チームから離れている中島翔哉の問題にポルトSDが言及「納得させるため40分間を費やした」

2020.07.30 17:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルイス・ゴンサウベス氏が、日本代表FW中島翔哉について語った。

中島は今シーズンからポルトに加入。プリメイラ・リーガで16試合に出場し1アシストを記録していた。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断してからは、チームに合流しないことが度々報道。再開後はメンバーに入ることなく、シーズンが終わっていた。

◆ポルトがクラブ史上29度目のリーグ優勝!



一部報道ではクラブとの報酬の問題が取り沙汰されていたものの、家族の問題であることが明るみに出ていた。

ポルトは中断明けのシーズンを終えてリーグ優勝を達成。しかし、中島の姿は優勝セレモニーにもなく、メダルも受け取っていないことが大きく報道されていた。

そんな中、ゴンサウベス氏が中島の問題についてコメント。解決のために話し合ったものの、事態が解決しなかったとポルトガル『zerozero.pt』が伝えた。

「中島の問題に関しては、説明するのが難しい。それは、彼がCOVID-19にどのように反応したかに関係している。ただ、それは文化的な問題というよりも、より身近な問題だ」

「例えば、ポルティモネンセの日本人選手はトレーニングに戻っている」

「彼の家族の状況とももっと関係がある。彼には喘息の妻がいる」

「戻って来ることに問題がないことを彼に納得させるため、我々は約40分間を費やした。しかし、それは難しかった。多分、それは言語の問題でもあったと思う」

「中島はポルトの選手であり、トレーニング中なので現時点では問題ない。しかし、問題は依然存在し、我々はそれを解決したいと思う。彼も保証してくれた」
コメント
関連ニュース
thumb

香川先発のサラゴサ、10人のエルチェからゴールを奪えずゴールレスドロー《ラ・リーガ昇格プレーオフ》

香川真司の所属するサラゴサは13日、ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝1stレグでエルチェと対戦し、0-0の引き分けに終わった。香川は86分までプレー。 ラ・リーガ2部で3位となったサラゴサが、6位エルチェのホームに乗り込んだ一戦。 香川がトップ下で先発出場したサラゴサは、立ち上がりから優勢に試合を進めると30分、エル・ヤミークがボールを奪い合ったジョナタスに故意に踏みつけられると、ジョナタスはVARの末にレッドカードを受け、退場。 数的優位となったサラゴサは35分、ボックス左手前でパスを受けた香川が右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートが枠を捉えるも、これはGKエドガルのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も主導権を握るサラゴサは57分、カルロス・ニエトの左クロスのこぼれ球をボックス左の香川が折り返すとゴール右手前のリナレスが飛び込むが、わずかに届かない。 さらに69分には、アルベルト・ソロの右CKからニアでリナレスがフリックすると、相手DFに当たったボールがゴールに向かうが、これはクロスバーに阻まれる。 その後、香川は86分までプレーしお役御免。 結局、10人のエルチェに12本のシュートを放ったサラゴサだが、最後までゴールを奪えず。敵地での初戦はゴールレスドローで終了した。なお、2ndレグは16日にサラゴサのホームで行われる。 また、同日に行われたもう一試合のジローナvsアルメリアは、ストゥアーニのゴールで逃げ切ったジローナがホームで先勝している。 ◆ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝1stレグ ▼8/13(木) ジローナ 1-0アルメリア エルチェ 0-0 サラゴサ 2020.08.14 07:10 Fri
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太がウニオン・ベルリンで実戦デビュー、左ウイングで先発起用した監督の評価は?

横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンへ移籍した日本代表FW遠藤渓太が実戦デビューを果たした。 ウニオン・ベルリンは12日、2部に昇格したヴュルツブルガー・キッカーズとテストマッチを実施。遠藤は[3-4-3]の左ウイングで先発出場を果たした。 11日にチームトレーニングに合流したばかりの遠藤にとって、その能力をいきなり実戦で披露することとなった。 試合は2-0でウニオン・ベルリンが勝利したが、遠藤も積極的なプレーを見せる。6分には左サイドを突破してクロス。セドリック・トイヒャートがいたが合わなかった。20分には地震で突破。ボックスに侵入しようとしたが、相手に防がれてしまった。 ドイツ『ベルリーナー・ツァイトゥング』は、ウニオン・ベルリンのウルス・フィッシャー監督のコメントを紹介。実戦デビューとなった遠藤についてコメントし、一定の評価をしながらもチームに馴染ませている段階だとした。 「エンドウは彼が何をできるかを示したと思う。でも、彼に対して少し慎重にならなければいけない」 「今、彼をチームに融合させようとしており、我々のやり方を実行しようさせている。彼は正しい軌道に乗っているし、ドイツ語も少し話す」 なお、ウニオン・ベルリンは、山森順平氏を通訳としてチームに招き入れたとのこと。かつてシュツットガルトでは浅野拓磨の通訳も務めており、遠藤はフィッシャー監督の戦術をしっかり理解しているようだ。 2020.08.13 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

