群馬FW岡田翔平がトレーニング中に負傷、全治は6週間

2020.08.03 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
ザスパクサツ群馬は3日、FW岡田翔平の負傷を発表した。クラブの発表によると、岡田は7月27日(月)のトレーニング中に負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は6週間の見込みとのことだ。

今シーズンの岡田は、明治安田生命J2リーグで2試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

群馬MF中山雄登が左膝内側側副靭帯損傷で約10週間の離脱…

ザスパクサツ群馬は28日、MF中山雄登の負傷を報告した。 中山は20日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節の愛媛FC戦で負傷。クラブによると左膝内側側副靭帯の損傷で、全治は10週間と見込んでいるようだ。 2014年から5年過ごしたロアッソ熊本から群馬に移籍した中山は、ここまでJ2リーグに12試合出場していた。 2020.09.28 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛との裏天王山制した群馬が今季2度目の連勝で最下位脱出!《J2》

20日、明治安田生命J2リーグ第20節の2試合が行われた。 正田醤油スタジアム群馬で行われたザスパクサツ群馬(勝ち点16/最下位)vs愛媛FC(勝ち点16/20位)は1-0で群馬が勝利した。 群馬が主導権を握り試合を進めていくと、ゴールレスで試合を折り返した51分、セットプレーの流れから小島がGK岡本に倒されてPKのチャンスを獲得。キッカーを務めた大前がゴール左下に蹴り込み先制に成功する。 ビハインドとなった愛媛は84分に長沼からのパスに抜け出した有田がGK清水と一対一の局面を迎えるも、決めきれず。そのまま、試合は1-0で終了し、群馬が今季2度目の連勝を飾り、最下位を脱出。愛媛は連敗で1つ順位を落とした。 また、FC町田ゼルビア(勝ち点27/10位)vs大宮アルディージャ(勝ち点25/13位)の一戦は0-0のゴールレスドローに終わった。互いに先制を許すと全敗しているチーム同士の対戦。互いに先取点を目指す中、フィニッシュの精度を欠いてゴールを奪えない。 後半に入り、互いに攻撃のカードを切るも最後までゴールを奪えず。結局ネットが揺れることなく、0-0の引き分けに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第20節 ▽9月20日(日) FC町田ゼルビア 0-0 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 愛媛FC ▽9月19日(土) ヴァンフォーレ甲府 0-0 京都サンガF.C. アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> 松本山雅FC 2-2 V・ファーレン長崎 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 ファジアーノ岡山 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> ジュビロ磐田 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-2 水戸ホーリーホック 2020.09.20 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

逆転の群馬が最下位脱出! 首位北九州は5位新潟を下す《J2》

明治安田生命J2リーグ第19節の9試合が13日に各地で開催された。 最下位のザスパクサツ群馬は味の素スタジアムで上位追走を目指す7位の東京ヴェルディと対戦。立ち上がり5分に若狭のゴールで先制を許したが、左サイドでFKのチャンスを獲得した17分に田中の得点で追いつく。さらに、42分にも田中がネットを揺らして前半のうちに逆転すると、82分に大前からのパスを飯野が押し込み、群馬が3-1の逆転勝利。5試合ぶりの勝利を飾り、最下位を脱出した。 ミクニワールドスタジアム北九州では、前節に今季初めて首位に浮上したギラヴァンツ北九州と5位のアルビレックス新潟が激突した。11分に福森、49分に野口のゴールで北九州がリードしたが、54分にファビオの一発で新潟が1点差に。そこからオープンな展開が続いたが、北九州が2-1で逃げ切り、引き分けに終わった2位のV・ファーレン長崎と3ポイント差に広げた。 そのほか、京都サンガF.C.はFC琉球を1-0で下して3連勝を飾り、5位に浮上。シティライトスタジアムで行われた17位ファジアーノ岡山と4位・甲府の一戦は両GKの好守が光り、0-0のドローに終わっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽9/13(日) 栃木SC 1-1 松本山雅FC 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ザスパクサツ群馬</span> ファジアーノ岡山 0-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-1 FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 0-0 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 4</span>-2 レノファ山口FC 大宮アルディージャ 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-1 アルビレックス新潟 ▽9/12(土) 徳島ヴォルティス 1-1 ツエーゲン金沢 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> 2020.09.13 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

