップ。試合終了間際の連続ゴールで勝ち点1を拾ったマドリーだが、2戦未勝利と思わぬ苦戦を強いられている。 ボルシアMG 2-2 レアル・マドリー 【ボルシアMG】 テュラム(前33) テュラム(後13) 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(後42) カゼミロ(後48) 2020.10.28 07:27 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーとユナイテッドが来夏にザカリア獲得へ? バイエルンと競合か

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが、ボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(23)の獲得を狙っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 同選手は2017年夏に母国の名門ヤング・ボーイズから加入。ここまで公式戦96試合に出場しているが、今年3月にヒザを負傷し、現在まで復帰できない状況が続いている。 スイス代表でも主力を務める23歳のセントラルMFに、プレミアリーグのビッグクラブが関心。チェルシーは今夏に6人の新戦力を迎えたが、フランス代表MFエンゴロ・カンテと、イタリア代表MFジョルジーニョが君臨するボランチの位置は手付かずとなっている。一方のユナイテッドは、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得。また、ブラジル代表MFフレッジやスコットランド代表MFスコット・マクトミネイも在籍しているが、上位互換として注目しているようだ。 また『ビルト』によると、ザカリアにはバイエルンも関心を示しているようで、現在は3クラブによる睨み合いとなっている模様だ。2022年まで契約を残す同選手の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約61億7000万円)は必要になると見込まれている。 2020.10.22 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

“サッカー界の二世タレント”もサン・シーロを顔パスできず…グーグルがボルシアMGテュラムを救う?

先日開幕し、早くも数々の名勝負が生まれているチャンピオンズリーグ(CL)だが、その中で21日に行われたインテルvsボルシアMGの前にも"迷”勝負が起きていたようだ。 5シーズンぶりのCL参戦となるボルシアMGがインテルの本拠地サン・シーロに乗り込んだ一戦。フランス人FWマルクス・テュラムは、試合前会見に出席するために、他の選手たちよりも一足先に会場を訪れていた。 一人サン・シーロに到着し、中に入ろうとするテュラム。しかし、ここで警備員に呼び止められてしまう。その時おそらく「ボルシアMGのマルクス・テュラムだ」とでも名乗ったのだろうか。だが、コロナ対策としてマスクをしていた同選手は警備員に信じてもらえず、マスクを取って顔を見せるも通過許可が下りなかった。 仕方なくテュラムはiPhoneを取り出し、グーグルで自分の名前を検索。そこでようやく警備員の中で顔と名前が一致したようだ。 思いがけず本番を前に一戦交えることになってしまったが、これまでソショーやギャンガンでプレーし、昨夏にボルシアMGに加入した23歳はこれがCL初出場。世界的に有名な選手だった元フランス代表DFリリアン・テュラムを父に持っていても、世間の知名度はまだまだということなのかもしれない。 なお、試合では先発出場した同選手のPK奪取の活躍などで、強豪インテルを相手に2-2のドロー。イタリアのサッカーファンの印象に少なからずインパクトを与えたはずだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gladbach&#39;s French attacker Marcus Thuram had to pull out Google to prove to officials that he should be allowed into the San Siro today ahead of the Champions&#39; League game vs Inter Milan. <a href="https://t.co/bgGcP3VSe0">pic.twitter.com/bgGcP3VSe0</a></p>&mdash; Get French Football News (@GFFN) <a href="https://twitter.com/GFFN/status/1319041709934845952?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.22 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク2発もインテル、ホームでボルシアMGにドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB開幕節、インテルvsボルシアMGが21日に行われ、2-2で引き分けた。 直前の試合でレアル・マドリーがシャフタールに2-3で敗れる波乱が起こったグループB。 グループ突破を懸けた直接対決と言える初戦となった中、インテルは4日前に行われたミラノ・ダービーを惜敗し、セリエAでは2勝1分け1敗となった。そのインテルはコロナ陽性者が続出している中、新たに試合当日ハキミが陽性となって欠場となり、新戦力のダルミアンがスタメンとなった。 対するボルシアMGは5季ぶりのCL出場となる中、ブンデスリーガでは1勝2分け1敗スタート。テュラムやプレア、ノイハウスらが先発となった。 ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルは、トップ下にエリクセン、中盤センターにビダルとバレッラを据え、右にダルミアン、左にペリシッチと並べた。 2トップにプレアとエンボロ、右にJ・ホフマン、左にテュラムと据えるフラットな[4-4-2]で臨んだボルシアMGが高い位置からプレスをかけたことで、インテルは思うように2トップにボールを入れられない状況を強いられた。 なかなかシュートに持ち込めず苦戦が続いていた中、前半終盤の41分に最初の決定機。ボックス右でサンチェスのパスを受けたルカクが右足でシュートに持ち込んだが枠の右に外れ、互角の攻防で推移した前半はゴールレスで終えた。 迎えた後半、サンチェスに代えてL・マルティネスを投入したインテルは、開始4分に先制する。L・マルティネスのヘディングシュートは枠を外れるも、ルーズボールを右サイドゴールライン際のダンブロージオが折り返し、ダルミアンがシュート。最後はこぼれ球をルカクが押し込んだ。 先制後はインテルが流れを引き寄せていたが、ボルシアMGが60分にPKを獲得する。テュラムがボックス左で仕掛けたところでビダルに倒され、このPKをベンセバイニが決めた。 追いつかれたインテルが押し込む時間が続く中、82分にダルミアンの右クロスからL・マルティネスがボレーで合わせたシュートは右ポストに直撃。 すると85分、ボルシアMGが逆転に成功する。ノイハウスの絶妙なロングスルーパスに抜け出したJ・ホフマンがボックス右に侵入してGKとの一対一を制した。 ホームで負けられないインテルは89分、ダルミアンのヘディングシュートでゴールに迫るも、GKソンマーのファインセーブに阻まれてしまう。それでも直後の右CKから同点とする。ニアサイドのバストーニがクロスボールをヘッドで逸らし、ファーサイドのルカクが押し込んだ。 しかし勝ち越しゴールを奪うには至らず、インテルは敗戦こそ避けられたもののホームで引き分けに終わっている。 インテル 2-2 ボルシアMG 【インテル】 ルカク(後4) ルカク(後45) 【ボルシアMG】 ベンセバイニ(後18)【PK】 J・ホフマン(後40) 2020.10.22 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延するインテル、ハキミが陽性でボルシアMG戦欠場…

インテルは21日、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミが新型コロナウイルスの検査結果で陽性反応を示したことを発表した。 インテルは同日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB開幕節でボルシアMG戦を戦うが、ハキミを欠くことになった。 ハキミは今後10日間自己隔離され、陰性が確認されればチームに合流することができる。インテルではDFアレッサンドロ・バストーニとMFラジャ・ナインゴランが既に陰性となってチームに合流した一方、DFアシュリー・ヤング、DFミラン・シュクリニアル、MFロベルト・ガリアルディーニ、GKヨヌーツ・ラドゥは未だに陽性で隔離状態が続いている。 2020.10.22 01:00 Thu
twitterfacebook