イタリアダービーでネドベド砲炸裂!ジュリオ・セーザルの牙城を破る【ビューティフル・フリーキック】

2020.08.06 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。

◆ネドベド砲がジュリオ・セーザルの牙城を破る


現役時代、無尽蔵のスタミナやチェコの大砲と呼ばれる強烈なシュートを武器に大活躍したネドベド氏だが、キック精度の高さにも定評があった。

2005年10月2日に行われたセリエA第6節のインテル戦では、ライバルであるインテル相手に直接FKを沈めている。

FWダビド・トレゼゲのゴールで先制したユベントスは34分、ゴールやや左、ペナルティーアーク手前の位置でFKのチャンスを獲得する。

雨が降りしきる中、FWズラタン・イブラヒモビッチとともにボールの近くに立ったネドベドは、助走から右足を一閃。巻いて落とすシュートを選択した。

壁をギリギリ超える低弾道のシュートは、スピードを落とすことなくゴールへと向かい、ゴール左に突き刺さった。

ネドベドの直接FKで貴重な追加点を獲得したインテルはそのまま2-0で勝利。イタリアダービーで勝ち点3を獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

“ピントゥリッキオ” デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1dzV2NkdtayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスで栄光の背番号「10」を長年着用し、その美しくも繊細で芸術的なプレーからイタリアの画家である“ピントゥリッキオ”の異名を取ったデル・ピエロ氏。2008年2月16日に行われたセリエA第23節のローマ戦では、見事な直接FKも決めている。 スコアレスで迎えた前半終了間際の45分、ユベントスはゴールほぼ正面の好位置でFKを獲得する。キッカーのデル・ピエロは、MFパベル・ネドベドとFWヴィンチェンツォ・ヤクインタが空けたコースに向けて右足を一閃。豪快な弾丸シュートが相手GKドニの手をかすめてゴール右へと突き刺さった。 当時33歳ながらシーズンを通して好調を維持したデル・ピエロはリーグ戦で21ゴールを記録。自身初のセリエA得点王に輝いている。 2020.09.27 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

そのモーションから美しい!ベッカムの精度抜群FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆そのモーションから美しい!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3VDVIc2pYeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年にマンチェスター・ユナイテッドからマドリー入りしたベッカム氏は、在籍4年で公式戦159試合に出場し20ゴール51アシストを記録。チーム事情から当初は中央でのプレーが主だったが、その右足はチームにとって大きな武器であった。 2003年12月18日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のレガネス戦では、その並外れたキックから見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた14分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。ベッカムが美しいフォームから右足を振り抜くと。ボールは壁を越えながらゴール左下へ。相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 試合はレガネスの粘りに遭いながらも延長戦の末、マドリーが4-3で勝利。ベッカムは公式戦で初めてレガネスから得点を決めたマドリーの選手となった。 2020.09.26 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“黄金の隼”の芸術的FK プレミアリーグでも通用したその実力【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ドイツ代表FWのユルゲン・クリンスマン氏がトッテナム時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“黄金の隼” ユルゲン・クリンスマンの芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyYlBMNVpvbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1978年にキャリアをスタートさせたクリンスマン氏はシュツットガルトでブレイク。その後、インテルやモナコで活躍した後、1994年にトッテナムに加入し、プレミアリーグに上陸。1年半の在籍で、公式戦58試合31ゴールという数字を残している。 スピードがあり、金髪をなびかせる姿から“黄金の隼”と呼ばれたクリンスマン氏だが、1995年4月14日に行われたプレミアリーグ第37節のクリスタル・パレス戦では、見事な直接FKも決めている。 1点ビハインドで迎えた87分、トッテナムはゴール正面でFKのチャンスを獲得する。是が非でも同点に追いつきたい場面でキッカーは務めたのはエースのクリンスマンだった。 味方がボールの前に立ち、GKの視界をさえぎると、クリンスマンが助走を開始。同時に味方がコースを空けると、クリンスマンが丁寧に右足を振り抜いた。シュートは壁を越え、美しい弧を描きながらゴール右上隅へと吸い込まれていった。 プレミアでも実力を示したクリンスマン氏だったが、シーズン終了後に母国バイエルンへと移籍。トッテナムには1997-98シーズン途中に再加入している。 2020.09.26 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

その軌道はもはやカットボール!シティ時代のテベスが見せたスペシャルなFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがマンチェスター・シティ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆その軌道はもはやカットボール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkQk94enJQYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの活躍の後、2009年に同じ市内のライバルであるシティへ移籍したテベス。シティでもゴールを量産したテベスだが、2011年5月17日に行われたプレミアリーグ第37節のストーク・シティ戦では圧巻の直接FKも決めている。 2-0とシティがリードして迎えた65分、ゴールほぼ正面の位置でFKのチャンスを獲得する。ゴールまではやや距離があったものの、テベスが思い切りよく右足を振り抜くと、壁の外を抜いたシュートは、凄まじいスピードのまま左にスライドし、ゴール右上の隅に突き刺さった。 全く垂れないスピードと、鋭く左に変化する軌道はまるで野球のカットボールのようだった。 2020.09.25 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今なお現役の元フランス代表FWジニャックがメキシコで見せたスペシャルFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メキシコリーグのティグレスに所属する元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆フランス代表の元10番、ジニャックが見せたスペシャルFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDOEVqcGhhRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユでのブレイクの後、ビッグクラブの関心もありながらもメキシコへと活躍の場を移したジニャック。34歳を迎えた今シーズンもその得点力は衰えずリーグ戦11試合8ゴールと結果を残している。 そんなジニャックだが、2018年11月11日に行われた第16節のプエブラ戦では見事な直接FKも決めている。 2-1で迎えた44分、ティグレスはゴール正面左の位置でFKを獲得する。エースのジニャックが右足を振り抜くと、美しい弧を描いたシュートがゴール左上へと突き刺さった。 ジニャックはその後もゴールを量産。1試合4ゴールの大活躍で6-1の大勝に貢献している。 2020.09.25 09:00 Fri
twitterfacebook