2位の座を懸けた直接対決はインテルに軍配!アタランタは昨季と同じ3位フィニッシュ《セリエA》

2020.08.02 05:46 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA最終節、アタランタvsインテルが1日に行われ、0-2でインテルが勝利した。

3位アタランタ(勝ち点78)と2位インテル(勝ち点79)による2位の座を懸けた一戦。

12日にチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのパリ・サンジェルマン戦を控えるアタランタは、現状のベストメンバーで臨んだ。

一方、5日にヨーロッパリーグのヘタフェ戦を控えるインテルもほぼ現状のベストメンバーで臨んだ。

試合は開始1分に動く。左CKのショートコーナーからヤングの左クロスをダンブロージオがヘッドで流し込んだ。

失点場面でGKゴッリーニが負傷したアタランタはGKスポルティエッロを投入。そのアタランタが前がかるも20分にインテルが加点する。左サイドからカットインしたヤングが右足インスウィングのシュートでネットを揺らした。

ハーフタイムにかけてもインテルが主導権を握り、2-0で前半を終えた。

迎えた後半も攻撃の形を作れないアタランタは61分に3枚替えを敢行。ムリエルやマリノフスキーを投入した。

しかし、インテルが主導権を渡さず時間を進めていく。

83分にはようやくアタランタが決定機を演出するも、ムリエルのスルーパスに抜け出したゴセンズのシュートはわずかに枠を捉えきれず。

インテルが2-0で勝利し、2位でのシーズンフィニッシュとした。一方、アタランタは昨季同様に3位で今季を終えている。
コメント
関連ニュース
thumb

パシャリッチ、CL惜敗に落胆も「僕たちは強豪相手にも戦える」

チャンピオンズリーグ(CL)敗退が決まったアタランタのクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチは、早くも来季の大会に目を向けている。 アタランタは12日、CL準々決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。幸先良く先制しゲームをコントロールしていたかに見えたが、次第に主導権はPSGへと渡る。すると試合終了間際に同点に追いつかれ、アディショナルタイムでは逆転を許し1-2で敗戦。初挑戦となったCLはベスト8で敗退となった。 試合後、この試合で先制点を記録したパシャリッチがインタビューに応じ、敗戦に肩を落としてながらも、全力を尽くしたとイタリア『スカイ・スポーツ』に語った。 「残念だよ。僕たちは(勝利が)目前だった。でも、これがCLだよ。クオリティーの高いチームは2分間で2点をとれるんだ」 「失望もしているし、後悔もしている。だけど、前を向いて来シーズンのCLへ向けて準備をしていくよ」 「僕たちは全て出し尽くした。それは間違いないよ。ただ、PSGようなチームは個のクオリティーが高いから、いつだって試合を変えてしまうんだ」 「僕たちは強豪チームが相手でも戦えることを証明できたし、来シーズンのCLも同じように戦えると思うよ」 2020.08.13 16:11 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的決勝点演出のムバッペ、医療スタッフに感謝

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、出場が危ぶまれていたチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦後に医療スタッフへ感謝の言葉を送っている。 12日にCL準々決勝でアタランタと対戦したPSG。ムバッペは先月24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝のサンテチェンヌ戦で、右足首にタックルを受け外じん帯を損傷。当初は全治3週間と見込まれ、アタランタ戦は欠場の見方が強かった。 しかし当日、ムバッペはベンチスタートとなったものの、60分にFWパブロ・サラビアとの交代で登場。1点差で負けていたチームの勢いが増し、74分と80分には味方のパスからゴールに迫る。すると90分にDFマルキーニョスのゴールで土壇場で同点に追いつくと迎えた93分、ボックス左に侵入したムバッペがFWエリック・マキシム・チュポ=モティングの決勝点をアシスト。稀に見る逆転劇を演じてみせた。 試合後、ムバッペはこの重要な一戦のために懸命な努力を注いでくれた医療スタッフに感謝し、クラブ全体の勝利を祝福した。 「間に合わせてくれた医療スタッフには本当に感謝してるよ。僕たち以外は誰も信じていなかったからね」 「クラブ全体の勝利だ。僕たちはみんなでこの結果を手にしたんだ」 なお、PSGは18日に行われる準決勝でライプツィヒvsアトレティコ・マドリーの勝者と対戦する。 2020.08.13 14:17 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、守護神ケイロル・ナバスが右ハムストリングを負傷

