元スペイン代表FWアドリアン・ロペス、オサスナとの契約を1年延長! 26試合に出場して2ゴール

2020.08.01 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オサスナが30日、元スペイン代表FWアドリアン・ロペス(32)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2021年6月30日まで。2500万ユーロ(約31億1000万円)のバイアウト条項が盛り込まれている。

アドリアン・ロペスは2005年にオビエドでプロデビュー後、デポルティボやアラベス、マラガを渡り歩き、2011年にアトレティコ・マドリー入り。その後、ポルト、ビジャレアル、デポルティボを経て、今季から昇格組のオサスナに1年契約で加入した。

チームがラ・リーガ初年度から10位フィニッシュの健闘をみせるなか、アドリアン・ロペスは26試合に出場して2ゴールを記録した。
コメント
関連ニュース
thumb

オサスナ、フランクフルトから大型MFルーカス・トロが2年ぶりの帰還! 来季プリメーラデビューへ

オサスナは5日、フランクフルトからスペイン人MFルーカス・トロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 オサスナの発表によると、移籍金は200万ユーロ(約2億5000万円)となり、今後他クラブに移籍した際の移籍金30%もフランクフルトに支払われるという。また、ラ・リーガ限定で適応される契約解除金は1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されている。 レアル・マドリーのカンテラ、カスティージャでもプレー経験がある188cmの大型ピボーテは、2017年に加入したオサスナで台頭。その翌年に加入したフランクフルトでは度重なるケガに悩まされ、在籍2シーズンで公式戦25試合の出場にとどまっていた。 なお、オサスナでの前回の在籍時はクラブがセグンダ(スペイン2部)を戦っており、ルーカス・トロにとっては新シーズンに初めてプリメーラでプレーすることになる。 2020.08.05 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

久保が途中出場のマジョルカ最終戦はドロー、リーガ初挑戦の久保は35試合の出場で4G5Aを記録《ラ・リーガ》

マジョルカは19日、ラ・リーガ最終節でオサスナとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。マジョルカのMF久保建英は59分から出場している。 前節グラナダ戦を逆転負けし、1年での降格が決まった19位マジョルカ(勝ち点32)は、久保がベンチスタートとなった。 11位オサスナ(勝ち点51)に対し、マジョルカは21分に失点する。ゴール正面からアドリアン・ロペスにミドルシュートを決められた。 それでも前半終了間際の45分に追いついた。CKの流れからルーズボールをルモルがダイレクトボレー。ゴール正面約25mの位置からのロングシュートが見事に決まった。 ゴラッソで追い付いて迎えた後半、マジョルカは59分に久保を右MFに投入した中、63分にはボックス右でパスを受けた久保がコントロールシュートを放つも、わずかに枠の左に外れる。 それでも65分、ポソの右クロスからブディミルのヘディングシュートが決まってマジョルカが逆転に成功した。しかし3分後、イニゴ・ペレスにミドルシュートを決められ、2-2の振り出しに。 84分には右サイドの久保がカットインからミドルシュートを放ったが、わずかに枠の右に外れると、追加タイムにはアルナイスにネットを揺らされたが、VARの末にファウルがあったと判定され、ノーゴールに。 試合は2-2で終了し、マジョルカは最終戦を引き分けで終えている。なお、ラ・リーガ初挑戦の久保は35試合(先発は34試合)の出場で4ゴール5アシストの記録を残した。 2020.07.20 06:09 Mon
twitterfacebook
thumb

オサスナ、元バルサ&アーセナルのMFメリダが今季限りで退団

オサスナは18日、スペイン人MFフラン・メリダ(30)が今季限りで退団することを発表した。 バルセロナとアーセナルの下部組織に在籍し、2007年にアーセナルでプロデビューを飾ったメリダは、2016年にウエスカからオサスナに加入。オサスナでは在籍4年で公式戦109試合に出場して11ゴール7アシストを記録。昨季は主力としてクラブの1部昇格に貢献したが、今季はラ・リーガ22試合の出場で先発は11試合となっていた。 2020.07.19 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

追加タイム被弾でバルサ終戦…、10人のオサスナにカンプ・ノウで敗戦《ラ・リーガ》

バルセロナは16日、ラ・リーガ第37節でオサスナをホームに迎え、1-2で敗戦した。 前節バジャドリー戦を1-0と辛勝して前節でのレアル・マドリーの優勝を阻止した2位バルセロナ(勝ち点79)は、スアレスやブスケッツの他、負傷離脱していたL・デ・ヨングをベンチスタートとした。 4ポイント差のレアル・マドリーがビジャレアルに勝利した時点で今節での優勝が決まってしまう中、11位オサスナ(勝ち点48)に対し、3トップに右からメッシ、ブラースヴァイト、アンス・ファティと並べたバルセロナは、立ち上がりから敵陣でのプレーを続ける。 そのバルセロナが7分にラングレのミドルシュートでゴールに迫るも、16分に失点する。エストゥピニャンの左クロスから古巣対決となるアルナイスに決められた。 続く21分にもモンカジョラに際どいミドルシュートを打たれたバルセロナは、1分後にメッシの直接FKがバーを直撃。 結局、その後は目立ったチャンスを作れないまま1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半も低調なプレーを続けたバルセロナは59分に2枚替え。スアレスとビダルを投入した。すると62分、試合を振り出しに戻す。ボックス手前中央で得たFKをメッシがゴール左へ蹴り込んだ。 その後、77分にラングレにヒジ打ちを見舞ったガジェゴに一発レッドカードが提示され、10人となったオサスナに対して、バルセロナは終盤にかけても目立ったチャンスを作るには至らない。 すると追加タイム4分に終戦する。ブスケッツの軽いプレーからR・トーレスに勝ち越しゴールを許してしまった。 このまま敗戦し、最終節を前にレアル・マドリーの3季ぶりのリーガ優勝が決まっている。 2020.07.17 06:04 Fri
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のエイバル、オサスナに敗戦で3連勝ならず《ラ・リーガ》

エイバルは2日、ラ・リーガ第33節でオサスナをホームに迎え、0-2で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は73分から出場している。 前節グラナダ戦を競り勝って2連勝とした16位エイバル(勝ち点35)は、前節先発の乾がベンチスタートとなった。 12位オサスナ(勝ち点41)に対し、開始6分に失点する。ペナルティアーク中央で与えたFKをルベン・ガルシアに直接蹴り込まれた。 15分にはペドロ・レオンが相手のバックパスミスをかっさらってGKもかわすが、角度が厳しくなって無人のゴールに蹴り込むことはできず。 その後は膠着状態が続いた中、エイバルが1点ビハインドで迎えた後半、押し込む展開としたもののゴールが遠い状況が続く。 そこで73分、乾を左サイドに投入するも、直後にルベン・ガルシアにこの試合2ゴール目を決められてしまう。 85分にはドリブルを仕掛けた乾がボックス左に侵入して左足でシュートを狙う場面があったものの、0-2で敗戦。エイバルの連勝は2で止まった。 2020.07.03 04:29 Fri
twitterfacebook