ロシア注目の若手GKレシュチュクが強烈なFKをスーパーストップ【アンビリーバブル・セーブス】

2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。

◆ロシアの若手GKレシュチュクが強烈なFKを好セーブ


今回は、ディナモ・モスクワのロシア人GKイゴール・レシュチュクが見せた好セーブだ。

ディナモ・モスクワの下部組織で育ったレシュチュクは、生え抜きのGKとして同クラブの絶対的守護神である、GKアントン・シュニンの控えを務めているが、同選手の負傷離脱により、2019年8月10日のロシア・プレミアリーグ第5節、ゼニト戦でリーグ戦デビュー。その後の7試合に出場し、守護神の留守を預かった。

そんなレシュチュクは、2019年8月18日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第6節のロコモティフ・モスクワ戦で好セーブを見せている。

前半にそれぞれ1点ずつ奪い、1-1で迎えた50分、ロコモティフが、ボックス手前ゴール正面でFKのチャンスを得る。するとキッカーを務めたMFアントン・ミランチュクが、縦回転の強烈なボールを蹴る。壁を越えて、急激に落ちていく変化するボールに対し、レシュチュクは冷静にコースを見極めて横っ飛び。コーナーキックに難を逃れている。

ピンチを逃れたディナモ・モスクワだったが、試合は82分の失点で1-2で敗れている。それでもレシュチュクは、守護神の不在を感じさせないプレーでチームを助け、ファンが選ぶ月のクラブ月間MVPに選出されている。
コメント
関連ニュース
thumb

文字通り試合の流れを変えたPKストップ!CLシティ戦でロリスが見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロリスが試合の流れを変えるPKストップ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6RkVoV29WdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスが見せたスーパーセーブだ。 ニースでプロキャリアをスタートさせたロリスは、2008年夏にリヨンに加入。守護神としてリーグ屈指のGKとしての評価を受け、2012年夏にトッテナムに移籍した。 トッテナムでも守護神としてここまで公式戦325試合に出場し、キャプテンも務めるロリスだが、2019年4月9日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・シティとの1stレグでは素晴らしいストップでチームを救っている。 プレミアリーグクラブ同士の対戦カードとなったこの試合は、国内で圧倒的な強さを見せるシティが優勢と言われていた。そして0-0で迎えた13分、そのシティがPKを獲得する。 これが決まり、シティが序盤からリードする展開となればシティの楽勝ムードになりかねなかった場面だったが、キッカーのFWセルヒオ・アグエロのシュートをロリスが完璧に読んでストップ。トッテナム不利に傾きかけた流れを一変させた。 このPKストップでスコアを0-0に保ったトッテナムは、後半の得点で1-0とホームでの1stレグに勝利。アウェイでの2ndレグでも土壇場でのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定もあり、4-3で勝利し、準決勝に進出している。 2020.09.07 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

まさにバロテッリキラー!インテル守護神ハンダノビッチがシュートを止めまくる!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ハンダノビッチがバロテッリ相手にスーパーセーブ連発!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4U0c3eHozbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、インテルの元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチが見せたスーパーセーブだ。 ウディネーゼでブレイクした2012年にインテルに加入して以来、絶対的守護神としてゴールマウスを守り続けているハンダノビッチ。長い手足と抜群の反射神経で、幾度となくチームのピンチを救っている。 2019年10月29日のセリエA第10節、ブレシア戦では、相手チームのエースを完全にシャットアウトし、チームの勝利に貢献している。 ブレシアのホームにインテルが乗り込んだこの試合では、古巣相手に奮起するFWマリオ・バロテッリをハンダノビッチが抑え込む。 まずは、1-0とインテルリードの48分、ゴール正面のボックス手前でボールを持ったバロテッリがミドルシュートを放つ。ゴール左下へ低く速いシュートが飛ぶが、これをハンダノビッチが素早い反応でセーブする。 続いて50分、インテルのコーナーキックからFWアルフレド・ドンナルンマがボックス内の混戦からシュートを放つ。これもハンダノビッチがセーブしたものの、こぼれ球にバロテッリが詰める。ハンダノビッチはこれにも対応し、咄嗟に足を伸ばしバロテッリがシュートを打つ前にブロックした。 極め付きは2-0とインテルがリードをひろげて迎えた73分、再びコーナーキックからチャンスを得たバロテッリは、ゴール前でヘディングシュートを放つ。叩きつけるようなバウンドのシュートは、ハンダノビッチの前で大きくバウンドし、セーブのタイミングが外れるが、それでもハンダノビッチは片手でボールを押し返す。バロテッリが再びこぼれ球に詰めるも、DFやハンダノビッチの気迫に負けたのか、シュートは枠外へ飛んでいった。 ハンダノビッチの再三のセーブでバロテッリのチャンスを阻止したインテル。その後ブレシアに反撃を許したものの、試合には2-1で勝利している。 2020.09.07 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

