久保建英の争奪戦にセルタも名乗り! 最優先で獲得を目指す

2020.08.02 11:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーの日本代表MF久保建英(19)を巡る獲得レースにセルタも参戦するようだ。昨夏にレンタル加入したマジョルカでラ・リーガ35試合4ゴール5アシストの成績を収めた久保。現時点でマドリー復帰が規定路線だが、EU圏外枠の問題もあり、来シーズンも引き続きの武者修行が濃厚だ。

スペイン『マルカ』によれば、セルタを率いるオスカル・ガルシア監督はすでに加入を決めたMFノリートとFWアルバロ・バディージョに続いて、想像力溢れる選手の獲得を望み、久保に興味を示しているという。

ガルシア監督はバルセロナ下部組織時代に指導した久保の獲得をクラブに進言した模様。セルタは複数選手をリストアップしているというが、久保の獲得にプライオリティを置いているようだ。

ただ、オサスナやレアル・ソシエダ、ヘタフェ、ベティス、グラナダ、バジャドリー、レバンテ、ウエスカの国内クラブだけでなく、アヤックスやラツィオといった強豪クラブも関心を抱いており、マドリーに照会済み。さらに、高額な年俸やレンタル料もネックになってくるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

相手GKは見送ることしかできず、ジダン氏がユベントス時代に決めた低弾道FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5aXo3VGFVTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏だが、1996年12月1日に行われたセリエA第11節のボローニャ戦では、見事な直接FKも決めている。 スコアレスで迎えた51分、ユベントスはペナルティーアーク右の好位置でFKを獲得する。名手アレッサンドロ・デル・ピエロらもいる中でジダンが右足を振り抜くと、壁をギリギリのところで越えたシュートはゴール左に吸い込まれ、逆を突かれた相手GKは見送ることしかできなかった。 このFKが唯一のゴールとなり、ユベントスはウノゼロで勝利を収めている。 ルイス・フィーゴ氏やロベルト・カルロス氏らFKの名手が揃っていたレアル・マドリー時代にもキッカーを任される場面があったジダン氏。ユベントス時代にはそれほど蹴る機会は多くなかったものの、その実力は確かだった。 2020.10.01 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バジャドリー戦で決勝点のレアルFWヴィニシウス「僕を投入してから試合内容が変わった」

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、決勝点を記録したレアル・バジャドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは9月30日に行われたラ・リーガ第4節でバジャドリーと対戦。ゴールレスで迎えた65分に途中出場のヴィニシウスがボックス内でこぼれ球を押し込んで先制に成功すると、そのまま逃げ切り、連勝を飾った。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sww5a8grrdch1eugr54757lp8" async></script></div> 今季初ゴールを記録して、チームを連勝に導いたヴィニシウス。自身の投入から試合の流れが変わったと語った。 「試合に満足している。前半は難しかったけど、監督はハーフタイム後に(マルコ・)アセンシオと僕を投入してチャンスを増やし、試合内容が変わった。今日はベティス戦と違う試合だったが、重要なのは両試合に勝ったことだ」 「シーズンは始まったばかり。フレンドリーマッチがなかったから難しいよ。昨シーズンとは異なり、トレーニングする時間がほとんどなかったからね」 「シーズン中にたくさんゴールを決めれる選手がいるからクリーンシートを保てば、試合に勝てるということを僕たちは知っている。攻撃的になるために改善を続けている」 2020.10.01 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

CLグループステージ出場32チームが決定! 5人の日本人選手が参戦!