U-23日本代表GK山口瑠伊がスペイン3部のレクレアティボに加入、今季は2部で1試合出場

セグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)のレクレアティボ・ウエルバは11日、U-23日本代表GK山口瑠伊(22)の加入を発表した。 フランスと日本のハーフである山口は、フランスのロリアンの下部組織出身。2017年7月にスペインのエストレマドゥーラのBチームへ加入すると、2019年7月にファーストチームへ昇格。2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオンで1試合、コパ・デル・レイで1試合に出場していた。 また、U-19から世代別の日本代表を経験。昨年はU-23日本代表として1試合に出場していた。 なお、山口はレクレアティボと1年間の契約を結んだとのこと。2020-21シーズンは3部で経験を積むこととなる。 2020.08.12 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「若く、才能のある選手」ビジャレアル会長が久保建英について語る

ビジャレアルのフェルナンド・ロイグ会長が、レアル・マドリーから加入した日本代表MF久保建英について語った。 久保は2019年夏にFC東京からマドリーへ加入。EU圏外枠の問題もありマジョルカへレンタル移籍すると、チームの中心選手としてラ・リーガで35試合に出場し4ゴール5アシストを記録していた。 <div id="cws_ad">◆久保建英、入団会見に臨む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVRFEwQ0lpYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 10日にはビジャレアルへの1年間のレンタル移籍が発表。そして11日に入団会見が行われていた。 久保は「最良の選択肢」とビジャレアル移籍の理由を語り、チームに貢献したいと意気込みを語るなか、入団会見に同席したロイグ会長が久保の印象についてコメントしている。 「彼はとても若く、才能のある選手だ。19歳で、彼は日本とスペインでサッカーの経験を持っている」 「彼は我々に多く貢献することができ、素晴らしいシーズンを過ごすのを確実に助けてくれる選手だろう」 会長からも大きな期待を寄せられた久保には、背中に漢字で「久保建英」と書かれたユニフォームが手渡されていた。 2020.08.11 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「最良の選択肢だった」久保建英がビジャレアル入団会見で意気込み「さらに大きなクラブにするために助けたい」

レアル・マドリーからビジャレアルへ加入した日本代表MF久保建英が、入団会見に臨んだ。 久保は2019年夏にFC東京からマドリーへ加入。EU圏外枠の問題もありマジョルカへレンタル移籍すると、チームの中心選手としてラ・リーガで35試合に出場し4ゴール5アシストを記録していた。 <div id="cws_ad">◆久保建英、ビジャレアル入団会見に臨む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVRFEwQ0lpYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 新シーズンもマドリーでのプレーは難しいと見られ、様々なチームが移籍先として浮上する中、10日にビジャレアルへの1年間のレンタル移籍が正式に発表されていた。 一夜明け、久保は入団会見に登場。ビジャレアル加入への思いを語るとともに、チームの印象や今シーズンへの意気込みを語った。 「コーチングスタッフと選手の力を借りて、良いシーズンにしたいと思います。どうなるか見てみましょう」 「どうしてビジャレアルを選んだかというと、それが最良の選択肢だったからです。僕たち全員が思っていました。僕、家族、そして代理人です」 「これが正しい選択だったことを証明する必要があります」 「ディフェンダーやゴールキーパーでない限り、どんなポジションでも喜んでプレーします」 「このチームに加わることができてとても嬉しいです。うまくいけば、僕は素晴らしい道を歩むことができます」 「僕はここで成長し、ビジャレアルがさらに大きなクラブにするために、僕は試合で助けたいと思います」 「ボールをたくさん保持し、試合を支配しているチームです。僕はライバルとして苦しみましたが、今は選手としてそういったプレーを楽しみたいと思います」 「ビジャレアルはとても大きなクラブで、優秀な選手がいます。僕は競争を楽しまなければなりません。これはチームスポーツであり、チーム全体が同じ方向を向いて働きます」 また、大きな注目を集めることについては慣れていると語り、ピッチ上のことだけに集中すると明かした。 「メディアからの大きな注目には慣れています。ピッチ外でのメディアの注目は、あまり興味がありません。プレッシャーは感じませんし、メディアに注意も払っていません。僕はピッチだけに集中します」 2020.08.11 21:42 Tue
twitterfacebook