さすがブッフォン!近距離からのスーパーセーブに相手選手も呆然【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ブッフォンのセーブにバゼッリも頭を抱える<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEZlFkSW5YZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが見せたスーパーセーブだ。 パルマでプロキャリアをスタートさせたブッフォンは、若き逸材GKとして大ブレイクを果たすと、2001年夏にユベントスへ移籍。以降世界最高のGKの1人としてイタリアの絶対王者を支え、ここまで公式戦671試合に出場している。 数多くのスーパーセーブでチームに勝利をもたらしてきたブッフォンだが、2015年2月20日に行われた、セリエA第24節のアタランタ戦もその一つだ。 0-0で迎えた24分、中央突破からユベントス陣内に攻め込んだアタランタは、ボックス手前での細かいパス交換の中から、ゴール前でフリーになっていたMFダニエレ・バゼッリにボールが入る。バゼッリは強烈なダイレクトシュートを放つが、ブッフォンは超反応でこれをセーブ。決定的チャンスを阻止している。 これにはバゼッリも信じられないという様子で頭を抱え、思わず座り込んでいる。試合はこの後2-1でユベントスが勝利している。 2020.09.06 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラジルの名門サントスの前守護神ヴァンデルレイが見せた驚異の超反応セーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆サントスの守護神が見せた超反応セーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJja1VtQVZsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、グレミオに所属するブラジル人GKヴァンデルレイが昨年まで守護神としてプレーしたサントスで見せたスーパーセーブだ。 2007年に加入したコリチーバで頭角を現したヴァンデルレイは、2015年に名門サントスに加入。守護神としてプレーし、公式戦163試合に出場した。 今年1月からグレミオに活躍の場を移したヴァンデルレイだが、2016年10月1日に行われた、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第28節のアトレチコ・パラナエンセ戦で素晴らしいセーブを見せている。 0-0で迎えた15分、左サイドでボールを持ったMFオタヴィオがボックス内にロングボールを上げる。これにパラナエンセFWが合わせるも、ボールには触れられず、クロスはそのままゴールへ飛んでいった。そのままゴールインするかと思われたが、これをヴァンデルレイが驚異の反応でセーブ。ボールを枠外に弾き、ことなきを得た。 試合はその後、サントスが得点を奪い、2-0で勝利している。 2020.09.06 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

メキシコの守護神オチョアが大舞台で見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆メキシコの守護神オチョアが見せたスーパーセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3Y0hjV1VuMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、メキシコ代表GKギジェルモ・オチョアがクラブ・アメリカで見せたスーパーセーブだ。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、2019年12月30日に行われた、リーガMX・リギージャ決勝のモンテレイとの2ndレグでは素晴らしいセーブを記録している。 1stレグに1-2で敗れていたクラブ・アメリカだったが、2ndレグでは2-1として、合計スコアで追いついて迎えた86分、モンテレイの右サイドからクロスをクラブ・アメリカDFがブロックする。しかし、こぼれ球に詰めたモンテレイのFWロヘリオ・フネス・モリがシュートを放つ。近距離からのシュートにオチョアも成す術なしかと思われたが、素晴らしい反応で枠外に弾き、ピンチを凌いだ。 試合はそのまま2-1で終了。合計スコア3-3のままPK戦までもつれた結果、モンテレイが勝利している。 2020.09.05 19:00 Sat
twitterfacebook