スパーズ、将来のエースFW候補パロットが英2部ミルウォールにレンタル移籍!

2020.08.01 19:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは1日、アイルランド代表FWトロイ・パロット(18)がミルウォールへレンタル移籍することを発表した。契約期間は2020-21シーズンいっぱいとなる。

2017年夏に母国のベルヴェディアからトッテナムのユースチームに加入したパロットは、足下の技術と攻撃センス、決定力を兼ね備えたセンターフォワード。かつてスパーズとアイルランド代表で活躍したFWロビー・キーンの後継者との触れ込みを持つ逸材は、昨夏のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019で印象的なパフォーマンスを披露した。

そして、昨年9月に行われたEFLカップのコルチェスター・ユナイテッド戦でトップチームデビューを飾り、同年11月にアイルランド代表デビュー、同年12月にプレミアリーグデビューも飾った18歳だが、ジョゼ・モウリーニョ監督の慎重な起用法の影響もあり、デビューシーズンはすべて途中出場を中心に公式戦4試合の出場にとどまっていた。

スパーズと2023年まで契約を残すパロットに関しては、モウリーニョ監督を含めクラブ首脳陣の評価は高く、下部カテゴリーへの武者修行を繰り返して世界屈指のストライカーに成長したイングランド代表FWハリー・ケインと同様の成長を期待している。

なお、トッテナムと同じロンドンに本拠地を置くミルウォールは、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を8位で終えていた。
コメント
関連ニュース
thumb

敢えてのファーサイド!雨中のエリクセンが予想外の高精度ショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、インテルに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがトッテナム時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆雨中のエリクセンが予想外の高精度ショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwazJYSnNWOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にアヤックスからトッテナムへ加入したエリクセン。2020年1月にインテルに移籍するまで、絶対的な司令塔に君臨し、公式戦通算305試合69得点89アシストを記録した。 プレースキックのキッカーも担っていたエリクセンだが、2015年1月28日に行われたキャピタルワン・カップ準決勝、シェフィールド・ユナイテッドとの2ndレグでは、予測できないFKから素晴らしいゴールを決めた。 1-2と1点ビハインドで迎えた試合終了間際の88分、トッテナムはゴール斜め右の位置でFKを獲得する。 キッカーのエリクセンは右利きのため、直接狙うならゴール右側が定石と言う位置だったが、エリクセンは何の違和感も感じさせないモーションからまさかのファーサイドを狙う。 相手GKも完全に反応が遅れると、シュートはゴール左上隅の完璧な位置へと吸い込まれるように入っていった。 GKの予想を上回る天才的なひらめきと、それを実現する右足の精度の高さを併せ持つエリクセンにしかできない芸当だった。 2020.08.14 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ退団のヴェルトンゲン、ベンフィカ移籍へ

トッテナムを退団したベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン(33)のベンフィカ入りが近づいている。イギリス『BBC』など複数メディアが報じている。 同メディアによると、ヴェルトンゲンはベンフィカと3年契約を結ぶ見込みで、13日にメディカルチェックを受ける予定になっているとのこと。 2012年7月にアヤックスからトッテナム入りし、在籍8年で公式戦315試合に出場した同選手。近年の成功を担った立役者の1人で、昨季はクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出に大きく貢献した。 今季は新型コロナウイルスの影響で大幅に遅延したシーズンを全うするため、短期契約延長にサインしたが、本来の契約通り今季いっぱいでクラブを退団していた。 なお、ヴェルトンゲンにはローマやラツィオ、インテルなどイタリアクラブも関心を示していたようだ。 2020.08.13 19:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ホイビュルク縁のスパーズOBが移籍に反応! エリクセンの思いやりにヴェルトンゲンのユーモア…

デンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュルク(25)のトッテナム移籍に際して、同選手に縁のある2人のスパーズOBがSNS上でリアクションを見せた。 ホイビュルクは11日、イングランド人DFカイル・ウォーカー=ピータース(23)のサウサンプトン完全移籍を盛り込んだ、1500万ポンド(約20億8000万円)と言われる金額でトッテナムに加入。2025年までの5年契約にサインしている。 そのホイビュルクの移籍決定を受けて、素早い反応を見せたのが、今冬にインテルへ旅立つまで長らく絶対的な司令塔に君臨していたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンだ。 エリクセンはデンマーク代表の中盤でコンビを組む3歳下の弟分の古巣加入をアナウンスするクラブ公式『ツイッター』を引用リツイートする形で、「スパーズはデンマーク人を大切に扱う方法をよく理解してくれている。だから、君たちはホイビュルクに対しても、僕と同じような対応をしてくれると確信している。幸運を祈るよ」と、兄貴分としての反応を見せた。 また、ホイビュルクはトッテナムで5番を背負うことが決定している。そして、その背番号に関するリリースに反応したのが、今シーズン限りで退団するまで、長らくスパーズの5番を背負ってきたベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンだ。 ヴェルトンゲンは、慣れ親しんだスパーズの5番の上にホイビュルクの名前が書かれた公式『ツイッター』の投稿に対して、「これはすごく奇妙に見えるね!」と、驚いた顔の絵文字と共に持ち味のユーモアを発揮した。 2020.08.12 16:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ケインを襲った悲劇!ハットトリックしたのに直後に急造GKとしてホロ苦失点…【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めた、印象的なハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆”GK”ケインを襲った悲劇<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVYVJ2cUh1ZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014-15シーズンからトッテナムのエースストライカーとしてゴールを量産し続けるケイン。今や頼れる主将だが、トップチーム定着したての頃には、やや可哀想な経験もしている。 2014年10月23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループリーグのアステラス戦。ケインはいつものようにセンターフォワードとして先発出場すると、まずは13分にミドルシュートを叩き込み、先制点を獲得する。 さらに、MFエリク・ラメラのスーパーゴールなどで3-0とリードを広げると、75分にケインが味方のシュートのこぼれ球を詰め、2点目を記録。 そして81分にはDFフェデリコ・ファシオのクロスを頭で沈め、見事ハットトリックを達成した。 しかし、ここからケインに悲劇が訪れる。 交代枠を使い切った87分にGKウーゴ・ロリスが退場となるアクシデントが発生。その代役をケインが務めることとなった。 不安そうな表情を見せながらも、キーパーグローブをはめたケインはゴールマウスにポジションを移す。 しかし、89分の相手のFKの場面で直接狙われると、目の前でバウンドしたシュートをケインはファンブル。そのままゴールを許してしまった。 せっかくハットトリックを達成したにもかかわらず、やや悲しい結末となってしまったこの試合。すでに5点をリードしており、試合の結果に大きく影響を与えなかった点は幸いだった。 2020.08.12 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ加入のホイビュルクが第一声! 「長年に渡って自分のプレーする姿を想像できるクラブでプレーしたかった」