9月30日に2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフが終了し、CLグループステージに出場する全32チームおよびポット分けが決定した。 バイエルンの7年ぶり6度目の優勝で幕を閉じた2019-20シーズンから約2カ月を経て新シーズンのヨーロッパ王者を懸けた戦いが幕を開ける。 ポット1にはUEFAカントリーランキング上位6チームの国内王者であるレアル・マドリー、リバプール、ユベントス、昨季CL王者でありドイツ王者のバイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)が入り、ここに昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、UEFAカントリーランキング7位のポルトガル王者であるポルトが繰り上がりで入った。 さらに、UEFAクラブランキング上位が並ぶポット2ではマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーのイングランド勢3チームにバルセロナとアトレティコ・マドリーのスペイン勢、ドルトムント、アヤックス、シャフタールが入った。 ポット3ではすでに確定済みだったインテル、ラツィオ、RBライプツィヒの3チームに加え、予選を突破してきたディナモ・キエフ、ザルツブルク、オリンピアコス、FCクラスノダールの4チームに、昨季CLベスト8のアタランタが入った。 ポット4はいずれも初参戦のスタッド・レンヌ、イスタンブール・バシャクシェヒルの2チームが確定していた中、予選の結果を受けてマルセイユ、ボルシアMGといった名門が入っている。 なお、今回のグループステージではFW南野拓実(リバプール)、FW中島翔哉(ポルト)、MF奥川雅也(ザルツブルク)、DF酒井宏樹、DF長友佑都(マルセイユ)と、合計5人の日本人選手が参戦する。 注目のグループステージ組み合わせ抽選会は10月1日にスイスのニヨンで開催されるが、今ラウンドでは同じサッカー協会に所属するチーム同士の対戦(同国対決)はない。 今回決定した2020-21シーズンのCLグループステージ出場チーム及びポット分けは以下の通り。 ◆CLグループステージ 出場チーム&ポット分け ▽ポット1 バイエルン(CL王者/ドイツ) セビージャ(EL王者/スペイン) レアル・マドリー(スペイン) リバプール(イングランド) ユベントス(イタリア) パリ・サンジェルマン(フランス) ゼニト(ロシア) ポルト(ポルトガル) ▽ポット2 バルセロナ(スペイン) アトレティコ・マドリー(スペイン) マンチェスター・シティ(イングランド) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シャフタール(ウクライナ) ドルトムント(ドイツ) チェルシー(イングランド) アヤックス(オランダ) ▽ポット3 ディナモ・キエフ(ウクライナ)※ ザルツブルク(オーストリア)※ RBライプツィヒ(ドイツ) インテル(イタリア) オリンピアコス(ギリシャ)※ ラツィオ(イタリア) FCクラスノダール(ロシア)※ アタランタ(イタリア) ▽ポット4 ロコモティフ・モスクワ(ロシア) マルセイユ(フランス) クラブ・ブルージュ(ベルギー) ボルシアMG(ドイツ) イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) ミッティラン(デンマーク)※ スタッド・レンヌ(フランス) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)※ ※予選突破チーム 2020.10.01 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン采配的中!ヴィニシウス弾で逃げ切ったマドリーが連勝を飾る!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは9月30日、ラ・リーガ第4節でバジャドリーとホームで対戦し1-0で勝利した。 前節のベティス戦で今季初勝利を飾った王者マドリーは、中2日での一戦に向けて先発メンバーを4人変更。ベティス戦で負傷したクロースやウーデゴール、カルバハルらに代えてイスコやモドリッチ、マルセロらが先発に名を連ねた。 立ち上がりからボールを保持するマドリーは10分、ボックス左に抜け出したヨビッチの折り返しをボックス内までオーバーラップしたマルセロがシュート。ブロックされたこぼれ球をバルベルデがダイレクトで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続いたが、マドリーは35分にマルセロのパスをボックス中央左で受けたモドリッチが絶妙なトラップからラストパス。これに反応したヨビッチがボックス左からハーフボレーで合わせたが、シュートは左サイドネットに外れた。 ハーフタイムにかけてバジャドリーの反撃を受けたマドリーだったが、互いにゴールネットは揺らせず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、マドリーは開始早々に決定機を迎える。48分、モドリッチの右CKをヨビッチがヘディングシュート。さらに相手GKが弾いたボールにカゼミロが詰めたが、シュートはクロスバーを直撃した。 先制のチャンスを逃したマドリーは、54分にピンチ。中盤でボール奪取からカウンターを仕掛けたヴァイスマンがドリブルでもボックス内まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKクルトワの好セーブで難を逃れた。 先制点の欲しいマドリーは、57分にヨビッチ、イスコ、オドリオソラを下げてヴィニシウス、アセンシオ、カルバハルを投入する3枚替えを敢行。布陣を[4-4-2]から3トップにアセンシオ、ベンゼマ、ヴィニシウスを並べた[4-3-3]に変更した。 するとこの交代が功を奏す。65分、ボックス手前でボールを奪ったバルベルデがボックス中央のベンゼマへパス。これはベンゼマの前でラウール・ガルシアにカットされたが、こぼれ球がゴール前のヴィニシウスに繋がり、そのままシュートを流し込んだ。 待望の先制点を奪ったマドリーは、69分にバジャドリーの反撃に遭う。左サイドでボールを受けたアンドレの横パスを駆け上がったラウール・ガルシアがカットすると、そのままボックス左深くまで侵入。角度のない位置からニアサイドへシュートを放ったが、これはGKクルトワが右手一本でビッグセーブ。 結局、試合はそのまま1-0で終了。途中出場ヴィニシウスの決勝点で逃げ切ったマドリーが連勝を飾った。 2020.10.01 06:33 Thu
twitterfacebook
thumb

アザールが右足筋肉を損傷…復帰は4週間後か

レアル・マドリーは30日、ベルギー代表FWエデン・アザールの負傷を報告した。 声明によると、同日に行われた検査の結果、アザールは右足に筋肉損傷が見つかった模様。クラブは具体的な治療期間は明かしていないものの、スペイン『マルカ』は3~4週間の離脱を見込んでいる。 また、30日同日に発表されたベルギー代表に選ばれたアザールだったが、今回の招集は辞退するものと見られている。ベルギーは来月上旬にコートジボワール代表との親善試合と、イングランド代表、アイスランド代表とのUEFAネーションズリーグが予定されている。 なお、マドリーは30日にラ・リーガ第4節のバジャドリー戦、その4日後には第5節のレバンテ戦が控えている。 2020.09.30 21:59 Wed
twitterfacebook