欧州カップ戦を見据える王者ユーベとローマの最終戦はローマに軍配!《セリエA》

2020.08.02 05:41 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA最終節、ユベントスvsローマが1日に行われ、1-3でローマが勝利した。

前々節に9連覇を決めたユベントスと、前節5位を確定させたローマの最終節。

ユベントスは7日にチャンピオンズリーグのリヨン戦を、ローマは6日にヨーロッパリーグのセビージャ戦を控える中、控え選手中心のメンバー構成となった。

試合は開始5分、ユベントスが先制する。左CKからニアサイドのラビオが逸らし、ファーサイドのイグアインがボレーで蹴り込んだ。

しかし23分、ローマもCKから同点弾を挙げる。左CKからカリニッチのヘディングシュートが決まった。

その後は膠着状態が続いた中、43分にローマがPKを獲得する。カラフィオリがボックス内に侵入したところでダニーロに倒された。このPKをペロッティが決め、ローマが逆転して前半を終えた。

迎えた後半、52分にローマが3点目を挙げる。ザニオーロのスルーパスからペロッティが決めた。

その後、両チームは欧州カップ戦を見据えてメンバーを交代していく。終盤にかけても流し気味のプレーとなった中、最終戦はローマが3-1で勝利。

9連覇を決めたユベントスは連敗でシーズンを終え、CLに挑むことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、パストーレが左股関節を手術…

ローマは11日、元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレが、左股関節の関節鏡手術を受けたことを発表した。 バルセロナのマルク・テイ医師の執刀の下で行われた手術は無事に成功したが、離脱期間に関しては今後の経過を観察次第、改めて明かされる見込みだ。 ローマ加入2年目となったパストーレは、シーズン序盤に輝きを取り戻した時期もあったものの、ケガの影響などで昨年11月半ば以降は思うように出場機会を得られず。リーグ再開直後に2試合に途中出場したが、7月以降は一度もプレー機会がなく、今季は公式戦15試合の出場にとどまった。 なお、今冬に中国行きが取り沙汰されるも新型コロナウイルスの影響で移籍を諦めた同選手だが、今夏にローマを離れることは決定的な状況だ。 2020.08.12 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

グラナダがゴナロンの買い取りオプションを行使、2023年まで契約

グラナダは11日、元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(31)の買い取りオプションを行使したことを発表した。また、同選手と2023年6月まで契約を結んでいる。 『フットボール・イタリア』によれば、グラナダは所属元のローマに400万ユーロ(約5億円)の移籍金を支払うとのことだ。 ゴナロンはレンタルで加入していた2019-20シーズン、ラ・リーガで7位、コパ・デル・レイでベスト4と躍進したグラナダで公式戦25試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2020.08.12 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

新天地探し難航のポチェッティーノにローマ行き浮上?

トッテナム退任後、フリーの状態が続くマウリシオ・ポチェッティーノ氏の新天地にローマが浮上しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 これまでエスパニョール、サウサンプトン、トッテナムで確かな手腕を発揮してきたアルゼンチン人指揮官。昨年11月に成績不振を理由にトッテナムの指揮官の座を追われたポチェッティーノ氏は、以降フリーの状態が続いている。 これまではサウジアラビア人新オーナーの就任が見込まれたニューカッスル(後に破談)、バルセロナなど幾つかの新天地候補が挙がっていた。 さらに、以前からマウリツィオ・サッリ監督の解任の可能性が報じられてきたユベントスに関しては、新指揮官候補筆頭に挙がっていたが、最終的にユベントスはU-23チームの指揮官就任が決定していたアンドレア・ピルロ氏をサッリ監督の後任に任命。 これにより、一部で高年俸がネックと言われるポチェッティーノ氏の新天地探しは再び振り出しに戻ることになった。 そういった状況の中、新たな新天地候補に浮上しているのが、セリエA屈指の名門ローマだ。 ローマは昨夏、パウロ・フォンセカ監督を新監督に招へいし、今季のセリエAを5位フィニッシュ。目標のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に失敗したものの、リーグ終盤を7勝1分けの8戦無敗という好成績で終えた。しかし、先日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16、セビージャ戦では0-2のスコア以上の完敗を喫し、試合後にはFWエディン・ジェコやMFロレンツォ・ペッレグリーニといった中心選手から試合へのアプローチを批判する趣旨のコメントが出ていた。 また、ローマはジェームズ・パロッタ現体制からアメリカ『フリードキン・グループ』への売却交渉が合意に達し、来シーズンは新たな船出となる。そして、クラブ内部で賛否両論があるフォンセカ監督の更迭を考慮しており、新監督候補としてポチェッティーノ氏にオファーを掲示しているようだ。 ただ、ポチェッティーノ氏に関しては現役時代にプレーした古巣パリ・サンジェルマンの指揮官就任を希望していると言われており、トーマス・トゥヘル監督率いる現チームの動向を見守りながら、後任に座ることを検討しているとも言われている。 2020.08.11 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

