レオナルドがミスを突いて先制もヴァウドの2戦連発弾で清水がドローに持ち込む!《J1》

2020.08.01 21:12 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
1日、明治安田生命J1リーグ第8節の浦和レッズvs清水エスパルスが埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。前節は横浜FC相手に0-2で勝利を収めた浦和は、スタメンを3人変更。鈴木、柏木、興梠が外れ、トーマス・デン、汰木、杉本を起用した。

対する清水は、前節は大分トリニータ相手にセットプレーから4ゴールを奪い今季初勝利。その試合と同じスターティングメンバーを起用。勢いを持って連勝を目指す。

先にチャンスを作ったのは浦和。11分、エヴェルトンがスルーパス。これをハーフウェイライン付近でレオナルドがフリックすると、受けた汰木が抜け出しドリブル。ボックス付近まで持ち上がるが、エウシーニョが対応すると、最後は上がってきた杉本がパスをダイレクトシュート。しかし、枠を捉えられない。

清水は24分、エウシーニョがボックス手前でドリブルを仕掛けると、トーマス・デンが倒してFKを獲得。ボックス手前ギリギリのところから西澤が直接狙うが、壁の橋岡が頭でクリアしゴールとはならない。

39分には左サイドから西澤がクロス。ボックス内で青木がヘッドでクリアも、浮いたボールはゴールへ。しかし、これはクロスバーに当たりゴールとはならない。

42分にも清水がカウンターからチャンス。右サイドでパスを受けた金子がボックス右からクロスを上げるも、後藤のヘッドはGK西川がセーブする。

清水は最終ラインから繋ぐと。関根がチャージしてスローインへ。素早いスローインを受けたレオナルドがドリブルを中央に仕掛けると、一度はパスミスもこぼれ球を拾い、冷静にコースを狙って流し込んだ。

先制した浦和は、清水の攻勢を受けるものの、勢いを持ったサイド攻撃で清水ゴールに迫る。

山中や途中出場の荻原が陣取る左サイドから清水陣内に攻め込むが、なかなか得点を奪えない。

すると清水は86分、CKの流れから一度は防がれるも、こぼれ球を拾った中村が右サイドを突破。ラインぎりぎりで浮き球のクロスを上げると、ヴァウドがヘディングで合わせ、清水が同点に追いつく。

浦和はアディショナルタイム4分、ボックス手前のFKから浮き球のパスに槙野が反応。折り返しをエヴェルトンが頭で合わせるが、わずかにオフサイドとなる。

結局そのまま試合は終了。清水が追いつく形で勝ち点1を獲得。浦和は痛いドローとなった。

浦和レッズ 1-1 清水エスパルス
【浦和】
レオナルド(後9)
【清水】
ヴァウド(後41)
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定、家族が陽性になりPCR検査受診

FC東京は21日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手の家族が陽性判定を受けたとのこと。選手もPCR検査を実施したところ、陽性判定を受けたとのことだ。 選手は発熱はなかったものの喉に違和感があったとのこと。16日には発熱はないものの、味覚と嗅覚に異常があり、同日に家族が発熱。喉の痛みもあり病院で受診した。 選手はその後も発熱などはなかったが、20日に家族がPCR検査で陽性判定を受け、選手は21日に陽性判定を受けたとのことだ。 なお、この期間チームはオフであり、管轄保健所による濃厚接触者の特定の結果、クラブ内の濃厚接触者は「無し」と判定されたとのことだ。 2021.01.21 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

王者・川崎Fが一挙17選手と契約更新! 主将DF谷口彰悟にFW小林悠、MF家長昭博、MF三笘薫も

川崎フロンターレは21日、17選手の契約更新を発表した。 今回、川崎Fと2021シーズンの契約を更新したのは、主将DF谷口彰悟(29)をはじめ、FW小林悠(33)、MF家長昭博(34)、DF登里享平(30)、DF車屋紳太郎(28)、MF大島僚太(27)、MF長谷川竜也(26)、MF脇坂泰斗(25)、MF田中碧(22)、DF山根視来(27)、MF三笘薫(23)、FW旗手怜央(23)、MF山村和也(31)、GK丹野研太(34)、GK安藤駿介(30)、DF神谷凱士(23)、DFイサカ・ゼイン(23)となっている。 昨シーズンからキャプテンを任された谷口は明治安田J1に30試合出場して3得点を挙げ2年ぶりのリーグ制覇に貢献。小林はリーグ戦に27試合出場して昨季クラブ最多の14得点を叩き出した。リーグ戦29試合に出場した家長はキャリアハイに並ぶ11得点をマーク。登里もリーグ戦29試合に出場し、左サイドを駆け上がり多くのチャンスを演出した。 左サイドバックのレギュラーを登里に譲る形となった車屋は、センターバックなどでも出場しリーグ戦22試合1得点を記録。大島は負傷離脱もありながらリーグ戦22試合で3得点を挙げた。調子を上げていた中で開幕早々に負傷離脱を強いられた長谷川はリーグ戦12試合で3得点の成績にとどまった。中盤を構成した脇坂はリーグ戦31試合に出場して3得点。同じく中盤で躍動した田中はリーグ戦31試合で5得点を挙げた。 右サイドバックで存在感を放った山根はリーグ戦31試合に出場して4得点をマーク。異彩を放った三笘は途中出場が多いもののリーグ戦30試合で新人最多得点タイの13得点。アシストも二桁とチームの優勝に尽力した。 チームの負傷事情で一時左サイドバックもこなした旗手はリーグ戦31試合5得点。どこのポジションでもカバーする山村はリーグ戦13試合1得点の成績を収めた。丹野、安藤、神谷、イサカ・ゼインはそれぞれリーグ戦の出番がなかった。 2021.01.21 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪がブラジル1部から191cmの長身DFチアゴが完全移籍で獲得、背番号「6」

セレッソ大阪は21日、ブラジルのセアラーからDFチアゴ(30)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「6」となる。 チアゴは191cm、89kgの大型センターバック。ブラジルのクリシューマやグアラニ、アトレチコ・ミネイロ、バイーアなどでプレーしていた。 チアゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで90試合に出場し8ゴール、セリエBで21試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンは22試合に出場し1ゴールを記録していた。 チアゴは、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約の予定となっている。 2021.01.21 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

最強王者・川崎Fが鬼木達監督との契約合意を発表

川崎フロンターレは21日、鬼木達監督(46)との契約更新を発表した。 鬼木監督は現役時代に鹿島アントラーズと川崎Fとプレー。2017年に風間八宏監督の後任として川崎Fの監督に就任した。 就任1年目に明治安田J1で初優勝を果たすと、2018年は連覇を達成。2019年はリーグ3連覇を逃すものの、YBCルヴァンカップで初優勝していた。 2020シーズンはリーグ12連勝を達成した他、最速優勝や最多勝ち点、最多得点数と歴史に名を残すチームを作り、3度目のJ1優勝を達成。さらに、天皇杯も初優勝するなどした。 2021.01.21 17:44 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が契約更新、昨季はJ1で25試合出場

横浜F・マリノスは21日、DF畠中槙之輔(25)との契約更新を発表した。 畠中は東京ヴェルディの下部組織出身で、FC町田ゼルビアへの期限付き移籍を経験。2018年途中に横浜FMへ完全移籍していた。 2年目の2019年は明治安田J1で34試合に出場。センターバックとして全試合に出場しチームのJ1優勝に貢献していた。 2020年はケガなどもありながら、明治安田J1で25試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly