ミラン監督就任が流れたラングニック氏がレッドブルに別れ、現場復帰を希望か

2020.07.31 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レッドブル・グループのサッカー開発部門の責任者であるラルフ・ラングニック氏(62)が7月31日、双方合意の下で同職を辞したことを明かした。

2021年まで契約を結んでいたラングニック氏は契約解消について、「今こそ、レッドブルでの仕事を終えるのに適切な時期だと考えた。近年は何かユニークなことを生み出すためにレッドブルで働いて欲しいと言われていた。そして、レッドブル・グループは世界中に素晴らしい方法で貢献できた。このことは誇りであり、光栄に思っている、今後のグループの発展を心から願っていることを伝えたい」と声明を発表した。

2012年7月にレッドブル傘下のザルツブルクとライプツィヒの統括スポーツ・ディレクター(SD)に就任したラングニック氏は、ライプツィヒでは一時的に監督も務め、ブンデスリーガ1部昇格やチャンピオンズリーグ出場権獲得などに貢献していた。

先日まではミランのSD兼監督就任が濃厚とされながらも、その話が流れたラングニック氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとプレミアリーグ方面からのマネージャー職のオファーを望んでいるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒへステップアップした韓国代表FWファン・ヒチャン、移籍の決め手は?

今夏の移籍市場でザルツブルクからRBライプツィヒへ完全移籍した韓国代表FWファン・ヒチャン(24)がチームに合流。最初のインタビューに応えた。クラブ公式サイトが伝えた。 2019-20シーズンのファン・ヒチャンは、公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献。ブンデスリーガへステップアップを果たした。 すでにチャンピオンズリーグ(CL)のベスト8に進出しているライプツィヒだが、ファン・ヒチャンは出場資格を持っていない。しかし、チームに合流し、ポルトガルへの遠征にも帯同するようだ。 同じレッドブル・グループのクラブへ移籍を果たした経緯について、ファン・ヒチャンがコメント。ユリアン・ナーゲルスマン監督の存在が大きかったと語った。 「移籍の前段階でユリアン・ナーゲルスマン監督に会い、彼と詳細な話をした。『ここは素晴らしいクラブだ。ここでプレーしたい』と私は周囲に居心地がすぐに言ったよ」 「ここに居られることをとても嬉しく思うよ。さらに成長したいと思っている。RBライプツィヒは僕にとって正しいステップだと確信している」 また、自身のポジションについてもコメント。何よりも大事なことは、「プレーすること」と語った。 「僕はとても強いです。ゴールを決めるのが好きだけど、1つのポジションだけでなく、他のポジションでの準備もするよ。様々なポジションで快適だと感じる。ウインガー、センターフォワードでもだ。最終的に僕にとって重要なのは、プレーすることでチームを前進させることだ」 新天地で、新たなリーグに挑戦するファン・ヒチャン。目標について問われると、チーム目標が最優先であると強調した。 「自分の個人的な目標は後ろに置いておきたい。チームのために最善を尽くしたい。それが常に最初に来る。だから、選手たちがシーズン開幕前に、リスボンで行われるトーナメントで成功することをの望む」 「残念ながらリスボンではプレーできないけど、チームと一緒に遠征はする。チームは誰もがトーナメントにとても熱心だし、できるだけ勝ち進みたいという意欲を感じた」 なお、ライプツィヒはCL準々決勝で、アトレティコ・マドリーと対戦。13日に行われる。 2020.08.04 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがビッグクラブ注目のDFウパメカノと早期契約延長、2023年まで契約

RBライプツィヒは31日、U-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月までとなる。 ウパメカノは2017年1月にザルツブルクからライプツィヒへと完全移籍。ライプツィヒではすぐにレギュラーとなり、これまで公式戦通算111試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 今シーズンのブンデスリーガでも28試合に出場し2アシストを記録。チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。 高い身体能力と守備センスを武器に、ヨーロッパ屈指の若手センターバックとして評価を高めるウパメカノには、予てから多くのクラブが興味を示していたが、新型コロナウイルスによるクラブの財務状況悪化から、6000万ユーロ(約72億8000万円)に設定されている契約解除金を支払うクラブはないともみられていた。 なお、当初の予定より2年早く契約を延長したとのことだ。 ウパメカノは「RBライプツィヒでとても快適にプレーしている。オリバー・ミンツラフ(最高経営責任者)、マルクス・クレシェ(スポーツ・ディレクター)、ユリアン・ナーゲルスマン(監督)ととても良い議論を行った。彼らは、僕の契約を延長することが正しい決断であると、僕に示してくれたんだ」とコメント。クラブ幹部との会談で早期の契約延長を決めたと語った。 また「僕はライプツィヒに3年以上在籍しており、チームとともに常に改善し、成長することができた。僕はこの成長を続けたいと思っている。そして、ユリアン・ナーゲルスマンは僕を次のレベルに連れて行くことができる監督だ」と語り、クラブとナーゲルスマン監督への信頼を語った。 2020.07.31 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ライプツィヒのU-21オーストリア代表MFヴォルフをレンタルで獲得