金城スーパーミドルも群馬は3連勝ならず…栃木は4試合ぶり勝利で7位浮上《J2》

30日、明治安田生命J2リーグ第15節の3試合が行われた。 下位脱出に向けて3連勝を目指すザスパクサツ群馬はホームにジュビロ磐田を迎えた。 直近2連勝と勢いに乗る群馬だが、この日は序盤から主導権を握られると、迎えた28分、岡村が小川航をペナルティエリアで倒してしまいPKを献上。これを決められ先制を許す。 それでも41分にカウンターから大前が得点し同点で試合を折り返すと、押し気味に迎えた57分、宮阪の足の長い縦パスを大前が落としたところを金城が左足一閃。ボックス手前から強烈なミドルシュートが突き刺さり、逆転に成功した。 連勝中の勢いを見せた群馬だが、その10分後、磐田はルキアンのループシュートがクロスバーに当たって跳ね返ると、こぼれ球を大森が押し込んで同点に。 その後、終盤に得点のチャンスを迎えた群馬だが、決勝点は挙げられず2-2で試合終了となった。 そのほか、ヴァンフォーレ甲府に0-1で勝利した栃木SCが4試合ぶりに白星を挙げて7位に浮上。ファジアーノ岡山を2-0で下し、2連勝を収めたFC町田ゼルビアが11位に上がった。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽8/30(日) ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> ザスパクサツ群馬 2-2 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-0 ファジアーノ岡山 ▽8/29(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-0 京都サンガF.C. 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 徳島ヴォルティス</span> 水戸ホーリーホック 0-0 愛媛FC レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 3</span>-2 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 大宮アルディージャ FC琉球 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> 2020.08.30 22:25 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛がラストプレーPK弾で大宮破り11戦ぶりの勝利! 群馬が今季初の連勝!《J2》

22日、明治安田生命J2リーグ第14節の3試合が行われた。 ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvs大宮アルディージャは、ホームの愛媛が2-1で勝利した。 10戦未勝利で21位に低迷する愛媛と、今季2度目の連敗により4戦未勝利で7位の大宮による、久々の白星を目指す両者の一戦は立ち上がりから動く。[4-4-2]の新布陣で臨んだアウェイチームに対して、普段通りの戦い方で臨んだ愛媛は8分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボックス手前で森谷から浮き球パスを受けた丹羽が胸トラップから豪快な右足のミドルシュートを突き刺し、幸先よく先制に成功した。 一方、今季先制された試合をすべて落としている大宮は、失点直後にハムストリングを痛めた古巣初対戦の近藤がプレー続行不可能となるアクシデントにも見舞われる。しかし、すぐさま反撃に転じると、14分には前線で戸島が競ったこぼれ球を繋ぎボックス中央の密集で黒川から足元にパスを受けた戸島が対面のDFのタイミングをうまく外し、ゴール左下隅の完璧なコースへ右足のシュートを流し込み、早々にスコアを振り出しに戻した。 この同点ゴールで完全に息を吹き返した大宮は、渡部の攻撃参加を生かした右サイド、奥抜のドリブル突破が際立つ左サイドとバランスの良い仕掛けから相手を押し込んでいく。その流れの中で黒川や奥抜に追加点のチャンスが訪れるが、前半のうちに試合を引っくり返すまでには至らなかった。 迎えた後半は立ち上がりこそ大宮が押し込む展開を作るが、愛媛の粘り強い守備を前に決定機には持ち込めない。すると、山瀬や横谷のベテランを投入して攻守のバランスを整えてきた愛媛が徐々に盛り返し、試合は完全にイーブンな展開に。 中盤での潰し合いが続きセットプレー以外でフィニッシュの数が増えていかない中、78分にはエリア外でビルドアップに参加したGK岡本から黒川がボールを奪い、高田がロングシュートを狙うが、これはDFのゴールカバーに遭う。 試合終盤にかけては消耗を色濃く感じさせる状況が続き引き分け濃厚と思われたが、最後の最後に試合が動く。96分、カウンターから相手陣内左サイド深くで仕掛けた長沼がDF2枚を振り切ってボックス内に切り込むと、DF渡部が足をかけて倒してしまい、愛媛にPKが与えられる。勝敗を分けるこのPKを古巣対戦の横谷が冷静にゴール左隅へ蹴り込み、劇的な決勝点と共に試合はタイムアップ。そして、大宮との接戦を制した愛媛が11戦ぶりの勝ち点3を手にした。敗れた大宮は今季初の3連敗で5戦未勝利となった。 また、シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vsザスパクサツ群馬は、群馬が1-0で勝利した。 今季初の連勝を目指す群馬は、ホーム3連勝を狙う岡山を相手に拮抗した戦いを見せる。そして、前半から多くのセットプレーを得ていた中、55分には大前の左CKを岡村が打点の高いヘディングで合わせ、待望の先制点を挙げる。その後、岡山の猛攻をしのぎ切った群馬は今季初のクリーンシートで初の連勝を飾った。 レノファ山口FCvsFC町田ゼルビアの下位対決は、平戸の1ゴール1アシストの活躍で2-0の勝利を飾ったアウェイの町田に軍配。6戦ぶりの勝利とした。敗れた山口は最下位に転落している。 ◆明治安田生命J2リーグ第14節 ▽8/22(土) ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 2</span>-1 大宮アルディージャ ▽8/23(日) 《18:00》 モンテディオ山形 vs ヴァンフォーレ甲府 栃木SC vs アビスパ福岡 アルビレックス新潟 vs FC琉球 《18:30》 ジュビロ磐田 vs ツエーゲン金沢 京都サンガF.C. vs 松本山雅FC 《19:00》 水戸ホーリーホック vs V・ファーレン長崎 ジェフユナイテッド千葉 vs 徳島ヴォルテイス ギラヴァンツ北九州 vs 東京ヴェルディ 2020.08.22 21:26 Sat
twitterfacebook