新体制移行のローマがスモーリング獲得に再び動く! 本人はイタリア残留希望を示唆?

ローマが元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)の完全移籍での買い取りに向け、再び動き始めたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏、マンチェスター・ユナイテッドから300万ユーロ(約3億7000万円)の有償レンタルで加入したスモーリングは、公式戦35試合に出場し3ゴールを記録。首都ローマの新たな防衛大臣としてクラブ、ティフォージの双方から高い評価を集めていた。 しかし、2000万ユーロ(約25億円)を要求するユナイテッドに対して掲示した1400万ユーロ(約17億5000万円)のオファーは拒絶され、交渉は決裂。また、レンタル期間の延長オファーも断られ、同選手は今シーズンのセリエA終了後、レンタル期間終了に伴い、クラブを去っていた。 ただ、スモーリング退団後にローマは、ジェームズ・パロッタ会長からアメリカ『フリードキン・グループ』への5億9100万ユーロ(約738億円)のクラブ売却が合意に至っており、今月末までに新体制への移行が完了する予定だ。 これにより、財政問題を一時的に解決することができたローマは、積極的な補強に動くことはないものの、噂される一部主力の流出を回避できる見込みだ。さらに、新シーズンに向けて戦力を維持するため、今シーズンの主力を担ったスモーリングの買い取りを優先事項として交渉を進めていく構えだ。 なお、当のスモーリング本人は9日、自身の公式ツウイッターを通じて、家族との休暇の様子を写した写真と共に、笑顔とハートマーク、イタリアの国旗を並べた絵文字を投稿しており、イタリア残留を希望しているとも取れるメッセージを残している。 <div id="cws_ad">◆イタリア残留希望を示唆?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/EDoRrW0vWx">pic.twitter.com/EDoRrW0vWx</a></p>&mdash; Chris Smalling (@ChrisSmalling) <a href="https://twitter.com/ChrisSmalling/status/1292364193644060673?ref_src=twsrc%5Etfw">August 9, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャがローマとの一発勝負制してEL8強入り! ロペテギも満足感

セビージャのフレン・ロペテギ監督がヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 セビージャは6日に行われたラウンド16でローマと対戦。新型コロナウイルスの影響で1stレグを未実施の両者は従来のホーム&アウェイ制でなく、一発勝負でベスト8の座を争い、2-0で勝利したセビージャが見事に突破を決めた。 中立地ドイツでローマを破り、ウォルバーハンプトンと激突する準々決勝に勝ち上がった監督は試合後、チームの結果と内容を評価した。 「チームが偉大な相手に良いゲームをしてくれ、満足している。難しいゲームになるのは折り込み済みで、しっかりと準備もした。逞しさやキャラクター、メンタリティを示してくれた」 また、「冷静になり、回復に努めなければ。今日は次のラウンドに進む権利を手にしただけ」と述べ、チームとして大会最多優勝回数の更新となる6度の頂きを目指して、次戦に気を引き締めた。 2020.08.07 12:05 Fri
twitterfacebook