ボルシアMGは21日、ライプツィヒのU-21オーストリア代表MFハネス・ヴォルフ(21)をレンタルで獲得したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば期間は1年間とのことだ。 昨年夏にザルツブルクからライプツィヒに1200万ユーロの移籍金で完全移籍したヴォルフだったが、開幕前に行われたU-21欧州選手権での足首の骨折により、ブンデスリーガ5試合の出場に留まっていた。 攻撃的なポジションを複数こなせるヴォルフは、ボルシアMGを率いるマルコ・ローズ監督にはザルツブルク時代に指導を受けている。 2020.07.22 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ライプツィヒの万能型DFに関心か

リバプールが、RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFノルディ・ムキエレ(22)に関心を示しているようだ。フランス『Le10 Sport』が伝えている。 2018年夏にモンペリエからライプツィヒに加入したムキエレは、右サイドバックとセンターバックを主戦場とする万能型の守備者。今季のブンデスリーガでは右サイドバックとして14試合、センターバックとしては5試合に出場しており、3ゴール3アシストも記録している。 ムキエレには以前から複数のビッグクラブからの関心が伝えられていたが、『Le10 Sport』によるとリバプールのユルゲン・クロップ監督も同選手の獲得を希望。正式なオファーは出していないものの、個人的に話し合いの場を持ったと言われている。 一方で同メディアは、ドルトムント移籍が決まったベルギー代表DFトーマス・ムニエの代役を探すパリ・サンジェルマンも獲得に興味を持っていると主張しており、複数クラブによる争奪戦に発展する可能性を指摘している。 なお、2023年まで契約を残すムキエレの市場価値は2000万ユーロ(約24億4500万円)前後。ライプツィヒに加入した際の移籍金は1600万ユーロ(約19億5600万円)だった。 2020.07.18 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがシック獲得に動く? 新指揮官候補ラングニックが希望…

ミランはローマからRBライプツィヒにレンタル中のチェコ代表FWパトリック・シック(24)の獲得に動く可能性があるようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 現在、来シーズンの新指揮官として『レッドブル・グループ』でスポーツ部門兼サッカー開発部門を統括しているラルフ・ラングニック氏の招へいを目指しているミラン。 先日に同氏はミラノ行きの可能性を否定したものの、イタリア語を学んでいるとの報道もあり、テクニカル・ディレクター(TD)兼監督就任の可能性が取り沙汰されている。 そういった状況の中でイタリア『スポルト・イタリア』は、ラングニック氏がミラン監督就任にあたってシックの獲得をクラブに求めていると主張している。 昨シーズンまでライプツィヒの監督兼TDを務めていたラングニック氏は、昨夏の交渉に関わっていたと言われており、同選手が自身のスタイルにフィットするプレーヤーであると考えているようだ。 シックは昨夏、買い取りオプション付きのレンタルでローマからライプツィヒへ加入。今季は公式戦26試合に出場し10ゴール3アシストを記録し、ブンデスリーガ3位フィニッシュにも貢献。現在は短期間のレンタル期間延長に同意し、アトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝に向けてチームと共に調整を続けている。 なお、ライプツィヒはシックのレンタル料として350万ユーロ(約4億2000万円)を支払っているが、2900万ユーロ(約35億1000万円)の買い取りオプションの行使を見送る意向だ。その後、改めてローマと完全移籍での獲得交渉を考えているものの、ローマ側が一切の値引きを拒否していることもあり、今シーズン限りでの退団が決定的と見られている。 一方、ミランは元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が今季限りでの退団が濃厚となり、U-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオン(21)もセンターフォワードとしての適性が疑われており、新たなセンターフォワードの獲得が必要な状況だ。 2020.07.14 22:16 Tue
twitterfacebook