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが負傷した。 同選手は12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝のアタランタ戦に出場。劣勢の前半は安定したセービングを見せていた中、79分に右足ハムストリングを痛めて負傷交代。足を引きずりながらピッチを後にしていた。 その後、試合終了間際の3分で劇的な逆転勝利を収めたPSGは、18日に予定されている準決勝でライプツィヒvsアトレティコ・マドリーの勝者と対戦する。しかし、フランス『レキップ』はケイロル・ナバスの出場は「非常に不透明」として、欠場の可能性が高いことを伝えている。 今後48時間内で検査を受けるとのことで、今季のCLでは8試合に出場していたコスタリカ代表GKの離脱となれば大きな痛手となる。 2020.08.13 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「できる限りやった」ガスペリーニ監督、土壇場での逆転負けも選手たちを讃える

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、逆転負けを喫したパリ・サンジェルマン(PSG)戦を総括した。イタリア『スカイ』が伝えた。 12日に中立地ポルトガルで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でPSGと対戦したアタランタ。27分にドゥヴァン・サパタのクロスからMFマリオ・パシャリッチが先制ゴールを記録するも、試合終了間際に2失点を喫して1-2で逆転負け。初出場となったCLはベスト8で幕を閉じた。 試合後、ガスペリーニ監督は土壇場で逆転負けをした要因を分析。FWキリアン・ムバッペの途中投入と、FWネイマールの存在が大きかったと語っている。 「準決勝に到達できなかったことは、非常に残念だと言わざる得ない。非常に近づいていた。欠けているものはほとんどなかった。達成可能だったと思うが、困難な挑戦だった」 「我々は常に成長している。CLでプレーできたことは満足しているし、今シーズンの選手たちに感謝したい。このような難しい大会は今まではほんとどなかった」 「(キリアン・)ムバッペが投入されたときには打撃があった。ただ、ネイマール自身が大きなクオリティーを与えた」 また、この試合を振り返ったガスペリーニ監督は小さなミスが勝敗を左右したと語り、選手たちに感謝を述べている。 「我々は試合終了間際に失点しまった。理由はもっと簡単に説明できるかもしれないが、できる限りのことをした。選手たちは全てを出して継続していた。選手たちは試合終盤に疲れてしまった。私は選手に感謝している」 「CLは非常に特別な大会で、エピソードがある大会だ。些細なバランスが決定する。セットプレーや数回のリスタートからもう少し戦えかもしれない。本当に最小限のディテールが結果を左右した」 2020.08.13 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタの躍進を支えたデ・ルーン、逆転負けでCL敗退に落胆「失望している」

アタランタのオランダ代表MFマルテン・デ・ルーンが、パリ・・サンジェルマン(PSG)戦の結果を落胆した。『UEFA.com』が伝えた。 12日に中立地ポルトガルで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でPSGと対戦したアタランタは27分にドゥヴァン・サパタのクロスからMFマリオ・パシャリッチが先制弾。しかし、試合終了間際にDFマルキーニョス、FWエリック・マキシム・チュポ=モティングに立て続けにゴールを許し、1-2と逆転負け。ベスト8で敗退となった。 CL初出場ながらベスト8進出の快挙を達成したアタランタの中盤を支えたデ・ルーンは試合後、リードを手にした前半の内容に満足感を示したものの、1点を守りきれなかった後半のパフォーマンスを悔やんだ。 「僕たちは前半良いプレーをした。プレッシャーをかけて、わずかなチャンスを生かし、パリを難しくさせた」 「後半は少し深くで止まってしまったよ。11人で守らなければいけなかったし、最後の最後に訪れた不幸な瞬間まで僕たちはとてもうまくやった。今はとても辛い」 「明日になれば、このチームとクラブを誇りに思うだろうけど、今は失望している」 2020.08.13 11:10 Thu
twitterfacebook