トッテナムの今夏1人目の新戦力となったデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュルク(25)が、新天地での最初のインタビューで意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ホイビュルクは、イングランド人DFカイル・ウォーカー=ピータース(23)のサウサンプトン完全移籍を盛り込んだ、1500万ポンド(約20億8000万円)と言われる金額でトッテナム加入を果たした。 そして、2025年までの5年契約にサインしたデンマーク代表MFは、今シーズン限りで退団したベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンが背負っていた5番を受け継ぎ、新シーズンからプレーすることになる。 ホイビュルクはトッテナム移籍を決断した背景にクラブが持つ将来性の大きさを挙げている。 「今はとても誇り高く、とても幸せな気分だね。同様に、ここにいられることにとても興奮しているよ。早く新たな仲間と会って、フットボールをしたいと思っているよ」 「僕はチームにエネルギーをもたらすこと、勝利をもたらすことが好きなんだ。できる限り最高のチームプレーヤーになりたいし、周囲やチームを良くしたいと思っているよ」 「そういった中で自分の役割、誰と対戦するのか、自分に何を求められているのかを意識することが大切だと思っている。些細なことの多くは、一つの大きな重要なことの中に組み込まれているからね」 「初めてクラブの人たちや監督と話をした瞬間から、スパーズがとても大きなクラブであること、同時に究極に到達する可能性を秘めたクラブであることが、とても明確になったと思う」 「そして、自分がその一部になりたいと思っていたんだ。このクラブには素晴らしい未来が待っていると思うし、うまくいけば僕自身にもね」 また、バイエルン時代にはジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)からの薫陶を受けていたホイビュルクは、ジョゼ・モウリーニョ監督を中心にトッテナムでも多くのことを学んでいきたいと、飽くなき向上心を抱いている。 「自分のすべてを捧げたいと思っているけど、同時に多くのことを学びたいとも思っているんだ。もっとプレーヤーとしての向上を目指している」 「僕にとって重要だったのは、長年に渡って自分のプレーする姿を想像できるクラブでプレーしたいということだったんだ。トッテナムはまさにそのクラブさ」 「だからこそ、ここに来ることができてとても幸せだし、誇りに思っているんだ。このクラブのフロントとプレーヤー、監督、そのすべてがワールドクラスなんだ」 「彼らから学び、彼らとプレーし、彼らの振る舞いを見られることは夢のようなことだよ。多くのことを学ぶ必要があるけど、それは僕にとってエキサイティングなことなんだ。とにかく、多くのことに取り組んでいくよ」 さらに、デンマーク語、フランス語、ドイツ語、英語と4カ国語を流暢に操る知性派でもあるホイビュルクは、自身の人柄についての紹介を求められると、「よくわからないよ。奥さんにでも聞いてよ!」と、はにかみながらも、物事をシンプルに考えるタイプの性格であると自己分析している。 「シンプルな考え方が好きで、リズムがあって人生を楽しむのが好きなんだ。だけど、今後しばらくはこの練習場と家を行き来し、多くの時間を子供たちと過ごすことになるはずさ」 「6週間ほど前に子供が生まれて、上の娘ももうすぐ3歳になるんだ。妻と共に穏やかな生活ができているし、この素晴らしいクラブに来れたから、より落ち着けているよ」 バイエルンでトップチームデビューを飾ったホイビュルクは、アウグスブルクやシャルケへのレンタル移籍を経て2016年にサウサンプトンへ完全移籍。在籍4年間で公式戦130試合以上に出場するなど、中盤の主軸に定着していた。 対人プレーの強さ、読みを利かせたインターセプトといった守備面に加え、シンプルなボール捌きやオーガナイザーとしての側面がモウリーニョ監督からの高い評価に繋がっていた。 2020.08.12 14:47 Wed
twitterfacebook